脱走したハヤトウリ

2011年11月30日

あまり見かけないウリのような実がなっていました。
はじめは黄色いので黄カラスウリかとも思いましたが
大きさがこぶしほどもありカラスウリより一回り大きい
実です。良く見るとどうやら栽培種のハヤトウリが畑から
脱走したもののようです。もちろん自分で逃げ出すわけ
ではないので猿かカラスが畑から失敬したものが育った
ようです。ハヤトウリはまだ青い実を奈良漬などお漬物
にすると美味しいです。私のいえでは小さい頃はスイカ
を食べた後の皮の部分で漬物を作っていたことを思い出
しました。


  
タグ :ハヤトウリ


Posted by メドウおじさん at 17:23Comments(0)季節の花

夜明け前

2011年11月29日

この日は勤務が早出だったので夜明け前の写真を撮る事が出来ました。
平尾台から塔が峯にかけて日の出前のシルエットがきれいでした。
結構冷えて朝霜も降りていましたが快晴で昼からは暖かくなりました。
しばらくはこうした寒い日と暖かい小春日和の日が交代でやってくる
日が続きます。




夜明け前の下弦の月がきれいでした。
  
タグ :夜明け前


Posted by メドウおじさん at 17:45Comments(0)東谷(北九州)の紹介

円形分水

2011年11月28日

円形分水は農業用水を公平に分配するためのノy行用水施設でサイフォン
の原理を応用しています。これが出来たことで昔から多々問題であった
水争いが随分軽減されました。最近はその円形分水に機能美を愛でて
全国に多くのファンをもつ一寸したブームになっています。確か以前に
NHKの熱中人にも取り上げられた記憶があります。主に昭和の初期から
戦争前にかけて作られたところが多いようですがその効率的な分水機能
で現在でも新しく作られているところもあるようです。
そんな円形分水ですが関東や信州が多いですが最近紫川中流の桜橋の近く
で見つけました。国道322号線の真ん中に半地下式で作られているため
今まで気がつきませんでした。全国の円形分水のデータベースにも乗っておらず
新しい発見かもしれません。特に福岡県には記載が少なく珍しいものかも
知れません。



取水口です。



分水口です。二つに分水されています。
  

Posted by メドウおじさん at 17:47Comments(0)勝手に近代化遺産

秋の庭の花

2011年11月27日

東谷はすっかり晩秋の装いで朝晩はめっきり寒くなり霜の降りる
日も多くなりました。庭の花も秋の残りの花という感じで庭の様子も
寂しくなりました。今日は庭に残っている秋の花を紹介します。



フジバカマです。


ヤマモミジの紅葉がきれいです。



花ではないですが秋の木の実でマユミです。赤い実は有毒なので口にしてはいけません。



カワラナデシコです。
  
タグ :秋の庭の花


Posted by メドウおじさん at 18:01Comments(2)季節の花

桜橋と小嵐山

2011年11月26日

桜橋は東谷川と中谷川の合流地点から約2キロ下流で紫川の
中流域にあります。ここの堰は古くからあり50年前には使われ
ていました。今は5月になると堰の上にロープを渡し多数の鯉幟が
泳ぎます。
またここの風景が京都の嵐山に似ていることから小嵐山と呼ばれます。
細川幽斎公、忠興公親子が肥後藩に移る前に豊前小倉藩主となった時に
この場所で遊ばれ名づけたそうです。幽斎公は京都の嵐山に似た風景に
心を動かされ歌を詠まれました。今も川沿いに記念の歌碑が残されて
います。


左に見える山並が小嵐山です。春には山桜がきれいです。



紫川にかかる国道322号線の桜橋です。

  
タグ :小嵐山


Posted by メドウおじさん at 16:00Comments(0)東谷(北九州)の紹介

若戸大橋

2011年11月25日

若戸大橋は若松と戸畑を結ぶつり橋で今年が開通50年になるそうです。
名前はもちろん、若松と戸畑から一文字ずつとってつけました。
橋の出来る以前は渡船があるだけで車は折尾経由で洞海湾を回りこまなけ
ればならず若松の方は随分不便だったと思います。完成したときは
当時東洋一のつり橋ということで随分騒がれました。若戸大橋は関門橋
と違って歩道もついているのですが意外と歩く人は少ないようです。
昔ながらの渡船も動いていてそちらが返って便利らしいです。
先日ニュースで50年たってボルトの交換やロープの交換等大掛かりな
メンテをおこなうようです。
工場夜景とともに八幡、若松の見所として再び脚光を浴びるようになれ
ばと思います。


  

Posted by メドウおじさん at 17:30Comments(0)東谷(北九州)の紹介

秋バラⅢ

2011年11月24日

紅葉の深まりとともに秋バラがきれいです。
秋バラの良い点は花数は少ないですがゆっくりと
咲いて花の期間が長いことです。初夏の春バラだと
どうかすると1,2日で花が散り始めますが秋バラだと
短くても1週間、長いものだと2週間近くきれいな花が
楽しめます。また花色も春と比べると濃く鮮やかに
なるようです。きれいな秋バラも木枯らしが吹き始め
霜が降りる頃になるともう、おしまいです。お礼肥えを
与えて腐葉土でマルチングして冬支度です。
冬場の手入れが良いと春バラがきれいです。 









  
タグ :秋バラ


Posted by メドウおじさん at 17:09Comments(0)季節の花

道原浄水場

2011年11月23日

道原浄水場は北九州市の管理で道原の集落から菅生の滝へ向かう途中
にあります。ここは私の「勝手に近代化遺産」と違って経産省認定の
正真正銘の近代化産業遺産です。今でも建設当時の堰堤や古い建物な
どが一部残っています。大変貴重なものだと思います。
最近巨大なプールのような濾過槽の更新が行われていますが古い建てや
取り壊されないか気がかりです。



池の真ん中にある取水口です。



古い建屋ですが中々趣があります。
サムネイルをクリックすると拡大されます。



特徴的な階段放水路です。
  
タグ :道原浄水場


Posted by メドウおじさん at 09:40Comments(0)勝手に近代化遺産

秋の平尾台

2011年11月22日

吹上峠から大平山周辺もすっかり秋模様です。ススキや笹はすっかり
枯れてしまいましたが大平山登山道近くにツリガネニンじンの青い花
が咲いていました。平尾台にはツリガネニンジンとツクシシャジンの
二種類があるようです。秋風にゆれる様子は風情があります。



平尾台が天然記念物であることを示す石碑です。


吹き上げ峠から見上げた大平山です。



ツクシシャジンが風にゆれていました。
  

Posted by メドウおじさん at 18:15Comments(0)季節の花

林道トロッコ線路

2011年11月21日

道原浄水場の道のすぐ近くでトロッコの線路がありました。今も
現役かどうかはわかりませんが多分切り出した木材の運搬用だと
思われます。紀伊山地など林業の盛んなところに良く見られるのは
知っていましたが実物を見るのは初めてです。軌道は幅50センチ
くらいですがどんな台車が乗っていたのか気になります。どなたか
ご存知の方、いらっしゃいますか?


  

Posted by メドウおじさん at 17:43Comments(0)勝手に近代化遺産

早い椿の開花

2011年11月20日

今年は例年より椿がかなり早く咲き始めています。例年だとお正月過ぎ
に早咲きのワビスケが咲き始めるのですが今年は11月半ばで咲き始めました。
ワビスケは元々花が早いのですが他の品種も咲き始めています。
今年の冬は暖冬なのかこれから急に寒くなるのか気になるところです。





  

Posted by メドウおじさん at 19:09Comments(0)季節の花

東谷川増水

2011年11月19日

昨日からの雨で東谷川が随分と増水しました。
写真の場所は昨年の大水では堤防を越した場所です。
今回もあと1mくらいまでで溢れそうでした。
写真を撮ったときは減水していましたが堤防に残った
ラインで増水の高さがわかります。今回ももう一日降ると
ちょっと危険な感じでした。今、県と市が中心になって
防災対策の調査をしてくれていますがもう台風は来ない
かもしれませんが油断するとどうなるかわかりません。




  

Posted by メドウおじさん at 17:32Comments(0)東谷(北九州)の紹介

ウィンターコスモス

2011年11月18日

ウィンターコスモスがレモンイエローの花をきれいに咲かせています。
ウィンターコスモスはキバナコスモスの仲間ですがオレンジ色のキバナ
コスモスが一年草なのに対しウィンターコスモスは多年草で毎年花を
咲かせてくれます。今年は伸び放題に成長させたのですが秋口に一度
刈り込めばコンパクトに咲かせそうです。レモンイエローの花はなかなか
かわいいので刈り込めば使い勝手がよさそうです。



  


Posted by メドウおじさん at 16:46Comments(0)季節の花

道原小学校

2011年11月17日

道原小学校は中谷地区の奥のほう、菅生の滝や鱒淵ダム近くに
あった小学校でした。中谷地区には道原小学校と山本小学校が
ありましたが中谷地区の児童減少に伴い2008年に山本小学
校に統合され菅生小学校となり、道原小学校は閉校になりました。
周囲の住宅は農家の方が多いのですが赤い石州瓦のりっぱな屋敷が
多いです。ただ若い世代の方は便利な生活を求め都市部へ転居して
行ったのでしょう。私の住む東谷地区も似たようなものです。
学校施設は以前のままで立派な施設が残されています。今後どう
活用していくかが課題だと思います。
またこの地区には古くから雨乞いの神事として道原楽が伝承され
てきましたがこちらも今後の伝承が危ぶまれます。







子供のいない校庭は寂しいものです。



道原楽の説明看板です。
  
タグ :道原


Posted by メドウおじさん at 17:47Comments(0)東谷(北九州)の紹介

野生の山茶花?

2011年11月16日

一重の山茶花が新道寺小学校の脇に生えていました。
結構大きな木で昔は垣根にしていたようです。山茶花の野生種は
長崎のほうに自生していると聞いたことがありますが実物を見たことが
ありません。写真ではこのはなのように白い一重の花でした。
ここのものはたぶん園芸種でしょうがかなり古い品種のようで
野生の血が濃いようです。山茶花は散る時に花びらが散りますが
仲間のツバキは花茎から落花するので見分け方は簡単です。



  
タグ :山茶花


Posted by メドウおじさん at 17:52Comments(2)季節の花

櫨ヶ峠隧道

2011年11月15日

櫨ヶ峠の隧道は東谷の山ヶ迫から中谷の春吉へ抜ける山道の途中に
あります。昔の村人は峠の九十九折の難所を越して行き来していたようです。
当時尾根には櫨の木がたくさん植えられていたそうです。
隧道は昭和9年に作られました。戦争中は陸軍の弾薬庫として
使われていたそうです。昭和30年代後半、小学生だった私は
友達とここに遊びに行ってトンネル入り口付近で戦争中の火薬の
残りの破片や薬莢を拾って集めていました。火薬片は火をつけると
20年近くたっているのに良く燃えたのを憶えています。
ここや、春吉の眼鏡橋は近代化遺産としていつまでも残ることを
願わずにはおられません。




内部は車一台がやっとの幅です。



右書きのトンネル名に時代を感じます。


旧国道322号線の山ヶ迫から山道を登っていきます。大型車は通れません。
  
タグ :櫨ヶ峠隧道


Posted by メドウおじさん at 18:14Comments(2)勝手に近代化遺産

秋バラⅡ

2011年11月14日

秋の深まりとともにチュウレンジ蜂などバラの害虫も少なくなり
返り咲きの秋バラがきれいに咲いています。まだまだぽつぽつと
花を咲かせるのですが余り遅くまで咲かせると来年の春バラの力
がなくなるようで適当なところで摘蕾しないといけません。
春には花が見れなかった、アイスバークも咲いてくれました。
アイスバークは中輪のつるバラで真っ白い花と良い香りが楽しめる
名花だと思います。バラ好きの方にはお奨めの一品です。




つるアイスバークです。大好きなバラなので大事に育てています。



花つきの良いアンジェラです。
  


Posted by メドウおじさん at 18:00Comments(0)季節の花

勝手に近代化遺産

2011年11月13日

近代化遺産は文化庁と経産省の近代化産業遺産があります。定義は
微妙に違いますが、概ね明治から昭和の戦争前あたりまでの建物
設備(工場)などです。私は身近な昭和30年代まであたりの興味ある
ものを勝手ですが近代化遺産として紹介したいと思います。
ここ、現在の小倉鉱業所は住友セメント系の石灰岩鉱山でした。
最初は磐城セメントといっていた記憶があります。現在も敷地の中には
当時の工場(今は廃工場です)や事務棟が残っています。
工場は以前紹介しましたが事務棟も木造で中々味のある建物です。
一度内部を見学してみたいものです。

奥に見えるのが旧事務棟です。


こちらは倉庫です。


コンクリの構造物は採掘した石灰岩のストックヤードだと思われます。
  
タグ :小倉鉱業所


Posted by メドウおじさん at 21:11Comments(0)勝手に近代化遺産

シマカンギク

2011年11月12日

晩秋を飾る名花、菊の花が盛りです。
先日野菊のノコンギクを紹介しましたがノコンギクは
キク属ではなく、アスター属でキクの親類といったところです。
本家本元のキクですが古くから伝統園芸植物として愛されてきま
したが中国から渡来したとする説と在来種のシマカンギクと
チョウセンノギクが交配して出来たとする説があり真相ははっきり
していません。
ということで今日は菊の元親といわれるシマカンギクです。
シマカンギクは主に西日本でよく見られる野菊で晩秋に黄色い
一重の花はよく目立ちます。福岡周辺では今でもよく見かけますが
東谷では野生のものは、なぜかめったに見れません。
平尾台などで見かける程度です。



我が家のシマカンギクです。



平尾台でススキのなかで咲いているシマカンギクです。
  


Posted by メドウおじさん at 14:25Comments(0)季節の花

交通事故

2011年11月11日

昨日のひるごろですが県道徳力井手浦線の志井駅の近くで車どうしの
正面接触衝突事故がありました。けが人が出たようですが不幸中の幸いで
死亡事故にならなかったのがせめての救いでした。
以前からこの道路は道幅が狭い上に曽根方面へ抜けるのと国道322号線の
裏道として交通量が多い道路で大型のトラックも多く行き来しています。
事故の危険性が高くお年寄りや子供たちには危険な道路だと思っていましたが
とうとう事故現場に行き当たってしまいました。
たまたま近くを通っていたのですが、ドライバーの皆さん、ここを通る
時は十分に注意してください。





  

Posted by メドウおじさん at 16:00Comments(2)