梅の開花

2012年02月29日

大幅遅刻の梅がやっと咲きました。玄関脇の古木に一輪
咲いています。この梅は八重の薄いピンク色で小ぶりです。
かなりの老木で樹勢は落ちているので実付きは良くないですが
枯れた感じが気に入っています。
ほかの南高梅なども蕾がかなり膨らんでいるので一斉開花
しそうです。急ピッチで春が近づいています。



  
タグ :梅の開花


Posted by メドウおじさん at 17:38Comments(0)季節の花

敷石作り

2012年02月28日

庭の通路が雨が降ると少しぬかるむので敷石を敷くことに
しました。本当は一枚石を使うのが良いのですが、先日
購入した砕石がたくさんあるので、なるべく平たいものを
選んで組み合わせて敷石にします。大体、4枚一組で一つ
作れます。歩幅にあわせて敷いていきますが、予定では30
枚ほど作るつもりです。完成すれば雨が降っても歩きやす
いです。


歩幅を考えて石を敷いていきます。



ざっと計算して30枚×4で120枚近く敷かなければ
活けません。
  
タグ :敷石


Posted by メドウおじさん at 17:33Comments(0)庭作り

山菜用ナイフ

2012年02月27日

いよいよ山菜シーズンが目前です。
以前から欲しいと思っていた山菜用ナイフですが先日知った
徳力の井上鍛冶屋さんで作っていただくことにしました。
小型の鎌のような形でフランスのオピネルの草刈り用
ナイフのイメージです。
手作りで鍛造なので少し時間がかかりますが出来上がるのが
楽しみです。



出来上がりはこんなイメージになる予定です。
  


Posted by メドウおじさん at 17:56Comments(0)山菜

北九州空港

2012年02月26日

北九州空港は小さいながらも人工島を作って出来た空港です。
その気になれば関西空港や名古屋のセントレア空港と同じで
24時間運営もできますが、残念ながらそこまでの需要はない
ようです。
スターフライヤーがメインの運行会社ですが多くの便はANA
と共同運航が多いようです。空港の玄関には北九州と縁の深い
松本零児さんの銀河鉄道999のメーテルのロボットが案内し
てくれます。またロビーでは特産市もやっていてなんとか盛り上げ
ようとしていますが、なにしろ利用客がすくないのが悩みの種の
ようです。





空港の玄関です






スターフライヤーの離発着です。
  
タグ :北九州空港


Posted by メドウおじさん at 14:26Comments(3)東谷(北九州)の紹介

春咲き球根

2012年02月25日

今まで眠ったように静かな冬の庭でしたが立春も過ぎ雨水のころに
なると春咲き球根の芽が芽吹いています。これから一雨ごとにぐんぐん
成長していきます。春咲き球根には植えっぱなしでも毎年良く花を
つけるものが多く管理が楽チンです。一年草や宿根草と組み合わせて
使うとシーズン毎に違った表情の庭を演出することが出来ます。



いち早く花を咲かせるスノードロップが咲きました。



チューリップの芽だしです



バイモの芽だしです。




ヒヤシンスです。紫の花が咲きます。



シラーの芽です。5月にはいると花を咲かせます。
  
タグ :春咲き球根


Posted by メドウおじさん at 13:00Comments(0)季節の花

アリトウシ

2012年02月24日

冬の東谷の山には常緑の低木で赤い実をつけるものが多いです。
先般紹介したアオキもそうですがその他にもよく見かけるものに
ヤブコウジやアリトウシがあります。アリトウシには枝に鋭い
棘があるので近寄ってみる時や触れるときには注意が必要です。
冬の赤い実は人間には有毒なものがあるので口に入れないほうが
良いですが鳥達には餌の少ない冬には格好の食べ物のようです。



アリトウシは直径1cm以下の小さな実をつけます。
  


Posted by メドウおじさん at 13:00Comments(0)季節の花

マンサク

2012年02月23日

ロウバイにはじまる新春の花木のリレーは第二走者の
マンサクがやっと咲き始めました。ロウバイは例年どうり
のタイミングで開花しましたが第二走者のマンサクは大きく
出遅れました。我が家ではマンサク以下クロモジ、レンギョウ
と黄色い花のリレーは続きます。



マンサクの咲きはじめです。
  


Posted by メドウおじさん at 17:00Comments(0)季節の花

クリスマスローズ2

2012年02月22日

真っ白いクリスマスローズ、ヘレボレス・ニゲルがやっと咲きました。
随分前から蕾状態でしたが今年の寒さでずっと足踏み状態でした。
本来、この種類はお正月前に咲くのですが、今年は地植えした
ばかりで体力不足なのか開花が手間取りました。
葉っぱの陰で隠れるように咲くこの頃のクリスマスローズは控えめで
いい感じです。




  


Posted by メドウおじさん at 14:00Comments(0)季節の花

万年青(オモト)

2012年02月21日

オモトは九州などの暖地で山林などに生えるユリ科です。
今年の冬は例年になく寒く梅もマンサクも開花が遅れています。
花のない寂しい庭ですがよく見るとオモトに赤い実がついていました。
オモトは古典園芸植物で江戸時代より斑入りや変化葉など葉の変化
を楽しまれてきましたが真冬の赤い実も中々魅力的です。
年中青々とした葉は縁起物として喜ばれ最近でも引越しの贈り
ものとして使われています。


  


Posted by メドウおじさん at 16:36Comments(0)季節の花

春の日差しと蕗味噌

2012年02月20日

今日は昨日までの寒さがうそのように穏やかな春の日差しに
なりました。空気はまだ寒いですが日差しには春のぬくもり
を感じます。それで春の訪れを感じる酒の肴の蕗味噌を作ってみました。
ふきのとうは近くの店に出ていました。ふきのとうは蕗の花のつぼみです。
春の山菜のなかでもいち早く地上に出てきます。我が家のふきのとうは日当
たりが悪いところにあるのでもう少し先になります。
そこで今日は蕗味噌を作りました。日本酒の肴にぴったりです。
先日紹介した山家酒造の特別純米酒でいただきます



久しぶりの晴天でした



春の山菜蕗のとうです



さっと湯がいて細かく切ったフキノトウを味噌とみりんで
煮つめていきます



水分がとんだら出来上がりです

  


Posted by メドウおじさん at 18:31Comments(0)山菜

一市二郡新四国霊場

2012年02月17日

四国のお遍路さんの88ヶ所霊場めぐりはあまりに有名ですが
北九州にもミニ霊場めぐりができます。小倉南区の紫川流域
には一市二郡新四国霊場めぐりができるお堂が各所にあります。
特に三谷地域は農村部ということもありお堂が多いです。
それぞれの集落の信仰も厚くきれいに維持されている所が多い
いですがなかにはあれたところもあるようです。
がんばってまわれば2,3日でまわることができるのではない
でしょうか。四国でお遍路を考えている方には足慣らしに
ここを巡ってみるのもよいのではないかと思います。


山ヶ迫のお堂です。このお堂の周りはきれいに清掃されています。





  


Posted by メドウおじさん at 14:00Comments(4)二市一郡新四国霊場

ローズマリーでうがい薬

2012年02月16日

2,3日前から風邪気味で喉が痛いためうがいをしようとしましたが
ちょうどイソジンが切れていました。こんな時には身近にハーブが
あると便利です。今日はローズマリーでうがい水を作りました。
ローズマリーの小枝10本をホーロー鍋で約30分煎じます。
煮出したら網でこしとって出来上がりです。
茶色の液体はかなり苦いですがローズマリーは抗菌性があるので
うがい水にはぴったりです。とりあえずイソジンが補充されるまで
十分役に立ちました。


  


Posted by メドウおじさん at 12:00Comments(0)ハーブ

九州自然遊歩道

2012年02月15日

九州自然遊歩道は八幡東区の皿倉山を起点に九州を一周する
長距離歩道で総延長は2500キロ以上になります。
昭和50年から整備が進み昭和55年に完成しています。
完成後30年以上経過し結構荒れた場所も出てきており
今後はその維持がかだいになってきそうです。
とはいえ身近な遊歩道としてウォーキング好きには愛されて
います。東谷は皿倉山から北九州国定公園である平尾台へ
かけての道が遊歩道になっています。登山道へ入ると時折
標識を見かけますがそれ以外ではあまりどこが遊歩道かわか
らないところも多いので、一度その経路を辿りたいと思って
います。


前方遠くに皿倉山が見えます。テレビ塔が立っている山です。



九州自然歩道の看板です。山ヶ迫から櫨ヶ峠に抜ける道に設置されています。



  


Posted by メドウおじさん at 13:00Comments(2)東谷(北九州)の紹介

集落の神様

2012年02月14日

東谷の産土神は石原町の東大野神社でここには現在も神主さんが
いらっしゃいます。そのほかにも各集落にはその地区に独自の神様
をおまつりし年に1,2度神事を行っている所が多いようです。
そんな地域の非常にローカル色の強い神様をご紹介します。
石原町には天疫神社があります。天疫神社は北九州に多く存在する
神社でその昔伝染病が流行した時、沈静化を祈念して建てられと
聞いています。石原町でも昔(江戸時代?)伝染病が流行り多くの方が
亡くなったと聞いたことがあります。現在公民館のある場所には
昭和30年代後半まで神社拝殿がありおこもりなどの神事が行われ
ていました。五月の連休には造花で飾った山車が引かれ賑わいます。





  
タグ :天疫神社


Posted by メドウおじさん at 12:00Comments(0)東谷(北九州)の紹介

黄砂襲来

2012年02月13日

どうも朝から鼻がムズムズして目の周りが涙目ぽくなっていて
どうも風邪でも引いたかなと思っていましたが少し違うようです。
花粉には少し早いようですし変だなと思っていると、平尾台辺りが
晴れているのに妙にかすんで見えます。どうやらお隣の国から
黄砂がやってきているのかもしれません。そういえば昨年も早めに
黄砂が飛来し、3月には空が黄色く見えたことがありました。
今年は花粉に黄砂のダブルパンチに苦しみそうです。



  
タグ :黄砂


Posted by メドウおじさん at 12:00Comments(0)東谷(北九州)の紹介

東谷のお寺の鐘

2012年02月12日

お寺の鐘と言うと除夜の鐘を思い起こす方も多いと思います。
なぜか東谷のお寺には鐘楼を持つお寺が多いようです。
石原町には大応寺さんが朝の6時、正午、夕方の6時と3回
御院下さんが鐘を突いてくださいます。朝、寝床で鐘の音が
聞こえるとそろそろ起きなくてはいけないと思う毎日です。
この地域で最も古い鐘は法円寺さんの鐘で室町時代の作と
言われています。


志井のお寺です



中谷の西方寺です







  
タグ :お寺の鐘


Posted by メドウおじさん at 16:00Comments(2)東谷(北九州)の紹介

日田彦山線と鉄道遺産

2012年02月11日

JR九州の日田彦山線は現在2両編成のディーゼル車が上下線とも
一時間に一本通るかどうかですがその前身は明治時代の後半まで
さかのぼる歴史ある路線です。当時は石炭輸送主力として期待され
ました。また戦後はセメント原料の輸送で一時期活気を帯びたとき
もありました。そのため沿線には歴史的価値のある鉄道遺産が数多く
残っています。東谷地区では石原町駅舎、
呼野のスイッチバック跡、金辺トンネルや跨線橋などです。
今のところ鉄道マニアの間ではすっかり有名のようですが一般には
まだまだ知名度も低いようです。沿線の自治体を巻き込んだ観光
資源として発展すると良いのにと思っています。


呼野のスイッチバックの線路跡です。



金辺トンネルです



セメント鉱山の引き込み線跡です。



石原町駅です



呼野の丸山トンネルです


  
タグ :日田彦山線


Posted by メドウおじさん at 16:00Comments(0)勝手に近代化遺産

保存樹2

2012年02月10日

保存樹の二本目は郷原のバス停の前の民家の中にあります。
北九州には福岡市に負けないくらい保存樹に相当する樹木が
ありますが市当局も市民もイマイチ関心が薄いようです。
確かに身近にありすぎて保存樹というイメージが湧かない
のかもしれません。今は自然の多く残っている場所でも開発
がはじまるとあっという間に消えてしまうものです。
大切なものは今のうちに残すようにしなくてはと思っています。








  
タグ :保存樹


Posted by メドウおじさん at 18:10Comments(0)東谷(北九州)の紹介

岩倉観音

2012年02月09日

前回紹介した石灰窯跡をまっすぐ進むとやがて岩倉観音の
お堂に着きます。元は法蔵寺というお寺があったようですが
随分前に廃寺になり今はお堂だけが残されています。
ここに観音様が安置されています。土地の皆さんは岩倉観音
と呼び大事にしてきました。またここは二市一郡新四国霊場
の札所にもなっています。古い法輪塔なども残っていて昔は
立派なお寺だったのでしょう。



岩倉観音のある法蔵寺です。



お堂の中に観音様が安置されています。



二市一郡新四国霊場のお堂になっています。
  
タグ :岩倉観音


Posted by メドウおじさん at 18:52Comments(0)東谷(北九州)の紹介

志井の石灰窯

2012年02月08日

志井鉱山の周辺には石灰岩を焼いて土壌改良剤を作る窯跡が何箇所か
あります。写真は岩倉観音へ行く途中の畑の中にあるものです。
山から切り出した石灰岩を窯で焼いて砕いて消石灰を作っていたようです。
炭焼きの窯は珍しくないのですが石灰岩を焼く窯は始めて聞きました。
志井鉱山は主に戦後開発されましたが周辺では古くから石灰岩の活用
が図られていたのでしょう。



  
タグ :石灰窯


Posted by メドウおじさん at 18:09Comments(0)東谷(北九州)の紹介