七輪陶芸復活の兆し

2014年12月31日

今年の大晦日は午前中は穏やかな天気でしたが午後から
急に雨風が強くなってきました。今年は自然災害が多い年
でしたが東谷は穏やかな一年でした。皆さん今年一年あり
がとうございました。来年もよろしくお願いします。
今年最後のお題は七輪陶芸の話題です。

以前広島に住んでいた時(15,6年前)中国山地の聖湖
キャンプ場やダム湖畔の公園などでソロキャンプがてら
七輪窯で本焼きを楽しんでいました。陶器は普通穴窯や
登り窯で10日から14日かけて焼き上げるところを七
輪窯ではわずか2,3時間で焼き上げるという画期的な
方法です。誰でもちょっとしたコツをつかめば本格的な
焼成が楽しめます。もうお亡くなりになられた陶芸家の
吉田 明さんという方が編み出された焼成法です。
大きさは七輪に入る概ね直径で10cm以下の小さなも
のしか焼けませんがぐい飲みなどを焼くにはぴったりで
す。(バーベキュー用の直径が30cmある七輪だと大き
めの物も焼くことが可能です。一番のコツは七輪だと急激
に温度が上がりやすいので素焼きをしっかりすることと
温度コントロールをする送風機(ドライヤー)の送風量の
調節です。はじめは遠目からゆっくりと七輪の焚口に近づ
け最後は焚口から一気に焼き上げます。





広島近郊のダム湖畔の公園の隅で七輪陶芸を楽しんでいました。
下の七輪に炭を詰めてその上に素焼きした作品を載せてもう一つ
の七輪で蓋をして焼き上げます。後ろの谷川ですが護岸は自然石を
積み上げて作られています。自然な感じがして私がお気に入りのス
ポットでした。



こんな感じで始めは遠目から送風して徐々に七輪の温度を上げていきます。



温度がMAXになると炎が相当吹き上がりますのである程度広い場所でやると安心です。
かなり高温なのでやけどには十分な注意が必要です。当然いざという時の消火用の水は
用意しておきます。



この日の作品です。無釉ですが灰が溶けて自然釉の景色が出ました。
  

Posted by メドウおじさん at 13:21Comments(2)クラフト

社内旅行2(京都、清水寺・宇治平等院)

2014年12月29日

社内旅行2日目は城崎温泉から長駆して京都まで足を延ば
しました。午前中はほぼバス移動でした。昼過ぎに京都に
ついて最初の見学は清水寺です。さすがに京都でも1,2
位を争う観光スポットで平日でも大人数です。寺内は紅葉
は終わっていましたが久しぶりに見る清水の舞台は圧巻で
す。大きさも見事なこともさることながら1本の釘も使わ
ずに木組みだけで組み立てている匠の技術もすごいです。
寺内にはやけに着物姿の女性が多いと思ったら中国からの
観光客の間で着物を着て京都観光をするのが流行っている
そうでレンタルの着物屋さんが繁盛しているそうです。
お昼は市内で湯葉懐石を頂いた後宇治の平等院鳳凰堂へ
行きました。ちょうど冬場の夕暮れ時に当たり夕日の中に
浮かぶ鳳凰堂は正に極楽を思わせる美しさでした。時の権
力者の藤原氏もこの光景を見ながら極楽往生を願ったよう
です。どんなに強力な権力者でも仏様の前では一個の魂の
存在で極楽往生を願わずにはいられなかったのかもしれま
せん。













夕日の中の鳳凰堂は美しかったです。
  

Posted by メドウおじさん at 17:51Comments(0)その他

ロサ・カニナ仲間入り

2014年12月28日

ローズヒップティーを作りたくてヨーロッパ産の原種、
ロサ・カニナを探していましたが先日グッデイでロサ
カニナを見つけたのでさっそく迎え入れました。
タグの写真はピンク色の一重の花で日本の原種」、テリ
ハノイバラに良く似ています。よく見かける日本のノイ
バラのローズヒップティーは緩下作用が強くて下痢に
なりやすいのでお腹の弱い私にはノイバラのローズヒ
ップティーは向いていません。慢性の便秘性の方には
向いているかもしれません。適量の個人差が大きいの
でちょっと扱いにくいと思います。市販されているロ
ーズヒップティーは主にヨーロッパ産のロサカニナが
使われます。来年秋にどのくらい収穫できるものか今
から楽しみです。あとハーブの蒸留もやってみたいの
でロサ・ダマスカスも探していますがなかなか見つか
りません。縁があればそのうち出会えるものと気長に
探します。



今回購入した株ですが大苗と新苗の中間くらいの大きさです。

 

ロサ・カニナのタグ写真です。オールドローズに分類されていますがイギリスでは
ドッグローズと呼ばれる野生種です。
  

Posted by メドウおじさん at 20:10Comments(6)バラの話題

社内旅行1(丹後城崎温泉)

2014年12月27日

12月8日9日と一泊二日で社内旅行に行きました。天橋立
城崎温泉、二日目は京都清水寺、宇治平等院鳳凰堂を見
て回りました。特に天橋立と城崎温泉のある丹後地域はは
じめて行くので楽しみでした。特に丹後地域は興味深いとこ
ろでしたが社内旅行なのでどうしても一般的な観光地巡り
になったのはやや残念でした。天橋立は景観的にも興味の
ある場所でしたがすぐ近くには古代史好きにとっては興味
深い元伊勢神社などもあるのですがスルーパスでした。
この地域は古代出雲族の影をあちこちに感じることが出来る
場所で途中高速道路沿いにあった吉備王国周辺などもぜひ
一度じっくり見て回りたいところでした。



丹後のメインビュー、天橋立です。



天橋立のある宮津市内の遠景です







宿泊した城崎温泉の和風ホテル西村屋招月館です

  

Posted by メドウおじさん at 18:39Comments(3)その他

あべ清香園さんのお茶

2014年12月26日

私は緑茶が好きで朝昼晩と欠かさず熱いお茶をよく飲みま
す。福岡県は鎌倉時代初期に栄西禅師が中国からお茶を
持ち帰ったことで有名ですし今も八女茶などの製茶が盛ん
な土地です。我が家の庭にも父が今の家を建てた時から
お茶の木が何本も生えていて今年もごく少量ですが自分
で手もみ茶を作りました。そんなお茶好きな私ですが値段
の高いお茶はそう飲めるものではないですし普段飲みの
美味しいお茶となるとなかなかないのが実情でした。とこ
ろがやっと「これだ」と言える美味しいお茶に巡り合えまし
た。亡くなった母の友人のかたが紹介してくださったのが
「あべ清香園」さんです。小倉北区の長崎街道の起点に
あたる常盤橋(木の橋)から室町方面に少し進んだ左手
の道沿いにあります。こじんまりとしたお店ですが高齢の
ご主人がブレンドして販売されるお茶が絶品です。数年
前にご病気で倒れられしばらく休業されたときは心配し
いましたが今は回復されて毎日お店に顔を出されて
います。お店の切り盛りは二人の娘さんがやっておられ
ます。ご主人がブレンドされる名人芸のお茶がいつまで
も頂けるよう、元気にしていただけることを願ってやみま
せん。お茶好きな方にはお薦めのお店です。


あべのお茶屋さんのかわいいパッケージです。リーズナブルなお値段で本当においしいです。
  

Posted by メドウおじさん at 19:51Comments(0)東谷(北九州)の紹介

クリスマス飾り2014

2014年12月25日

今年の奥さんのクリスマス飾りはいつものリースではなく
生花のアレンジメントに使う硬質スポンジのオアシスを土
台に使ってクリスマスケーキをイメージしたものを作りま
した。リースはいくつかトケイソウのつるで作った土台が
あるのですがシンプルなレモンピールを飾ったものを一
つだけにしたようです。10月に作ったクリスマス用の苔
玉ですが残念なことにツリーにするつもりだったゴールド
クレストがうまく根付かずに枯れてしまいました。仕方ない
のでクラマシダと楓の実生の寄せ植えの苔玉にしたいと
思います。



うちの奥さんの今年のクリスマス作品です。









トケイソウのリースです。
  

Posted by メドウおじさん at 18:30Comments(2)クラフト

冬至の庭

2014年12月24日

先日12月22日は一年でもっとも日の短い冬至でした。
今年の冬至は新月と重なる19年ぶりの特別な冬至だっ
たそうです。冬至も新月もどちらも生命復活のスタート
ラインとして古代の人々は夏至とともに重要な日と考え
ていたようです。写真は12月23日、天皇誕生日の日で
すが久しぶりに穏やかな冬の日差しの一日でした。庭は静
かに春の復活を待っているようです。





冬至の庭です。雑草の整理もやっと終わりました。



紅葉がすっかり終わった母原山です。葉残りが茶色に変わっています。
  

Posted by メドウおじさん at 20:32Comments(2)庭作り

ローズヒップ2014

2014年12月24日

今年のローズヒップは在来種のツクシイバラが当たり年で
した。挿し木苗を植えて4年目ですが大きく成長し花も良
く咲き実も多く付きました。今年の冬は強剪定をしたいので
すがネットなどで調べるとツクシイバラは強剪定をするとそ
の後の成長が悪くなることがあると書かれていました。我が
家のツクシイバラは日当たりがあまりよくないところに植え
てあるので強剪定は躊躇しています。(気が小さいのでなか
なかバッサリ切れません)同じ場所にナニワイバラも植えた
のですがこちらは丈夫なのでバッサリ行きたいと思っていま
す。




ツクシイバラのローズヒップです。果実を見るとノイバラの系統だとわかります。
  

Posted by メドウおじさん at 20:16Comments(0)季節の花

蛍橋下流側護岸工事始まる

2014年12月23日

蛍橋の上流側の護岸工事は長く時間がかかっていました
が最近になってようやく目途がついてきたようです。今度
は下流側の護岸工事に入るとの知らせが町内の回覧板
で回ってきました。下流側の護岸は河原まで降りることが
出来る親水護岸になるようです。川辺まで降りれることは
良いのですが川底や護岸にショベルカーの重機が入ると
自然生態が回復するのに早くて10年以上かかるでしょう
し、下手をするとシストが大量に溜まり、そのままドブ化す
ることもあります。コンクリート護岸の川でも徳力の志井川
の一部のようによく手入れがされていると清流が保てます
が東谷川は志井川より川幅も広く流れも多いのでおいそ
れと手が出せないでしょうからどうなるものか気になって
います。



資材を置いてあるあたりの護岸が親水化されるそうです。



川幅の半分を掘り下げています。川幅を広げない分水深を深くするのでしょうか。



工事は来年の3月までありますがひところに比べると工事がスピードアップしているように思います。
  

Posted by メドウおじさん at 17:52Comments(2)東谷(北九州)の紹介

薪ストーブメンテナンス

2014年12月22日

今シーズンは昨年10月にメンテナンスをして以来、今シー
ズンはメンテナンスなしで使用していました。シーズン当初
は順調でしたが12月に入って突然ドラフトが悪くなりました
。1回のメンテナンスで何とか2シーズンもたないかと燃や
し方も工夫していましたが1.5シーズンでダメでした。
東谷のストーブ会社のグランビル九州さんに来てもらいまし
た。グランビルさんは古民家蘇生工房さんの薪ストーブ部門
で三重県が本社のグランビルグループの一員です。グランビ
ル九州さんは自社設置のストーブ以外でもメンテナンスをす
るそうです。正直なところ自分でメンテナンスをできないか
と作業内容をよく見ました。煙突掃除だけなら道具さえあれ
ば二人なら何とかできるかもしれませんが一人だと無理です
しストーブ本体や煙突トップの分解掃除は無理だと思いまし
た。やはり専門家にお任せするのが無難です。
今回の作業内容は煙突トップの分解掃除、煙突内部の煤掃除
炉内の清掃、ガラス窓の清掃、二次燃焼機構のメンテナンス
と耐火パッキンの交換などです。作業者二名で手際よく進め
てくれて2.5時間の作業でした。お値段は消費税別で3万
円でした。安いか高いかは人それぞれだと思いますが私は満
足のいく内容でした。これで今シーズンは安心してストーブ
ライフが楽しめます。



一人の方は天板を外して本体のメンテナンス開始です。



もう一人の方は屋根の上の煙突トップを外して掃除してくれます。2シーズン半で初めて
の掃除ですがかなり汚れています。これだとドラフトが悪くなるはずです。



トップの中の鳥や獣除けの網です。これがないとシーズンオフ中に鳥や獣が
侵入する恐れがあります。


炉内の清掃中です。



いよいよ煙突の取り外しです。我が家の煙突は45度で折り返しているので一人だと
ちょっと取り外しは大変です。二人なのでスムーズに進行します。



二重煙突の45度エルボーの部分です。どうしてもこの部分はススがたまりやすいところです。



天井煙突部分は継手ブラシで掃除します。






以前のように勢い良く燃えて見事に復活しました。


  

Posted by メドウおじさん at 18:31Comments(4)薪ストーブ

3年目のベリーのコーナー

2014年12月20日

早いもので新しく作ったベリーのコーナーも間もなく
3年目になります。現在育てているのは古いタイプの
オランダイチゴ、ワイルドストロベリー、日本のキイチ
ゴの仲間でクマイチゴとナガバモミジイチゴ、西洋ラズ
ベリー、ブラックベリー、大実のマルベリー、ジューン
ベリーにブルーベリーです。当初計画では3年目には私
が毎朝食べるジャムの一年分を収穫できるようにするこ
とでしたが今年は4か月分しかできませんでした。
あと3倍の収穫が必要で計画達成は危うい状況です。
誤算の原因はジューンベリーとブルーベリーが不調でほと
んど収穫できないこととマルベリーが原因不明の病気で
果実が完熟する前に落果して収穫できなかったことです。
昨年のマルベリーは良くできていただけにちょっとがっ
かりでした。ジューンベリーとブルーベリーの不調の原
因はある程度わかっているのですが、マルベリーは原因
不明で困っています。来年が果たしてどうなるか心配し
ています。



冬のベリーのコーナーです。大部分は地上部は枯れて宿根します。今が土壌改良の適期です。こうしてみると
ストロベリーはずいぶんと増えたのがわかります。
  

Posted by メドウおじさん at 18:23Comments(2)庭作り

ジョウビタキのチヨちゃん

2014年12月18日

我が家には数年前から冬鳥のジョウビタキが良く遊び
に来てくれていたのですが昨年は姿を見せなかったの
で心配していたのですが今年はいつものように元気な
姿を見せてくれています。毎年同じ個体が遊びに来て
いるのかどうかはよくわかりませんが、2m位に近づ
いても全然逃げずに愛らしいしぐさを見せてくれます。
我が家では木に付いた虫をついばんだりコンポストを
切り返した後のミミズを探しに来たりします。冬の小
鳥はほかにもメジロやシジュウカラなどあれこれやっ
てきますが大抵群れで来て警戒心が強く近づくと逃げ
ますがチヨちゃんは単独行動で警戒心も弱くなついて
くれているようでかわいいものです。そのうちお嫁さ
んと一緒に来ないものかと心待ちにしています。




ジョウビタキのチヨちゃんは男の子です。我が家の人気者です。
  

Posted by メドウおじさん at 17:46Comments(7)鳥や小動物

早咲きのクリスマスローズの蕾

2014年12月14日

10月の終わりにクリスマスローズの古葉を刈り取って
株元に良く日が当たるように調整したのですが、その効
果が出たのか早咲きのクリスマスローズの蕾が顔を出し
ていました。クリスマスローズというのは言わば通称名
みたいなものですが日本ではすっかり定着しています。
学名をヘレボレスというキンポウゲ科の植物で原種は主
にヨーロッパに自生し一部が中国奥地やチベット方面に
も自生します。
クリスマスローズと呼ばれるものは12月のクリスマス
前後に開花する早咲きのものでニゲルという種類です。
私たちが普通目にするのは春先の3,4月に開花する
オリエンタリスという原種を改良したものが多いです。
我が家の庭には原種のニゲルとニゲルの血を引いたと
思われる早咲きの園芸種があり毎年正月前に咲いてく
れるので楽しみにしています。


ニゲルの血が入っていると思われる早咲き系のハイブリッド種です。



小ぶりの原種のニゲルです。一重の真っ白な花が12月になると咲き始めます。



昨年発芽した実生の苗です。どんな花が咲くのか楽しみがあります。あと2,3年先です。
  

Posted by メドウおじさん at 10:46Comments(6)季節の花

マルワランドの思い出

2014年12月13日

先日ゆこむしさんがかつて平尾台にあったワルワランド
についてコメントを寄せてくれたおかげであることを思
い出しました。当時私が小学校の2年か、3年のころだ
と思います。平尾台の観光祭があってイベントで小学生
の写生大会があってそれに母親と一緒に参加しました。
当時母は仕事を持っていて毎日忙しかったはずですが仕
事のやりくりをつけて私を連れて行ってくれたものと思
います。当時、かぎっ子だった私は妙に嬉しかったのを
かすかに憶えています。当日はあいにくの土砂降りの雨
でテントの中からの写生大会でした。その時にる方が母
と私の写真を撮られたようでその写真が何かの写真展で
入賞したようです。母は友人からその話を聞いたようで
さっそく見に行ったところ大きく引き伸ばされた写真を
見てびっくりしたそうです。下の写真がその写真なので
すが優しい母の表情が良く撮れていたのが評価されたの
かもしれません。先日昔の写真を整理していたら偶然見つ
けました。マルワランドは経営不振でその後閉園されまし
たが長い時を経て平尾台自然の郷として立派に復活しま
した。


  

Posted by メドウおじさん at 19:08Comments(6)その他

コンポストの発酵促進

2014年12月10日

コンポストが二つ山盛りになっていますが何とか春までに
堆肥化したいと思い発酵促進のために米ぬかを漉き込むこ
とにしました。コンポストの上の方は刈り取った草がその
まま刈れた状態ですが下の方(半分より下)はそれなりに
堆肥化が進んでいるようです。そこで上の方の草を下の方
に漉き込むと同時に米ぬかをサンドイッチのように重ねて
いきます。更にストーブから出た薪の灰も加えました。灰
は発酵促進の有益バクテリアにどう作用するのかよくわか
りませんがとりあえず加えてみました。



白い粉っぽいのが米ぬかです。この後切り返します。

 
下の方から掘り起こして上に重ねます。この作業を二、三度繰り返しますが
結構きついです。


収穫した大根とジャガイモです。イモは春に堀残したものが成長していました。


  

Posted by メドウおじさん at 20:28Comments(4)庭作り

冬のフルムーン

2014年12月06日

12月に入って東谷は氷雨が降ったりやんだりのぐずついた
天気が続いています。今日も昼過ぎまでみぞれ交じりの氷
雨が降ったりやんだりでしたが、今18:00過ぎですが東の
空はきれいに晴れて満月が上がってきました。10月のスー
パームーンにも負けないきれいな満月です。空気の澄んだ
冬の空に冴え冴えとした姿を現しています。今年の月は
月食やスーパームーンなど月にまつわる天体ショーが多
かったです。
最近古代の天体観測の話に興味があるのですが特に重要
な冬至が間もなくやってきます。寒さの本番はこれからです
が冬至を過ぎると一日ずつ日が長くなってきます。自然に寄
り添った生活を意識するようになると月齢や24節季などとて
もよくできた生活の知恵といったふうに感じます。



今日の日の出ならぬ月の出です。





冴え冴えとした冬の月の光にしばし見とれていました。
  

Posted by メドウおじさん at 19:47Comments(6)東谷(北九州)の紹介

米ぬか撒きの花咲爺さん

2014年12月02日

腐葉土の発酵促進に米ぬかが良いとのご意見をチョコ
ミントさんはじめ教えていただきました。私も昨年、バラ
苗の株下に米ぬかをまいたのですが、確かに春バラの開花
が例年より良かったような気がします。ただ場所によって
は株下の米ぬかの厚さが1cm近くあったりして匂いが気
になったこととモグラが米ぬかをまいたところに多くトン
ネル穴を開けて困りました。米ぬかの発酵臭に誘われたも
のかと思っています。今年は直接撒く分は薄く広く撒いて
メインは腐葉土や堆肥に混ぜ込んだもので土壌改良したい
と思っています。腐葉土の素はコンポストに山のようにあ
るので今年は切り返し作業も冬の間にしっかりやりながら
米ぬか撒きの花咲爺さんをやってみる予定です。



知り合いから今年収穫したお米の米ぬかをもらいました。10kgはゆうにあるので腐葉土の発酵促進に
使います。それにしても切り返し作業は大変そうです。
  

Posted by メドウおじさん at 18:55Comments(5)庭作り

旧秋月街道散策行12(呼野)

2014年12月01日

呼野の町内は田川郡香春町と境界を接する小倉南区の南端
にあたります。東の平尾台の最高峰龍ヶ鼻の麓にあり西の
福智山山系に挟まれる山間の町で旧322号線に沿って民家
が並びます。江戸時代初期には細川候による金山開発が行
われ、その後小笠原候時代に中断されますがそれでも江戸
時代の宿場町としてにぎわいました。明治になり再び鉱山
開発が再開され吉原鉱山などが本格的に採掘し一時は鉱山
従事者で町はずいぶんとにぎわいました。旧街道は旧322
号線と重なって呼野の町を進み上呼野のバス停の先から左
手に緩やかに下ります。ここから旧街道は谷地の底を通り
JR日田彦山線の丸山トンネル、金辺トンネルに向かいます。


呼野の里程表です。本来はもう少し南側のお糸地蔵堂の蕎麦にあったそうです。
同じようなものが石原町にもあります。どちらも昔の宿場のなごりです。




お糸地蔵堂です。道は旧322号線から右折して採石場へ続いています。




県の天然記念物の大イチョウがある大山祇神社です。



平尾台がすぐ近くに迫っています。正面の麓にある池がお糸池です



この辺りでは旧秋月街道は旧322五線と重なって進みます。上呼野のあたりです。



途中から旧322号線から外れて進みます。



旧街道はJR踏切を渡り新322号線の高架下を進んで金辺峠へと進みます。