山菜の季節1

2012年03月31日

春の山菜の季節がいよいよ始まりました。3月のお彼岸を
過ぎるとどんどん芽吹いてきました。さっそく庭の山菜の
収穫です。今の時期はアクも弱くさっと茹でておひたしも
よし、天ぷらでカラッとあげるのも良いです。
一度に紹介できないので前編、後編の2回に分けての紹介に
なりそうです。


今年の初物の山菜です。庭で取れたものです。



ノカンゾウです。7月にオレンジ色の花を咲かせ円ます。
ぬたも美味しいですし、天ぷらも良いです。ほんのりした
甘さを感じます。


シャクです。せり科で爽やかな風味が独特です。さっと茹でた
おひたしがシャキシャキした食感が楽しめます




フキとフキノトウです。フキノトウはここまで大きくなると
アクが強くて食べれません。代わりに葉の新芽はアクが少なく
天ぷらにすると春の味わいが楽しめます。



ニリンソウです。山菜と言うより山野草で有名です。有名な
毒草のトリカブトと新芽の頃はそっくりなので花の咲いている
のを確認しないと間違えると大変なことになります。
  
タグ :山菜


Posted by メドウおじさん at 19:22Comments(0)山菜

クリスマス・ローズのピーク

2012年03月30日

1月のニゲルからはじまったクリスマスローズですが現在オリエンタリスの
ガーデンハイブリッドの園芸種が開花のピークになっています。
今年作ったクリスマスローズのコーナーはまだ大株が4,5株しかなくて
まだちょっと寂しい感じです。後、2,3年すれば今は未開花の株も咲くで
しょうからそれまでは辛抱です。開花株の苗を秋に植えれば来年には花が
咲きますが、開花株はお値段も手ごろと言うわけにもいかないのでここは
辛抱のしどころです。とはいってもそれまでほおって置くわけにもいかない
ので多年草と一年草のミックスでコーナーを維持して行こうと考えています。
ちなみに今は外周部に植えた西洋においスミレが紫の大きめの花を咲かせています。
このスミレは日本産のものより株が年々大きくなるので見ごたえが出てきます。
ソメイヨシノが咲くと庭のあちこちに散らばっているスミレが咲きますので
そちらもいずれ紹介します。











  


Posted by メドウおじさん at 19:15Comments(0)季節の花

ヒヤシンス

2012年03月29日

ヒヤシンスと言うと小学校の理科の水栽培をしたことを思い出します。
ヒヤシンスは地植えにした場合秋のお彼岸ごろに堆肥をあげると翌年また
きれいな花を咲かせます。植え替え無しでも分球して増えてくれるので
管理が楽な上、花色も豊富で春の花壇には欠かせません。
同じく植えっぱなしで良いものにムスカリがあります。こちらも丈夫で
小さなピラミッドのような花の形は目を引きます。いずれも夏前には
地上部は枯れて休眠するので同じ場所で春と秋とで違う庭の表情を
楽しむことが出来ます。





ヒヤシンスの花です

  


Posted by メドウおじさん at 18:30Comments(0)季節の花

我が家の二番桜

2012年03月28日

我が家の二番桜は彼岸桜(豆桜)です。この桜は毎年決まって春のお彼岸に
なると花を咲かせますので我が家の季節の指標でもあります。今年は寒かった
ですがそれでもスケジュールどおりチャンと咲いてくれました。寒い分花の
咲いている期間が長くなるのを期待しています。ソメイヨシノより一回り小ぶり
の花を枝一杯に咲かせます。枝はまっすぐに上に伸びコンパクトな樹形にまと
まります。今は八分咲きですが満開になるとメジロやシジュウカラ等が群れで
やってきて花の蜜を吸います。本命のソメイヨシノの露払いと言ったところです。
都市部ではぼちぼちソメイヨシノの開花も伝えられますが東谷ではもう少し
先になりそうです。


3月22日に開花しました。





3月25日の彼岸桜です。一気に開花が進みました。



3月26日です。ほぼ満開です。例年だとこの桜が散り始めると
ソメイヨシノが咲き始めます。


 


  
タグ :彼岸桜


Posted by メドウおじさん at 18:20Comments(2)季節の花

カタクリ

2012年03月27日

料理のあんかけに使う片栗粉の語源になっている植物です。もともとは
このカタクリの球根で澱粉を抽出して作っていたそうです。今はもっぱら
ジャガイモからつくっているそうです。貴重なカタクリの球根から澱粉を
とるなど今では到底考えられません。うつむきかげんに咲くピンクの花は
いかにも山野草の雰囲気がたっぷりで人気が高いです。同じ仲間で北米
産のキバナカタクリというのがありますがこちらはいかにもアメリカンで
大型で力強く陽気な感じです。



  


Posted by メドウおじさん at 18:30Comments(0)季節の花

オオイヌノフグリ

2012年03月26日

この花の和名(日本名)はちょっと気の毒です。
言葉の意味は「大きなイヌの○○玉」です。
ご婦人ならちょっと口に出して呼べそうにない名前です。花には
何の罪もないわけですから命名者も罪なことをしたものです。
この名前のせいでこの花は損をしたと思います。
名前に似ず7ミリほどのスカイブルーのかわいい花をたくさん咲かせ
ます。グランドカバーで人気が出そうなのに名前のせいと外来雑草
扱いでどうも嫌われ気味です。外来種特有のものすごい繁殖力で草取り
に追われる事になるかもしれませんが根はりは弱く抜きやすいので
管理も楽なはずです。グランドカバーに残しておくのもよさそうです。



スカイブルーの絨毯は見事です。



この花が雑草としてしか認知されないのは残念です。
  


Posted by メドウおじさん at 17:05Comments(0)季節の花

福寿草

2012年03月25日

我が家の庭にも山野草の季節がやってきました。福寿草が今年も
鮮やかな黄金色の花を見せてくれています。九州産の福寿草は葉と
花が一緒に芽吹いて花が咲きます。東北産のものは早春の雪解け
のなかで地面に張り付くように花を咲かせます。そういえば遅れていた
平尾台の野焼きもやっと先日行われました。野草の芽吹きはもう
はじまっていますので影響が気になりますが大部分は宿根草なので
多少のことは大丈夫ですが、平尾台でも希少種のセンブリなどは一
年草なので新芽がやられるともう復活しないので気になるところです。
ただ生息地は広谷の方だと思うので野焼きの範囲外でしょうから多分大丈夫
でしょう。




  
タグ :福寿草


Posted by メドウおじさん at 18:23Comments(0)季節の花

立花川

2012年03月23日

立花川は東谷川の支流の井手浦川のさらに支流に当たります。
平尾台のふもとの岩の裂け目から噴出す地下水を水源にしています。
ここは昔から信仰の場でもあったらしく水源から少し下流には
日蓮宗のお寺があります。この川にはちょっとした思い出があります。
小学校の頃、井手浦の友人がこの川の河原に「塩の玉」があると言う
のです。そして友人と一緒にそれを確かめに行きました。確かに河原には
真っ白い丸い玉がいくつも転がっていました。試しに口に当ててみると
かすかに塩の味がしました。不思議な体験だったのですが今考えて
みるとあの白い玉は石灰岩が風化してできたものだったようです。塩
ぽかったのは石からでた塩化物が表面に付着したものだったかもしれません。
またこの川にはもう、当時も動いてなかったですが水車がありました。
今回40年ぶりに訪れると当時の水車小屋らしき跡が残っていて
昔を思い出しました。


立花川沿いにある浄泉寺です。



立花林道ですがかなり荒れています。



この流れのすぐ上流が水源になっています



小学生の頃塩の玉と思っていた風化石灰岩です。



かっての水車小屋の跡です。

  


Posted by メドウおじさん at 15:00Comments(2)東谷(北九州)の紹介

敷石・積み石完成

2012年03月22日

庭の敷石と4つのコーナーの花壇の縁の積み石が完成しました。
敷石は計算どおり30枚、一枚を3,4個の石を組み合わせて
作りました。これで雨が降っても足元が濡れずに庭を横切れます。
花壇の積み石は2段か3段積んで10cm~20cmの高さに
しています。今のままだとちょっと人工ぽいので石の隙間と
通路にグランドカバーを植えて自然な感じに仕上げていきますが
完成は少し時間がかかりそうです。いくつかの種類のグランド
カバーを植えて調子よく育つものを探したいと思います。
高麗芝でも良いのですが平凡なのでこはやはり、グランド
カバー植物でいきたいです。





  


Posted by メドウおじさん at 18:24Comments(0)庭作り

貫山

2012年03月20日

東谷から見る貫山は平尾台、塔が峯に連なる山並みに見えますが
反対側の曽根方面から見た貫山は富士山型の独立峰に見えきれいな
山容です。さしずめ曽根方面が表、東谷側は裏貫山といったところです。
貫山は東谷からは母原の林道、井手浦の林道からと、平尾台の大平山から
尾根伝いを縦走してアプローチできます。特に大平山からは季節の花を
見ながら楽しめるコースで多くのハイカーに親しまれています。



正面のとがった山が塔が峯で左のなだらかな山容の山が貫山です。



平尾台の大平山です。遊歩道があり大変歩きやすいです。母原と井手浦の
林道は慣れていない方にはお奨めできません。
  

Posted by メドウおじさん at 16:37Comments(2)東谷(北九州)の紹介

我が家の一番桜

2012年03月19日

庭のサクランボの花がやっと咲きました。毎年3月になると一番に咲く
桜ですが今年は2週間遅れです。例年ならもう咲いている彼岸桜(豆桜)
もまだつぼみです。この調子なら本命のソメイヨシノは4月にならないと
咲きそうにないです。
サクランボは今年は花が多いので5月の収穫が今から楽しみです。
サクランボは生で頂くのが一番ですがジャムにしても美味しいですね。





我が家の一番桜、サクランボです。
  


Posted by メドウおじさん at 18:44Comments(0)季節の花

オウバイ(黄梅)

2012年03月18日

オウバイは漢字で書くと黄梅ですが梅の仲間でなくどちらかというと
ジャスミンに近い仲間だそうです。黄色い花の形が梅に似ているので
オウバイと呼ばれています。大変丈夫で暑さ寒さにも強いです。
春先にまだ葉の出ていない細い枝に多くの花を付け、黄色いシャワー
のようにしだれます。春先は黄色い花木が多いのですが春を感じさせる
花木です。




五弁花で梅の花に良く似ています
  
タグ :オウバイ


Posted by メドウおじさん at 18:37Comments(0)季節の花

グランドカバー、源平小菊

2012年03月16日

新しい庭の各コーナーの石組みの隙間にグランドカバーの源平小菊
を植え込みました。源平小菊はエリゲロンの仲間で北米産の野草
です。とても丈夫であっという間に増えますが背丈が低くグランド
カバーに最適です。また春先から秋遅くまで花を付け宿根で殖えてくれます。
名前の由来は咲き始めは白く、咲き進むにつれピンク色に変化していきます。
白旗の源氏、赤旗の平氏に見立てたものです。






  
タグ :源平小菊


Posted by メドウおじさん at 18:14Comments(0)庭作り

ホタル橋架け替え工事

2012年03月15日

石原町のほたる橋の架け替え工事が急ピッチで進んでいます。
去年、一昨年の大雨のため旧の橋が川の真ん中に橋桁のある
タイプでしたので大雨が降ると洪水の原因となるため架け替
えられるようです。最新の工法では真ん中の橋桁がなくても
十分な強度が保てるそうです。橋の両端はもう完成していますので
5月の完成予定まで順調に工事は進んでいるようです。







工事の進捗の様子です。橋桁まで完成しました。

 

  


Posted by メドウおじさん at 22:16Comments(4)東谷(北九州)の紹介

クリスマスローズ3

2012年03月14日

春の気温の高まりとともに最初は地面に張り付くように咲いていた花も
花茎を伸ばし花数も多くなってきました。今咲いているのはヘレボレス・
オリエンタリスの園芸改良種で花色、八重、一重、花模様などバラエティーに
富んでいます。オリエンタリス種はクリスマスローズの中でも丈夫で日本の
気候に最も良く適応しています。鉢植えでも地植えでも良く花を咲かせてくれます。
種もよく結実し思いもかけない花色が出現したりと興味がつきません。
ただし実生からだと開花まで4,5年かかりますので気の長い話になります。
また種を取るのは一花か二花にするのが良いと思います。種が完熟するまで
花を残すと株の体力が落ち翌年の開花が悪くなるからです。
花が咲いておしべが散ったらめしべの子房を取り除くのが良いと思います。
春の庭を彩るクリスマスローズ、皆さんもいかがですか。















  


Posted by メドウおじさん at 19:05Comments(0)季節の花

梅林

2012年03月13日

冬の寒かった東谷にもようやく春の気配が濃くなってきました。
遅れていた梅も今が満開のところが多いようです。
三谷地区の西谷の合馬には三岳の梅林と言うところがあります。
シーズンは梅の心地よい香りで包まれます。
また東谷の山家酒造さんではここの梅を使った梅酒を造っています。
「三岳の梅林」のブランドで売り出しています。
梅の香りのするとてもおいしい梅酒です。食前酒にぴったりです。
また食事中は特別純米酒の切れ味のある芳醇な味わいが
食を進めてくれます。




近所の梅林です。満開になっています。



去年の写真ですが梅酒、三岳の梅林です。
  
タグ :梅林


Posted by メドウおじさん at 18:19Comments(2)

キーウィのアーチ

2012年03月12日

パーゴラの近くに植えたキーウィが大きく成長しつるを伸ばしました。
通路を挟んだ隣のタイサンボクに巻きつき都合よくアーチになりました。
このキーウィのつるを利用して白モッコウバラのアーチの土台に考えて
います。上手くいくかどうかはわかりませんが、上手くいけば4月の
中旬にはかすかな香りに包まれたアーチが出来る予定です。





  

Posted by メドウおじさん at 17:53Comments(0)庭作り

山菜用ナイフ完成

2012年03月11日

徳力の井上鍛冶屋さんにお願いしていた山菜用ナイフが出来上がり
ました。小型の鎌のようでもありますが先端のカーブが強く、より
刈り取りが楽にできるようになっています。
フランスのオピネルの草刈用ナイフを参考にさせてもらいましたが
鍛造の切れ味はまったく違います。切りたい場所に刃を当てて軽く引くと
スッと切れます。見た目はずいぶんと無骨ですが、そこが手造りの
鍛造刃物のよさだと思います。あまりに切れ味がよすぎるので刃の
部分の鞘は必須です。刃がRを描いているので出来れば皮でシースを
作ってみようかと思います。材料の皮のはぎれですが小倉で手に入る
ところはあるのでしょうか?どなたかご存知でしたら教えていただけると
嬉しいです。なければ博多の東急ハンズなら手に入るかもしれません。
 




井上鍛冶屋さんの刻印を入れてもらっています。
  


Posted by メドウおじさん at 17:10Comments(3)山菜

東洋のローズ、椿

2012年03月10日

東谷一帯では椿のヤブツバキを良く見かけます。椿は古来から
多くの人に愛され多くの品種が改良されてきました。
とりわけ豪華な八重咲き品種は東洋のバラと言われヨーロッパの方でも
注目を集めています。
今庭では一重のワビスケ椿がそろそろ終わりでピンクや白の八重咲き
品種が咲きはじめました。
昨年秋に大幅な剪定をしたため今年は花付が良くありません。
しっかりと剪定しないとチャドクガが発生して大変なことに
なるので、今年は椿は我慢の年です。








ピンクと白のワビスケです。

  
タグ :八重椿


Posted by メドウおじさん at 17:57Comments(0)季節の花

平尾台の野焼き

2012年03月05日

東谷恒例の平尾台の野焼きが3月4日に行われる予定でしたが
雨で順延になりました。もともとは2月26日予定でしたので
再々延期ということです。次は3月11日に予定されています。
私はその日は所用で小倉にいないので残念ながら見ることができません。
野焼きは本格的な春が来る前に台上のススキやササの枯葉を焼くものです。
日当たりを良くし植物の成長を促します。また春先に起こりやすい山火事を
防ぐのも狙いです。当日平尾台は入山規制され自然の郷以外は自由に出入り
できませんが自然の郷からも野焼きの様子は見れるのではないでしょうか。
平尾台の野焼きと言うと昭和50年代後半にあった痛ましい事故を思い出し
ます。今年も安全に行われるように祈っています。



野焼き前の平尾台の様子です。



再々順延前の入山規制の標識です。日付を変えて使われるようです。
  


Posted by メドウおじさん at 18:48Comments(0)東谷(北九州)の紹介