白モッコウバラのアーチ

2013年04月30日

4年ほど前に300円ほどで買った八重の白モッコウバラ
ですが今年やっとパーゴラを覆うほど育ちました。
モッコウバラは黄色の黄モッコウバラが多いですが白
モッコウバラは清楚な感じが好ましいです。
黄モッコウバラとの大きな違いはキモッコウがほとんど
無香なのに対し白モッコウは日本の野ばらのような芳香が
します。モッコウバラは中国が原産で白と黄色がそれぞれ
八重と一重のタイプがあります。刺のない扱いやすい品種
なのですが一重のタイプは少しですが刺が残っています。
モッコウバラは厳密に言うとバラ属ではないという説も
ありますがバラの入門種としては最適だと思います。






シロモッコウバラのアーチですが早く成長させるために
2年ほど選定してなかったので来年は手を入れたいと
思います。


ご近所の黄モッコウです。これぐらい花がつくと見ごたえがあります。


  


Posted by メドウおじさん at 06:56Comments(3)バラの話題

春の山野草の庭

2013年04月29日

3月に花期が始まった山野草の庭ですが今が花ざかりの
ピークです。ボタンにシャクヤクシャクナゲに都忘れ
グランドカバーのムラサキサギゴケなどなど、地味な
山野草もこの時期は華やかさが一段と輝きます。
母が元気だった頃は落ち葉や不要な雑草など庭の世話を
良くしてくれていて大助かりだったのですが、今はなか
なか手が回らずに苦戦しています。落ち葉は自然とたい
肥になるのですが庭苔に積もった落ち葉は苔を痛めるの
で出来るだけ取り除かなければいけません。
せめて庭苔のあるところは手入れをしようと思います。






山野草の庭です。いつも何かの花が通路に沿って
咲くようにしています。



グランドカバーの紫サギゴケです。今年は少し花が
少ないようです。


  
タグ :山野草の庭


Posted by メドウおじさん at 12:59Comments(2)庭作り

春のハーブ苗

2013年04月28日

ハーブのコーナーも作り始めて一年が経過し順調なもの
生育がイマイチのものと差が現れはじめました。
東谷は冬の寒さが九州にしては厳しくこの冬は霜にやら
れたものも出ました。福岡市内では平気で冬を越してい
たローズゼラニウムやスィートメキシカンハーブは枯れ
てしまいました。逆に順調なのはクリーピングタイムで
2株買った苗が一年で広く育ち今年はピンクの花がびっ
しり咲きました。セージの仲間やオレガノ、ラムズイヤー
も順調です。ブロンズフェンネル、ローマンカモミール
は無事冬を越しました。ジャーマンカモミールもこぼれ
種からたくさん新芽が発芽しています。私の好きなワイ
ルドルッコラも無事宿恨して新芽が展開しています。
辛味の効いたゴマ風味のサラダが今年も楽しめます。

オレガノです。これぐらいの群落になると6月
の梅雨入り前に一度収穫したほうが蒸れなく
て元気に育ちます。

レモンバームです

ワイルドルッコラです。宿恨する多年草タイプです

カラミントです。夏に小さな涼しげな花を咲かせます

ヒソップです。夏の暑さに弱い面があるので株元の
マルチングが有効です

キャットミントです。夏に爽やかなブルーの
小さな花を咲かせます


コモンセージです。3年目になりますが今年は
花が咲きそうです

ブロンズフェンネルの2年目の株です

ジャーマンカモミールの発芽苗です

ベルガモットのピンク花です。一時期消えそうになりましたが
植え替えで復活してきました

レモンバーベナです。冬の寒さで枯れたかと
思いましたがなんとか復活してきました。
この一株しかないので今年は挿し木で増やしておく
必要がありそうです
















  
タグ :ハーブの苗


Posted by メドウおじさん at 06:19Comments(6)ハーブ

春の小球根植物

2013年04月26日

二月のスノードロップに始まった春の小球根もチューリッ
プが盛りを過ぎて南アフリカ産のイキシアの仲間が咲き出
しました。毎年GWに最盛期になり春バラと共に庭を華や
かに演出してくれます。今年は従来からのものに加えベル
型の花が咲く小球根が加わりました。花色は白とピンクと
青です。個人的には青い色が気に入っています。本当はイ
ギリスのブルーベルというヒヤシンスに似た花が好きなの
ですがイギリスで個体数が減って採取禁止になったようで
入手できないのが残念です。バラの盛期にジキタリスやル
ピナスの手前に植えておくとバランスが良くなります。
今年原種チューリップと小球根を加えたのですがすっかり
気に入ったので来年はもう少し数を植え足そうと思ってい
ます。




イキシアの仲間です。毎年必ず咲いてくれます。





今年導入したベル型の小球根です。
青色のタイプがお気に入りです。



 


  


Posted by メドウおじさん at 19:53Comments(0)季節の花

春の霧

2013年04月25日

今日の東谷は朝から濃霧に包まれました。一時は100m
先もよく見えなかったほどです。年に何回かはこんな朝が
あります。たいてい前日に雨が降り空気中の湿度が高く
夜中から明け方にかけて晴れて放射冷却するものの霜が
降りるほどは寒くない朝というのが東谷で霧が発生する
条件のようです。こんな日は霧が晴れると一日中快晴に
なります。本日はまさにそんな日でした。今からの季節は
結構昼間は気温が上がってくるので朝霧や露は特に山野
草にとっては大事な水分補給になります。






  
タグ :霧の朝


Posted by メドウおじさん at 22:10Comments(0)東谷(北九州)の紹介

若松レトロ街1

2013年04月25日

若松の本町地区(若戸大橋のある周辺)は門司港に負け
ないレトロな建物群が残っています。門司港が主に貿易
関係や金融関係の古い建物が多いのに対し若松は石炭
産業華やかな頃の産業建築が多く、今も現役で使用され
ているものが多いです。門司港のレトロ街は北九州市が
観光資源として積極的にPRしているのに対し若松地区
のレトロ建築にはもう一つ関心が薄いようです。
現役で使用されている間はいいのですが使用しなくなる
と保存より撤去されるケースが圧倒的に多いのが現実
です。またこの地区には産業建築意外にも古い民家も
点在しておりこれらの保存もどうなるのか気になるところ
です。若松の皆さんはぜひこれらの資産を活用した街づ
くりを行って欲しいと思います。折尾駅周辺のように一旦
計画が決まるとなかなか修正はできないようです。
若松のレトロ建築群がいつまでも残ることを祈っています。

石炭会館ビルです。


旧古河鉱業若松支店です。国の登録文化財に指定されています。

三菱マークのレリーフがついた倉庫です。三菱系の企業でしょうが
詳細がわかりません


上野海運ビルで今も現役で使われています。
複数の事務所が入居しているとのことです。
中を見てみたいです。



  


Posted by メドウおじさん at 19:53Comments(2)勝手に近代化遺産

ノイバラの果実(エイジツ)

2013年04月24日

ビタミンCを多く含むハーブティーとしてローズヒッ
プティーがよく知られています。西洋種のバラの完熟
した果実の種と果肉の綿毛を除いたものを乾燥させた
ものです。日本産のノバラの果実はエイジツと呼ばれ
漢方では強力な下剤として処方されますので我々素人が
手を出すのは止めたほうが無難です。ノイバラの実は
リースやクリスマスの飾りに使うのがいいですね。
ローズヒップティーも自家製にするにはかなり手間が
かかるので私は製品を購入したほうが良いかと思います。


日本のノイバラの実です。私は最近まで下剤作用が
あるのは知りませんでした。一度西洋種のバラの実で
ローズヒップティーを作りましたが、大変な手間で
大変だったです。
  


Posted by メドウおじさん at 18:44Comments(0)バラの話題

バラの新苗

2013年04月23日

今の時期は園芸店やホームセンターの花売り場にバラの
新苗が多く並んでいます。新苗の良さはなんといっても
価格の安さで、探していた品種の新苗を見つけると思わ
ずニンマリしてしまいます。バラの新苗は本格的に栽培
するなら最低1年は蕾を摘んで花をさかせないようにし
て肥培するのが良いのですが四季咲き品種で蕾がついて
いるとどんな花が咲くのか楽しみでついついそのまま咲
かせてしまいます。でもできるだけ早く摘み取るように
しています。新苗もしっかり肥培すれば2年後には立派
な花を咲かせてくれます。今年はたまたま某ホームセンタ
ーで「殿堂入りのバラ」の新苗が多く出されており植え
付ける場所のことも考えず衝動買いをしてしまいました。
今年仲間入りした殿堂入りのバラはパパメイアン、ジャ
ストジョーイ、クィーンエリザベス、グラハムトーマス
です。他にも幾つか仲間入りしています。









新苗のプリンセス・ドゥ・モナコです。
覆輪のピンクが美しく香りも大変良い香りがします。
殿堂入りのバラに負けないバラだと思います。


  


Posted by メドウおじさん at 18:41Comments(0)バラの話題

4月のベリーのコーナー

2013年04月22日

昨年作ったベリーのコーナーが一年経って随分と充実
してきました。特に古い品種のオランダ苺がランナー
で次々と子株を出してあっという間にコーナーの半分
を覆っています。ストロベリーはもう一品種、ワイル
ドストロベリーがあります。これは四季成りでほぼ一
年中花を咲かせます。うちの品種はランナーを出さな
いタイプなので一気には殖えませんが、年々株が大株
になっていきます。ラズベリーは西洋種のものと日本
産のクマイチゴとモミジイチゴがありますが今年はク
マイチゴに花が多く咲いています。ブラックベリーも
ツルを長く伸ばし、蕾がたくさんついています。
桑の実のマルベリーも緑の小さな実がついています。
また今年初めてジューンベリーが咲きました。少し
でもいいから実になると嬉しいですね。昨年はここ
から採れたベリーで作ったジャムは50ccほどでし
たが今年は量も期待できそうです。

ジューンベリーの花です。今年初めて咲きました


オランダいちごの花です。
果実はいちごミルクにすると美味しいです


木苺のクマイチゴです。実がなった枝は冬に枯れます

こちらはワイルドストロベリーです。オランダいちごより
一回り花が小さいです


マルべりーの実です。真っ黒に完熟すると甘いです。

ブラックベリーの蕾です。うちのはツル性です


西洋種の木イチゴラズベリーです



4月のベリーのコーナーです





  
タグ :ベリーの庭


Posted by メドウおじさん at 19:42Comments(0)庭作り

エクステリアの手入れ

2013年04月21日

我が家は数年前にリフォームしたのですがその時に
玄関門扉に裏木戸、塀とデッキを木製にしました。
丈夫さや手入れの手間を考えると金属製のものが
良いのでしょうが木の風合いが好きなので出来る
だけ木を使いたいと思い施工してもらいました。
防虫・防腐処理をした木材を使用してもらいまし
たが数年置きに保護剤を塗り直したほうが良いと
聞いていました。そろそろ所々、ハゲてきたとこ
ろや猿の襲来で引っ掻かれたところなどが出てき
たので今年は塗り直すことにしました。
ところが4月は日曜が雨が多くてなかなかはか
どりません。先日やっと門扉が終わりましたが
まだ、大物のデッキと裏塀が残っています。
できればGW前に終わらせたかったのですが
どうやら前半戦までかかりそうです。

門扉の塗装がハゲかかり始めました。昨年の猿の襲来も
劣化に拍車をかけました

猿の引っかき傷の跡です

門扉の再塗装完了です


  
タグ :リフォーム


Posted by メドウおじさん at 11:57Comments(2)リフォーム

春のメドウ

2013年04月20日

山野草の楽しさは春蘭のような古典伝統園芸植物のよう
に鉢植えで楽しんだり草盆栽のように自然のミニチュア
を楽しんだりと様々ですが地植えにしての群生美も見応
えがあります。欧米、特にイギリスではメドウガーデン
と言って自然の草原をイメージさせる庭があります。
まるで自然に殖えて群落を作ったように群生させたり
しています。
私が目指しているのは在来の野草でメドウをイメージ
できる庭と雑草と呼ばれるような在来野草でグランド
カバーにした庭です。ターシャチューダーのメドウ
ガーデンは到底無理ですがその精神を取り入れたいと
思っています。









近くの梅林の下草が自然の黄色いメドウになっています。
黄色い花はウマノアシガタという野草です



ホタルカズラの小群落です。



ミツバツチグリの群落です。



ハーブのコーナーです。ラムズイヤーとサントリナと
クリーピングタイムが一年でよく育ちました。



アジュガの小群落です。ここのコーナーはクリスマスローズが
終わるとブルー系の花を中心に植えています。

  


Posted by メドウおじさん at 17:26Comments(0)庭作り

ツクシシャクナゲ

2013年04月20日

福岡県内でシャクナゲで有名なのは豊前市の求菩堤山周
辺だと思いますが、我が家のシャクナゲもツクシシャク
ナゲでかれこれ30年以上育っています。毎年GW前に
必ず咲いてくれます。花が終わったら結実しないように
花柄を摘み取ってやると翌年もよく花が咲きます。
咲き初めの濃いピンクが先進むにつれ薄いピンクから白
に変化していく様子は毎年楽しみです。
ツツジなどと比べて剪定が難しく(不用意に切ると枯れ
やすいです)樹形も整わないので庭木としては使いづら
い面もあるようです。庭木としては丈夫な西洋シャクナ
ゲがよく使われます。間もなく一年で我が家の庭が最も
華やぐ季節が近づいてきて今から楽しみです。











  


Posted by メドウおじさん at 06:13Comments(0)季節の花

藤の花

2013年04月18日

薄紫色の藤の花が咲き始めました。例年GWの前後に咲
くので今年は早咲きです。我が家の庭の花木の大半は
花好きで活け花の師範だった母がせっせと苗木を植えて
大きくなったものが多いです。活け花の花材として使え
るものが中心で自然と和風のものが多くなっていますい。
藤の花は野生の自生種が東谷の山にも多く見られますが
石原町の大応寺さんの参道の藤の花のトンネルは見事で
す。ちょうどバス停の横にあるのでバス待ちの方がよく
眺めているのを見かけます。また河内貯水池のある田代
の紫陽花の湯近くに立派な藤園があります。有料ですが
見事な花を見ることができます。


 
  

Posted by メドウおじさん at 19:38Comments(0)季節の花

懐かしの映画館、昭和館

2013年04月17日

今時の映画館のシネコンは新作のプレミアム上映が普通
ですが以前は2本立て上映というのが多かったように思い
ます。今では旧作の2本立てというとピンク系の映画館が
少数残っているくらいですが小倉には珍しく名作を上映
する二本立て映画館が残っています。昭和館といういか
にもレトロな名前の映画館です。洋画系と邦画系の二館
が隣り合わせでたっています。その建物の造りも昭和館
という名前にふさわしいレトロな名前で昭和の映画のロ
ケに使えそうです。昭和館のある一体は旦過と呼ばれる
小倉の庶民の台所的な市場のあるところです。
ここも昭和テイストいっぱいで昭和の20年代にタイム
スリップしたような場所です。
旦過市場一帯は別の機会にまた紹介したいと思います。






場末の雰囲気がある町並みといのも懐かしい感じがします
  


Posted by メドウおじさん at 19:20Comments(2)東谷(北九州)の紹介

福寿草の実生発芽

2013年04月16日

地植えにした福寿草の周りに見慣れない双葉と切れ込み
の深い草が生えていました。最初は肥後スミレの発芽苗
かとも思いましたがよく見ると違いがわかります。
どうやら昨年、一昨年のこぼれ種が発芽してくれたよう
です。山野草は環境に適応しない場合が多いのですが
実生から育てた苗は育てた環境によくなじむようです。
福寿草はアネモネの仲間なので発芽から開花まで早
くて3年普通は4、5年かかりますが5年で好みの山野
草の群落が身近で見ることができるのなら早いもので
す。
ヤマシャクヤクに福寿草に雪割草の実生群落が見る
ことができたら嬉しいでしょうね。



今年の3月中旬から4月上旬の
開花の様子です


結実した種です


発芽2年目の苗です。なんとなく福寿草らしくなっています

今年の発芽双葉です。知らないと雑草だと思ってしまいそうです

  


Posted by メドウおじさん at 21:13Comments(0)季節の花

2013年、4月の庭

2013年04月15日

4月に入って緑がどんどん濃くなっていきます。
もうクリスマスローズのコーナーは終わりでこれか
らはバラのコーナーとベリーのコーナーが楽しみです。
バラは昨年導入した新苗はまだまだですが、今年は昨秋
植え付けた原種チューリップなどが咲いてくれてバラの
前の庭を彩ってくれています。ハーブのコーナーは多年
草タイプのものは芽吹きが始まっていて、一年草タイプ
も発芽が始まっています。ベリーのコーナーはワイルド
ストロベリーもオランダ苺も株が増えて今年はジャム作
りが楽しみです。ワイルドの木苺のクマイチゴも花芽が
多く付いているので収穫のしがいがありそうです。

3月の末の庭の様子です。クリスマスローズが花ざかりです。
昨年に比べると順調に充実してきています


4月の中旬の様子です。あっと今に緑が濃くなりました。



昨年の庭です。随分まばらでした。







 


  
タグ :4月の庭


Posted by メドウおじさん at 20:45Comments(2)庭作り

郷原の新高美橋

2013年04月14日

目倉より北側の322号線沿いの集落が郷原で、ここ
からが中谷の集落になります。郷原のバス停の信号機
から東谷川をわたって志井の集落へむかって通る橋が
新高美橋です。今の橋は十数年前に作られたものだと
思いますが当時は橋の中央橋台のあるタイプが主流で
現在主流のプレテンション式の中央橋台が不要のタイ
プはまだなかったようです。現在の橋の隣に昔の橋台
跡が残っています。川底の土台はコンクリですが橋を
支える橋柱は木製だったようで今もその跡が覗いてい
ます。木製の橋は東谷川では今はどこにもありません
が私が子供の頃宮前橋とほたる橋の中間にある「中の
橋」は木製だったように思います。紫川上流地域の
三谷地区には春吉の石橋のアーチ橋など古い橋が多く
面白いです。いつか最下流から最上流までの橋を全部
訪ねてみたいと思っています。



手前に以前の橋台跡が見えます
  
タグ :新高美橋


Posted by メドウおじさん at 19:32Comments(3)東谷(北九州)の紹介

若松区老松町の霊石

2013年04月13日

若松の老松町公民館脇に三つの神社の名前が刻まれた
巨石が安置されています。脇にある説明版によると
江戸時代に日照りで困った若松地区の村人たちが地
元の三神社の名前を刻んだ巨石を洞海湾に沈め雨乞
いをしたそうです。その後明治期に海底に沈んだ
そうですが昭和30年代後半になって洞海湾の
拡張工事がされたときに巨石が引き上げられまし
た。今では霊石として地元の方によって大切に祀
られています。






  
タグ :若松の霊石


Posted by メドウおじさん at 19:43Comments(0)東谷(北九州)の紹介

フキのきんぴら

2013年04月11日

春先にフキノトウで蕗味噌を作って楽しみましたが
今は茎が伸び葉も大きくなっています。
これからは茎の部分で煮物や佃煮が美味しく食べら
れます。梅雨時を過ぎると茎の繊維が固くなり始め
ますが佃煮にすれば美味しくいただけます。
特に今時分は茎も柔らかいので佃煮より煮物やきん
ぴらがオススメです。今回はきんぴらにしました。
鷹の爪でピリ辛きんぴらにするとお酒に弱い私でも
日本酒が欲しくなります。





  


Posted by メドウおじさん at 18:52Comments(4)山菜

八重桜

2013年04月10日

ソメイヨシノが終わって八重桜が見頃になりました。
ソメイヨシノが終わるとなんとなく桜の季節が終わ
ったような錯覚を覚えますが八重桜は今が見ごろです。
濃いピンクで八重の花が豪華な八重桜はソメイヨシノ
とは違った別の美しさがあるようです。
今日は随分と冷えたのですが八重桜の頃は例年なら
春本番で暖かい日が多く、お花見にはソメイヨシノ
の頃より向いているように思います。
東谷の近辺では市丸の大清水神社の参道や鱒渕ダム
堰堤下の公園などがちょっとしたスポットです。
今週の末が見頃ではないでしょうか。




お隣の八重桜です。うちにも一本欲しいところです。
  
タグ :八重桜


Posted by メドウおじさん at 19:00Comments(2)季節の花