トウモロコシ全滅(猿害)

2018年07月21日

実は小ぶりながらやせた土地でも育てやすい日本産の
トウモロコシで昨年収穫した種を植えたところ10本ほど
小さいながらも育っていたのですがここ数日の猛暑で畑
の見回りを休んでいたところ見事にスキを突かれすべて
引き抜かれ実の部分だけ食べていました。もう、これで
今年の自家採種はもう無理です。彼らも生きるためとは
言いながらも私の、食べても満足しないであろう小さな
トウモロコシまで狙うとはよほど植えているのだと思い
ます。そうはいってもだんだん怒りが溜まっていきます。
次からは本当に残したい株はノイバラの枝のガードで
本格的に囲うしかなさそうです。これでジャガイモ、ソラ
マメに続く被害です。




つい先日まで小さいながらも育っていたトウモロコシでしたが



昨日見ると全部引き抜かれて実だけ食べられました。


  

Posted by メドウおじさん at 19:44Comments(0)協生農法 協生理論

笹竹レタスのその後

2018年07月05日

笹竹の成長エネルギーを利用するためにレタスを使
って先日から実験をしていました。その続報です。結
果を言うと今回は残念ながら失敗しました。というのも
レタス苗を移植して一週間は順調に生育していました。
同時に育てていた肥料たっぷりのプランターに植えて
いたものと比べても遜色のない成長ぶりで期待してい
たのですが、その後梅雨の長雨と台風と高温多湿に
レタス苗が耐え切れず腐るように溶けてしまいました。
笹竹脇に植えたものもプランター苗もほぼ同時期に
消滅しました。プランターで発芽した苗を植えたので
元々ひ弱だったのかもしれません。最初から種を直
播にした方が良かったのかもしれません。今回はう
まくいきませんでしたがまた次回、他の葉野菜で実
験してみます。

笹竹脇のレタスです。



プランターのレタスです。どちらもこの後溶けるように消滅しました。

  

Posted by メドウおじさん at 04:07Comments(0)協生農法 協生理論

枝豆初収穫

2018年06月28日

本来ならあと4,5日期間を置いた方が良いのですが猿
軍団が動き出しているようなので、少し早いですが実が
入っているもので野バラの覆いを被せてないものから
順に収穫していくことにしました。枝豆の大豆は数種類
植えたはずですが正直どれがどれだか不明です。葉の
タイプの違うものを数株ずつ完熟するまでおいて種にし
ようと思いますが、果たして猿にやられずに最後まで
行けるか不安なところもあります。
インゲン類はほぼ毎日一人分が収穫できています。正直
なところもっと収量が欲しいところですが現状では種豆
を多く植えるしかなさそうです。種豆の時期ずらしで植え
るのはエンドウ同様成績が良くありません。結局貧弱な
姿のまま成長してわずかな豆が生るだけのようです。
これが連作障害の一種なのか、発芽、成長時期の不適
なのかはよくわかりません。収穫時期のタイミングずらし
はつる有とつるなしなど品種を変えて育てる方が確実な
ようです。


多少貧弱な豆ですが、天然海水塩の岩屋塩を振って食べると結構いけます。
  

Posted by メドウおじさん at 16:45Comments(0)協生農法 協生理論

美味しいという事

2018年06月25日

最近思うのは人が食事をしたときに感じるおいしさという
のはどうも二種類あるようです。一つは手の込んだ日本
料理や豪華な中華料理やフランス料理があります。これ
らは視覚や味覚を通して美味しいと感じるようです。もう
一つは体が求めるというか、体に染み入る美味しさです。
例えば豪華なおせち料理が続いた後でシンプルな七草
がゆを食べたときにそんな感じを持ったことのある方も
いらっしゃるのではないでしょうか。
不思議なのはこのおいしさは、体が何らかの不調時に
美味しく感じることが多いようです。逆に絶好調の時は
ただ、味が薄いだけで物足りなかったりします。漢方の
薬膳料理や私の好きな山菜料理のおいしさというのも
同類の気がします。体が求めるおいしさの素は何なの
か?協生理論では食材の持つ生命のエネルギーと考
えます。人間は本来丈夫で、自己修復力(免疫)の高く、
何でも食べれる(雑食)動物なので本来めったに不調
になることはないはずですが、たまに生命力のある食
材を食べると快調に生活できます。

  

Posted by メドウおじさん at 18:54Comments(0)協生農法 協生理論

竹エネルギーの活用

2018年06月22日

伊勢の大塚氏の所では新たに古い耕作放棄田に密生
した笹竹ジャングルを開墾し新たな協生農園を開始し
ています。特に笹竹を伐採した後に播いたサンチェが
驚異的な成長を見せています。大塚氏によるとこの現
象は竹類の成長エネルギーのおこぼれを利用しての
ことだそうです。確かにタケノコなどは一日に1m、2m
は楽に成長することがまま、あります。あのエネルギー
が利用できるのであればサンチェの驚異的な成長も
うなづけます。氏は自らの理論は「物事の理(ことわり)」
つまり物理だと言います。そうであれば同じ条件なら同じ
ように再現できるはずです。私には耕作放棄された竹
藪はありませんが玄関わきには40数年植えこまれた
笹竹の植え込みがあります。大塚氏と同じ条件ではあ
りませんが(竹の絶対量が少なすぎる)それでも私の
百草畑(協生畑)とは違った反応・成長がみられるの
ではないかと期待しています。(百草畑はまだ地力不
足です)春にレタスの種を撒きましたが発芽はしたもの
の、その後成長せずに消滅しました。いかにも肥料不
足、地力不足といった感じでした。今回はちょうど種ま
きセルで発芽して本葉が1,2枚出たレタス苗があっ
たのでこれを笹竹の脇に植えて成長を見守っています
。これがうまくいけば、畑でない場所で土壌環境が出来
上がってなくても野菜が育つことになりそれこそ、びっ
くり物です。今後の推移が楽しみです。


玄関わきの笹竹の植え込みです。写真の手前のスペースにレタス苗を植えて
様子を見ます。



植え込み直後のレタス苗です。



植え付け一週間後の様子です。今後の様子を静観します。


  

Posted by メドウおじさん at 21:07Comments(0)協生農法 協生理論

虫刺され対策チンキの効果

2018年06月21日

先日大塚氏の協生理論の応用として虫刺され対策チン
キを作りましたがたまたま瞼の上を蚊に刺されかなり腫
れたので虫刺されチンキを使用しました。効果は思った
以上で翌日には腫れもほとんど引き痒みもすぐに収まり
ました。大塚氏によればチンキの材料は毒草でなけれ
ば植物なら何でもいいそうですがその効果は一年草よ
り多年草。さらに樹木性の植物ならより良いそうです。
自分としては植物なら何でもよいとは言うものの、今ま
での和ハーブ使いの経験から今回は以下のものを使
用しました。
ドクダミ、ヨモギ、ビワの葉と種の粉末、和ハッカを使い
ました。いずれも昔から痛みや腫れ、痒みに効くと言わ
れた薬草です。和ハッカは香りと清涼感を期待しました
。ではなぜ効くのか?という事ははっきり言えば不明で
すが大塚氏は協生理論的には植物の持つ生命エネル
ギー(動物に対する制御・修復力を持つ未知の力)が働
くのではないかとのことです。
今回の効果は私の個人的なものですが、市販薬の「〇ヒ
」に負けないものでした。



ホワイトリカーに漬けて約一ヶ月です。



使用前です。結構腫れました。



塗った翌日です。すっかり腫れも引きました。


  

Posted by メドウおじさん at 20:58Comments(0)和ハーブ協生農法 協生理論

枝豆の結実始まる

2018年06月16日

待望の枝豆の結実が始まりました。まだ薄い小さな鞘
ですが1か月後には食べれるようになります。ここから
の一番の問題は猿軍団です。彼らの目からどうやって
逃れるかです。頭の痛いところです。網でも被せれば
いいのですが、なかなかそこまでできません。仕方な
いので刈り取った草や野バラの刈枝を被せてカムフラ
ージュすることにしました。まあ、気休めかもしれません
が。
しかし豆類は本当にありがたい存在です。土壌構造も
不完全で無肥料、無農薬、不耕起でも豆類ならそれな
りに育ってくれます。従来農法だと豆類は連作障害が
出やすいようですが自然の循環環境(野生状態)の協生
畑なら連作の不具合は今のところ感じません。
これで4月から11月まで新鮮な豆が絶えることなく採れ
ます。ここ2,3年は豆類が中心の畑になりそうです。


枝豆の実がなり始めました。



この状態だと猿の格好のえさ場になってしまいそうです。





どれくらい効果があるかわかりませんが枯れ枝などでカムフラージュしてみました。

  

Posted by メドウおじさん at 21:04Comments(0)協生農法 協生理論

つるなしインゲン収穫

2018年06月15日

ソラマメが終わって少し間が空きましたが、インゲンが生
り始めました。今生っているのはつるなしですが、つる有
も花が咲いているのでだんだん生ってきます。枝豆も少し
ずつ実が大きくなっています。あと3週間ぐらいで食べれ
るようになると思います。今日は初収穫のインゲンとイノ
シシ肉と野草のイヌビユで得意の炒め物を作りました。
私が作れる唯一の協生野菜レシピです。イヌビユは前に
も書きましたが全くクセがなく食べやすい野草で、いろい
ろなレシピに使えます。南米では普通に野菜として流通
しています。今日は久しぶりの猪肉でパワーの補充です。


初収穫のつるなしのインゲンです。

 

今回は夏イノシシとインゲンとイヌビユのソテーです。


  

Posted by メドウおじさん at 20:38Comments(0)協生農法 協生理論

自家採種するという事

2018年06月13日

野菜は自家採種で最低5世代を重ねると独立した品種
になると言われます。
今、ホームセンターなどで販売される種はその多くがF1
種と言われる雑種強勢を図ったものです。丈夫で収量が
多いと言われますが一世代限りのもので次世代からは親
とは全く違う形質だったり中には受精すらしないものもあ
ります。
一方地方には細々と残る地野菜とか伝統野菜と呼ばれる
ものがあります。これらは5世代どころか何十年、何百年も
続いているものもあります。伝統野菜の種はその形質だけ
でなく、その土地の記憶すら伝えて、その土地に合った成
長をすると言われます。私もできるだけ自家採種した種を
使うようにしています。代を重ねるとどう変化していくのか
これも楽しみです。ちなみに今年はワイルドルッコラ、ヤブ
ツルアズキ、ササゲ豆小麦、ソバ、日本トウモロコシを自家
採種したもので育てています。


ササゲ豆です。



ヤブツルアズキです。成長のスピードが上がってきました。



こぼれ種で発芽、成長したソバです。



トウモロコシです。


ワイルドルッコラのセルバチコです。



こぼれ種の赤紫蘇です。緑の青紫蘇も生えています。


  

Posted by メドウおじさん at 19:19Comments(0)協生農法 協生理論

協生野菜同好会を立ち上げます

2018年06月06日

昨年から1年間、無肥料、無農薬、不耕起で野菜を育てて
きました。うまくいったもの、いかなかったもの、いろいろで
すが.この度、このユニークな栽培法をご一緒に楽しむため
に同好会を立ち上げます。協生理論、協生農法を通じて食
の本質を学び、考えることを追求したいと思います。
と、小難しいことを言いましたが、要は雑味のない生命力
あふれた野菜を自分で作ろうという事です。と言っても今の
ところ会員は私一人です。(笑い)

ご一緒にやらせていただく条件は

①1㎡(1m×1m)以上の土地(畑)があり、雑草(野草)
が繁茂しても周囲の方に迷惑にならない方。

スタートする土地の条件にもよりますが最初は出来る野菜の種類は
かなり限られます。ちなみに会費は原則無料です。

ご興味のある方は下記までメールでご連絡ください。

yokamon01@gmail.com


もしくはこのブログの「オーナーへのメッセージ」

から入会希望とどんなことがやりたいか簡単なメッ
セージを
お送りください。後ほど当方からお返事いたします。



今の協生畑(百草畑)の様子です。


左下にシャクチリソバ、真ん中あたりに枝豆の株が見えます。今のところ順調です。


去年の秋に播いた人参に花が咲きました。種を採ってまた育てます。

  

Posted by メドウおじさん at 20:10Comments(0)協生農法 協生理論

自然農法の畑

2018年06月05日

ここはご近所さんで自然農法で野菜を育てている方の
畑です。私のやっている協生農法とは少しやり方は違
いますが畑に生える雑草(野草)を大事にするところは
完全一致です。
生えている野草も周辺のものとは違い、食用になる有
用野草が目につきます。有用植物の間にタマネギやジ
ャガイモが育っていて私の目指す形がそこにはありまし
た。協生農法との一番の違いは種まきや苗の植え付け
時に最低限の耕起を行うところです。私は農法のやり方
はそれぞれが納得する方法でやればよいと考えるので
これからも参考にさせてもらおうと思います。


野草の中でソラマメや玉ねぎが生き生き育っています。



野草はよく見ると食べるとおいしいイヌビユの大群落です。葉物野菜として私は使っています。
ホウレンソウのような食感です。




  

Posted by メドウおじさん at 19:48Comments(0)協生農法 協生理論

ノビルの種と種球根の採取

2018年06月04日

ノビルは春と秋の新芽時に葉、並びに球根を食べます。
私は全草を醤油漬けにしたものがお好みです。ニンニク
よりマイルドで食べやすいと思います。ノビルは夏の間は
休眠して一休みです。休眠前の梅雨時に花茎をのばし
先端にボンボリ状の種をつけます。全体が黄色く枯れ始
めたら種が散って殖えていきます。一方球根もひげ根が
枯れてくるので茎をもって引き抜くとスポンと簡単に抜け
て大きく育った球根が手に入ります。これを新たに植え直
して野菜として育てます。ノビルの球根は小型の玉ねぎ
そっくりで面白いです。


休耕田に自生していたノビルです。種が出来て夏の休眠直前です。
花茎を軽く引っ張ると球根が抜けます。





白い球根がノビルで茶色の皮がついているのが玉ねぎの種球根です。
  

Posted by メドウおじさん at 21:24Comments(0)協生農法 協生理論

協生野菜2018春-2

2018年06月03日

反省と総括の2回目はエンドウです。10月下旬に播いた
株は3月上旬には狙い通り花も咲き始めたのですがその
後の遅霜で全滅してしまいました。結局今回収穫できた
のは12月に播いたものが中心で3月の霜害以降に播い
たものはあまり成長せずにごく少量収穫できただけでし
た。今回わかったことはエンドウは時期をずらして種まき
しなくても同じ株で鞘の結実は順番に進むので同時期
でもしっかりした株が多く育った方が収量が上がること
がわかりました。
来年は霜害の時期も考えて植えつけたいと思います。
協生畑(百草畑)では野草も根こそぎ除草せずに、コン
パニオン植物として野菜と一緒に育てるというか存置
します。有益な春野草としては一年野草としてカラスノ
エンドウやオオイヌノフグリ、ハコベなどがいいです。
これらは春野菜が終わう頃には同時に枯れるので次
の夏野菜の植え付けが楽になります。カラスエンドウ
とハコベは食用になります。
  

Posted by メドウおじさん at 19:41Comments(0)協生農法 協生理論

協生野菜2018春-1

2018年06月02日

春野菜のシーズンもほぼ終わったので反省と総括
を行いたいと思います。第一回目は春豆のエンドウ
とソラマメです。植えつけ(種まき)は両種とも
10月下旬でした。ただエンドウは時期をずらした
収穫をしたかったので12月中旬と3月上旬に追加
の種まきをしました。ソラマメは種豆をまいた後は
何もせず見守っただけですが、思いのほか順調に育
ましたが3月上旬に花が咲いたころに猿が花芽の
先をを四分の一くらい食べられたせいか実付きにバラ
ツキが出たようです。もう一つの課題は実の入らない
鞘が結構あったことです。
来年は少し摘果してみたいと思います。
  

Posted by メドウおじさん at 22:12Comments(0)協生農法 協生理論

自家製虫刺され液

2018年05月30日

夏の東谷はムヒなどの虫刺され薬や虫よけスプレーは
必需品です。蚊やブヨ、蜂などの虫毒は従来の考えで
は強力なアレルギー物質に体が過剰反応した結果と
言われています。以下は協生理論の仮説です。
協生理論では虫毒は仮にプラスの高エネルギーを持
っているとすると植物は癒し系のマイナスエネルギー
を持っていてその抽出液を虫刺され部位に塗るとプラ
スとマイナスのエネルギーが中和され痛み痒みなどの
アレルギー反応が治まるようです。にわかには信じが
たい部分もありますが興味深い考えなので自分自身
で作って確かめることにしました。抽出はホワイトリカ
ーに漬け込んでチンキとして利用することにしました。
今からなら夏に間に合うのでどういう風になるのか
興味深いです。



ホワイトリカーにビワの葉、ビワの種、ドクダミ、和ハッカの葉を刻んで漬け込みました。
ほぼ一か月で完成するので夏に間に合いそうです。

  

Posted by メドウおじさん at 20:26Comments(0)和ハーブ協生農法 協生理論

春ジャガイモの悲しみ(サル被害)

2018年05月25日

昨年12月に秋ジャガ収穫直後に協生理論に従って
収穫した中で一番大きな芋を丸のまま収穫した同じ
場所に植えて育てていました。成長はごく遅いもの
の着実に成長していて結果を楽しみにしていた矢先
に猿が来て全部を根こそぎ引き抜いていきました。
これで2年連続です。さすがに今回は頭に来ていま
すが、もう手遅れです。
こうなったら収穫時が来たら網をかぶせるしかなさ
そうです。たまたまですが一株だけシャクチリソバの
株の陰に隠れていたものが残りました。収穫は望め
ませんが協生農法の無肥料、無農薬不耕起でジャガ
イモが出来るものなのか、結末だけは何とか見届けた
いと思っています。



茎ごと引き抜かれて美味しい新イモは全部食べられました。種イモは美味しくないのか
食い散らして残しています。



ここは前の年に採れた場所で連作実験中でしたが結果を見届けることが出来ませんでした。



一株だけシャクチリソバに紛れていたものが生き残りました。これだけは何とか守りたいです。

  

Posted by メドウおじさん at 19:21Comments(0)協生農法 協生理論

ソラマメの収穫

2018年05月16日

今年はソラマメがよくできました。百草畑で育てましたが
無肥料、無農薬、不耕起の協生農法でしたが思いのほ
か良くできました。とはいえご近所さんが作られているも
のと比べるとさやも小さく、実も小ぶりです。できた株を
よく見ると5cm以下の小さなさやも、多くついているので、
果実のように摘果すると大きなさやが出来るのかもしれ
ませんが協生野菜はあるがままに育てるというか、見守
るのが基本なのでたぶん来年もそのまま育てると思いま
す。ソラマメは連作障害が出やすいとのことですが協生
農法では連作障害は出にくいとのことなのでどうなるか、
来年がまた楽しみです。一部は今年と同じ場所であえ
て育ててみたいと思います。

今回の収穫です。あと6,7回はこれぐらいずつ採れそうです。


今回分をさやをむいて取り出した豆です。ラップを被せてレンジで1分加熱して天然塩を振って
頂きました。
  

Posted by メドウおじさん at 20:24Comments(0)協生農法 協生理論

プチトマトとインゲン豆苗の移植

2018年05月13日

4月にポットに植えた種から発芽して移植サイズに育
ったので百草畑に移植しました。同時期に畑に植えた
種も発芽しています。ただ、豆は直接畑に植えた方が
育ちがいいです。トマトは畑に植えたものは発芽したも
ののその後の成長が芳しくありません。ポットに播いた
ものは順調に成長しました。順調にいけば7月中旬に
収穫できるようになるかもしれませんがなにせ成長の
遅い協生野菜ですから何とも言えません。
エンドウマメはもう終わりなのでしばらく収穫するものが
ありません。ジャガイモも育っていますが、もうすこし時間
がかかりそうです。
そら豆は一度収穫したのですがタイミングが早かったので
そろそろ収穫時だと思います。ただ残りが少ないので一度
採ったら終わりそうです。


インゲン豆を移植しました。



プチトマト苗です。あちこちに8苗植えました。



ジャガイモ、ニラ、ササゲマメ、ゲンノショウコ、、奥にタンポポの葉が見えます。
混植、密生の放任栽培が協生栽培の基本です。成長は遅めですがいい感じに育って
います。



昨年12月に収穫した後すぐに一番芋(収穫した芋で一番大きなもの)を同じ場所に植えています。
連作障害がどうかを試しています。結果は収穫後また報告したいと思います。手前にはヤブツルアズキ
の発芽苗が見えます。

  

Posted by メドウおじさん at 14:37Comments(0)協生農法 協生理論

猪肉の効果

2018年05月11日

牡丹鍋の材料のイノシシ肉は食べると体がホカホカ
するというのは良く聞きますが今年に入って2回ほど
秋冬のベストシーズンの美味しいイノシシ肉を入手
できたので食後の体調変化などを書いてみたいと
思います。以下の記事はあくまでも私の場合の事
で誰にでも当てはまることではないかもしれない
ので、最初にお断りしておきます。
今年は4月からよく脂ののったイノシシ肉を数回に
分けて食べました。料理法は薄くスライスしたもの
を塩コショウで焼いただけです。付け合わせは百草
畑で採れたエンドウと野草です。イノシシ肉の脂身で
炒めました。私は元来、ラードなどの動物性の脂身
は苦手な方なのですが、このイノシシ肉の脂身は
ラードとは全く別物でした。全く胃のもたれがありま
せんでした。食後の感想ですが体が温まるというのは
実感できました。夜寝ている時も体が暖かく布団を蹴
飛ばしていました。
二つ目はイノシシ肉を食べた翌日は目覚めがすっき
りと気持ちよく起きることが出来ました。私は眠りが浅
く朝が苦手な方ですが今回はちょっとびっくりしまた。
三つめは猪肉を食べた翌日は空腹感があまりなかっ
たことです。胃がもたれたり、膨満感で食欲がわかな
いというのとは違い普通にお腹が減らないという事で
一食飛ばしても平気な感じでした。
協生理論の大塚氏によると上記のような変化は野生
肉を食べると実感できる効果だそうで野生の果肉や
野生に近い状態で育てた野菜と一緒に食べるとより
効果的です。


  

Posted by メドウおじさん at 20:47Comments(0)協生農法 協生理論

猪肉と百草畑産のパワーフード

2018年05月01日

猪肉と百草畑(協生畑)の野菜・野草を使ったパワーフード
を作りました。猪肉は野生の生命エネルギーにあふれた
食材です。エネルギーにあふれ、体が温まり、血行が良
くなり、穀物性の炭水化物を減らしても空腹感が小さく、
いわゆる腹持ちがよく結果、ダイエットにつながります。
メタボ気味の私にはぴったりの食材です。漢方の陰と陽
で考えると、陽に当たります。それでバランスをとるため
に陰のエネルギーを持つ植物エネルギーが豊かな山菜
、野草、と協生野菜のエンドウ豆を使った野菜炒めを作
りました。山菜や野草は体のバランスを整える作用があ
るものが多いです。今回は健胃作用のあるタンポポの葉
と整腸作用のあるゲンノショウコの新葉を使いました。
オイルは猪肉の脂身からでたオイルです。
満足の一品でした。



山菜と野草と協生野菜が混植する百草畑からの収穫です。



猪肉のパワーフードです。

  

Posted by メドウおじさん at 21:01Comments(0)協生農法 協生理論