若松の軍艦防波堤

2012年08月25日

若松の響灘埋立地の東南の洞海湾よりの場所に旧日本
海軍の駆逐艦を沈めて防波堤にしたところがあると聞
いていたので実物を見たいと思い出かけました。
響灘大橋を渡り最初の信号を右折し100mほど進み
右折して南下するとやがて貯木場の跡に出ますが
ここに軍艦防波堤の一部が残っています。
今も船体の一部が残る駆逐艦・柳、今は防波堤の役目を
終え岸壁のコンクリの中で静かに眠る駆逐艦・涼月と
冬月。3隻の旧駆逐艦は戦後物資不足の中で洞海湾を
高波から守るため最後の役目を沈船防波堤として果たし
その生涯を終えました。特に冬月と涼月は戦艦大和の
沖縄特攻の僚艦として同行し、大和は鹿児島県沖で
撃沈されましたがこの2艦は自らも大破しながらも
大和乗務員を多く救助し必死の思いで自力で帰還した
そうです。この両艦の活躍がなければ大和の最後の
様子が伝えられることは無かったと思います。
そのほかにも、この場に立つと様々の思いがよぎり
ます。戦争遺産についてはプラス、マイナス様々の
評価があることは承知しています。ですがここの
遺産が第一級の戦争遺跡であり産業遺産であることは
間違いありません。冬月と涼月はすでにコンクリ護岸に
封印され、柳の残された船体も腐食が進み崩壊寸前で
保存処置がとられていますがそれでもこの遺跡の価値に
比べ十分では無い様に思います。
一般市民の方も含め多くの方に関心を持っていただき
たくここで取り上げさせていただきました。




上の2枚は駆逐艦、柳の船体の上部です。
今は護岸の中に半分埋まっています。

艦尾からの写真です。コンクリで充填され
ていますが船室の仕切りの跡が見て取れます


この護岸の中に冬月涼月は眠っています。
 
説明の看板が設置されています。


タグ :軍艦堤防

同じカテゴリー(勝手に近代化遺産)の記事画像
TOTOの食器
足踏みセンバコギ
平尾台の陸軍演習地遺跡
幻の世界遺産、東田・西田岸壁
くろがね線鉄橋
虎家の揚げドーナッツ
同じカテゴリー(勝手に近代化遺産)の記事
 TOTOの食器 (2017-11-10 19:53)
 足踏みセンバコギ (2017-04-10 21:16)
 平尾台の陸軍演習地遺跡 (2016-12-15 17:59)
 幻の世界遺産、東田・西田岸壁 (2016-11-26 20:36)
 くろがね線鉄橋 (2016-11-12 21:10)
 虎家の揚げドーナッツ (2015-12-10 18:29)

この記事へのコメント
海軍軍人だった父の面影が浮かんできます。
今はもうメドウおじさんのような方が少なくなり、
過去に起こったことも忘れ去られる運命でしょうか。
このようにブログに捉えていただき感謝いたします。
Posted by komorebigarden at 2013年01月19日 19:09
ここの現状もかなり荒れています。残念な気持ちでいっぱいです。
三艦のうち唯一残された元駆逐艦の柳ですが以前一度だけ
簡易補修されたようですが、潮風にさらされ腐食が進んでいます。
残念ながら今のままだと早晩朽ち果てそうです。
戦争遺産の価値には賛否両論ありますが、私は忘れてはいけない
記憶として正しく後世に伝えていくためにも残すべきと思っています。
Posted by メドウおじさんメドウおじさん at 2013年01月19日 20:04
有難うございます。きっと後世に残してください。
よしあしは別にして、日本人の記録として。
Posted by komorebigarden at 2013年01月20日 20:03
もうすぐ市会議員選挙なのですが若松区選出の議員さんには
頑張って欲しいです。
Posted by メドウおじさんメドウおじさん at 2013年01月20日 21:46
今日納骨した私の祖母は、涼月艦長平山敏夫の妹と知りました。
僕の祖母が平山兄妹の最後の一人でした。
平山艦長と私は幼少期に会ってる事も知りました。
この防波堤、いつか訪れようと思います。
Posted by 権兵衛 at 2013年06月09日 20:26
権兵衛さんは涼月艦長の縁者の方なんですね。冬月、涼月が自ら
大破しながらも必死の救助活動で大和の乗務員が多く救出されたと
聞いています。涼月も冬月も今はもう岸壁の中で静かに眠りについ
ていますが柳はかろうじて外観が残っています。ぜひ一度見に行っ
てください。
Posted by メドウおじさんメドウおじさん at 2013年06月10日 22:09
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。