椿の季節終了

2014年04月30日

昨年末の侘び助椿に始まった椿の季節も桜が葉桜になる
ころには終了です。フィールドにはやぶ椿の赤い花がまだ
いくつか咲いていますがこれも、もうおしまいです。
椿は中国南部の山中から日本にかけての東アジアが原産と
言われています。とりわけ日本では古くから愛され野生種
から多くの品種が改良されてきて伝統植物の一翼を今も担
っています。特に八重咲きの多弁花の品種はバラを思わ
せる品格があります。我が家には母が椿が好きだった事も
あって庭のあちこちに植わっています。ほおって置くと
暴れだしますが刈り込みにも大変強いので私のような素人
にもコンパクトに樹形を維持する事ができます。冬から春
先にかけて花の少ない時期に庭を彩ってくれる貴重な仲間
です。


ピンク一重の侘び助タイプです。


八重の白椿です


ピンクの八重です


二色絞り模様でしべの大きな肥後椿かもしれません


半八重咲きタイプです。少しくすんだ赤色がシックです。


薄いピンクの半八重咲きです。




薄いピンクの八重です


野生の藪椿です。
  

Posted by メドウおじさん at 18:07Comments(2)季節の花

チャイナ系オールドローズ

2014年04月29日

我が家の春バラは白モッコウバラかチャイナ系のオールド
ローズで始まります。このオールドローズは頂き物の枝を
挿し木にして育てたものです。樹勢が強く簡単に挿し木で
根付きます。シュラブ樹形で日陰でもよく咲いてくれます。
四季咲きで花色も上品で香りも良いといういいとこ尽くめ
ですが唯一の欠点は花持ちが悪い事です。満開になると2,
3日で散り始めます。その分花付きが良く続々と咲いてく
れます。薬品をほとんど使わなくてもいいのでこれもお気
に入りの理由の一つです。

チャイナ系オールドローズ



  

Posted by メドウおじさん at 10:00Comments(0)バラの話題

バラの新苗開花が始まる(イレーヌワッツ)

2014年04月28日

4月に購入し植えつけた新苗も大体順調に成長し蕾の付い
ている開花見込み株が咲き始めました。一番最初に咲いた
のはチャイナ系オールドローズのイレーヌワッツです。
上品な薄いアプリコットピンクの花です。ティー系の香り
がするとタグには書いてありましたが微香です。たぶん株
が未熟なためだと思います。四季咲きで次の蕾ももう付い
ていますが体力増強のために心を鬼にして摘蕾します。
次の花は秋まで我慢です。小型の木立性で鉢植えに向いて
います。デヴィット・オースチンのイングリッシュローズ
の元親の一つだそうです。そういえば透明感のある花びら
はイングリッシュローズによく似ています。2,3年すれば
見ごたえがでそうです。

イレーヌ・ワッツ1



イレーヌワッツの咲き進むようすです

  

Posted by メドウおじさん at 19:38Comments(4)バラの話題

イングリッシュ・ブルーベルのその後

2014年04月27日

先日イングリッシュブルーベルの開花のことを書きました。
そのときに今回の株はスパニッシュブルーベルとの雑種かも
知れないと書きましたが、どうやらそのとうりのようです。
20球がほぼ咲きそろいました。草丈は20cmほどで
スパニッシュブルーベルに比べると細めの葉です。花茎は
野生種のイングリッシュブルーベル同じでその先端が稲穂
のように頭がたれますが、ベル型の花は野生種のようにす
ぼんでなくて、スパニッシュ種のようにベル型に花すそが
広がります。種も良く採れて種から育てても2.3年で開花
するそうなので大事に育てて生きたいと思います。
そのうち先祖がえりで野生種に近い株ができると嬉しいん
ですけどね。


イングリッシュブルーベル1


イングリッシュブルーベル2


ベル型の花の形がスパニッシュブルーベルに近いです。
それでもイングリッシュ種の感じは出ています。



イングリッシュブルーベル3




バラコーナーが青い絨毯に染まるとうれしいです。



スパニッシュブルーベル1


こちらはスパニッシュ種です。全体的に大ぶりです。
  

Posted by メドウおじさん at 12:00Comments(0)季節の花

小倉鉄道、下呼野停留所

2014年04月26日

かつて東谷には小倉鉄道の正式な駅(石原町、呼野)の
他に三つの停留所がありました。そのうち二つの木下と
母原の停留所跡はすでに紹介しました。残りの一つが下
呼野です。小倉鉄道(現、日田彦山線)は市丸から先は
土盛をした土手の上を走っています。下呼野の停留所は
西鉄バスの中小森と小森のバス停の中間くらいの場所に
あったと聞いていたので早速現地を探索しました。
やはりここも母原と同じで当時の遺構は残っていません
でした。わずかに人が歩いて線路を渡った踏み跡と線路
脇に土止めのようなコンクリ構造物の跡が認められまし
た。多分この場所がそうだったと思われます。

下呼野停留所1

踏み切りでもないのに人がわたる踏み跡ができています。
反対の土手を降りると旧322号線に出ます
 
 
下呼野停留所2

古いコンクリートの構造物の跡が見えますが

これが停留所跡かどうかははっきりしません

が多分そうではないかとにらんでいます。


  

Posted by メドウおじさん at 18:59Comments(0)勝手に近代化遺産

春バラ一番花、白モッコウバラ

2014年04月25日

今年の春バラの一番花は白モッコウバラでした。ご近所
に多い黄モッコウバラより約一週間遅れて咲き始めまし
た。黄モッコウバラの八重は香りがありませんが白モッ
コウバラの八重はティー系のとてもよい香りがします。
先日TVの園芸番組でモッコウバラは花後に伸びるシュ
ートに翌年花を咲かせるのであまりばっさり切ると翌年
の花が咲かないそうです。込み入った部分は枝をすくよ
うに切らないといけないそうです。小さな苗を植えて4
年目になりますがやっと少し見れるようになりました。


白モッコウバラが咲き始めました

 


白モッコウバラのアーチです。ぼちぼち咲き始めているのが見えます。

  

Posted by メドウおじさん at 20:15Comments(4)季節の花

陽春の山野草3

2014年04月24日

山芍薬やイチリンソウやニリンソウなどが終わるといよ
いよ春バラの出番です。我が家では白モッコウバラが一
番バラで、もうつぼみが大きく膨らんでいます。
山野草の庭ではいろいろな花が咲いています。今の時期
のものはスプリングエフェルメルたちのような個性的な
物は少ないですがムラサキサギゴケやミツバツチグリの
ようなグランドカバーになるものがきれいです。


キランソウです。ジゴクノカマノフタとも呼ばれる恐ろしげな別名も
ありますが薬草として優秀で気管支炎、感冒、下痢などに効能が
あるそうです。





ミツバツチグリです。グランドカバーに向いています。


シャクの花です。食べておいしい山菜でもありますがこうして
見ると花もオルラヤみたいです


フタリシズカです。花しべが2本出るから二人静かなんでしょう。


アジュガが通称ですが西洋十二単の和名のほうが雅です


シュンランです。一度根付けばとても丈夫な地生蘭です。
 
 
  

Posted by メドウおじさん at 19:44Comments(5)季節の花

明神タイプのスミレ(マンシュリカ)

2014年04月22日

スミレ(マンシュリカ)は、すみれの標準花というべき
存在で日本中の街中から郊外までどこでも見る事ができ
ます。街のアスファルト歩道の隅でけなげに咲いている
のをよく見かけます。花姿はどれも同じようなものです
がその花色は変化に富んでいます。薄い紫から濃い紫ま
でまたその中間のグラデーションになっているものなど
多彩です。個人的な考えですが、花色は生育環境という
より株の個体差のような気がします。今回紹介する明神
タイプは紫が濃いのが特徴です。写真ではわかりにくい
ですがスイートバイオレットの紫より濃い気がします。
我が家ではぼつぼつと株が増えているくらいなのでイマ
イチ環境にあっていないのかもしれませんが、お気に入
りのひとつなので大事にしたいと思っています。

明神タイプのスミレです。花芯が濃いのが特徴です。
  

Posted by メドウおじさん at 21:01Comments(2)季節の花

キクスイムシ(菊吸い虫)被害

2014年04月21日

今年もキク科の天敵、キクスイムシがやってきました。
この虫はちょうどキク科の新芽が成長をはじめたころ
新芽の先端に取り付き水分を吸い取ります。この虫に
取り付かれると茎の先端部がしおれ、やがて枯れてし
まいます。農薬を使用すれば簡単に予防、退治できま
すがハーブも一緒に育てているので薬品の使用は極力
避けるようにして被害は目を瞑っています。というの
もキクは放って置くと背が高くなりすぎるので一度は
きり戻すからです。それと最近気がついたのは多種類
の植物が密植しているところでは害虫被害が少ないよ
うです。(もっとも密植している植物の大半はいわゆ
る雑草で草取りをサボっているだけです。(笑い)


こうなるとやがて先端部は枯れて切り戻しと同じ事になります。

  

Posted by メドウおじさん at 20:27Comments(2)庭作り

東谷の宿場町

2014年04月20日

東谷の旧国道322号線沿いは秋月街道とほぼ重なって
います。東谷の集落では呼野に宿場町が、石原町には半
宿といって小倉藩の御用を承る機能が置かれていました。
石原町の半宿機能は江戸時代の大火で消失し、その後は
徳力へ移されたと聞いた事があります。残念な事に石原
町も呼野もかつてここに宿場町があったことを示す遺跡
遺構はほとんどのこっていません。唯一あるのは里程表
と言って大理宿までの距離を示した石碑が残されている

程度です。石原町と呼野の両宿の宿場機能がどこに、ど
のような形であったものかその輪郭だけでもわからない
ものか調べてみたいものです。

呼野里程標

呼野公民館前にある里程標です。

石原町里程標

石原町の里程標です

 


  

Posted by メドウおじさん at 12:00Comments(4)東谷(北九州)の紹介

ツクシシャクナゲが開花

2014年04月19日

ツクシシャクナゲが咲き始めました。お隣の西洋シャク
ナゲはもう満開です。我が家のツクシシャクナゲは昨年
の夏の暑さにやられ、今年は花付が極端に悪くて蕾がほ
とんどありません。樹勢も例年に比べて勢いがないので
果たして夏が越せるのか心配です。ツクシシャクナゲは
福岡県では豊前市のクボ手山の自生が有名です。東谷は
街中に比べ夏も朝夕は涼しかったのですが昨年の暑さは
かなりのものでした。やはり年々暑くなっているように
感じます。




残念ながら今年は一輪だけの開花です。

  

Posted by メドウおじさん at 19:57Comments(0)季節の花

陽春の山野草2

2014年04月18日

北九州では今週から一気に気温が20度を超えて春とい
うより初夏のような陽気になっています。おかげで春の
さまざまな山野草が一気に咲き進んでいます。もう少し
すると我が家の一番バラの白モッコウバラとオールドロ
ーズ系のバラが咲き始めます。(つぼみが大きくなって
いて開花までもう一息です)


ムラサキサギゴケです。グランドカバーに最適です。


ヤマブキソウです


宿根アリッサムの名前でタグがついていました


白花ハンショウヅルです。平尾台でよく見かけます


マイヅルソウです
  

Posted by メドウおじさん at 19:21Comments(2)季節の花

イングリッシュブルーベル

2014年04月17日

イギリスの小球根植物のイングリッシュブルーベルが
林間一面に咲いている写真を見たときからいつか育て
てみたいと思っていました。ですがイングリッシュブ
ルーベルはイギリス国内で野生のものは採取はもちろ
ん移動も禁止されていて日本への入荷は長らくありま
せんでした。ところが昨秋、小倉南区の平田ナーセリ
ーで大量に入荷されていて小躍りして購入しました。
大手の園芸店の販売なのでまさか違法に輸入したもの
ではないでしょう。おそらくイギリス国内で園芸的に
育成されたものだと思います。似たケースで以前はほ
とんど入荷のなかったフリチラリア(アミガサユリ)
の仲間も今はコンスタントに入荷してきています。
イングリッシュブルーベルも英語の写真タグがつい
ていました。昨年秋にバラのコーナーに植えたのです
がここ数日の間にぼつぼつと咲き始めました。
ラベンダーブルーの花色は正にイングリッシュブル
ーベルのものですが花姿がタグの写真のように少し
うつ向くような姿でなく少し直立した姿をしています。
園芸種ということも合ってスパニッシュブルーべりと
の雑種のようです。イギリス本国でも交雑が問題にな
っているそうです。日本では野生種を入手するのは無
理でしょうから今はこれで十分です。





雑種かもしれませんが期待通りのラベンダーブルーの花色が見れて満足です。
  

Posted by メドウおじさん at 20:31Comments(2)季節の花

イチリンソウの初開花

2014年04月16日

2年前に北九州蘭草会の展示会で求めた未開花株の
イチリンソウが今年初めて一輪だけ咲きました。
今年の芽出しが例年より遅かったので枯らしたかと
一時はあきらめかけたのですが、その後順調に成長
し初開花にいたりました。ニリンソウより一回り大
きくこれが群生したら見事でしょうが増殖のスピー
ドはニリンソウよりさらに遅いです。
一華の仲間はほかにはユキワリイチゲとキクザキイ
チゲを育てていますので今後が楽しみです。


やっと咲いたイチリンソウです


上から見たところです



以前見た広島県庄原市でみた自生のイチリンソウです。普通の田んぼ
のあぜ道に咲いていました。
そのほかにもカタクリ、ニリンソウ、ジュウニヒトエなど珍しい山野草が
普通に生えていてびっくりしました
  

Posted by メドウおじさん at 21:05Comments(2)季節の花

山菜のお浸しとヌタ

2014年04月15日

山菜はいつもは天ぷらで食べる事が多いのですが今
回は少し目先を変えてお浸しとヌタにしてみました。
天ぷらだとすぐに満腹になってしまいますがお浸し
やヌタだと結構量もいただけます。お浸しには香り
やコクが強い山菜が剥いています。ウコギ科のタラ
の芽なども天ぷらとは一味違う、風味が楽しめます。
香りの良い山菜ならセリやミツバ、シャクなどのセ
リ科のものが向いています。セリ科のお浸しに花カ
ツオをのせていただくとさっぱりした味わいです。
一方、ヌタには少しヌメリのでる山菜が向いていま
す。私が好きなのはウルイ、ヤブカンゾウ、アマド
コロ、アサツキの球根などで、それぞれの山菜の旨
みと味噌ダレの調和を楽しんでいます。


今回のお浸しの材料です。左端から時計回りに、野生のタラの芽、
栽培種の棘なしタラの芽、ウルイ、ハリギリです。


山菜各種のおひたしです。今回はポン酢と花カツオでいただきました。


今回のヌタの材料です。左がウルイで右がヤブカンゾウの根元に近い茎の部分です


ウルイのヌタです


ヤブカンゾウのヌタです

  

Posted by メドウおじさん at 19:33Comments(2)山菜

イカリソウの仲間たち

2014年04月14日

イカリソウは中国や日本が原産で常緑のものと冬に
葉を落とす落葉タイプがあります。近年常緑タイプ
を中心に盛んに品種改良が進められ多くの品種が出
回るようになりました。和の庭はもちろん洋風のボ
ーダーガーデンの前景にも良く合います。春は花を、
夏には青々とした葉でハーブティーに、秋には赤く
紅葉も楽しめます。植える場所もあまり選ばないの
で本当に育てやすいです。ハーブティーといったの
は乾燥した葉や根は「インヨウカク」といって漢方
の精力剤として有名です。根を使うと株がなくなる
ので葉で薬草茶にしたり焼酎に漬け込んで薬酒にし
て食前酒にして楽しんでいます。


日本産のキバナイカリソウということでしたが
普通の白花でした


常緑の濃いピンクタイプです


普通に見られるピンクタイプです


外国産の黄花タイプです
  

Posted by メドウおじさん at 12:00Comments(2)季節の花

山芍薬連続写真

2014年04月13日

今年の4月は週末と日曜がずっと雨で庭仕事もはか
どらずフィールドにも出かけられずで少々欲求不満
気味です。それでも春の山野草は順調に開花が進ん
でいます。特に山芍薬はこの時期のお気に入りの一
つです。今年はチョコミントさんのリクエストもあ
って連続写真を撮りました。白花もいいですがいつ
かチャンスがあれば紅花タイプも育ててみたいです。







  

Posted by メドウおじさん at 17:55Comments(2)季節の花

バラの新苗2014

2014年04月13日

今年もバラの新苗が出回り始めました。私は昨年から
新苗は近くのホームセンター、GOOD-DAYで求め
ています。3年以上の大苗は少し値段は張りますが
平田ナーセリーで購入する事が多いです。
GOOD-DAYの苗は入荷間もないものは状態もよく
人気種を中心に種類が多いのも気に入っています。
それになんといっても低価格なのが一番の魅力です。
ホームセンターの新苗といってもなかなか侮れませ
ん。購入した年に1、2輪花を見た後は蕾のうちに
摘蕾こまめに施肥してやると翌年には良いシュート
が出て2,3年もすれば結構、さまになってきます。
花もタグについている写真とほぼ同じものが咲きま
すのでまずまずの信頼度です。


今年購入した新苗です。どんな花が咲くのか楽しみです。


以下は新苗のタグの写真です。









  

Posted by メドウおじさん at 10:57Comments(2)バラの話題

満開の八重桜

2014年04月12日

今年のソメイヨシノは見頃のタイミングの日曜がずっと
雨でなかなかゆっくりと見物できませんでした。
今年は少し損をした気分です。山桜は例年より少し早く
咲き始めたのでこちらは写真すらまともに取ることがで
きませんでした。ソメイヨシノと山桜はやや不完全燃焼
でしたが次の八重桜が咲き、もう満開になりました。
濃い目のピンクで少し大振りな花の八重桜は豪華です。
東谷の八重桜がきれいな場所は、ここぞというところは
ありませんが市丸の大清水神社の参道に八重桜の並
木があります。まだ木が若く見ごたえが出るにはあと
10年くらいかかりそうです。ただ毎年桜の成長を見守
るというのいいものです。


お隣の八重桜が満開です。


豪華なブーケのような花付です。

  

Posted by メドウおじさん at 20:54Comments(2)季節の花

ベリーの花

2014年04月11日

自家製のジャムが食べたくて庭の一角をベリーのコーナ
ーにしています。メインは古い品種のイチゴとワイルド
ストロベリー、西洋種のラズベリーとブラックベリーに
日本のラズベリーであるクマイチゴにモミジイチゴと
カジイチゴなどです。ほかにはマルベリーにブルーベリ
ー、ジューンベリーも育てています。ブルーベリーが
土壌が合わないのか極端に成長が悪いのが困りもので
す。ブルーベリーは酸性土壌が好みでピートモスがいい
そうなので代用で薪を作るときに出たオガクズをこの冬
にたくさん株元に撒きましたので今年は少し期待して
います。


木苺のホソバモミジイチゴです。


植えているわけではなく勝手に生えてくるクサイチゴです。
クサとありますが木苺の仲間です。


花も小ぶりのワイルドストロベリーです。完熟した果実の芳香は大好きです



オランダイチゴの花です。ランナーでガンガン増えます


木苺のカジイチゴです。棘がないので扱いやすいです。
  

Posted by メドウおじさん at 20:48Comments(2)季節の花