不耕起農法もどき

2017年05月16日

不耕起農法というのは「耕さず」「無農薬」「無肥料」でいわ
ゆる雑草と一緒に作物を育てるもののようです。特に「耕さ
ず」というのがミソで雑草がはびこることで雑草の根の成長
が土を耕す効果があり土壌の団粒構造を整えて時間がた
てばたつほどホクホクの土に育つとのことです。私の庭の
一角にベリーのコーナーがあり5年ほど前からマルベリー、
キイチゴ、イチゴ、を育てていました。当時の目標は朝食の
自家製ジャム一年分の収穫で最初の3年は順調に収穫が
増えていたのですが2年前からキツネノワンの胞子による
菌核病が発症しほとんど収穫できない状態になりました。
コーナーのメンテもサボって放置状態になっていたところ、
ホタルブクロなどが大繁殖してイチゴが消滅しそうになっ
てさすがにまずいと思い先日から草取りをしています。その
時に気がついたのですが土が柔らかくいい感じになってい
ました。雑草の根による土壌構造の団粒化を実感できまし
た。草盆栽でも長年鉢で育てていると鉢全体に根が回り、
「根洗い」と言って鉢から出してもそのまま育てることが
出来るのですが、これも草の根による土壌の団粒化効果
かもしれません。本来の不耕起農法はそのまま雑草と一緒
に育てるのですが今回は一度草取りをして雑草の代りにワ
イルドストロベリーの種を撒いて育ててみようと思います。



一面ホタルブクロで覆われたベリーのコーナーです。イチゴ苗がホタルブクロに負けて
消えそうになっていました。

 

草取りをしたところ土が耕したようにホクホクになっていました。
もう一度一から作り直しになります。

  

Posted by メドウおじさん at 20:47Comments(6)庭作り

電動高枝切りチェーンソー

2017年01月15日

庭木の剪定を3年ほどサボっていたら庭が森林化して
しまいました。今年は本職の方に剪定を頼もうかとも
思いましたが、夏に便利なグッズを見つけたので自分
でやってみることにしました。グッズはアメリカの
ブラック&デッガー社の充電式の電動高枝切チャーン
ソーです。ヘッドの部分がチェーンソーになっていて
最大、高さ3m、太さ17cmの枝を切ることが出来ます。
ヘッドがやや重いですが手鋸で切るのと比べるとずいぶん
楽です。作業としては虫もいない今がやりやすいですが
春の花木はもう、蕾が出来ているので今春は少し寂しい
春の花になりそうです。


ポール長2mの高枝用チェーンソーです。
ポールを足して3mまで対応できます。


ヘッド部分です。



手元の部分です、18vのリチウム電池パックで作動します。
  

Posted by メドウおじさん at 21:36Comments(2)庭作り

大晦日の衝撃

2016年12月31日

今年・来年の年末年始は穏やかな天気のようでありがたい
のですが、なんと昨夜から今日の未明にかけて庭が動物に
ひどく荒らされました。たぶん、猪だと思います。今まで
も隣の畑を荒らされることはあったのですが、今回はバラ
やクリスマスローズを植えている場所がやられました。
どうやらチューリップや大事にしていたブルーベルの球根
を狙ったようで一面掘り返されていました。最近、餌場の
畑が策で囲われているので食糧不足のようです。
庭が荒らされるとなるとさすがに放っておくわけにも
いかず対策を打たねばいけません。頭が痛いです。

皆さん今年もありがとうございました。来年もよろしく
お願いいたします。

クリスマスローズのコーナーです。およそ1/3がやられました。



チューリップやブルーベルの球根がやられました。ブルーベルは3年かけて少しずつ増えていたので
大打撃です。


  

Posted by メドウおじさん at 17:56Comments(6)庭作り

秋庭の整理

2016年11月20日

このコーナーは春先はクリスマスローズに始まりスミレが
咲き山菜のウルイ(ギボウシ)が獲れます。ギボウシは梅雨
の時期に薄紫の花を咲かせ、夏にはホタルブクロやメドウ
セージが咲きます。秋になるとアキチョウジが咲き、今年は
コンギクがよく咲きました。さすがに11月も半ばが過ぎ秋
の花も終わり来春に備えた冬準備のころです。このコーナ
ーはほとんどが宿根草なのでバッサリ刈り取り、クリスマス
ローズは古葉を除きます。こうしておくと春の花付が良くな
ります。今年の秋冬は思い切った剪定が必要なので少し
ずつやっていこうと思っています。


                            BEFORE



AFTERです
  

Posted by メドウおじさん at 21:00Comments(0)庭作り

秋の平田ナーセリー

2016年09月30日

私のお気に入りの園芸ショップ、下曽根の平田ナーセリー
さんから誕生月プレゼントでオール商品2割引きのハガキ
届きました。ナーセリーの会員カードの特典のようです。
ここ2,3年毎年春のイングリッシュブルーベルの球根など
植えっぱなし小球根を購入していますが今年はいつもより
割多く買えるので何だか得した気分です。特にイングリッ
ュブルーベルは累計で100球になりました。全部が咲く
わけではありませんが来春はどれぐらい新芽が出るか数
えてみようかと思います。(我ながら暇な発想です。(笑い))



平田ナーセリーから届いたはがきです。



今回の購入品です。どれも秋植なので頑張って植えなければいけません。


  

Posted by メドウおじさん at 20:14Comments(2)庭作り

コーンサラダ(マーシュ)の花

2016年04月25日

2年前に植えたコーンサラダが毎年こぼれ種から発芽して
よく殖えています。冬から春にかけて葉野菜の少ない時期
に使えますし山菜のようにてんぷらで食べても美味しいで
す。ちょうど今時分は茎頭に小さな白い花が咲いてなかな
かかわいいです。
ハーブのコーナーに植えていますがちょっとメドウな感じが
して気に入っています。他の雑草は抜いてもコーンサラダ
は残すようにしました。西洋のハーブでルッコラやバジル
など野菜として使えるものもありますが意外においしかっ
たのはボリジの若い葉です。少しごわごわした感じがありま
すが葉を天ぷらにするとふんわりと柔らかい食感で香ばし
い味で日本の山菜とは違ったテイストでなかなかいけまし
た。(ユキノシタの天ぷらに近い食感です)


コーンサラダの花です。



ムラサキサギゴケと一緒に咲いて自然な感じです。

  

Posted by メドウおじさん at 19:32Comments(4)ハーブ庭作り

段ボ-ル紙栽培

2016年04月24日

以前一部の栽培が難しい地生蘭の栽培に培地に段ボール
紙の断片を差し込んで栽培すると成績が良いと聞いたこと
があります。蘭と共生する蘭菌が段ボール紙を培地にして
殖え蘭と共生すると聞きました。オオバトンボソウやイチヤ
クソウで試してみることにしました。これらは蘭菌とは違い
ますがある種の地生菌と共生すると言われているのでひ
ょっとしたらうまくいくかもしれないとひそかに期待してい
ます。うまくいけばキンランやギンランでも試してみたい
です。


この段ボール片を育てる植物の根のまあわりに差し込みます。
この段ボール片に蘭菌や根生菌が付着して増えます。







  

Posted by メドウおじさん at 19:44Comments(2)庭作り

冬庭の整理

2016年01月13日

薪の処理が一段落してやっと庭整理に取り掛かれます。主
に一年雑草の整理です。手を付けないといけない場所は山
ほどありますが、取り急ぎメインの四つのコーナーからです。
この日はクリスマスローズの古葉の整理とベッドのエッジの
部分に植えたエリゲロンの剪定です。エリゲロンは丈夫なキ
ク科で冬の間に切戻して春の開花に備えます。次は隣のバ
ラコーナーの整理です。この日は雑草処理です、あと大仕事
はバラの剪定と土壌の中耕と腐葉土の漉き込みが残りまし
た。次回はベリーとハーブコーナーの手入れです。



整理前の状態でお恥ずかしい限りです。

 

クリスマスローズの古葉を刈って枯草を整理しました。



気の早いクリスマスローズが咲き始めています。


バラコーナーですが冬剪定の大仕事が残っています。


  

Posted by メドウおじさん at 19:39Comments(2)庭作り

12月末の庭

2015年12月29日

いよいよ12月も大晦日が近づき2015年も間もなく
終わります。今年はずいぶんと暖冬で新春の植物の動き
が早いようです。ご近所ではもう、蝋梅が咲いています
し私の庭では山茶花がもう終わりで侘助椿が盛りです。
早咲きのクリスマスローズももう、蕾が大きくなって
います。庭ではハーブのコーナーが夏雑草に負けていく
つか消滅してしまいました。ハーブはもう少し強いか
と思いましたがやはり手を入れないと綺麗に育たない
ようです。コンポストの土を使いたいのですが薪用の
剪定枝の置き場になっていて取り出せません。お正月
の間に何とかしたいです。




紅白の侘助椿が盛りです。


オールドブラッシュに似たコウシンバラ系のミステリーローズです。
四季咲きで冬でも元気に咲いています。



早咲きのダブルのイエローです。


ホトトギスの新芽がもう出ています。こんなことは初めてです。



冬枯れの庭ですが早く手入れをしなければと少々焦っています。



コンポストの整理は正月の課題です。
  

Posted by メドウおじさん at 21:06Comments(0)庭作り

御所のお庭

2015年11月14日

先日、と言ってもひと月ほど前になりますがTVの
ニュースで美智子皇后陛下のお誕生日のニュースを
報道していましたがその中で陛下と皇后様が仲睦ま
じく御所のプライベートガーデンを散策される様子
が映されていました。そこにはヨーロッパの整型庭
園でも和式の日本庭園でもない、まるで里山の草原
のようなナチュラルガーデンがありました。いかに
も自然をこよなく愛される両陛下にふさわしいプラ
イベートガーデンでした。そこには私が理想とする
和のメドウガーデンが広がっていました。ただ私の
数少ない経験ですがこのような庭は少し気を抜くと
あっという間に荒れて今の我が家のような状態にな
ってしまいます。きっと腕のいい庭師さんがこまめ
に手を入れておられるのだと思います。御所のお庭
について調べたのですが京都御苑や皇居二の丸庭園
などの日本庭園はネットでも多くの映像が紹介され
ていますが、御所のプライベートガーデンについて
はほとんど情報がなくあきらめかけていたのですが
なんと、御所のプライベートガーデンについて書か
れた本が出版されていることがわかりました。
今度北九州図書館で調べてみたいと思います。


扶桑社の「御所のお庭」のⅰページです。一枚だけネットで見つかったのでお借りしました。
  

Posted by メドウおじさん at 07:56Comments(0)庭作り

庭の紅葉2015

2015年11月09日

今年の里の紅葉は10月下旬から気温が高く、不安定で
紅葉の進み方が遅いというかきれいに進みません。
もう終わりましたがホトトギスの花も葉焼けが目立ち
花数も少なめでした。それともう一つ気になったのは
ノコンギクの仲間の花が少なかったことです。夏前に切
り戻しをしたせいでしょうか。いつもの年より寂しい秋
になりました。野生の植物を庭で管理するのはやはり難
しいです。それでもあれこれ試行錯誤しながら庭と向き
合うのも楽しいと思うことにしています。




玄関わきのヤマモミジです。この木はきれいに紅葉してくれました。



こちらは黄葉ですがヤマハギです。


こちらの黄葉はハクモクレンです。去年はきれいに黄葉したのですが今年はイマイチでもう散り始めています。


こちらはオレンジ色に紅葉した百日紅です。


こちらはナツツバキです。きれいに紅葉しました。



マユミの紅葉です。


緑から赤く染まるグラデーションがきれいです。ビヨウヤナギです。


  

Posted by メドウおじさん at 18:10Comments(4)庭作り

和風の庭とバラ

2015年10月29日

私が愛読している園芸雑誌マイガーデンの最新秋号では
ランドスケープデザイナーの白砂伸夫氏が和風の庭とバラ
について寄稿されています。私は園芸雑誌で見るようなバ
ラ園を目指して庭の一角にバラコーナーを作って3年目に
なりますがなかなか思い描いたようにいかず、少々疲れて
います。そんなときに今回の記事を目にしました。我が家
の庭は元々母が山野草(茶花)や花木を中心にして作った
物で今は私が受け継いでいますが母が元気だったころのよ
うに手入れが出来ず、徐々に荒れてきて心が痛いです。
それでも基本形が出来ているので何とかなっていますが、
バラコーナーは最初に土づくりをしっかりやっておけばよか
たのですが私の悪い癖で多くの種類をそれも新苗で手当
たり次第に植えたので土に合わないものは病気も出やすく
成長も芳しくありません。白砂さんが書かれた日本産のノイ
バラやチャイナ系のバラなどをワンポイント的に取り入れた
庭は落ち着きがありそれでいて華やかさもある雰囲気の庭
です。バラづくりに少し疲れた私にも方向性が見えた気がし
ます。






チャイナ系のコウシンバラの仲間たちです。和風の庭にもよく合うのでワンポイント的に使ってみたいです。





ノイバラとツクシイバラです。日本の野バラなので和の庭にもしっくりときます。
  

Posted by メドウおじさん at 20:49Comments(6)庭作りバラの話題

微気候と庭の関係について

2015年07月09日

皆さんは微気候という言葉をお聞きになったことが
あるでしょうか?東京の明治神宮や新宿御苑など緑
の濃い場所の周辺は他の場所より気温が2,3度低く
なっているという、あれです。大都会でなくても例
えば東谷あたりでも山際の林縁の道を通るとヒヤッ
とした冷気を感じますし、鎮守の森なども明らかに
周囲より涼しいです。多量の植物の蒸散効果なんで
しょうね。我が家では、そこまでの効果はありませ
んが玄関回りには大きな桜の木があり夏は涼しいで
す。ただし蚊の猛攻撃にあいます。専門家ではない
のでよくわかりませんが、風通しの良い場所では蚊
が少ないように思うのできっと良い剪定の仕方があ
るのだと思います。庭づくりに終わりはないと言い
ますが課題ばかりが出てきて困っています。


我が家のシンボルツリー玄関前の桜です。


玄関前の緑陰です。



緑が濃いのはいいのですがちょっと枝がこみすぎています。今年こそは剪定が必要です。



玄関前からバラコーナーへのアプローチです。



アプローチ横の植え込みですがここも秋には剪定が必要です。


  

Posted by メドウおじさん at 18:14Comments(6)庭作り

木酢液と土壌改良

2015年06月28日

我が家のバラコーナーは日当たり、変え通しも良くバラの
育成には良い環境のはずなのですが何故かここに植えこん
だバラは初年度はまずまずなのですが二年目からことごと
く黒点病にやられてしまいます。どうも土壌に問題がある
ようなのですが今から土を入れ替えるわけにもいかず、毎
年冬に腐葉土を足していますが成果が今一つです。そこで
木酢液が土壌改良に良いと聞いたのですが、たまたま1ℓ
のペットボトル入りの使っていない木酢液があったので水
やり時に使用しています。どのような効果があるのか結果
が楽しみです。




  

Posted by メドウおじさん at 12:27Comments(8)庭作りバラの話題

終盤のバラ庭

2015年06月04日

九州北部も梅雨入りして我が家のバラ庭の春バラも
もそろそろ終盤です。今年は大輪四季咲のHTがさ
っぱりです。そのかわりポリアンサのピンク八重の
つるバラと小輪の修景バラが良く咲いてくれていま
す。以前にも少し書いたような気がしますがこの場
所はHT系のバラには条件が厳しすぎるようです。
HT系より丈夫なバラが多いフロリバンダ系に徐
々に置き換えていこうと考えています。








  

Posted by メドウおじさん at 19:46Comments(4)庭作りバラの話題

春の新芽探し

2015年02月23日

先日も少し書きましたが最近の楽しみは春の山野草の新芽
探しです。二月も半ばを過ぎて徐々に日の入りが遅くなり少
し早めに帰宅できたときは庭散歩が出来ます。立春を過ぎ
て次々に春の宿根草の新芽が出てきています。今年の嬉
しい発見は山芍薬の新芽が多くみられることです。数年前
より種を採取して取り撒きしていましたが昨年秋に撒いた
ものが発芽しているようです。中には芽がしっかりしたもの
は一昨年撒いて一夏越したものかもしれません。今まで山
芍薬は発芽しても夏越しが出来ずに枯れるものが多かった
のでやっと環境に適応し始めたのかと楽しみが広がり始め
ました。もう3,4年すれば山芍薬の実生開花が見れるよう
になるかもしれないと思うと楽しみです。



東北産のフクジュソウです。右下に新芽が見えます。



九州産(阿蘇山)のフクジュソウです。東北産は九州産より早く開花すると聞いていましたが
産地の差はあまりないようです。


名札の右横に出ている小さい新芽が今年の発芽です。下の2本は二年目の発芽です。


1年目や2年目はこのように三つ葉の姿で夏過ぎまで過ごします。
その後夏眠に入ります。


  

Posted by メドウおじさん at 18:59Comments(2)庭作り

早春の庭散歩

2015年02月17日

最近になってようやく寒さの峠を越えた感じです。これから
もあと数回寒くなるかもしれませんがもう大丈夫でしょう。
庭の山野草も急ピッチで芽出しが進んでいます。この時期
の庭散歩の楽しみは春の宿根草の芽出し探しです。新しい
新芽を見つけると今年もよろしくという感じです。逆に時期
が来ても新芽が出てこないとがっかりです。最近少しわか
ってきたのが春咲きの宿根性の山野草は夏の間に蒸れさ
せないことと極端に乾燥させすぎないことのようです。梅雨
時の長雨はラベンダーなどのハーブには致命的ですが国
産の山野草の場合は梅雨明け後の雑草の繁茂による蒸れ
が大敵のようです。こまめに草取りが出来ればいいのでしょ
うがなかなか大変です。それでも次の年のことを考えてでき
るだけ励みたいと思います。





早春の山野草の庭です。秋の落葉が通路に溜まって荒れた感じになっています。
春のシーズン前までになんとか落ち葉だけでも掃除しなければいけません。
  

Posted by メドウおじさん at 19:33Comments(2)庭作り

冬至の庭

2014年12月24日

先日12月22日は一年でもっとも日の短い冬至でした。
今年の冬至は新月と重なる19年ぶりの特別な冬至だっ
たそうです。冬至も新月もどちらも生命復活のスタート
ラインとして古代の人々は夏至とともに重要な日と考え
ていたようです。写真は12月23日、天皇誕生日の日で
すが久しぶりに穏やかな冬の日差しの一日でした。庭は静
かに春の復活を待っているようです。





冬至の庭です。雑草の整理もやっと終わりました。



紅葉がすっかり終わった母原山です。葉残りが茶色に変わっています。
  

Posted by メドウおじさん at 20:32Comments(2)庭作り

3年目のベリーのコーナー

2014年12月20日

早いもので新しく作ったベリーのコーナーも間もなく
3年目になります。現在育てているのは古いタイプの
オランダイチゴ、ワイルドストロベリー、日本のキイチ
ゴの仲間でクマイチゴとナガバモミジイチゴ、西洋ラズ
ベリー、ブラックベリー、大実のマルベリー、ジューン
ベリーにブルーベリーです。当初計画では3年目には私
が毎朝食べるジャムの一年分を収穫できるようにするこ
とでしたが今年は4か月分しかできませんでした。
あと3倍の収穫が必要で計画達成は危うい状況です。
誤算の原因はジューンベリーとブルーベリーが不調でほと
んど収穫できないこととマルベリーが原因不明の病気で
果実が完熟する前に落果して収穫できなかったことです。
昨年のマルベリーは良くできていただけにちょっとがっ
かりでした。ジューンベリーとブルーベリーの不調の原
因はある程度わかっているのですが、マルベリーは原因
不明で困っています。来年が果たしてどうなるか心配し
ています。



冬のベリーのコーナーです。大部分は地上部は枯れて宿根します。今が土壌改良の適期です。こうしてみると
ストロベリーはずいぶんと増えたのがわかります。
  

Posted by メドウおじさん at 18:23Comments(2)庭作り

コンポストの発酵促進

2014年12月10日

コンポストが二つ山盛りになっていますが何とか春までに
堆肥化したいと思い発酵促進のために米ぬかを漉き込むこ
とにしました。コンポストの上の方は刈り取った草がその
まま刈れた状態ですが下の方(半分より下)はそれなりに
堆肥化が進んでいるようです。そこで上の方の草を下の方
に漉き込むと同時に米ぬかをサンドイッチのように重ねて
いきます。更にストーブから出た薪の灰も加えました。灰
は発酵促進の有益バクテリアにどう作用するのかよくわか
りませんがとりあえず加えてみました。



白い粉っぽいのが米ぬかです。この後切り返します。

 
下の方から掘り起こして上に重ねます。この作業を二、三度繰り返しますが
結構きついです。


収穫した大根とジャガイモです。イモは春に堀残したものが成長していました。


  

Posted by メドウおじさん at 20:28Comments(4)庭作り