旧陸軍12師団司令部跡地

2016年09月11日

小倉城は幕末期対長洲戦争時、小笠原藩の手によって自
ら自焼しました。明治になってからは本丸、二の丸跡地に
陸軍の12師団司令部や第12旅団の司令部がおかれま
した。その後は終戦時まで小倉北区は軍都として機能して
きて小倉城周辺は造兵省の軍需工場が立ち並びました。
終戦直前には米軍による原爆投下目標でしたが運命の
8月9日は小倉上空は厚い雲で覆われ目標を特定でき
なかったため、原爆を搭載したB-29は第二目標の長
崎に向かいました。戦後軍需工場は閉鎖されその跡地は
長く放置されてましたが昭和40年代から本格的に再開発
が始まり現在は勝山公園として広く市民に親しまれていま
す。今、小倉が軍都であったことを示す数少ない遺構の一
つです。



陸軍12師団司令部正門跡です。本丸跡にあります。





こちらは隣の第12旅団司令部跡地です。



明治時代の野戦砲が野外展示されています。

  

Posted by メドウおじさん at 08:52Comments(2)戦争遺産

第二次世界大戦防塁跡

2015年12月12日

現在の小倉南区役所や南警察署、北九州高校、医療
センター一帯は明治時代から昭和20年まで陸軍病
院はじめ多くの陸軍関連施設が存在しました。現在
はその痕跡を感じることさえまれなほど再開発され
ています。南区役所の裏側(東側)に3~5mほど
の築山のような盛り土があります。今は樹木が生い
茂っていますがここは先の戦争中、軍の防塁として
人為的に作られたものです。この若園一帯はいくつ
か戦争遺産が他にも残っているそうなので一度しっ
かりと調査したいと思っています。



今はうっそうとした築山ですがここは防塁跡です。  

Posted by メドウおじさん at 20:42Comments(2)戦争遺産

陸自、北方駐屯地のアメリカンハウス

2015年10月24日

北方の陸自駐屯地の史料館は受付で申し出れば見学
できると聞いていたので先日行ってみたのですが、
あらかじめ電話で予約を入れる必要があるそうです。
という事でこの日の見学はあきらめましたがせっか
くここまで来たので以前駐屯地内に古い米軍の使用
したアメリカンハウスがあると聞いていたのでそれ
を探すことにしました。駐屯地を一周して探すと南端
に薄青いペンキ塗りの古い木造の洋館が二棟ありました。
現在は倉庫として使われているようです。一棟は玄関に
十字架のレリーフがあるので教会か何かの施設だった
のかもしれません。朝鮮戦争の頃、北方には米軍が
駐留していたのでその関係のものだったのかもしれませ
ん。北端にある史料館はたぶん永久保存されるでしょう
がこの施設はいつまで残るのか油断できません。貴重な
戦争遺産の一つとして内部を一度是非見学したいもので
す。



陸自北方駐屯地正門です。入って左が受付です。



アメリカンハウスです。シンプルな美しさがあります。



もう一棟のアメリカンハウスです。



  

Posted by メドウおじさん at 18:42Comments(1)戦争遺産

田向山砲台跡

2015年08月17日

小倉北区と門司区の境にある田向山は巌流島の決闘で
知られる宮本武蔵と佐々木小次郎の記念碑文があるこ
とで有名です。特に宮本武蔵の碑文は江戸時代にこの
地を所領とした武蔵の養子の宮本伊織が小倉藩家老と
してこの地に建立しました。今残っている碑文は当時
のもので私的にはAランクの歴史遺産です。この碑文
のおかげで武蔵の吉岡一門との死闘、巌流島の決闘な
どが史実であったことが証明されています。
この地は幕末には小倉藩と長州藩が死闘を展開し、そ
の後明治以降は関門海峡を守る重要な軍事地点になり
ました。田向山には高射砲台が築かれたほか麓にはレン
ガ造りの発電所建屋が半ば朽ちかけていますが残
っています。いずれも戦争遺産のためか荒れるに
任されていますが正しい歴史評価を行い平和教育
の一環として保存してほしいものです。


田向山の高射砲台跡です。現在は半円形の跡がみられます。正面の茂み向こうは
各高射砲台をつなぐ塹壕型の施設が残っています。


高射砲台の関連施設です。出入口はコンクリートで塞がれています。



何の施設かわかりませんが施設跡です。


各施設への電力を供給した発電所建屋です。私の好きな煉瓦造りですが半ば朽ちかけて
います。以前は内部まで入ることが出来たのですが現在はフェンスで囲まれています。



今は説明看板が設置されています。


クリックすると拡大して読みやすくなります。





サムネイルです。拡大できます。
  

Posted by メドウおじさん at 19:26Comments(0)戦争遺産

自衛隊小倉駐屯地史料館(旧歩兵四十七連隊将校集会所)

2014年06月24日

北方の陸上自衛隊駐屯地は秋の記念日以外は中に
入ることはできません。正門横で隊員が目を光ら
せています。駐屯地内の北側には以前から気にな
っていた古い木造平屋建ての洋館づくりの建物が
あります。調べてみるとかなり古いもので100年
近く前のもので明治30年の創建だそうです。すっ
きりと実用重視の建物という感じで昔の木造校舎を
彷彿させます。九州の木造洋館では最も古い部類の
ようです。他にも自衛隊基地には旧陸軍時代の建物
は残っていますがここまで古いものは全国でもそう
多くないと思います。貴重な建物です。
自衛隊など官公庁の建物には民間に比べ古い建物が
残されているケースが多いのですがそれでも取り壊
されることもあります。城野駅前の陸上自衛隊施設
は味のある古い建物でしたが取り壊されました。
この資料館はいつまでも残ってほしいです。

訂正 敬天愛人さんの情報で、資料館は正門受付で申し出れば一般見学
    できるそうです。上記本文は訂正させていただきます。





  

Posted by メドウおじさん at 21:50Comments(6)戦争遺産

戦争備品

2013年08月15日

今日、8月15日は終戦の記念日です。戦時中私の亡き
父も満州戦線へ送られました。戦争時代のことはよほど
辛かったとみえその体験を私に語ってくれたことはほとん
どありませんでした。父が5年前に亡くなった時に遺品を
整理していたら戦争中に使っていたらしいアルマイトの
飯盒と水筒が出てきました。どちらも綺麗な状態でした。
おそらく行軍時に携帯していたものです。戦争自体は辛い
ものだったはずですが生死を共にして生きて本国に戻っ
てきた備品は廃棄することはできなかったのでしょう。
今私たちは戦争のない平和な時代を生きることができる
ことを感謝したいです。



  
タグ :戦争遺産


Posted by メドウおじさん at 08:55Comments(5)戦争遺産

東谷の戦争遺産3(高射砲台跡)

2013年01月19日

小学生の頃に見た東谷の戦争遺産の高射砲台跡ですが
ぴよんさんの情報と昔の記憶をたどって前回、ようやく
山の登り口らしきものを発見しました。
今日は少し寒いですが朝から晴れて天気も良さそう
だったので探索熱が冷める前にと思い切って砲台跡を
探しに行きました。
木下の西の集落の脇道を通り山道に入るとすぐに
集落の小さな祠があります。御日待に使用するお堂も
残っていますが少し荒れた感じです。
祠の下に山道があり山を巻くように続いていてどうやら
ここが昔登った道のようです。少し進むと竹林の中を道
は通りますが倒竹が道を塞ぎ大変ですがなんとか避け
ながら先へ進みました。竹林を抜けたところで道がなく
なっていましたが右手の尾根筋の上のあたりが怪しか
ったので斜面の比較的緩やかなところを探して尾根へ上り
ました。尾根の上は少し開けた場所で昔の山城の曲輪跡の
ようです。
ここで古いコンクリで縁どられた水溜場のようなものを
見つけました。やはり砲台跡はこの近くにあるようです。
尾根は麓に向かってさらに10mほど高くなっていて
その先は麓に向かって眺望が開けていそうだったので
登ってみるとビンゴでした。
そこは直径で10mほど、深さ2mほどの明らかに人工
的な窪地になっていて昔見たコンクリの遺構も残ってい
ました。遺構の真下は急斜面になっていて昔来た時は
見晴らしの良い場所でしたが、現在は植林された杉が
大きく成長し眺望は効きません。周囲には直径3mほどの
窪地がいくつか残っており一部にコンクリの壁のような
ものがあったので倉庫か何かだったようです。
全体の規模は以前見た田向け山の砲台跡と同じような
規模です。それにしてもなぜ東谷の田舎にこのような
砲台跡があるのか不思議ですが山を降りた場所に東谷と
中谷を結ぶ櫨ガ峠の隧道がありここは戦争中は陸軍が
弾薬庫として使っていたのでその防衛設備だったの
かもしれません。
帰路は尾根の反対側に九電の鉄塔建設のために作った
階段が杉の植林帯の中を下っているのを見つけたので
これを降りました。急勾配ですが簡易階段のおかげで
スムーズに降りれました。途中山道に合流し進むと
櫨ガ峠への舗装道にでたので、現地へはこちらの
ルートのほうが行きやすいようです。
それにしても長年の疑問が解消されてすっきり
しました。

やっと見つけた入口です。この先は倒竹で
進むのが大変でした


尾根筋の平地にあった遺構です。水場あとのようです





コンクリート製の砲台設備(たぶん)の遺構です。

遺構の正面は急斜面で今は杉が植林されています

杉が成長して眺望を遮っています。以前はここから麓が
よく見えました

尾根筋を櫨ガ峠側に降りる簡易階段が作られています。
九電さんが鉄塔を建設する際に作ったようです

麓から見た以降のある場所です










  


Posted by メドウおじさん at 18:34Comments(2)戦争遺産

東谷の戦争遺産2

2013年01月16日

以前ここで東谷の裏山に高射砲台跡のような廃墟があると
書いたのですが、コメントを下さった「ぴょん」さんから
山ヶ迫の法円寺さんの裏山山頂にそれらしきものを見た
ことがあったと聞きました。昨年一度山の登り口を探して
不明だったのですが今回それらしき登山口の山道らしき
ものを見つけることができたのですがかなり荒れていて
この日は雨が降りそうだったので山へ登るのは次回に
持ち越しにすることにしました。
下の写真はこの山の遠望ですがいかにも高射砲台を
築くのにふさわしい場所に思えます。

高射砲台跡があると思われる山です。


東谷の古刹、法円寺さんの山門です。
ここの梵鐘は文化財級です。
  


Posted by メドウおじさん at 18:22Comments(2)戦争遺産

東谷の戦争遺産

2012年01月19日

これも小学生の5,6年の頃だったと思いますが
木下の西の友達といっしょに今の平尾台病院の裏辺りの
山の尾根まで登るとコンクリート製の塹壕のような施設が
ありました。私達は子供の秘密基地遊びで遊んだのですが
今考えるとあれは陸軍の高射砲台か敵機の観測施設だった
のではないでしょうか。
尾根からは展望が良く効いていたのを思い出します。
最近どこから登ったのか現地に行ったのですが思い出
せませんでした。平尾台病院の横に林道が通っていますが
どうもそれとは違うような気がしますし、元々の記憶も
不確かなので仕方ないですね。



この尾根のどこかに戦争遺跡が眠っています。
  

Posted by メドウおじさん at 16:00Comments(2)戦争遺産