真夏の平尾台

2017年08月01日

先週の土曜日は平尾台自然の郷で平尾台観光祭りが
ありました。その準備で朝から台上に上がったのですが
観光祭の準備は午前中に目途がついたので自然の郷
周辺を散策しました。自然の郷の場所は平尾台の産業
ゾーンにあり、国定公園域の外側に当たりますが平尾
台の特徴である草原が広がっています。生育する野草
も平尾台独特のものがおおく、今の季節はヒオウギや
コオニユリ、ノヒメユリなどが咲き始めていました。もう少
しするとツクシシャジンやキキョウが咲き始めます。麓で
は見かけなくなった珍しい植物が数多くみられ貴重な地
域です。



自然の郷から見た平尾台の集落です。奥は国定公園域です。


大平山から周防台方面へパノラマで一望できます。



ノヒメユリの可憐な花です。



石灰岩の岩陰にヒオウギが咲いていました。


コマツナギも咲いていました。


  

Posted by メドウおじさん at 20:43Comments(4)季節の花

ナツツバキ(シャラ)の開花

2017年06月30日

梅雨時は花が咲く花木が少ないのですが庭ではナツツバキ
(シャラ)の白い花が咲いています。今年は例年より花数
が多いようです。ナツツバキ(シャラ)をもう一回り小さ
くしたヒメシャラの木もあるのですがこちらは日陰でもう
一つ元気がありません。花木は基本、日当たりを好むもの
が多いようです。また剪定時期を誤って花芽を切ると途端
に翌年花が咲きません。この辺りもなかなか微妙です。
弱剪定なら花後、直後に切っておけば概ね間違いがないよ
うです。種類によっても切るタイミングがまちまちなので
なかなか悩ましいです。



今年は花数が多いです。次々に咲いてしばらく楽しめます。

  

Posted by メドウおじさん at 19:29Comments(0)季節の花

アナベル(北米アジサイ)

2017年06月23日

アナベルは北米原産のアジサイで白花で手毬型の花(集合
花)を咲かせます。日本アジサイ、西洋アジサイが花色が変
わりやすいのに対し北米産のアジサイは白い花色が退色し
にくいのが特徴です。写真の花は挿し芽を地植えで育てて
いましたが植えた場所が日陰になって成長が悪く、枯れそ
うだったので2年前に鉢植えに切り替えました。アナベルは
日本アジサイと違い冬場は地上部は完全に枯れるので地
際で刈り取ります。今年は2年ぶりに花が咲いて何とか蘇
りました。
今年は花がある程度終わったら、挿し木で秋までに発根
させて予備株を増やしておこうと思います。アナベルの花
はドライフラワーにしやすいそうなので奥さんが使うと思い
ます。




来年はもう一回り大きな鉢に植え替えたいと思います。  

Posted by メドウおじさん at 20:47Comments(0)季節の花

ホタルブクロ

2017年06月09日

ホタルブクロはいかにも山野草らしいその花姿が好きで色
違いのものを数タイプ植えていたらよほど環境があったの
かいつのまにか大繁殖して今ではちょっと手が地けられな
い状況になってしまいました。種+ランナーで殖えるので抜
いても抜いても後から生えてきます。もう一つ同じような増
え方で手に負えなくなっているのがドクダミです。あと、ノイ
チゴも庭隅からだんだん中央部へ進出してきています。
山野草はどれも小さな群落に収まるぐらいがちょうどいいの
ですが、なかなかそう、うまくいきません。


白花種です。花の内側に赤い点があります。



赤花種です。うちの中では一番勢力が強いです。



赤紫のグラデーションが入る種です。


青花のホタルブクロです。改良品種でカンパネラ・サラストロと呼ばれます。
野生種と比べるとやや弱く、以前地植えにすると野生種のホタルブクロに負けて
消滅してしまいました。今回は鉢植えで大事に育てています。今、2年目です。

  

Posted by メドウおじさん at 20:39Comments(0)季節の花

金銀花(スイカズラ)のリキュール

2017年05月30日

金銀花(スイカズラ)はハゴロモジャスミンほど強くは香り
ませんが爽やかな甘みを感じる芳香があります。金銀花
と呼ばれるのは花が咲き始めは白くやがて黄色に変化す
る所からそう呼ばれています。昨年花を乾燥させてお茶を
飲みました。お茶にしても甘い香りはかすかに残りますが、
花の分量が多めに必要です。今年は焼酎に漬けこんでリ
キュールに仕立ててみました。焼酎に漬けると甘い香りが
よく移るとのことなので一か月後が楽しみです。



近所にある大きな株です。





昨年上の写真の株から一枝頂いて挿し木したら今年もう花が咲きました。



早速収穫して



焼酎に漬けました。一か月後が楽しみです。

  

Posted by メドウおじさん at 20:58Comments(2)季節の花食べ物和ハーブ

羽衣ジャスミン開花

2017年05月11日

今年は久しぶりに羽衣ジャスミンが多く咲き一日中玄関近く
は甘い香りに包まれています。うちのジャスミンは数年前に
何故か調子を崩し一時はつるもなくなり枯れてしまったかと
思いましたが小さな新芽が復活し支柱を点てたりして養生
していたら今年は見事に復活しました。羽衣ジャスミンはバ
ニラのような香りで個人的には強い香りがやや苦手ですが
今の季節、バラとともに春の香りとして貴重です。




久しぶりの羽衣ジャスミンの香りに庭が包まれています。

  

Posted by メドウおじさん at 19:49Comments(2)季節の花

イカリソウ実生発芽

2017年04月29日

イカリソウは春の山野を彩る山野草で北部九州では小型の
バイカイカリソウを佐賀の天山の方で見ることが出来るよう
です。
以前住んでいた広島県では芸北の方で春先にピンクの花を
よく見かけました。最近は中国産の新品種が多く導入され園
芸品種としても静かなブームになっているようです。洋風、和
風どちらの庭でも使い易く丈夫な性質で一般の園芸店でもち
らほらみかけるようになりました。最近庭植えの株下に小さな
実生苗が多く発芽していました。イカリソウは全草を焼酎に漬
けこむと薬酒として利用できるので多く育つと嬉しいです。
今年はフデリンドウと言いイカリソウと言い思わぬ実生発芽が
続いて喜んでいます。



イカリソウの実生苗です。

 

こちらはフクジュソウの実生苗です。



フデリンドウは以前紹介した以外の所でも開花していました。



ヤマブキソウの黄色い花です。フクジュソウの後に追いかけるように咲いてくれます。



ヒメリュウキンカも少しですが咲いていました。
  

Posted by メドウおじさん at 18:32Comments(2)季節の花

ヒトリシズカとフタリシズカ

2017年04月25日

両種とも以前平尾台上で大群落を見かけました。なかなか
壮観な光景でしたが個人的にはこの両種は木の下でひっ
そりと咲いている様子が絵になるように思います。
フタリシズカはこぼれ種の実生でそこそこ増殖しますが
ヒトリシズカは実生の発芽率が悪いのかなかなか増えま
せん。年に一芽増殖していくペースです。ヒトリシズカは小型
で春の山野草の展示会ではよく草盆栽の素材で使われてい
ます。

ヒトリシズカは草丈15cm以下で小型で可愛いです。



フタリシズカは草丈30cm位になります。

  

Posted by メドウおじさん at 19:49Comments(2)季節の花

合馬のレンゲ畑

2017年04月23日

昨日、今日の土日は北九州は久しぶりに陽春の光にあふ
れた一日でした。合馬で山野草の展示会に出かけたとき最
近では珍しくなったレンゲ畑を見つけました。田植え前の田
圃をピンクのカーペットに変えるレンゲですが間もなく田植え
の準備でトラクターで漉き込まれます。漉き込まれたレンゲ
は緑肥といって稲の肥料になて美味しいお米に姿を変えま
す。
こうして植物の命のエネルギーを繋いでいく昔ながらの農
法は理にかなったやり方です。



合馬のレンゲ畑の風景です。  

Posted by メドウおじさん at 21:21Comments(2)季節の花

イングリッシュブルーベルとスパニッシュブルーベル2017

2017年04月22日

今年は両種とも春先にイノシシに襲われ全体の半分近くの
球根を食べられてしまいました。おかげで今年は花付がさっ
ぱりです。ここ3,4年かけてやっと群生らしくなってきた
ところだったので本当にガッカリです。特にイングリッシュ
はスパニッシュに比べると成長も遅く復元にはかなり時間が
かかりそうです。幸いここ数年イングリッシュはコンスタン
トに球根が輸入されているのでまた何とか再建したいと思っ
ています。北九州では平田ナーセリーに秋になると入荷して
います。



こちらはやや大型で成長の良いスパニッシュです

以下は私の好きなイングリッシュです。ただしほとんどがスパニッシュとの
雑種です。






今年のイングリッシュは開花もまばらで寂しいです。


  

Posted by メドウおじさん at 19:38Comments(0)季節の花

ヤマシャクヤク2017

2017年04月20日

今年のヤマシャクヤクは2月の芽出しのころから少し異常で
例年なら
した。その後の葉の展開も全体に小ぶりで成長が
良くありません。
実生の2,3年株も草体が小さく昨夏のダメージがことのほ
か大きかったのかもしれません。今年は花後の種の採取
はあきらめ草体の充実に手を貸そうと思います。昨年、そろ
そろ万が一のことを考え予備株を購入して鉢で育てていま
す。こちらも花数は一つですが草体も充実して今後が期待
できます。花後はそろそろ地植えしようかと考えています。




今年は花数が一つで少し寂しいヤマシャクヤクです。



こちらは鉢植えのヤマシャクヤクです。
  

Posted by メドウおじさん at 19:30Comments(2)季節の花

八重桜の季節

2017年04月19日

ソメイヨシノが散ったと思ったら八重桜が満開の季節を迎え
ました。このように桜は同じ場所でも品種ごとに開花リレー
をつないでいきますし、同じ品種も南から北へ時間差でリレ
ーされて、私が以前北海道の道東で見たソメイヨシノは5月
の中旬に咲き始めていました。4月から5月にかけて日本は
全国のどこかで満開の桜が楽しめる豊かな国だと思います。
ヘビーなファンが桜前線を追いかけて旅をするのもよくわか
る気がします。八重桜が終わると次はバラの季節です。庭
では早咲きのチャイナ系や白モッコウバラが咲き始めてい
ます。





こちらの桜はお隣の敷地のものですが毎年楽しませていただいています。 
  

Posted by メドウおじさん at 19:07Comments(0)季節の花

フデリンドウ開花

2017年04月18日

以前、フデリンドウが自然発生したことは報告しましたが
その後庭を調べると合計3株発生していました。
それにしてもどこから種が来たものか不明です。フデリン
ドウは朔果の種が雨に当たると朔果が開き雨水と一緒に
種が流れ出てその勢力を広げるのですが一度に拡大する
のは困難です。
なぜ、ここで発生したのか、考えられるのは数年前に苗を
移植したときに種が散り、その後、今になって土壌環境が
発芽に適合したという事だと思います。まあ、小難しい理屈
はともかく、好きな山野草が身近に発生したことが素直にう
れしいです。ただフデリンドウは自然下でも毎年同じ場所に
発生するとは限らないので来年はどうなるかわかりません
がそれも楽しみの一つです。





来年もまた発生してくれると嬉しいですが果たしてどうなる事か。楽しみです。
  

Posted by メドウおじさん at 19:25Comments(4)季節の花

イチリンソウ開花株

2017年04月16日

今年はイチゲのユキワリイチゲが数多く咲いたのでイチ
リンソウなど他のイチゲの仲間の開花も期待したのですが
どうやら空振りに終わりそうです。特にイチリンソウの芽
出しの数が少なく心配です。順調なユキワリイチゲと同じ
ような場所に植えていますが調子が上がりません。
丈夫で育てやすいと聞いた西洋種のアネモネシルベストリ
やアネモネネモローサなどもうまく育ちません。本来なら
うまくいかないものは環境にあっていないという事であき
らめるのが良いのでしょうがなかなか枯れた心境になれま
せん。で、今年も北九州蘭草会の展示会で状態の良い開
花見込み株を購入しました。今年は植える場所を変えてみ
ようかと考えています。


北九州蘭草会で購入した開花株です。地植えで毎年これくらい咲いてくれると嬉しいのですが
なかなか難しいです。



庭の地植えで一輪だけ咲きました。



同じ仲間のニリンソウです。これも開花は一輪だけでした。葉は山菜として頂けますが
猛毒のトリカブトと新芽が似ているので要注意です。


  

Posted by メドウおじさん at 19:18Comments(2)季節の花

東谷の桜2017

2017年04月15日

今年の桜のピークは9日(日)でした。朝から曇天でした
が何とか一日持ちました。私はあいにく、町内の事でじっ
くり花見ができませんでした。翌日からは雨模様で花も散
り始め今日はすっかりもう、葉桜になり始めています。
それにしても今年の桜(ソメイヨシノ)は遅かったです。
例年なら3月下旬から4月頭が満開なので一週間以上遅れ
ました。満開になったかと思うとあっという間に散ってし
まいました。なかなか人の思うようにはいかないものです。
それも自然の営みなのでしょう。私はあるがままの美しさを
楽しめたらそれでいいと思っています。

今年の我が家の桜です。今年はすっきりした青空の下で見れなかったのが
残念です。


322号線沿いの東谷公園の桜です。道路からよく見えます。





上の2枚は東谷の桜の名所、井手浦浄水場周辺です。


この日は山桜もきれいでした。来年は鉄塔そばの近くまで登ってみようと思います。


  

Posted by メドウおじさん at 18:59Comments(0)季節の花

開花目前の春の山野草

2017年04月06日

先日フクジュソウとユキワリイチゲの開花を報告しましたが
今週は雪割草が咲きました。その他も山芍薬が蕾を大きくし
て開花目前です。イチリンソウは元気がありませんがニリン
ソウは株が大きくなり開花が楽しみです。小球根もヒヤシン
スが咲いています。これからが一日一日楽しみです。


雪割草(オオミスミソウ)が咲きました。九州では雪割草を育てる(地植え)は
意外と難しいです。この株もなかなか大きくなりません。



ヒヤシンスも咲きだしました。チューリップももうすぐです。



蕾が大きくなったヤマシャクヤクです。毎年4株咲いていたのですが
今年は蕾が一つです。株が弱っているのかもしれません。



大株になったニリンソウです。あまり知られていませんがイチゲの仲間で」唯一山菜として利用できます。
ただし、新芽のトリカブトとよく似ているので注意が必要です。
  

Posted by メドウおじさん at 19:55Comments(0)季節の花

ショウジョウバカマが開花

2017年03月25日

購入して3年になるショウジョウバカマが咲きました。
本当は地植えにして育てたいのですが以前植えた白花種
が失敗したのでなかなか地植えに踏み切れません。以前
北広島の八幡湿原近くの溜池の土手の草地で群落になっ
ていたショウジョウバカマと広島市郊外の魚切ダム近くの
渓流の崖地で白花種を見ました。どちらもある程度湿気が
あり日差しも適度に当たる環境でした。現在の庭の中では
なかなか適合する場所がないので当面は鉢植えで育てな
いと仕方ありません。せめて今年は植え替えをしたいと思
っています。


冬の間にロゼット葉が黄葉していたので赤系の花だと思っていましたが期待通りの
薄紫の花が咲きました。

  

Posted by メドウおじさん at 20:42Comments(2)季節の花

早咲きの彼岸桜が開花

2017年03月24日

3月にはいって年度末の仕事で忙しく少しバタバタ
しているうちにあっという間に季節が進み春の花木の
開花が一気に進みました。これからは春の山野草、小
球根植物、山菜、バラと東谷らしい庭景色が楽しい季
節です。少し遅れ気味だった彼岸桜も何とかお彼岸に
間に合いちょうど今が満開です。








毎年のことですが彼岸桜からソメイヨシノ、八重桜と続く
桜リレーの季節は心がウキウキします。
  

Posted by メドウおじさん at 20:54Comments(2)季節の花

フデリンドウが発生

2017年03月14日

私の好きな春の山野草の一つがフデリンドウです。
小型で可憐な花姿と春の青空を思わせるスカイブルーの
花色がきれいです。東谷では山林の林縁や古くからある
土手などのよく手入れされた草地などで今でも時々目に
します。手元で育てたいと思い何度かチャレンジしまし
たがこれがなかなかの難物です。秋に発芽して翌春開花
する二年草(越年草)です。難物といったのは種の発芽
率が極端に悪いことと根が細くて弱く、移植にも弱いの
で周辺の土ごと移植してもなかなかうまくいきません。
専門の論文など読むと特殊な土壌細菌と共生するようで
条件がそろわないと育成は難しいそうです。
ところが先日庭を観察しているとフデリンドウが一輪育
っていました。その場所は数年前に移植した場所でしたが
自然と消滅した場所でした。何かの要因で発芽したものと
思いますが開花まで見れるか楽しみです。




岩陰にフデリンドウが一輪生えていました。



早くこんな花が見たいので今から楽しみです。


  

Posted by メドウおじさん at 22:49Comments(2)季節の花

春の山野草シーズン開始

2017年03月12日

三月に入って三寒四温というこの時期の特徴ある天候が
続いています。梅やマンサクの花は盛りが過ぎ今はサク
ランボが満開で彼岸桜も花芽が大きく育っていて開花目
前です。庭では春の宿根山野草が咲き始めています。
今年は大好きなユキワリイチゲがたくさん咲いてくれ
ました。今までも1,2輪花を咲かせていましたが今年
10輪以上一度に咲いてくれました。薄いブルーの花色は
白から薄紫にグラデーション変化するのが見所です。
もう一つのお気に入り、フクジュソウも花が咲きました。
フクジュソウは産地や種類で開花時期が微妙に異なります。
今、咲いている株は昨年植えたものですが、無事咲いて
ホッとしました。さあ、今から庭仕事が忙しくなります。





今年は思いがけずたくさん咲いてうれしい限りです。

 
来年も今年ぐらい咲いてほしいところです。



我が家では歯y咲きのフクジュソウです。遅咲きの方は3月の終わりに咲きます


2輪咲きました。

  

Posted by メドウおじさん at 19:03Comments(0)季節の花