協生農法の難しさ

2017年11月15日

9月に不耕起、無肥料、無農薬で野菜を育てる協生農法ですが
究極の省エネというか楽ちん農法を半ば期待しつつも、実
際はどうなのかと半信半疑で始めたのですが、最初から
そうそううまくいくことばかりではないようです。うまくいった
点は豆類が思いのほか良く育ったこと、野生ネギのニラ、
アサツキ、ラッキョウも美味しく良く育ったことです。
うまくいかなかったのはキュウリやトマト、カボチャなどの
夏野菜でした。また秋冬野菜の葉物は大根などのアブラ
ナ科は発芽はしたもののそのご虫の攻勢にあい、全滅状
態です。エンドウやソラマメなどの春豆は今のところ順調で
す。それと栄養不足というか、成長エネルギー不足という
か成長が極めて遅いというかゆっくりなことです。ただし
良いこともあって、成長が遅い分収穫期間が長いことです。
色々試行錯誤の繰り返しですが、今まで気づかなかった
新しい発見もあり面白いです。

 

これは種でなく苗を植えたものですが、一か月以上たちますがほとんど成長していません。


こちらは種まきした大根ですが虫の攻勢にあい成長が鈍いです。


こちらのほうれん草もほとんど大きくなりません



ルッコラは遅いものの少しずつ成長しています。


ソラマメは順調です。白い花は蕎麦の残り花です。



エンドウも順調です。こうしてみると多年草野菜の近くに植えたものは成長が良いです。


9月に種まきしたニンジンですがいつの間にか発芽して成長を始めていました。

  

Posted by メドウおじさん at 18:43Comments(0)協生農法

野生ネギで畑をガード

2017年11月09日

私の畑は3m×10mほどの小さなものですが毎年猿や猪
の被害にあって困っています。それで畑の周囲を多年草野
菜である野生ネギ(ノビル・アサツキ・ニラ・ラッキョウ)
などで囲う事にしました。イノシシはノビルの球根も食べる
ので気休めかもしれませんが野生のネギは増やしたいと思
っているのでちょうど良いです。経験上、ヨトウムシやコガネ
ムシの幼虫はネギ類があると近づかないようです。畝と通
路の境にも植えたいと思います。また協生農では野菜と野
草(雑草)は一緒に育てるわけですがどうせなら食用雑草
(山菜)になるものが良いのでヒユや薬草なども導入したい
と思っています。



畑の四辺のうち一辺はほぼニラで縁どられているので残り3辺に植えていこうと思います。  

Posted by メドウおじさん at 19:29Comments(0)協生農法

自家採取の種

2017年11月07日

今、園芸店で扱っている野菜の種は多くはF1品種と呼
ばれる強勢雑種で耐病性や多収が見込まれるように
品種改良されたものです。一方、京野菜や加賀野菜な
どの地野菜はその地域で長く大切に育てられてきた品
種で収量はやや劣るものの味の良いものが多いです。
その種も毎年、自家採取したものを使うことが多いよう
です。これは人づてに聞いたことなので科学的な証明
はわかりませんが自家採取した植物の種にはその土地
の情報が遺伝情報として刻まれ、その土地に適応したも
のになるそうです。無肥料で育てるには厳しい環境の私
の畑でも自家採取した種を何代か続ければ少しずつ土
地に合った野菜が出来るかもしれないのでできるだけ
種を自家採取していくつもりです。



今年自家採取した種です。上段左から、ササゲマメ、ユウガオ
下段左からヤブツルアズキ、トウモロコシ、オクラです。来年の種まきに使います。

  

Posted by メドウおじさん at 19:19Comments(0)協生農法

豆類の意外

2017年10月12日

エンドウやインゲンなどの豆類は土壌環境が成熟
していない協生農法の畑でも自らの窒素固定能力
で肥料分を調達して良く成長してくれる作りやす
い野菜です。ところがこの豆類ですが最近サラダ
感覚で生に近い加熱不足の状態のものを食べるこ
とがあるようですが、個人差はあるものの食中毒を
起こす可能性があります。。未成熟果でなくても種
(豆)も生は危ないです。ただし豆類の毒は十分加
熱すれば無毒化するので加熱調理すれば大丈夫です。
まさか野菜豆で中毒するとは知らない方も多いと思
いますので注意してください。
特に野生豆はカラスノエンドウ、小豆の先祖のヤブ
ツルアズキ以外は加熱しても食用にしない方が無難
です。(私以外に野生豆を食べようという方もいない
かと思いますが念のためです)

モロッコインゲンとササゲマメです。夏からずっと2,3日ごとにこれくらい収穫できる
優秀な野菜です。

  

Posted by メドウおじさん at 19:08Comments(2)食べ物協生農法

インゲン豆収穫

2017年09月24日

8月に種を撒いたインゲン豆に実がなり始めました。
インゲンは三度豆と呼ばれ、年に三回作れるそうです。
品種はよくわかりませんが、形からモロッコインゲンの
ようです。春の豆のように勢いはありませんがしばらく
はボチボチ収穫が出来そうです。豆類は協生農の優等生
でスターティング・プラントにはぴったりです。春収穫
のエンドウ豆を数種類植え付けようと思います。種の袋
には10月中旬が植え付け適期とありますが協生農は成
長初期がゆっくりなので少し早めに植えても良さそうです
。10月と2月の立春過ぎに植えようと思います。




8月に撒いたインゲンが採れ始めました。 
  

Posted by メドウおじさん at 14:14Comments(2)食べ物協生農法

ノビルとアサツキ

2017年09月23日

ノビルもアサツキもどちらも日本原産の野生ネギで春に
芽を出し夏はいったん休眠し、秋に再び芽を出し冬に地
上部は枯れます。ノビルは日本全国どこでも見られます
がアサツキは主に東日本に自生し福岡県では野生の自生
は見たことがありません。ただ野菜として栽培されてい
て園芸店などで球根が手に入ります。アサツキは以前か
ら育てていますがノビルはあまりに身近なため今まで
あまり関心がなかったのですがこの春に球根の醤油漬け
を食べたらおいしかったので今やっている協生農の多年
草野菜として育てることにしました。ニラ同様協生農の
力強い味方になってくれると思います。



秋に芽が出てきたノビルです。



ノビルは球根が丸いのが特徴です。球根を醤油漬けにしたものはオツマミにピッタリです。



こちらはアサツキです。見た目はノビルとそっくりです。違いは花の咲き方が違うのと
球根が細長いのが違いです。
  

Posted by メドウおじさん at 09:59Comments(0)協生農法

秋植えジャガイモ

2017年09月19日

春植えのジャガイモはイノシシにやられ全滅でした。
そのこともあり野草と協生する協生農法をやってみ
るきっかけの一つになりました。野草がやさいの目
隠しになるからです。草のカムフラージュ作戦です。
先日たまたまホームセンターで秋植えジャガイモの
種イモを見つけたので植えつけました。
問題は植える場所ですが北側を背に庭木が垣根ふう
に植えてある場所がありその前に少しスペースがあ
ります。ここ数年何も手が入ってなく草ぼうぼうの
場所があったのでここに植えました。協生理論では
樹木の近くは植物の力が多く集まり野菜が育ちやす
いとのことです。そういえばここは以前から雑草が
良く茂りとぉやいていた場所です。うまくいけば
12月上旬には秋じゃがに間に合えばうれしいです。


垣根代わりの樹木の前に植えました。北風が当たらないいい場所です。


夏草を買っただけの不耕起の場所に植えました。

  

Posted by メドウおじさん at 06:00Comments(2)協生農法

協生農のトウモロコシ

2017年09月18日

今年協生農で育てたトウモロコシですが残念ながら発育
不良で10cmほどの小さな実がいくつかできただけでし
た。原因は種まきが6月下旬で遅かったこと、周りでは
そろそろ収穫が始まる頃で明らかに遅かったようです。
もう一つは土壌環境が出来ていなかったこと。春に小麦
を植えていた場所で収穫した後に掘り起こして耕起した
場所で土壌構造を破壊したことです。
いきなり協生農でスタートするのは難しかったようです。
わずかに採れた実は来年の種まきに使おうと思ってい
ます。


わずかにできたトウモロコシです。黒実と白実の品種でどちらも餅性だそうです。味見したかったですが
来年まで我慢です。今年は種用です。

  

Posted by メドウおじさん at 07:00Comments(2)協生農法

協生農の優等生1(豆類)

2017年09月16日

スタートしたばかりの協生農地は土壌構造が十分でないため
できる野菜の種類がどうしても限られます。そこで登場する
のが豆類です。豆類は根の先端部分で根粒菌と共生して土中
の窒素分を固定し植物体(豆)に提供するので無肥料の畑で
土壌構造が十分でない畑でもそれなりの収穫が見込めます。
豆類は春から夏にかけてはエンドウ、ソラマメが夏から秋
にかけて枝豆、インゲン、ささげ豆などが出来ます。
今からエンドウ、ソラマメ、を中心に種を植えます。畑では
すでに野生のカラスノエンドウの発芽が始まっているので
いいタイミングだろうと考えています。野生の豆と一緒に
うまく育ってくれることを祈っています。



春の豆類は10月中旬までに植えます。
  

Posted by メドウおじさん at 19:54Comments(0)協生農法

協生農法の力強い味方

2017年09月09日

インゲンやささげ豆は無農薬、無肥料、不耕起という
スタート時点では野菜にとって厳しい環境でも比較的
よく育ってくれる野菜です。今年始めた協生農の畑の
夏野菜は多くが生育不良の中で特にささげ豆はよくで
きました。8月上旬からほぼ毎日収穫し今でも二日に一
回は収穫しています。間もなく遅めに植えて間に合うか
不安のあったインゲンも花が咲き始めたので、それなり
に収穫できそうです。来年は春からエンドウ、枝豆、サ
サゲ、インゲンと周年豆類を育てていく予定です。特に
春からはカラスノエンドウなど野生の豆類も加わって根
粒菌による地力向上に貢献してくれそうです。


来年の種用の豆として採取したささげ豆です。ささげ豆はアフリカ産ですが
この畑で固定種として定着させたいです。


  

Posted by メドウおじさん at 19:14Comments(0)協生農法

秋冬野菜の発芽始まる

2017年09月05日

少し早いと思いながらも8月の最終週に種まきした秋冬
野菜の発芽が始まりました。協生野菜は発芽してからの
成長が遅いので早めに種まきをした方が良いみたいです。
種は数種類混ぜてバラマキしたので何の種類が発芽した
のかわからないのが難点ですが本葉が出てくればわかる
と思います。第二陣も9月に入って播きましたがこちらは
まだ発芽しません。発芽したものでは地這のキュウリが
本葉が出始めました。芽数を数えると6株発芽していまし
た。半分の3株残れば苗を購入するより安上がりです。
それに手間いらずが何よりです。基本、種をばらまくだ
けでOKですから。何とか収穫まで行くと良いのですが協生
野菜は成長が遅いので霜が降りるまでに間に合うか、微妙
なところです。ガンバレキュウリ君。


双葉が発芽しました。何の種類かは本葉が出ないとわかりません。この場所はゲンノショウコが
葉マルチになっていた場所です。本葉が展開はじめたら枯草のマルチを被せます。



本葉が展開を始めた地這のキュウリです。


キュウリと葉野菜の混植です。どんなふうに育つのか楽しみです。


これも不明ですが葉野菜です。



大きめの双葉なので大根かキャベツかもしれません。


  

Posted by メドウおじさん at 18:28Comments(2)協生農法

協生農法・秋冬野菜の準備

2017年09月02日

夏野菜がほぼ終わったので秋冬野菜の準備に入ります。
一面夏草に覆われた畑は冬になれば枯れ果てるので
協生農法的には放っておいても良いのですが畑の土地は
借り物なので周囲で丹精込めて作っておられる他の方々
に申し訳ないので夏草の地上部だけ刈り取りました。
普通ならこの後に耕すわけですが協生農法では耕しませ
ん。夏草の地下の根はやがて枯れて根が張った部分は空
洞になり土も柔らかく空気を含み時がたてば土壌構造が出
来ていきます。刈り取った草は元の場所に置いておくとマル
チ代わりになりやがて土に還っていきます。これで準備OK、
次は種まきです。秋冬野菜で葉野菜は種を数種類混ぜて
バラまくように撒いて混植させます。根菜は大根と人参で
す。さらに畑を囲うように小麦を撒きました。これは効果
が出るかどうかは不明ですが猿や猪からの目隠しの柵
代わりになればと思っています。9月の下旬になれば春
用のエンドウやソラマメを撒きます。協生野菜は成長が
超スローペース(特に始めたころ)なので早め早めの種
まきがあっているようです。


夏野菜が終わったので夏草を刈り取りました。ただし、根は残して耕起もしません。次は種まきです。



今回の秋冬野菜の種です。種は混ぜて混植になるように播きます。


  

Posted by メドウおじさん at 19:45Comments(2)協生農法

協生農法夏野菜の成果と反省2

2017年09月01日

ではうまくいったササゲ豆とニラとその他のうまくいか
なかった野菜との違いは何だったのでしょう。
ささげ豆は株の周りをゲンノショウコが茂って表土の
乾燥を防いでいたこと、豆のつるがゲンノショウコの
上に出て光合成がよくできたこと、豆類の特徴の窒
素固定作用で自ら栄養を作り出せたことなどが考え
られますが、最大の違いはささげ豆を植えた場所は
2,3年耕起をしてない場所でした。うまくいかなかっ
たトウモロコシの場所は5月まで麦とジャガイモを植
えており収穫した後を掘り返していました。掘り返す
ことで土壌構造が壊れたようです。この場所は秋にホ
ウレンソウや小松菜など葉野菜を多く植えて野菜マ
ルチを作ろうと思っています。


残念ながらトウモロコシとハスイモは生育不良でした。



ササゲ豆はよくできました。周りをゲンノショウコが囲っています。


  

Posted by メドウおじさん at 17:50Comments(0)協生農法

協生夏野菜、成果と反省1

2017年08月31日

6月に始めた協生農法野菜ですが残念ながら大成功とは
いえずせいぜい小成功といったぐらいです。もっともこれは
最初から想定内の事でした。ではどんな具合だったか具体
的に説明します。
植えた野菜はトウモロコシにハスイモ、トマト、ミニきゅうり、
ササゲ豆と自生のニラでしたがうまくできたのはささげ豆と
ニラぐらいでした。トウモロコシは腰の高さぐらいで10cm
ほどの実が一苗に一つできたくらいです。ミニきゅうりは3
苗から6個採れただけで中玉トマトは全滅、ミニトマトは10
粒ぐらいできただけでした。ハスイモは地上高で20cmほ
どで小型でとても食用になりません。あと一二年育てる必
要がありそうです。ささげ豆は今でも次々に豆が出来てい
ます。ニラも株が大きく育ちよくできました。一般的には大失
敗かもしれませんがいくつか光明点もありました。
(次回に続く)


成長不良のトウモロコシとハスイモです。


中玉トマトも実がなりませんでした。




手前のささげ豆はよくできました。

  

Posted by メドウおじさん at 20:52Comments(0)協生農法

ミニきゅうり

2017年08月07日

ささげ豆と一緒に植えた夏野菜でミニきゅうりがあります。
苗はゆこむしさんから頂いたのでどんなキュウリになるの
かわからなかったのですが先日小さなウリのような黄色く
て丸い実が出来ました。さいしょウリが出来たのかと思い、
とりあえず食べたところ、全く甘味はなく、キュウリの味で
した。これがどうやらミニきゅうりのようです。それにしても
丸いキュウリというのもなかなかシュールです。
協生農法一年目は前にも書きましたが豆類と葉野菜が
ベストに思えます。




ミニきゅうりは見た目はウリのようです。


ミニきゅうりの断面です。果肉の部分が多いのが特徴です。

  

Posted by メドウおじさん at 19:26Comments(0)食べ物協生農法

協生農法2

2017年07月31日

6月末に無肥料、無農薬、不起耕で協生農法にチャレ
ンジしています。トマト、キュウリ、カボチャ、トウモロコシ
などを植え付けましたが今のところ、ささげ豆以外は成
長が今一つです。植えつけた時期が少し遅めだったこと
と、長年の従来農法による土壌の疲弊が原因かと思い
ます。今年の夏野菜はあきらめモードですが、それでも
ささげ豆は順調に生育してくれボチボチ収穫できるように
なりました。ささげ豆が出来た場所は1,2年放置していた
場所で雑草もよく生えていて協生農法に向いた場所だっ
たことと豆類は自身の根粒菌で窒素を固定するので育ち
やすいようです。間もなく秋冬の葉野菜の時期になるの
で冬の間は一年雑草も枯れるので葉野菜でマルチして育
てたいと思っています。


ささげ豆は雑草の中でたくましく育ってくれました。



収穫したささげ豆は長さが30cmほどの立派なサイズでした。



今回はシンプルに茹でて、胡麻和えにしました。


  

Posted by メドウおじさん at 19:13Comments(2)食べ物協生農法

夏野菜で協生農法もどきにチャレンジ

2017年06月08日

いつもネットでお世話になっているゆこむしさんから立派な
夏野菜苗を頂いたので以前から関心のあった協生農法にチャ
レンジしてみることにしました。正確には協生農法のマニュ
アル100%ではありませんがその精神とエッセンスは十分理
解しているつもりです。協生農法は伊勢の野人ムーさんこと
「大塚 隆」氏とSONY-CSLの「船橋 真俊」博士と
が取り組んでいる新しい農法で、大きく言うとガイア論にも
通じる地球の森羅万象と地球生命の根源に迫る大塚氏の協生論
から派生した農法です。氏の協生論はあまりにも従来の「常識」
から大きく離れていますが氏によれば常識が根本のところで
誤っていると言います。氏が少年のころから50年以上取
り組んで、今も取り組み続けている活動の経験と実績から編み
出したものです。大塚氏ご自身は協生理論は精神論やイメージ
論ではなく実験(体験、経験)と「結果」に基づく物理論だと
おっしゃっていますが、私的には現代の万人が認め得るいわゆ
る科学的証明性がやや弱い気がしますが、そんなことより私は
氏の理論が真実を突いている気がしています。協生農法につい
ては氏の盟友、船橋博士が理論的肉付けをし、アフリカの実験
農園で成果を出してソニーCSLから協生農法マニュアルを公
開しています。関心のある方は下記をご覧ください。
https://www.sonycsl.co.jp/person/masa_funabashi/public/2016%E5%B9%B4%E5%BA%A6%E7%89%88%20%E5%8D%94%E7%94%9F%E8%BE%B2%E6%B3%95%E5%AE%9F%E8%B7%B5%E3%83%9E%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%82%A2%E3%83%AB.pdf

野人ムーさんの「野人エッセイす」のアドレス
https://ameblo.jp/muu8/entry-12197927184.html



サルの被害にあって以来半ば放置状態になっています。





雑草の隙間に夏野菜の苗を植えました。さて、結果はどう出るか。夏が楽しみです。




  

Posted by メドウおじさん at 21:27Comments(2)協生農法