秋の野生ネギ

2018年10月12日

野生ネギを育てているというか、勝手に生えています。
(笑い)種類はアサツキとノビルとニラです。アサツキ
は数年前に球根を数株植えたものが分球して増えた
ものです。元は野生種ですが九州では自生はないみ
たいです。反対にノビルは畑の周辺にいくらでも自生
しています。ニラも近くから種が飛んできたものが勝手
に生えています。まだ、あまり収穫のない協生畑の中
では貴重な戦力です。ニラは春から秋まで連続で収穫
でき、今が花盛りです。アサツキとノビルは春に新芽が
出て夏はいったん休眠して涼しくなったお彼岸過ぎに
また新芽を伸ばして収穫できます。葉茎は極細ですが
とても香りが良いので重宝しています。
ネギ類の効能は有名ですがとりわけ野生種は効果が
高いように思います。私は出汁薪卵に入れたり、冷や
やっこの薬味に使ったり、納豆に混ぜたり、みそ汁の
具に使ったりと日常使いで使える身近な野菜です。特
にノビルは家の周辺でいくらでも採取できますが畑の
土の力の強化に有効なので積極的に移植しています。


夏前に移植したノビルです。夏の間は休眠していましたが、秋になって芽が出てきました。



ニラとノビルの醤油漬けです。葉は出汁卵の具に、醤油はネギ風味の調味料で使います。


  

Posted by メドウおじさん at 20:13Comments(0)山菜和ハーブ

スベリヒユの炒め物

2018年09月02日

久しぶりの山菜です。6,7月が食べごろだったイヌビユや
アカザに続きスベリヒユが食べごろです。5mmほどの直
径の茎が地面を這うように成長し一株で直径30cm程の
塊に成長するので一株で十分な分量が収穫できます。
ゆでたり炒めたり加熱すると柔らかくなり食べやすくな
ります。私はごま油炒めたものが好みです。だし醤油で
軽く味付けします。小量味醂を加えるとよりおいしいです。
味は軽い酸味がありますが全然気にならず、むしろ味
の個性として美味しいです。
スベリヒユは畑雑草として生命力旺盛なので少し探せ
ば畑の隅や路傍で簡単に見つかると思います。各種の
汚染の心配のないものを採取します。ちなみに園芸植
物のマツバボタンも食べれます。(以前食べてみました
。味はスベリヒユとかわりません。)私は体調維持のた
めに月に2,3回各種の 山菜(野草)を摂る様にしてい
て夏場の食用山菜として重宝です。ます。ちなみにスベ
リヒユの効能はオメガ3脂肪酸が多く、利尿、消炎、抗菌、
解毒作用があると言われます。







  

Posted by メドウおじさん at 10:37Comments(0)山菜

ヤブカンゾウの花(エディブルフラワーとして)

2018年06月29日

ヤブカンゾウの新芽は、ほの甘い味と少しぬめりのある
食感が美味しい春の山菜で天ぷら、お浸し、ヌタといろい
ろ楽しめます。新芽時を過ぎると葉が硬くなり食用には
適さなくなりますが、7月上旬の花時ではオレンジ色の
花が美しいですが、実はこの花がとてもおいしい食材で
す。花は一日花ですぐにしおれるので花が咲いたら
すぐに収穫します。収穫した花を、さっと湯通しして冷
たい流水に晒します。甘酢でいただくとおいしいです。
今回は甘酢がなかったので黒酢に先日作った梅シロ
ップを足して甘酢にして食べましたが行ける味です。
花が一日花なので数が多く集められないのが難点です。
特に夏の食材としては色々使えそうです。他にも食用
になる花はあると思うので少し調査してみようと思って
います。


摘み取ったヤブカンゾウの花です。



沸騰したお湯でさっと、湯通しします。



自作の黒甘酢で頂きます。
  

Posted by メドウおじさん at 20:28Comments(0)山菜

ヤブツルアズキの発芽

2018年05月14日

昨年秋に採取した小豆の祖先のヤブツルアズキですが
百草畑に直播した分とは別に種まき用のセルに撒いた
種豆が発芽してきました。双葉が出た後にササゲ属に
特徴的な三葉の小さな本葉が出てきました。
そろそろセルからポットに移植してつるが伸び始めたら
百草畑に定植する予定です。順調に育てば10月から11
月にかけて収穫できると思います。今年の目標はヤブツ
ルアズキで赤飯とぜんざいを作ることです。ちなみに同じ
タイミングで普通の小豆とヤブツルアズキから小豆へと
改良される途中の黒小豆も植えています。黒小豆と小豆
も発芽していますがどちらがどちらかタグをつけなかった
のでわからなくなっています。もう少し成長するとつるが出
るのが黒小豆でつるなしが普通の小豆です。ササゲ属は
気温が高い方が成長が良いのでこれからが楽しみです。




5月3日の様子です。双葉が出ています。



そろそろ一苗ずつポットに移植します。
  

Posted by メドウおじさん at 20:32Comments(0)山菜

ウコギ飯

2018年05月04日

ウコギはタラノメなどと同じ仲間で春に伸びた葉を山菜
として食べることが出来ます。タラノメ同様に程よいコク
と香りが特徴の美味しい山菜で天ぷらも美味しいです
が私はお浸しを作って細かく刻みご飯に混ぜたウコギ
飯がお好みです。ウコギは細く長く伸びた枝に棘を持
ちます。枝にはびっしりと葉が付くので収量も多くて6月
まで多少アクガ強くなりますが食べることが出来ます。
福島の上杉家では中興の祖と呼ばれる上杉鷹山が
飢饉に備えて家中の家の垣根にウコギを植えて救荒
作物としたようです。福岡県では枝の細いヒメウコギを
よく見ることが出来ます。とはいってもどこにでもある
ほどポピュラーでもありません。少し湿った半日陰地
で山の中の下草と一緒に低木として生えています。
山菜好きの方にはお薦めです。



ヒメウコギです。



茹でて細かく刻んで塩で味を調えます



熱々の白ご飯に混ぜて、ハイ出来上がりです。
  

Posted by メドウおじさん at 16:04Comments(0)山菜食べ物

今年(2018)はタケノコが豊作

2018年04月23日

今年はタケノコが豊作でご近所さんからおすそ分けを
頂く機会があって嬉しい限りです。東谷のお隣の合馬
はタケノコの名産地で農家の方も昨年が不作だったの
で今年はホッとされていることと思います。タケノコは
赤土の土質で良く育ち東谷も合馬と同じ赤土の低山が
多くタケノコは良く採れます。もっとも専業でやられてい
る所はほとんどなく多くは自家消費で利用されています
。また竹は種類が多くタケノコで利用する孟宗竹以外で
も真竹、ハチク、篠竹などいろいろあります。それぞれ
昔は生活の資材として利用していたようですが今はもう
放置状態の所が多いです。合馬では竹林公園と言って
竹の見本市のような施設もあり、山野草の展示会など
でちょくちょく行くことが多いです。
春のスーパーエネルギー野菜(山菜)の筍を是非ご
賞味ください。



頂き物のタケノコです。かなり大型ですが硬くもなく美味しく頂きました。

  

Posted by メドウおじさん at 19:19Comments(0)山菜

野生のタラノメと棘なしたらの芽

2018年04月20日

今年は木の芽山菜の展開が少し早いようです。桜のソメ
イヨシノが開花が早いと木の芽山菜も展開が早いようで
す。今年は山菜の王様タラノメも3月末には出ていました
。我が家の庭には山菜などの和ハーブを多く植えていま
す。タラノメは2種類あって一つは棘の多い野生種でもう
一つは緑の濃い棘のない栽培品種です。どちらも植えて
6.7年経つので数も増え、新芽も大きな食べ応えのある
ものが採れるようになりました。棘なしタイプはつるりとし
た木肌で扱いやすいです。この両種は棘のあるなし以外
にも新芽の色が野生種は赤茶色で棘なしは鮮やかな緑
色です。同じ種類とは思えないほどです。味はどちらも同
じようなものですが棘なしの方がやや成長がゆっくりのよ
うです。野生種は植えて数年するとあちこちにヒコバエが
出てくるので早めの処分が必要ですが、親木も7.8年で
枯れるので適度に残しながら育てるのが良いと思います。
タラノメは東北地方などでは多く採れた時は塩蔵(塩漬け)
にして保存するそうです。



棘なしのタラノメです。緑が鮮やかです。



野生のタラノメです。鋭い棘と赤黒い芽の色が特徴です。棘は茹でたり天ぷらにすると
柔らかくなり食べることが出来ます。

  

Posted by メドウおじさん at 20:17Comments(0)山菜

木の芽山椒

2018年04月17日

春の木の芽山菜と言えばやはり山椒は外せません。ちょうど今頃

新芽が伸びて花ザンショウや葉ザンショウの香りが一番強くなります。

タケノコの煮物やヌタの香り付けには欠かせません。もう少し先の

5月の終盤になると実ザンショウになり緑の実がなります。

葉ザンショウは香り付けの他には佃煮やシラス煮にすると

保存も効き美味しいです。それと強嬉しい発見がありました。我が家の

実ザンショウ(山椒の雌株)が樹勢が弱くなっているので心配でしたが

3年ほど前の実生株がいくつか自然発生していたのですがそのうちの

一本が雌株でした。雄株は何本もあるので当面、実ザンショウ

は安泰です。

 

1mほどに育った、実生のサンショウです。雌株だったのはラッキーでした。

  

Posted by メドウおじさん at 19:08Comments(0)山菜

新顔の春山菜

2018年04月16日

庭で育てていた新顔の春山菜がごくごく少量ですが味見
程度に収穫しました。イタドリとオオバコ、ソバナにオケラ
とツリガネニンジン(トトキ)特にオケラとトトキは美味しい
山菜の代表だそうで以前から食べてみたいと思っていま
した。トトキのツリガネニンジンは数年前に株を移植し、
オケラは山野草の展示会で2年前に入手したものを鉢植
えの特別待遇で育てていますが両種とも爆発的に増える
という事はなく一年に一芽か二芽がやっとです。まだまだ
本格的に食べるには無理ですが味見と思って新葉を数枚
収穫してみました。さてさてどんなお味か?お浸しで食べ
てみます。

イタドリ(私たちの所ではスカンポとかカワタケと呼んでいます。)です。この株は
もともと斑入り種の改良品種で、野生種のように爆発的に増えることがなくコント
ロールもしやすいです。今までは株を殖やすことが中心で収穫しませんでしたが
今年から2芽を残して採取しました。

 

初の新顔春山菜です。上段左がソバナ、上段右は白花オケラ、
下段左がツリガネニンジン(トトキ)で下段右がオオバコです。
今回は味がよくわかるようにお浸しにしました。


上段のクリーム色の山菜がイタドリです。ちょっと茹ですぎて缶詰のアスパラみたいになりました。
イタドリ特有の酸味は弱く、程よい酸味でマヨネーズによく合いました。
下段はトトキ、オケラ、オオバコ、ソバナです。オケラは数が少なすぎて味はよくわかりませんでしたが
トトキはコクがあって美味でした。今年は少し気合を入れて増やそうと思います。
パセリとスナップエンドウは今年の初物の協生野菜です。

  

Posted by メドウおじさん at 21:34Comments(0)山菜

ほの甘い山菜

2018年03月28日

春の山菜というと苦みを味わうというイメージをもつ
方が多いと思います。実際、フキノトウなど爽やかな
春の苦みを楽しむものが多いのも事実ですが、中には
ほんのりした、優しい甘みを感じさせるものがいくつか
あります。ノカンゾウやアマドコロの新芽、アマナの球根
などです。ほんのりした優しい甘さなので味わうには
天ぷらよりさっと茹でたお浸しが向いています。一味違う
山菜もいいものです。



ヤブカンゾウの新芽ですこれぐらいがお浸しにはむいています。葉のつけねがほんのり甘いです。


野生の原種チューリップに似た花が咲きます。主に球根部を食しますが球根はかなり深く
土の潜っているので青緑の細い葉の部分を頂きます。これもほんのり甘い味がします。
アマナは食べることが出来ますがよく似た原種や栽培品種のチューリップや水仙は猛毒なので
絶対に口にしないでください。

アマナとノカンゾウとホトトギスの新芽です。お浸しで春の風味を頂きます。



今回のお浸しは」ピエトロのドレッシングとノビル醤油と
シークワーサーのドレッシングで頂きます。

山菜や野草は美味しいものが多いのですが中には有毒な植物とよく似たものも
多いので口にする時は十分ご注意の上あくまでも自己責任で判断ください。
  

Posted by メドウおじさん at 19:00Comments(0)山菜

春の草摘み・山菜

2018年03月21日

先日TV朝日系で「林修先生の今でしょ講座」で春の山菜
野草、海藻の健康効果の魅力を伝える番組をやっ
ていました。私も以前から山菜野草のおいしさを
書いてきましたが1日30名前後の閲覧では広く
伝わるわけもないのでこうしてメジャー番組で多くの
方が野草・山菜の魅力について関心を持ってくれる
のは嬉しいです。番組では80才以上の日ごろから山菜・
野草、海藻をよく食べるご長寿の方々の血管年齢が平均
10歳以上若い方が多かったです。番組ではその理由
も伝えていましたが、まあ、難しいことはともかく、おい
しいという事は確かです。さっそく協生畑(百草畑)の
野生状態で育てた葉野菜や野草でお浸しにしました。
今回の新顔はカラスノエンドウです。カラスノエン
ドウは今まで実(豆)を食べたことはありますが
新芽は初めてでした。今の時期は癖もエグミもなく
かすかに豆の風味を感じられて美味しかったです。
他には三つ葉、アサツキ、シャクなどの春山菜の
定番です。 


シャク、協生キャベツ、カラスノエンドウ、アサツキ、三つ葉
などの春摘み野草と協生野菜です。



春の摘み草はお浸しが一番春の風味が楽しめます。



多年草野菜(山菜)のアサツキです。春と秋に収穫できます。


カラスノエンドウはこれぐらいが食べやすいです。



畑一面に野草が生え、その間に豆が延びています。野草が伸びすぎていたので
先端をバサバサ刈り取りました。エンドウとソラマメ、小麦の収穫が楽しみです。



  

Posted by メドウおじさん at 18:58Comments(0)山菜協生農法 協生理論

黒ササゲ豆(黒小豆)

2018年03月14日

黒ササゲ豆は黒小豆とも言われ現在主に東北地方と
南西諸島で作られているささげ豆の一種です。
栽培種の小豆と野生種のヤブツルアズキの中間のよ
うな品種です。黒い小ぶりの小豆といった感じです。
現在の小豆はつるなし種が基本ですが黒ササゲもヤ
ブツルアズキも両種ともつる性です。ヤブツルアズ
キは昨年自生しているものを見つけて種(豆)を採取
して播種しました。一緒に播いた黒ササゲとの比較も
面白そうです。今年の目標は秋に黒ササゲとヤブツル
アズキのぜんざいと赤飯を作るのが目標です。


左の小皿が野生のヤブツルアズキで右がこれを改良して小豆への途中の
黒ササゲ(黒小豆)です。どれぐらい収穫できるか、秋が楽しみです。

  

Posted by メドウおじさん at 22:23Comments(0)山菜協生農法 協生理論

ノビル野菜化計画

2018年02月24日

ノビルは日本全国どこでも普通に見られる野生ネギ
ですが同じ仲間のアサツキやニラが野菜として認識
されているのと比べるとずいぶん知名度が低いよう
に思います。アサツキやニラがスーパーでも売られ
ているのと比べると大きな違いです。ノビルはアサツ
キより野性味が強いというかネギ臭が強いです。
そのせいか薬味ネギとしては敬遠されるのかもし
れません。ニラと比べると葉の量が少ないこと
成長が遅いことなどがあるせいか野菜としての
生産性や一般受けする市場性などのこともあり
そうです。こういう私も実は去年まであまり注
目していませんでしたが葉と球根の醤油漬けを
知ってから認識が変わりやみつきになりました。
ニンニクの醤油漬けは有名ですがノビルはニン
ニクよりマイルドな風味です。私はニンニクも
好きなのでニンニクの新芽を少し一緒に漬けました。
今回ハンバーグの和風ドレッシングとして使いま
したがこれもとてもおいしくて食欲倍増でした。
少しネットで調べると佐賀大学ではノビルの野菜
化プロジェクトが研究されているようで今後が楽し
みです。


ノビルの醤油漬けです。シンプルに醤油だけに漬け込んでいます。
芽ニンニクを少々入れています。



ハンバーグのドレッシングとして使うと和風で一段と美味しく感じます。



協生農法の畑(百草畑)に島ニンニクとノビルを多年野菜として植えています。

  

Posted by メドウおじさん at 20:19Comments(0)山菜協生農法

ニンニク芽とノビルの醤油漬け

2018年02月14日

ノビルはこの辺りだと周年採取できますがこの時期のもの
は辛味が少なく美味しいです。更に12月に植えていた島ニ
ンニクが発芽して新芽が展開しはじめています。島ニンニク
は球根部はもとより新芽も美味しいです。ノビルだけでも十
分美味しいですがにんにくを加えるとより味が引き立ちます。
球根を大きくするには葉数を多くした方が良いのですがにん
にく球根にはそれほど執着がないので一部を収穫して利用
するつもりです。


島ニンニクの芽です。これぐらいだと柔らかく香り良いです。



ノビルとニンニク芽の醤油漬けです。間違いなく美味しいです。(笑い)
  

Posted by メドウおじさん at 19:31Comments(0)山菜食べ物

山菜の季節スタート

2018年01月25日

暦では今、大寒の真っ最中で、実際日本列島は今シーズン
一番の寒気団に包まれ冷蔵庫というより冷凍庫の中のよう
な日々です。
ところが山菜など野草の植物たちも冬休みの最中かと言え
ばそうでもなく春山菜の季節がスタートしています。先日近
所で一番早く、フキノトウが出る場所では早くも数本、顔を出
していましたし川辺や湿地ではクレソンやセリが青々とした
葉を広げつつあります。裏山の竹林ではタケノコが地面の下
で出番を待っているはずですが猪の格好のえさになっている
ようです。
今の時期の山菜はどれもアクやクセがほとんどなく、食べや
すいです。アクの強いフキノトウも今はアク抜きなしで天ぷら
にしても、ほんのり苦みというか、春の息吹が感じられるよう
です。またアクが弱いだけでなく春の成長に備えて草体に生
命エネルギーを蓄えているようで私たちの所では春の山菜を
一度食せば寿命が3年延びると言われ尊ばれています。
3年命が延びるかどうかは別にしても自分の経験では
確実に体調が良くなります。身近な山菜が多い東谷で生活
できるのは本当にありがたいことです。


今年春一番のフキノトウです。3月まで場所を変えて収穫できます。



いつもは蕗味噌にすることが多いフキノトウですが今回は初ものという事で天ぷらにしました。
アク抜きなしで美味しくいただけました。



この場所は1月にフキノトウガ顔を出します。





上の写真が日本のクレソン、オオバタネツケバナで下がセリです。
  

Posted by メドウおじさん at 18:35Comments(0)山菜

クレソンの移植

2018年01月10日

昨年、クレソンと日本のクレソン、(オオバタネツケバナ)
を庭に植えたのですが環境が合わずに消滅しました。
理想は水の流れがあることですが、最低でも湿った土地
がいいのですが残念なことに、我が家の庭には適地が
ありません。そこで裏山の谷川の一部に植えてみました。
普段は枯れ沢ですが適度に湿り気があるので今度は期
待しています。ただ、一年に何回か増水するので果たして
うまく定着するか疑問です。クレソンはステーキの添え物
などで出ますが、しゃぶしゃぶやすき焼きなどの鍋物にも
よく合います。スーパーなどで見ると結構よい値段なので
すが、出荷を目的に栽培するとなると結構栽培も難しいの
かもしれません。



東谷川からクレソンの株を少し頂いて家の近くに移植しました。


近くの谷川に移植しました。普段は写真のように枯れ沢になっています。

  

Posted by メドウおじさん at 21:09Comments(0)山菜

ノビルの醤油漬け2

2017年11月04日

春にノビルの醤油漬けを作りましたがこれが思いのほか
美味しかったので秋の新芽が伸びてきたのでまた作りま
した。作り方は超簡単、地下にある球根部を醤油に漬け
込むだけですが今回は地上部の緑の葉の部分も漬け込
みました。ネギ臭が嫌いな方は球根だけの方が良いかも
しれませんが私は好きなのでそうしています。葉の部分は
卵とじに入れても美味しいです。
ノビルはアサツキと同じで春と秋に新芽が出て夏と冬の間
は休眠します。球根部は5mmから7mmのものが多いで
すが中には1cmを超える大きなものもあります。家の近く
のものは毎年草刈りするので球根が大きくなる暇がないの
か小さいのが多いです。今年から畑に移植して多年野菜
としてアサツキと同じように育てることにしました。2,3年も
すれば大きく成長することを期待しています。


一日冷蔵庫で寝かせるとおいしく食べれます。
 
  

Posted by メドウおじさん at 19:27Comments(0)山菜食べ物

小豆の原種でお赤飯

2017年11月03日

小豆の原種で野生種のヤブツルアズキの種で(豆)赤飯
を作ってみました。
ヤブツルアズキの豆は5mmほどの大きさで色も黒くとて
も小豆の先祖に見えないのですが原種だそうです。
我々の先祖の縄文人はこの原種を長い間かけて栽培種
の小豆をつくったともはるか昔に中国大陸から渡ってきた
とも言われています。見た目は黒いですが赤飯にすると
紫色の色素が抽出されてそれらしくなります。
今回は一株だけの採取なのでせいぜい赤飯1合分だけ
です。来年は畑で育ててぜんざいや汁粉が出来るくらい
収穫したいです。赤飯の味付けは岩屋塩で作ります。
これも縄文食の一つです。



ヤブツルアズキは一晩水につけて寝かせます。




一合のお米に上の豆を混ぜて炊きました。自作の岩屋塩で味付けをしました。

一合でお椀2杯分です。野生アズキは少し硬めで紫色の色素はあまり出ませんでしたが
小豆の味はしっかりしていたのであらかじめもう少し煮てからお米と炊くとよさそうです。
自然塩の優しい塩味とよく似あいます。

  

Posted by メドウおじさん at 19:39Comments(0)山菜食べ物

植物の力

2017年10月20日

薬草の効能というのは中華4000年の歴史を持つ中国
では中医が、西洋においては中世ヨーロッパのキリスト
寺院でメディカルハーブとして深く研究されてきました。
いわゆる白魔術の系譜です。中医は血脈、水脈、気脈
から見て体全体の調子を整えるように各種の漢方薬を
体の調子に合わせて処方していきます。一方メディカル
ハーブは植物の持つ対症効果に着目し症状に応じて最
適な薬草を処方していくもので現代の西洋薬学の基盤と
なったものです。日本の和薬は身近な野草の中で古くか
ら伝承薬として伝えられたもので対症効果があり穏やか
な作用のものが多いです。メディカルハーブに近い使わ
れ方ですが、有効成分の研究が始まったのは明治以降
でまだまだ不明な部分も多く、煎じたり山菜として食用で
利用しています。このように人は洋の東西を問わず植物
を病気や体の不調に利用してきましたが、人を含む動
物の体調制御・修復をする力があるようです。人はなぜ
野菜を食べるのか?食べなければならないのか? 
野菜や植物が持つ成分だけがポイントならサプリメント
だけで体調維持が出来るのか?最近次々といろいろな
疑問が湧いてきます。

  

Posted by メドウおじさん at 21:12Comments(4)山菜和ハーブ

ヤブツルアズキ再発見

2017年10月18日

先日小豆の先祖のヤブツルアズキを一株見つけたことを
書きましたがその後種が完熟したので来年の苗用に収穫
しました。また見つけたのは用水の土手だったので、以
前中谷の用水の土手で黄色い豆の花を見かけたので確
認に行くとビンゴでした。用水路の土手にヤブツルアズキ
が群生していました。これで当面野生株は安泰です。
ヤブツルアズキは野生豆ですが加熱調理すれば安全は
確認できています。或る程度の量が確保できそうなので
赤飯を作ってみたいと思います。



用水の脇に群生しているのを見つけました。ヤブツルアズキは水気のあるところが
好みのようです。



ササゲ属だけあって葉も花もさやの付き方もササゲマメによく似ています。



さやが黒くなると収穫時です。さやはねじれて種を遠くに飛ばし繁殖エリアを広げます。
豆は極小で振るう種の小豆の三分一ほどです。



色目は黒いですが姿かたちは小豆と同じです。
煮炊きすると赤っぽいポリフェノールが抽出されます。


  

Posted by メドウおじさん at 18:54Comments(0)山菜食べ物