ストーブでバーベキュー

2012年11月29日

ストーブでウィンナーを焼いてみました。バーベキュ
ー用の金串にウィンナーを刺して火にかざします。
煙の燻し味も乗っておいしかったのですが火に直接
かざすと焦げが激しいのが欠点です。バーベキューに
するにはやはり熾き火になってからするのが正解の
ようです。後焼きイモは炉内が200度前後のときに
イモを丸のままアルミホイルにくるんで炉内に入れて
20分から30分ぐらい焼くと甘みが出ておいしい
ことがわかり最近良く作っています。
次は焼きりんごに挑戦予定です。

正面のガラス扉を開けて火にかざします。
煙や炎はストーブのドラフト効果で炉内に
吸い込まれるので意外と室内には出てきません。
  


Posted by メドウおじさん at 18:53Comments(3)薪ストーブ

東谷の初霜

2012年11月28日

今朝の東谷は前夜からの放射冷却で冷え込み今年一番
の寒さで初霜になりました。去年の記録だと一週間
ぐらい遅い初霜ですがやはり寒いです。
庭のハーブのうち寒さに弱いものはほりあげて霜の
下りないところで冬越しさせなければいけません。
ゼラニウムやシンビジウム、ハーブのレモングラス
などです。去年はゼラニウムはほとんど枯れて死ん
だかと思いましたがなんとか根の一部が残って春に
復活しました。今年は早めの取り込みをと思ってい
たのですが霜の方が早かったです。今週の日曜は忙
しくなります。




今朝は霜で一面真っ白でした

  
タグ :初霜


Posted by メドウおじさん at 18:35Comments(0)東谷(北九州)の紹介

旧戸畑市役所

2012年11月27日

昨日紹介した国境石のある戸畑区役所は合併前の
戸畑市役所の庁舎でした。塔屋のある立派な建物で
合併前の旧五市の中でも一番立派な庁舎です。
合併当初この戸畑市役所を新市の庁舎とする案もあっ
たようですが結局勝山公園に新築することに落ち着いた
経緯があったようです。近くにはこれも今年50年を
迎えた若戸大橋や九工大の歴史的建造物もあり近代
遺産好きには興味の深い地域です。


立派な塔屋のある庁舎です。今はもうよそでも
これほどのものはそう多くは残っていません


りっぱな塔屋です

壁のレリーフも相当凝っています。

  


Posted by メドウおじさん at 18:43Comments(0)勝手に近代化遺産

昔の国境石

2012年11月26日

昔の筑前国と豊前国の国境を示す石碑が戸畑区役所前に
置かれています。戸畑区役所前が国境だったわけではなく
今の一枝にある新日鉄の引込み線の横を流れる境川の
川辺に設置されていたものを移設したようです。境川は
今は小さな直線に改修されたちょっと大き目の溝ですが
その昔はライバル関係にあった豊前と筑前の国境だった
ようです。
この碑文の筆跡が東谷に残る里程碑と同じなので豊前
国が設置したものと思います。また国境石の隣には
洞海湾を埋めて陸続きにした島の記念の碑文が置かれ
ています。ここは区役所のレトロな佇まいにしっくりきて
います。

国境碑です。これより東、豊前国と読めます





碑文の説明です





 


  
タグ :国境石


Posted by メドウおじさん at 19:13Comments(2)東谷(北九州)の紹介

小倉のイルミネーション

2012年11月25日

日暮れが早くなって12月が近づくと街中では色とり
どりのイルミネーションが点灯します。昨今は電気代を
意識して低電力のLED製が多いようです。
今、小倉駅南口のデッキ部分ではイルミネーションが
光の演出をしてクリスマスムードを盛り上げています。
紫川沿いのリバーウォークもきれいだと聞いているので
一度みてみたいものです。駅中の商業ビルの中には
今年も大きなツリーが飾ってあります。今年は年末選
挙で慌しくなりそうですが平穏な年末であってほしいと
思っています。ちなみに東谷ではあまりイルミネー
ションは見かけませんが、毎年小倉南IC近くの動物島
さんでクリスマスが近づくと飾っておられましたが今年は
まだのようです。







  


Posted by メドウおじさん at 20:05Comments(3)東谷(北九州)の紹介

千両と万両

2012年11月22日

千両も万両もどちらもお正月飾りでよく使われる常緑
小低木です。赤い実がたくさん生っておめでたい実が
好まれるのだと思います。赤い実は人間だけでなく
餌の乏しい冬の小鳥たちの貴重な餌のようです。
庭のあちこちに毎年、万両や千両の実生がたくさん
生えてきます。そのほかにもアオキや山帰来など
秋の野山は赤い実がいっぱいで野山好きの目を
楽しませてくれます。


赤い実の多く生る万両です


こちらは千両です。万両より実の数が少ないです
  


Posted by メドウおじさん at 20:47Comments(0)季節の花

紅葉の盛り

2012年11月20日

今年は全国的に紅葉がきれいな年のようです。
九州は今が盛りで各地の紅葉の名所はにぎわっている
ようです。深まる秋を堪能させてくれた紅葉ですが
東谷ではこんしゅうの週末が最後の見ごろのようです。
街より数度気温が低いため早めに紅葉が進んだようです。
今が見ごろで我が家でも十分に楽しめました。
これで霜が降りると一気に季節が冬になって秋ももう
終わりです。庭造りですが日暮れが早くなって夕方の
作業がまったくできずに滞って困っています。









  
タグ :東谷の紅葉


Posted by メドウおじさん at 19:01Comments(4)東谷(北九州)の紹介

秋のスミレ

2012年11月19日

スミレの仲間は春を代表する山野草です。春先の3月
から5月まで山野草の庭を飾ってくれます。
そんなスミレの仲間ですが、春の花の後閉鎖花といって
花を咲かせずに種だけつけて繁殖しますが秋になって
10月ぐらいになって涼しくなってくるとまた花を咲か
せてくれます。さすがに11月下旬になって霜が降りて
くると葉も枯れて休眠しますがぽつぽつと咲いています。
フィールドでも見かけるのでスミレにはバラのように
返咲きの性質があるのかもしれません。




返咲きのスミレの仲間です




  


Posted by メドウおじさん at 18:26Comments(2)季節の花

東谷農業祭

2012年11月18日

今日は東谷興農会館で農業祭が行われていました。
駐車場に軽トラックに採りたての野菜を積んで即売会を
やっていました。ちょうど今はサツマイモやサトイモ
大根や白菜、キャベツ、小松菜などいろいろです。
またおでんや豚汁などの販売も行われて賑わっていま
した。体育館の舞台では喉自慢の方のカラオケや舞踊
などが披露されていました。今日はお年寄りの方向けの
プログラムですが昨日は東方神起の作曲等を手がける
東谷出身のラムジなど若い人むけのコンサートがあり
ました。街づくり協議会が中心になっての手作り感
満載のイベントでした。






農業祭の軽トラック市です。
  
タグ :東谷農業祭


Posted by メドウおじさん at 17:55Comments(4)東谷(北九州)の紹介

サフラン

2012年11月17日

サフランは地中海方面に自生する秋咲きのクロッカスの
仲間です。サフランより約一ヶ月早く咲く大ぶりのコル
チカムを二回り小さくした感じです。サフランは葉や
球根は有毒ですが花の赤いめしべは昔からハーブと
して珍重されてきました。一輪の花から1,2本しか
めしべは取れないので昔から高価で貴重なものでした。
サフランライスの黄色い色の素だというとわかる方も
多いかと思います。
奥さんによると今年の収穫でパエリア、1回分出き
そうとのことなので作ってもらおうと思っています。

ひとつの花から1,2本しかめしべは採れません。

今年のサフランのめしべです。
パエリア1回分です


  
タグ :サフラン


Posted by メドウおじさん at 18:30Comments(0)ハーブ

ウインターコスモス

2012年11月16日

ウインターコスモスは薄レモン色のグラデーションが
きれいなコスモスの仲間です。晩秋から翌春まで長く
花を咲かせます。また、こちらは秋咲きのコスモス
と違い宿根草で何年も花を咲かせてくれます。
ただ他の野草の陰など日当たりが悪くなるととたんに
勢いがなくなって最悪は消滅してしまいます。
11月も終わりになると花の種類も菊など種類が限ら
れるので助かります。





  


Posted by メドウおじさん at 21:33Comments(2)季節の花

ゴボウ

2012年11月15日

ゴボウをはじめて植えました。スーパーに売って
いるような立派なものは出来ませんでしたが試しに
1,2本ほってみると直径で1cmほどの細いもの
ですが根が入っていました。あまりに細いので料理
には無理がありますので今流行の健康茶のゴボウ茶を
作ってみることにしました。作り方は良くわかりま
せんがとりあえずほりあげてチップ状に切って乾燥
させます。いかにも灰汁が強そうなのでどんなものが
できるのか自信はありませんが何事も挑戦です。
味のほうはまた後ほどこちらで報告させてもらい
ます。





  
タグ :ごぼう


Posted by メドウおじさん at 19:20Comments(2)食べ物

間引き菜漬物

2012年11月14日

種蒔きした大根がかなり成長してきました。一度
本葉が出始めの頃に間引いてベビーリーフサラダで
食べましたが根が鉛筆ほどの太さになって込み合っ
てきたので2回目の間引きを行いました。今回は
根を床漬けに、葉を一夜漬けにしました。
いつもの様に収穫は私が漬物は奥さんの分担です。
自分で野菜を育てると間引き菜も無駄に出来ない
気分になります。虫食い部分は多いですが新鮮な分
おいしく感じます。今後が楽しみです。

収穫した大根の間引き菜です

専用の容器で塩を振った間引き菜に圧力を
かけて一日置けば完成です。
お手軽一夜漬けです。

  


Posted by メドウおじさん at 19:02Comments(2)食べ物

ドライ・バジル

2012年11月13日

秋が深まり寒さが苦手なバジルはもう終了です。
種を取る分を残して株を処分しました。もう盛りは
過ぎていましたが若干フレッシュな葉が残っていた
のでドライバジルにしました。従来は梁につるして
自然乾燥させていましたが今回は急ぎ使いたかった
ので電子レンジで乾燥させました。ペーパータオルに
葉を並べてレンジで3回ほどチンさせるとすっかり
ぱりぱりに乾燥しました。出来栄えですが自然乾燥
させたものと比べると若干香りが飛んでしまったよ
うですが実用には十分なので日常使いにしています。
ハーブは保存はドライにするのが一般的ですがいろ
いろやり方はあるようでこれからも研究していきます。

今年最後のフレッシュバシルです。


電子レンジで急速乾燥させたものですが
ちょっとバジルでは急ぎすぎだったようで
葉が少し色落ちしたようです

乾燥させたバジルはビンで保存します

  


Posted by メドウおじさん at 18:30Comments(2)ハーブ

庭の紅葉

2012年11月12日

ここ数日で東谷では紅葉がぐっと進んだ感じです。
山も緑色の中にぽつぽつと赤や黄色の色が目立ち
始めました。庭植えの植物ではカエデを中心に紅
葉が進んでいます。昨年と比べるときれいに紅葉が
進んでいるように感じます。東北や信州ではもう
紅葉も終わりでしょうが九州は今からが見ごろの
ところが多いようです。落葉樹は落ち葉の管理が
大変ですがきれいに染まった紅葉を見ると多少
手間がかかっても育てる価値はあると思います。

カエデの紅葉が進んでいます。緑から赤へグラデーションです

真っ赤に紅葉したカエデの園芸種ノムラモミジです


こちらのカエデは実生で育ったものですが黄色に紅葉します

お隣の庭のドウダンツツジの紅葉です。

近くの公民館のイチョウです。ま黄色に染まりました

紅葉ではないですがカラスウリも赤く熟しました




  
タグ :紅葉


Posted by メドウおじさん at 18:32Comments(3)季節の花

野生の野菊2

2012年11月11日

前回紹介し切れなかった庭の野菊を紹介します。
菊の花は昔から仏様のお供え花でよく使われます。
切花にしたときに水の吸い上げが良くて花持ちがよく
長い間きれいな状態が保てます。とりわけ野生の
一重の小輪花は独特の菊の香りが強く秋の花と
いう感じがします。(もっとも菊の花の香りは
人によって好き嫌いがあるようです)
冬芽を株分けしたり、梅雨前にさし芽をすれば
よく殖えてくれるのもうれしいです。


赤い栽培種の菊と黄色いシマカンギクの雑種
と思われるもので実生種で殖えたものです。
中間色のオレンジ色の花が咲きました


私の好きな野生菊で足摺ノジギクです。葉裏が白く表から見ると
葉を白く縁取ります。茎は斜め上に伸びますが長さはせいぜい
4,50cmで小型にまとまります。葉も小さく茶花に向いていると
思います。名前のとおり四国の太平洋岸に自生します。

実生種が発芽して開花した株です。薄いピンクの花がきれいです

庭ではありませんが近所に咲いていたシロヤマ菊の群落です。
野生菊は自然の中で見るといっそうきれいです。



  
タグ :野生の菊


Posted by メドウおじさん at 17:47Comments(2)季節の花

晩秋の秋バラ

2012年11月10日

今年の秋バラは夏に水切れで葉を落としたものが多く
なかなか花が咲きませんでしたが、ここに来てやっと
少しだけ咲き始めました。秋バラは春バラに比べて
花は少し小ぶりになりますが、花色が濃くなることと
散りやすい品種もゆっくり咲き進んで花期が長くなる
ところがありがたいです。
四季咲きのものは12月過ぎても花を咲かせますが
体力を消耗するので今月いっぱいが限界のようです。
これを過ぎたら来春への準備です。












  
タグ :秋バラ


Posted by メドウおじさん at 19:21Comments(4)バラの話題

晩秋の花・冬の走り

2012年11月09日

庭ではキクが盛りで庭木も紅葉が始まり秋の雰囲気が
満点です。もう少しすると初霜が降りるので寒さに弱い
草木は手当てが必要です。今日庭を見ると秋咲き
クロッカスの代表であるサフランの紫色の花が咲いて
いました。ハーブでも有名なサフランは赤いオシベを
使います。一個の球根からオシベ2本しか取れな
い高級品です。サフランライスが出来るほどは量が
ないかと思いますが今年は収穫してみます。
もうひとつ気がついたのは冬の走りで山茶花が
咲いていました。この花が咲くと東谷は間もなく
冬がやってくるので冬支度を急がなくてはと
思っています。


赤く紐のように見えるのがサフランの原料になります


薄いピンクのグラデーションが気に入っています
  


Posted by メドウおじさん at 20:07Comments(0)季節の花

薪ストーブで焼きイモ

2012年11月08日

ストーブで先日収穫したサツマイモを焼き芋にしました。
薪が置き火になったところで作ります。簡単なのはアルミ
ホイルに包んで置き火に置けば良いのですが焦げそうだっ
たのでソロキャンプで使っていた鋳鉄の鍋にイモを入れて
スキレットをふたにしてストーブに入れました。
ストーブ炉内の温度が高そうだったので短めにしましたが
取り出してみるとイモ表面が焦げてしまいました。焚き火
と比べても温度コントロールが難しいです。要領をつかむ
のにもうすこしかかりそうです。
表面は焦げてしまいましたが中まできれいに火がとおり
おいしく出来ました。次回は焼きりんごに挑戦します。

一人用の鋳鉄の湯豆腐鍋にちょうど一個イモが入ります


鋳鉄のミニスキレットを蓋代わりに使います。

置き火になったストーブの中の五徳に載せます

10分ほどで焼きあがりましたが少々こげてしまいました


中まで火がとおりほくほくに焼けました
  


Posted by メドウおじさん at 18:25Comments(4)薪ストーブ

頂吉のかりほ庵

2012年11月07日

以前紹介した頂吉ダム堰堤の真下にあるのが工房
かりほ庵です。陶芸家の方が古民家を移築してこの
地に工房を開いたそうです。ここは工房兼農家レス
トランになっていて食事は事前の予約が必要ですが
喫茶は予約なしでもいいそうです。工房は家具工房と
陶器の工房になっていて陶器は小さなギャラリーがつ
いています。わたしが訪問したときはタイミングが悪く
ちょうど北九州市の展示会に出展中でお休みでした。
家具工房のほうはちょうど職人さんがいらしたので無理を
言ってギャラリーだけ覗かせていただきました。
素朴なデザインですが個性的な器が多くあり手にとって
日常的に使ってみたい作品です。また今度お店の開いて
いるときに行こうと思います。東谷もそろそろ紅葉が
始まっているので少し肌寒い季節ですが11月下旬が
見ごろのようです。


中谷・道原の奥まったところに工房はあります

お店は古民家を移築して作られています

素朴な和風のつくりの庭です



  


Posted by メドウおじさん at 18:23Comments(0)東谷(北九州)の紹介