小倉衛成病院跡

2015年09月30日

現在北方にある小倉医療センターはその前身は国立病院
でさらにその前は陸軍病院(小倉衛生病院)でした。実に
150年近い歴史があります。医療センターの周辺は小倉
南区役所、南警察署、北九州高校、北九州大学、などが
集まる南区の官公庁街的一角です。その隣の一角は陸上
自衛隊の北方駐屯地がありその昔、小倉が軍都だったこ
ろの名残りを感じます。ここ小倉衛生病院には明治時代
の文豪、森鴎外(森林太郎)が軍医部長として勤務してお
り院内の敷地を騎馬で巡回していたそうです。鴎外と東谷
には意外なつながりがあります。山ヶ迫の法円寺さんに
山家先生の顕彰碑があります。山家先生は無法松酒造
(山家酒造)の明治の初めのご当主で東谷の初等、中等
教育に私財を投じご尽力された方です。鴎外は山家先生
と親交がありこの顕彰碑を揮毫しました。
このようにここ、小倉衛生病院跡は森鴎外を深く知る貴重
な遺跡の一つです。



現在の小倉医療センターです



衛成病院跡の石碑です



石碑の後ろにある塀が旧衛成病院時代のものです。古い鉱滓煉瓦でできています。




こちらは東谷、法円寺さんにある山家先生の顕彰碑です。


  

Posted by メドウおじさん at 20:16Comments(4)勝手に近代化遺産東谷(北九州)の紹介

今年のホトトギス

2015年09月28日

庭のホトトギスが咲き始めました。白花タイプと普通種
タイプです。白花は普通種の改良種ですが我が家の普通
種は白花の実生が成長したものでどちらかというと先祖返
りですね。以前鎌倉の山で見た普通種のホトトギスは我が
家のものに比べて葉が細長く、茎もしなやかで崖地で下垂
性の上臈杜鵑のような感じで生えていました。東谷周辺の
山林では野生種のヤマホトトギス、ヤマジノホトトギスを見
ることが出来ます。どちらもやや早咲きで8月中に花が咲
いて今は種が出来ています。もう少しすると台湾ホトトギス
と普通種の交雑種が咲き始め、10月になると黄花の上臈
杜鵑が咲き始めて秋本番になります。


白花のホトトギスが咲き始めました。



普通種のホトトギスです。白花が実生で先祖返りしたようです。

  

Posted by メドウおじさん at 19:41Comments(2)季節の花

仲秋の名月2015

2015年09月27日

今日は今年の仲秋の名月です。先ほど庭で撮影しました。
普通のオートモードで撮ったので手ぶれでピントが甘くなっ
てしまいました。今年の仲秋の名月は満月ではなく、一日
早い十四夜ですが空気も澄んできれいなお月さまです。
明日は十五夜の満月でスーパームーンです。まだ夜の冷
え込みもきつく無いのでお月見にはぴったりですが東谷は
蚊が多いので虫よけは必須です。









今年の仲秋の名月です。快晴とはいきませんが雲間の月もいいものです。

  

Posted by メドウおじさん at 19:39Comments(4)東谷(北九州)の紹介

ノブドウ(ウマブドウ)

2015年09月25日

最近薬草フリークの間ではノブドウ(ウマブドウ)の人気が
高まっています。私は2,3年前までノブドウは実も固くリ
ースの素材ぐらいしか使えないと誤解していました。或る
薬草関係の本で大変薬効の高い野草だと知っていろい
ろ調べるとネットでは古くからの民間伝承薬として知る人
ぞ知る薬草だとわかりました。利用法は秋になった実を
収穫し梅酒のように焼酎に漬け込んでノブドウ(ウマブド
ウ)酒として利用します。35度のホワイトリカーに氷砂糖
やはちみつと一緒に漬け込みます。早ければ半年で飲め
ますが1年置いたものの方が味もなじんで飲みやすいで
す。主な効能は肝臓や腎臓の強化、鎮痛作用、免疫活性
化など幅広く万能薬と言えるように使えます。実の所どう
いうメカニズムや成分が効くのかハッキリわかってないよ
うですがネットを見ると多くの方がその効果を実感してい
るようです。もちろん、薬草や民間薬と言ったものは個人
差も大きくその用法も決まったものはありません。あくま
でも自己責任で利用すべきものですが、古来から伝承
薬と言われるものはもう一度見直す価値があるものと
思っています。


この株は実も大きくたくさんなっていました。



普通の道路わきに自生しています

  

Posted by メドウおじさん at 18:45Comments(6)和ハーブ

秋のハーブ種まき

2015年09月23日

ブログ仲間のゆこむしさんから頂いたハーブ種を撒きま
した。今回撒いたものはモナルダとキャラウェイ(ひめう
ぃきょう)ガーデンクレスです。モナルダはピンクタイプと
赤紫タイプは育てていますが白花が欲しかったのでミッ
クスタイプなのでどのような花が咲くか楽しみです。キャ
ラウェイは庭にどこからか種が舞い込んでふえたものが
あるのですが、今回撒いたものとは種が違うので自生し
ていたのは違う種類だったようです。ガーデンクレスは
初めて育てますがベビーリーフはフレッシュサラダで頂
く予定です。

  

Posted by メドウおじさん at 08:43Comments(2)ハーブ

今年の金木犀

2015年09月21日

今朝、窓を開けると金木犀の甘い香りが庭いっぱいに広が
っていました。今年は例年より10日ほど早い気がします。
彼岸花も少し早めに咲いたので今年は秋の進行が早い
です。私の住んでいる町内は金木犀を植えておられる家
が多いのでどこでも何処からかいい香りがします。金木犀
は枝がこんでくるとチャドクガ発生することがありますが基
本的に丈夫で育てやすいので東谷全体が金木犀の香りで
包まれると嬉しいです。


金木犀は咲き始めの頃が一番よく香ります。



ご近所のちびっこ広場の金木犀です。樹齢で40年以上です。広い範囲に良い香りを運んでくれます。



我が家の金木犀です。このサイズが3本あるので今の季節は良い香りで一杯です。


  

Posted by メドウおじさん at 18:44Comments(9)季節の花

東谷の宿場町と種田山頭火

2015年09月20日

東谷の石原町と呼野はかつて秋月街道の宿場町でした。
明治になって以降乗合馬車や大正4年の旧小倉鉄道の
開業などで宿場町としての機能は徐々に廃れていきました
がそれでも石原町の小倉よりの目倉の集落には祝出屋
さん、呼野には城井屋さんという旅館が昭和の初めまで
ありました。当時自由律俳句で有名だった漂泊の俳人、
種田山頭火がこの宿を利用しています。山頭火は隣町の
香春に親しい知人がいて何度か訪問してその際に呼野と
目倉の宿を利用したそうでその時に作った俳句がいくつか
あります。香春では山頭火との縁にスポットを当てて立派な
句碑もいくつか建てられていますが北九州には残念なことに
ほとんど記録も残っていない状態でしたが昔語りの同人の方
が調査され当時つくられた俳句や宿泊したときの様子などが
三谷昔語りの中にかかれています。


目倉にある肥料工場ですが、ちょうどこの場所が旅館、祝出屋さんがあった場所です。
山頭火の日記に、昭和7年、5月30日にここに宿泊し俳句を作ったことがjy書かれています。

「山の家のラジオがこんがらがったまま、ここにも畑があって葱坊主」 この時の山頭火の句
です。



祝出屋さんがあった場所のすぐ隣に太閤ゆかりの谷川が今も流れています。



呼野の城井屋さんのあった場所です。今も子孫の方がお住まいです。プライバシーの問題があり
ますのでボカシを入れさせていただきました。いつかチャンスがあればお話を伺いたいです。
ここでも山頭火が昭和7年5月2日に宿泊し、ここでも自由律の俳句を残しています。




山頭火ゆかりの旅館の事が書かれている昔語りの6巻(続編)です。この本の133p~138pにかけて
詳しく書かれています。昔語りはこの巻が最後の発行です。
  

Posted by メドウおじさん at 08:34Comments(8)東谷(北九州)の紹介

わかちく史料館

2015年09月18日

若築建設は若松が発祥の海洋土木建設のトップ企業で社
歴は優に100年を超えています。今でこそ本社は東京に
移っていますが若松には本店があります。本店ビルの三
階にはわかちく史料館があり同社の歴史のみならず若松
港を中心にした若松の発展の歴史を豊富な写真や資料ジ
オラマなどで見ることが出来ます。海洋土木の専門家の方
はもちろん一般の方でも若松の発展の歴史に関心のある
方には必見です。筑前黒田藩の辺境の寒村だった若松が
洞海湾という特殊な地形を生かして石炭の積み出し港とし
て発展していった歴史とそれに貢献した若築建設の歴史が
よくわかります。ひときわ興味深かったのは史料館3Fホー
ルに3年前から開業した若戸トンネルの説明パネルです。
若戸トンネルは開業50年を迎えた若戸大橋の大渋滞を
解消するために短工期で完成させる必要がありそのため
に沈埋函工法という特殊な方法で作られましたが、その詳
しい説明がパネル展示されています。


若築建設の若松本店です。若戸大橋のたもとにあります。



史料館は月曜祝祭日年末年始以外は土日曜も開館しています


館内は撮影禁止なのでホールから見た様子です。






三階窓から見た洞海湾の様子です。同社は100年以上この風景と向き合ってこられました。

  

Posted by メドウおじさん at 19:05Comments(2)東谷(北九州)の紹介

井手浦の棚田と彼岸花

2015年09月16日

先週の13日、日曜日久しぶりに天気に恵まれた日曜だっ
たので井手浦の棚田と彼岸花を見に行きました。今年は
お盆の後、天気が安定せず例年なら棚田全体があの黄
金色に染まる頃なのですが今年は少し遅れ気味です。
稲穂は黄色くなっていますが株はまだ青いところが多く
残っています。ところが最近は多少、青みが残っていて
も稲刈りをするケースが増えていてますます彼岸花の開
花とタイミングが合うのが難しくなっています。もちろんお
百姓さんの都合が優先ですから仕方のないことです。井手
浦の町内は竹林のオーナー制度など村おこしなどにも熱心
に取り組んでいます。棚田の畦道も彼岸花は刈らずに残す
など気を使ってくれていることが毎年見ているとよくわかり
ます。



















  

Posted by メドウおじさん at 19:45Comments(6)季節の花東谷(北九州)の紹介

322号線うどんロード

2015年09月13日

新しい322号線の中谷から東谷にかけての沿線は麺類
のお店、とりわけうどん店が多い激戦区です。わずか2
km戻の間に古くからあるお店、大手のチェーン店、小
型の個性的なお店などバリエーションに富んでうどん好
きにはたまりません。少し調べてみると北九州は麺類大
好き市民だという事がわかりました。焼うどんは小倉が
発祥地ですし、戸畑ちゃんぽんも最近脚光を浴びていま
す。それぞれのお店の味を大事にしてこれからも頑張っ
てほしいです。


322号線北より(小倉より)から順番に紹介します。最初は大手有名チェーンで
「資さんうどん」です。322号線沿いでは後発ですが幅広いメニューと名物ぼた餅
でいつもお客さんが多いです。

 

東谷と中谷の分かれ道にある肉くうどん専門店、蔵うどんさんです。メニューは
自慢の肉うどん一本勝負です。面白いのは麺大盛りは「大盛りうどん」肉大盛りは
「肉肉うどん」麺、肉大盛りは「肉肉大盛り」です。そのマンマと言ってしまえば
それまでですが何故か面白かったです。



高津尾の高速道路入り口そばにあるのが、「麺ますや」さんです。私のお気に
入り一番店です。
食べ放題の自家製の漬物もおいしいです。私のお好みはかつおだしのよく効い
た優しいつゆのうどん付き日替わり定食です。もう一つの特徴は地元野菜の
即売コーナーです。数量、品種はその日その日で変動しますが、びっくりする
ぐらいのお買い得価格で掘り出し物が出ます。
また自家産の新米や、手作り味噌もおいしいです。お店の事情で営業は
11時から3時までのお昼の時間帯です。




ますやのお隣の「かかしうどん」さんです。沿線沿いで一番の古参店です。322号線が
大幅拡張されてすぐに回転されたと思うのでもう、30年近くやっておられるのではない
でしょうか。昔から24時間開業で沿線のドライバーさんに人気店です。お隣のますや
さんと近いせいか、価格帯、食べ放題の漬物などサービスもお互いによく似ています。


最後は新道寺の本格的讃岐うどんのお店、「さかい」さんです。本格的なコシの強い讃岐うどんが
味わえます。お昼過ぎには売り切れることもあるのでお早めにどうぞ。
  

Posted by メドウおじさん at 10:22Comments(10)東谷(北九州)の紹介食べ物

日本産シナモン(ニッケイ)

2015年09月12日

知り合いからニッケイ(肉桂)の根を頂きました。ニッケイは
クスノキ科の常緑照葉樹でこの近辺では在来種でニッケイ
の近縁種のヤブニッケイはよく見かけます。元は中国南
部から薬用植物として渡来し土着したニホンニッケイは数
が少ないです。ニッケイ(子供の頃は本ニッケイと呼んで
ました)おやつ代わりに掘り出した根を乾燥させ、表面の
薄皮をかじっていました。子供の頃、山の中で本ニッケイ
のありかを知っていると子供の間で大きな顔が出来たもの
です。ヤブニッケイ(偽ニッケイと呼んでいました)との見分
け方ですが、根っこをかじれば一目瞭然ですが、そうでなく
ても葉のつけねの葉茎をかじると本物はおいしく偽の方は
クスノキ臭で美味しくなかったです。また葉を比べると本ニ
ッケイは3本の葉脈が明瞭で偽は不明瞭です。この見分け
方はガキ大将の先輩から教わりました。50年ぶりの味は
と変わらない懐かしい味でした。

ニッケイは香辛料のシナモンと同じですが日本産の方が味が優しい気がします。
また中国では桂皮として漢方薬の重要なアイテムです。胃もたれの時はニッケイ
をかじるといいようです。
  

Posted by メドウおじさん at 19:26Comments(6)食べ物和ハーブ

秋の野の花

2015年09月10日

秋の野花は春のものの比べるとシックな色合いのものが
多いようです。特に黄色い色合いの花がほとんどないの
で地味な気がしますが紅葉から枯葉に向かう事を考える
と理に適っていると思います。東谷は田舎の中山間地と
はいえ山野草展で展示されるようないわゆる本格的な山
野草は平尾台を除くと少ないように思います。里ではどこ
でも見かけるようなの花が多いです。本格的な山野草と
なるとこの辺りでは英彦山や求菩提山、福智山山系の奥
深くまでいかないとなかなかお目にかかれないようです。
それでも普通の野花もじっくり見ればかわいいものが多
いです。


ツルボの花です。ピンクのかわいい花ですが秋のお彼岸前後の短いときしかお目にかかれません。
一年の大半は球根で過ごします。



野生のニラの花です。田舎では畑から逃げ出したニラが多いです。



センニンソウです。本来はつる植物で木の枝などに絡んで生えていますが、
こうして地面に匍匐することもあります。ただ庭植えにするとなかなかこんな
ふうにきれいに咲いてくれません。意外と自分が気に入った場所でないと
きれいに咲かないのかもしれません。
  

Posted by メドウおじさん at 19:30Comments(0)季節の花

葛の花

2015年09月09日

葛の花は日本では秋の七草としてしられています。根から
は葛湯や葛餅の原料となる葛粉がとれますが天然物は価格
も高くごく一部の高級和菓子で使われるぐらいです。大半
は代用品のでんぷん粉です。葛根はともかく、春の
新芽は天ぷらにするとおいしくいただける山菜です。
田舎と言わず、都会でもどこでもちょっとした空き地
があればあっという間に繁茂します。外国ではグリー
ンモンスターと呼ばれ悪名高いです。ちょうど日本で
今、爆発的に増えつつある、外来種のアレチウリみた
いなものです。葛は外国では駆除の対象になっていま
す。洋の東西を問わず外来種というものは厄介な問題
です。


ツルはリースなどのクラフト材料でも使えるので奥さんから,採集の指令が出ます。
  

Posted by メドウおじさん at 17:30Comments(2)季節の花

アオミズ

2015年09月08日

アオミズは山の山林の湿った腐葉土が厚く積もった場所な
どに自生しています。よく見かけるカラムシなどと同じイラ
クサ科ですが夏も含めて春から秋にかけて食せる山菜で
もあります。よく似たものでアカミズと呼ばれるウワバミ草
があります。こちらは茎の根に近い部分が赤いので区別
がつきます。またよく似たカラムシとは葉の大きさと葉裏
がカラムシは白いですがアオミズは緑色で全体が透明感
のある深い緑色が特徴です。アカミズはたたきにすると
ぬめりが出てきますがアオミズは爽やかなさっぱりした風
味で汁の具やお浸しが向いています。数年前に偶然見つ
けた株の種を庭に撒いていたら毎年あちこちで自生してい
ます。とりわけきれいな花が咲くわけではありませんが夏
場から秋にかけてのの数少ない山菜です。


アオミズです。梅雨時まではそのままお浸しでいけますが、夏を過ぎると茹でた後
茎は薄皮を向いた方が食べやすいです。




こちらはどこでも見かけるよく似たカラムシです。毒草ではありませんが食用にはなりません。
昔はカラムシの茎をほぐして繊維を紡いで糸をよりそれで機織りをしたそうです。

  
  

Posted by メドウおじさん at 20:25Comments(5)山菜

東谷の稲刈り

2015年09月07日

東谷地域の主力米は中早稲品種ですがいよいよ稲刈りが
始まりました。写真の場所は石原町駅近くの踏切周辺です
ここの田圃は例年他より1週間ぐらい早く植え付けをする
ので稲刈りも他よりやや早くなります。今年はお盆までは
暑く、日照も良かったのですがお盆過ぎの秋雨前線の長雨
で稲にはマイナス要因でした。今場所は植え付けが早い分
、長雨の影響も少なめで素人目にもよくできていると思いま
す。この場所を含む井手浦川沿いは特に美味しいお米がと
れるところです。70数年前には皇室へ新嘗祭の献上米が
作られました。東谷の稲刈りは今からが本番で曼珠沙華と
の共演も楽しみです。


台風の影響も少なかったようで早くも稲刈りが始まっています



ここも稲刈り直前です。







上の2枚は石原町の田圃ですがこちらは今週末か来週頃に稲刈りされそうです。


  

Posted by メドウおじさん at 18:42Comments(2)東谷(北九州)の紹介

東谷の公民館

2015年09月06日

東谷の公民館は2種類あって各町内ごとにある公民館は
町内の行事や集会に使われています。もう一つは現在は
市民センターと呼ばれる行政の公民館で各種の文化事業
が行われています。現在は南区役所東谷出張所の隣にあ
る市民センターですが以前は東谷中学校の隣にあった古
い趣のある木造建築でしたが取り壊されて現在地に移転
しました。古い公民館時代の写真を探していましたが先日
やっと一枚ネット上で見つけました。下記の写真です。
わたしが中学校時代は卓球部が新設の体育館が使えな
い日などはここの講堂で練習していました。(ちなみに私
は剣道部でした。)薄青いグレーのペンキ塗りの洋館ポ
イ外観だったと思います。現在残っていたら貴重な歴史
遺産だっただけに残念です。



後ろの建物が旧東谷公民館です。写真は東谷街づくり協議会のHPから
お借りしました。昭和38年の成人祭の集合写真です。東谷地区では現在も
成人祭は続いています。
  

Posted by メドウおじさん at 17:03Comments(0)勝手に近代化遺産東谷(北九州)の紹介

コモンラベンダー、今年もアウト

2015年09月05日

お盆過ぎまで元気だった今年のコモンラベンダーですが
先週の台風以降調子を崩しとうとう枯れてしまいました
。今年は鉢植えにして雨に当てないように軒下管理して
風通しも気にかけていたのですが台風で軒下まで降りこ
み、その後の湿気で調子を崩しました。こうなると今ま
での経験上、もう助かりません。復活は難しいです。
私がどうしても苦手な植物が2種類あって一つは今回も
ダメにしたコモンラベンダーですがもう一つはリンドウ
です。リンドウは飼ってきたその年の秋は花もよく咲く
のですが、翌春に新芽が出てくるところまでは良いので
すがその後の梅雨の蒸れと夏の暑さで毎年枯らしてしま
います。私にとっては手ごわい山野草です。







恥ずかしながら今年も枯らしてしまいました。自戒の念を込めて
写真をアップしました。

  

Posted by メドウおじさん at 20:50Comments(4)ハーブ

萩の花

2015年09月03日

先日平尾台に登ったのですがヤマハギには少し早かった
ようです。蕾は大きくなっていたので今週中には咲きそ
うでした。我が家の庭ではもう咲き始めています。
あまり詳しくないのですが萩の花には何種類かの品種が
あるようです。育ててみてよく分かったのはかなり株が
大きくなります。広い庭でないと持て余し気味になりま
す。ただ萩の花は刈込に強いので強剪定で切戻して育て
ることもできます。英国風景庭園などで伸び伸びと育てた
大株は見ごたえがありそうです。以前鎌倉の海蔵寺で見
た萩の花の大株は見事でした。


  

Posted by メドウおじさん at 19:20Comments(2)季節の花

日田彦山線開業100周年

2015年09月03日

日田彦山線を愛する者の一人としてうっかりしたことに
今年は日田彦山線の開業100周年だったのに気がつきま
せんでした。100年前の1915年4月1日(大正4年)
日田彦山線の前身、旧小倉鉄道がこの日に開通しました。
石原町駅も同時に開業した次第です。先日石原町駅を
利用したときに手作りの小さなポスターが控えめに
貼ってあるのを見て遅まきながら気がつきました。
4月1日にもとりわけ特別なイベントもなくひっそりと
寂しく迎えたのかと思うと慙愧に耐えません。今まで
何度か取り上げましたが石原町駅は開業当時とほとんど
同じ駅舎を使っておりお隣の香春町の採銅所駅とともに
今では文化財級の古い駅舎です。採銅所駅は香春町の
有形文化財に指定されています。旧若松駅、旧直方駅
旧折尾駅など由緒ある趣のある古い駅舎が次々と取り
壊された今石原町駅の価値は高くなっていると思いま
す。いつまでも残ってほしい駅舎です。因みにこのブ
ログにコメントを寄せてくれるe-teleさんから本日21
時からBS朝日で日田彦山線が取り上げられるという
情報を得ました。e-teleさん、ありがとうございました。


シンプルなポスターがひっそりと貼られていました。



貴重な石原町駅舎です





どなたかが駅前の花壇をきれいに手入れしていただいています

  

Posted by メドウおじさん at 00:10Comments(6)勝手に近代化遺産

目白洞マルシェ

2015年09月02日

8月30日平尾台の目白洞でマルシェと洞内で日本初と言わ
れるプロジェクション・マッピングの上映会が行われました。
当日は天気が心配されましたが快晴というわけにはいきま
せんでしたがまずまずの天気でした。目白洞は台上のほぼ
中央、茶屋が床の三笠台のすぐそばにあり羊群原を一望で
きる景勝地にあります。20店を超える手作りの各種のお店
がテントを並べ多くのお客さんでにぎわっていました。洞内
は天然のクーラーで涼しく入り口近くの自然のホール天井
に映像を映し音楽を楽しむプロジェクション・マッピングも目
新しさ満点でした。次回も楽しみなのですが2,3気になった
点がありました。一つは案内板が少ないことでほとんどのお
客さんは車で来られていたので初めて平尾台に来られた方
はわかりにくいかもしれません。平尾台上は国定公園部分
が多いので看板などかってに設置できないので難しい面も
あると思いますが一工夫ほしいところです。もう一つは駐車
場の確保です。私は11:00から13:00までいたのですが
11:00についたときにはもう、メインの駐車場は満杯で奥の
泥でぬかるんだ場所に案内されてしまいました。タイヤが
スリップして駐車も一苦労でした。13時に会場を後にした
のですが駐車場はすでに満杯で会場に入れない車が10数
台渋滞していました。次回以降解決しないといけない問題も
ありますが久しぶりに楽しい、企画でした。








マルシェの様子です




洞内のプロジェクション・マッピングのリハーサル映像です。本番は残念ながら見ることが
出来ませんでしたが面白い映像効果だと思います。
  

Posted by メドウおじさん at 18:10Comments(8)東谷(北九州)の紹介