冬番茶で焙じ玄米茶づくり2

2018年01月27日

冬番茶で焙じ玄米茶づくり2

昨年末に庭で自生している野生の茶葉で番茶を作りそれを焙じてほうじ茶

にし、無農薬で育てたお米の玄米を炒って焙じ玄米茶を作りました。

渋みも少なくすっきりした薫り高いほうじ茶に玄米の香りはよく合い

家族には思いのほか好評でした。気をよくして先日第二弾を作りましたが

原料の冬茶葉が少なかったので番茶を購入してこれを炒って焙じ玄米茶を作りました。

番茶は庶民の味方のお茶で260290円という大変リーズナブルなお値段です。

ひと手間加えることで更に美味しくなるわけで、頂き物のお茶などが戸棚に

眠っているものもほうじ茶にすれば香ばしい香りが復活します。

大寒の寒い時期ですが自作のお茶でホッコリするのもおつなものです。因みに

小倉南区の紫川水系は昭和の30年代前半までお茶づくりが行われていたことが

「三谷昔語り」や「新企救風土記」などに書かれています。

 

焙じ玄米茶は高い煎茶より庶民の味方の番茶の方が美味しく出来るがします。
自生の茶葉が手に入らなくても市販の番茶でもおいしく作れます。


自作のお茶なら茶葉もたっぷり使えます。冬は玄米茶が美味しいです。


  

Posted by メドウおじさん at 20:19Comments(0)和ハーブ

山菜の季節スタート

2018年01月25日

暦では今、大寒の真っ最中で、実際日本列島は今シーズン
一番の寒気団に包まれ冷蔵庫というより冷凍庫の中のよう
な日々です。
ところが山菜など野草の植物たちも冬休みの最中かと言え
ばそうでもなく春山菜の季節がスタートしています。先日近
所で一番早く、フキノトウが出る場所では早くも数本、顔を出
していましたし川辺や湿地ではクレソンやセリが青々とした
葉を広げつつあります。裏山の竹林ではタケノコが地面の下
で出番を待っているはずですが猪の格好のえさになっている
ようです。
今の時期の山菜はどれもアクやクセがほとんどなく、食べや
すいです。アクの強いフキノトウも今はアク抜きなしで天ぷら
にしても、ほんのり苦みというか、春の息吹が感じられるよう
です。またアクが弱いだけでなく春の成長に備えて草体に生
命エネルギーを蓄えているようで私たちの所では春の山菜を
一度食せば寿命が3年延びると言われ尊ばれています。
3年命が延びるかどうかは別にしても自分の経験では
確実に体調が良くなります。身近な山菜が多い東谷で生活
できるのは本当にありがたいことです。


今年春一番のフキノトウです。3月まで場所を変えて収穫できます。



いつもは蕗味噌にすることが多いフキノトウですが今回は初ものという事で天ぷらにしました。
アク抜きなしで美味しくいただけました。



この場所は1月にフキノトウガ顔を出します。





上の写真が日本のクレソン、オオバタネツケバナで下がセリです。
  

Posted by メドウおじさん at 18:35Comments(0)山菜

棘なしノイバラ・モッコウバラ大剪定

2018年01月22日

昨年末にうっそうと茂っていた庭木をバッサリと剪定して
いただきました。その際に私が良くお願いしなかったのが
悪いのですが挿し木苗から育てた棘なしのノイバラと一重
のモッコウバラがバッサリ切られました。数年手入れして
いなかったので藪状に繁茂していたので不要雑木と思わ
れたのかもしれません。まあ、どれも樹勢の強いバラなの
で2,3年のうちに復活してくれると思います。ちょうどよい
機会なので大量に出た剪定枝で挿し木苗を作ることにし
ました。うまく根付けばご希望の方を募って差し上げたい
と思います。




棘なしのノイバラは扱いやすく、一季咲ですが花付も良く秋にはローズヒップも楽しめる
いいバラです。普通園芸バラの台木で使われますがもっと、日の目を見ても良いと思い
育てています。春まで待って新芽が展開した苗を鉢上げしたいと思っています。

  

Posted by メドウおじさん at 21:17Comments(0)バラの話題

金継ぎ3、欠け継ぎ

2018年01月18日

食器の破損は粉々に割れることより、多いのはふちが
当たって欠けることではないでしょうか。使用するたびに
洗うわけでどうしてもその時に他の食器と当たり欠ける
ことが良くあります。小さな欠けはよく起こり、そのまま
使用しても実用は差し支えないことが多いですが見た目が
良くなくそのまま棚の肥やしになっていることが多いです。
そのような食器は金継ぎで補修すると欠けの部分がアクセ
ント的なデザインとしてかえって良くなることがあります。
欠けの場合、欠けた部分が残っていればそれを使うとやり
やすいですが、無くなってもかまいません。その時は錆漆
と言って生漆と砥の粉を混ぜて漆のパテを作ってそれで
欠けた部分を埋めます。後は金粉や銀粉で蒔けば出来上が
りです。錆漆のパテは乾燥させるのに時間がかかるのが欠
点ですがそこはじっくりと待つしかないです。



これぐらいの欠けはよくできると思います。そのままだとちょっと残念なので
漆で補修します。



錆漆でパテを作って欠けの部分を埋めます。多めに埋めるのがコツです。
完全に乾いたら余分な漆をサンドペーパーなどで削って成型します。
後は金粉で蒔けば出来上がりです。

  

Posted by メドウおじさん at 20:48Comments(0)クラフト

 赤楽茶碗・漆蒔き

2018年01月16日

前回赤楽のぐい呑みを焼いたときに一緒に実用サイズの
茶碗を焼きました。サイズは10cm×10cmで抹茶用で
はなく普段使いの煎茶、番茶用です。こちらも赤楽で焼い
たのですが赤化粧が薄くて発色がまばらになったので赤
漆を作って漆蒔きにしました。赤漆は生漆に弁柄の粉末
を混ぜて作ります。塗った直後は弁柄の赤身がかなり強
く出ますが、時間がたつと漆の漆黒と合わさり落ち着いた
色合いになりました。
少し黒みが強く出たのでもう少し弁柄が多くても良かった
かもしれません。一応これで今シーズンの漆蒔きの陶胎
漆器づくりは終了予定ですが一緒に体験してみたい方が
いらっしゃればまたやりたいと思います。
漆蒔きを体験してみたい方はこのブログのオーナーへ
メッセージでご連絡ください。


内側は赤みが結構出ています。



外側は黒みが強く出ていますが黒というより赤味を含んだ黒です。


  

Posted by メドウおじさん at 21:10Comments(0)クラフト陶芸のこと

ツブラジイ発見

2018年01月15日

昨年秋、大きめの椎の実であるマテバシイの実で縄文
クッキーを作りましたが、その時、今年は小粒ですがマ
テバシイより甘く美味しいスダジイかツブラジイを入手し
たいと思って近隣の神社やお寺を調査しようと思ってい
たのですが、思いもかけず裏山の共有林にツブラジイ
の大木があることがわかりました。高さは10mは優に
あり幹回りも1m近くありそうです。昨年末に裏山の入
り口にツブラジイの実が多量に落ちていたのでわかり
ました。灯台下暮らしとは正にこのことです。最近は椎
の実など誰も気にする方はいないと思うので今年の秋
は大量に収穫できそうです。電動のミルもあるので今
年はシイのみの全粒粉を作って保存できそうです。

  


探していたツブラジイの実が家のすぐそばにありました。



見上げると10m以上ある巨木でした。

  

Posted by メドウおじさん at 19:29Comments(0)食べ物

赤楽ぐい呑み、銘:掌(たなごころ)1

2018年01月14日

先般作製した黒楽と対になるように今度は赤楽でミニぐい
呑みを作ってみました。銘:掌(たなごころ)は手のひらで
コロコロ転がるような丸みを帯びた形からですがもちろん
シャレです。(笑い)銘をつけるような大それたものでない
のは作った本人が一番よく知っていますが楽焼の名家、
樂家に少しでもあやかりたい気持ちからです。赤楽は赤
土系の粘土か、白土に赤土の泥漿を塗って楽透明釉
で焼き上げます。割れて水漏れするようでしたら赤漆で
蒔くことにします。


赤楽は赤土系の粘土で成形します。



素焼きは例によって薪ストーブの灰の中に埋めて焼きます。


赤土の泥漿と楽透明釉の釉を塗ります


七輪で焼きます。楽焼は低火度で焼けるので温度が上がり過ぎないように送風量を
コントロールします。


うまく焼けたのですが外側は灰を被って赤楽の雰囲気が少なくなりましたが
ヒビもなくよくできた方です。当初、赤漆で蒔く予定でしたが当面このまま使いたいと思います。

七輪陶芸をやってみたい方や興味のある方はご一緒に楽しみませんか?
関心のある方はこのブログの「オーナーへメッセージ」でメール連絡ください。


  

Posted by メドウおじさん at 18:25Comments(0)陶芸のこと

キクイモ

2018年01月14日

東谷も冬が本番になりキクイモの収穫時です。キクイモは
イモとありますが北米原産のキク科の仲間で成長すると高
さが2m以上にもなりヒマワリを小型にした花が咲きます。
山菜としての利用は根茎部でイモのように肥大した部分
です。元々は救荒作物として導入したものが野生化して
繁殖していったものです。イモとは少し違うシャキシャキした
食感できんぴら、ポテトチップスなどで食べますが近年は
その成分のイヌリンが血糖値改善効果が着目されています。
育て方は簡単でほとんどの場所でイモを埋めておけば勝手
に育ってくれます。手間いらずなところは協生農法に向いて
いると思っています。


掘り出したばかりのキクイモです。



キクイモは生のままでも煮たり炒めたりできますがチップにして乾燥させれば
長く保存できます。



乾燥させたチップはミルで砕いてお茶にしたりみそ汁に入れても美味しいです。

  

Posted by メドウおじさん at 10:26Comments(0)ハーブ食べ物

玄米茶づくり

2018年01月12日

知り合いから無農薬・無肥料で育てた玄米を少し分けて
もらったので頂き物などで残っていた煎茶で玄米ほうじ茶
を作りました。ほうじ茶は香りのよいお茶ですが簡単に作
れます。煎茶や番茶を炒るだけですが少しコツがいります
。フライパンに入れて弱火から中火で炒るとやがて香ば
しい香りが出てきます。このタイミングで火を止めて余熱
を加えるのがコツですが今回は少し加熱しすぎて若干焦
がしてしまいました。玄米は麦と同じように炒るのですが
もう少しはじけた方が良かったです。熱の加え方にもう一
工夫炒るようです。自分用で飲む分にはまずまずの
出来でした。


焦がし玄米と焙じ番茶です。



二つを合わせると焙じ玄米茶の出来上がりです。



チョット焦げましたがいい香りです。

  

Posted by メドウおじさん at 20:12Comments(0)和ハーブ

チキン胸肉のハーブソテーとキクイモの付け合わせ

2018年01月11日

先日奥さんが多忙で久しぶりに自分で夕食を作りました。
冷蔵庫にチキンの胸肉があったのでソテーにして収穫し
たばかりのキクイモを付け合わせにしました。チキンソテ
ーはニンニクを刻んだオリーブオイルで焼き、自作の海
水塩と白だしで味を調え、仕上げにこれも自作のハーブ
パウダーをふりかけました。ソテーした後に残ったオリー
ブオイルで薄切りにしたキクイモとホウレンソウを炒めま
した。キクイモはシャキシャキした食感できんぴらのよう
で美味しかったです。ホウレンソウも協生畑のものを使
いたかったのですが、ほぼ全滅で使えるものがなかった
のが残念です。




収穫したばかりのキクイモです。植えておくだけで勝手に増えて成長してくれる優等生です。
さっぱりした味わいで主成分のイヌリンは血液サラサラ効果も高いそうです。


  

Posted by メドウおじさん at 18:39Comments(0)ハーブ食べ物

クレソンの移植

2018年01月10日

昨年、クレソンと日本のクレソン、(オオバタネツケバナ)
を庭に植えたのですが環境が合わずに消滅しました。
理想は水の流れがあることですが、最低でも湿った土地
がいいのですが残念なことに、我が家の庭には適地が
ありません。そこで裏山の谷川の一部に植えてみました。
普段は枯れ沢ですが適度に湿り気があるので今度は期
待しています。ただ、一年に何回か増水するので果たして
うまく定着するか疑問です。クレソンはステーキの添え物
などで出ますが、しゃぶしゃぶやすき焼きなどの鍋物にも
よく合います。スーパーなどで見ると結構よい値段なので
すが、出荷を目的に栽培するとなると結構栽培も難しいの
かもしれません。



東谷川からクレソンの株を少し頂いて家の近くに移植しました。


近くの谷川に移植しました。普段は写真のように枯れ沢になっています。

  

Posted by メドウおじさん at 21:09Comments(0)山菜

ソバの実

2018年01月10日

昨年ご近所さんが耕作放棄の畑3か所、約3アールでソバ
を作られました。先般少しお話を伺うチャンスがあって30
kg取れたそうです。採取から脱穀まですべて手作業だそ
うです。ソバは種を点播きで植えるのですが間引いた苗を
ひとつかみ頂いたので植えて育ててみました。ソバは移
植を嫌うので成長は今一つで収量はごく少量でしたが今年
の種まき用ぐらいは採れました。うまくいけば秋にはソバ茶
が出来るぐらい取れるかもしれません。もう一つ新しい発見
があって以前から育てている野生の宿根蕎麦の正体がシャ
クチリソバとわかりました。シャクチリソバは結実性が悪く今
まで実を見たことがありませんでした。普通ソバより一回り
大きな実が特徴です。たくさん採れれば効率が良さそうです




左がシャクチリソバ、右が普通ソバです。来年はソバ茶が作れるぐらい採れればうれしいです。

  

Posted by メドウおじさん at 10:00Comments(0)和ハーブ

餅ピザ

2018年01月09日

お正月の餅が少し余っていたので奥さんが餅ピザを作っ
てくれました。餅ピザはベースの部分にお餅を使って作
るピザです。もともと餅とチーズはよく合うと思うので私
の好物の一つです。ピザのトッピングの野菜は私が協生
農法で作っている葉物です。もっとも作っているというの
は言い過ぎで種まきをしてかろうじて勝手に育っている
ものです。成長も遅く小さな野菜で収量も極少ですがしっ
かりした味です。今後これを、無農薬・無肥料でどう、収
量を増やすかが大きな課題ですが協生農法の提唱者の
大塚氏は(野人ムーさん)は放っておくしかないと言いま
すが農薬の使用はともかくも肥料の使用を控えるという
のは大変です。肥料投入の誘惑を我慢するのも大変で
す。今回もルッコラは育てやすい野菜ハーブですが無肥
料・無農薬・不耕起だと同じ畑の中でも発芽して成長は
遅いものの育つ場所と全く発芽しない場所がありこれも
不思議で面白い現象です。


協生畑で収穫した秋播きの葉野菜です。お恥ずかしい限りですが
ここからどう変化していくのかが楽しみです。



餅ピザです。ルッコラ・パセリなどをトッピングして美味しくいただきました。

  

Posted by メドウおじさん at 10:14Comments(0)食べ物協生農法

島村志津摩の小説(峠を出でて奇兵隊を撃て)

2018年01月08日

幕末の小倉戦争において山縣狂介の奇兵隊と三谷地区
で激戦を繰り広げ企救郡は失ったものの田川、京都郡を
中心とする豊津藩として存続させた郷土の英雄なのです
が、いかんせん、徳川譜代として長洲戦争の敗軍であり
勝者の長洲には維新回転の英傑がキラ星のごとくおり長
洲の陰に隠れ歴史の表舞台に出ることはほとんどなかっ
たのですが、それでも九州文学の重鎮、劉勘吉氏や白石
壽氏原田種臣氏が小説や歴史書として描いています。
最近大手出版社、幻冬舎から小野剛史という方が「峠を
出でて奇兵隊を撃て」として出版されました。小野氏は地
元の出身の方で「かんだ郷土史郷土史研究会員」として
活躍されておられる方です。島村志津摩と同時期の小倉
藩家老でライバルの小宮民部と善と悪の対立関係として
描かれることが多かったですが本編は二人の関係を深く
複雑に描いています。230pを面白くて一気に読破しまし
た。いつかTVでドラマ化されると嬉しいです。





  

Posted by メドウおじさん at 10:20Comments(0)東谷(北九州)の紹介

金継ぎ2(漆継ぎ)

2018年01月07日

金継ぎでは金粉で蒔く前に生漆で接着します。生漆に小麦
粉を混ぜて接着力を強めたノリ漆を作ります。ノリ漆を割れ
た破片の断面にノリ漆を塗り接着させます。破片は小さい
ものから復元していきます。また漆は接着直後は接着力が
弱いのでメンディングテープで仮止めします。次は乾燥で
す。漆は常温の室(ムロ)で保管乾燥させますが適当な大
きさの段ボール箱で代用できます。室には湿ったティッシュ
ーを入れて一定の湿度を保つようにします。常温の部屋で
保管しておけば3日もすれば乾燥・接着しますので室から
出して常温で保存します。物にもよりますが、2週間保存し
ておけばかなり硬化します。硬化の具合を見てテープを外
し、カッターで接着面からはみ出した余分な漆を慎重に削
ります。硬化した漆はほとんどかぶれませんが念のために
皮膚に付着させないように作業します。ここまでくればほぼ
でき上がりで最後の工程は金粉蒔きです。

生漆と小麦粉を混ぜてノリ漆を作ります。



割れた急須の蓋です。断面にノリ漆を塗ります。



こちらは総織部の皿です。気に入っていたのですが5か所に割れました。
小さな部品を先に接着して全体を復元します。接着面は補強でメンディング
テープで補強します。この状態で室で保存乾燥させます。







こちらは骨董の小皿です。もう少し乾燥させて金粉で蒔きます。


  

Posted by メドウおじさん at 18:38Comments(0)クラフト

漆のかぶれ

2018年01月06日

口にする食器の金継ぎの漆はいわゆる生漆で皮膚に付
着するとかぶれます。特に皮膚の弱い方やアトピーをお持
ちの方は要注意です。ビニールの手袋使用は必需です。
私は細かい仕事が手袋をしているとやりにくいので素手で
やっていたのですが多少指先に付着しても平気だったの
で漆の耐性が強いのかと思っていたら指先に付いた漆で
他の場所を触るとそこがかぶれました。調べると漆は
かぶれ成分が毛穴から浸透するとかぶれるそうです。
それほどひどくはないのですがなにせ、かゆいのは閉口
しました。次からは私も手袋を使用することにします。


漆は付着するとすぐに食用油でふき取るとかぶれが軽くて済みます。
今かぶれ対策の和ハーブを研究中です。


  

Posted by メドウおじさん at 19:02Comments(0)その他

九州鉄道茶屋町橋梁

2018年01月05日

現在の鹿児島本線は当初九州鉄道という民間鉄道として
スタートしました。明治24年に門司港、黒崎間の一部
大蔵戦として運用されました。大蔵線は明治44年まで
運用されました。現在はその遺構として八幡東区茶屋町
と尾倉町に橋梁が残されています。このうち茶屋町のもの
は近代化遺産にも指定されていますが昭和51年に復元
されています。大蔵線は旧長崎街道沿いに走っていて橋梁
のすぐ北の道は旧長崎街道です。明治に敷設された鉄道
は旧街道に沿って敷設されたものが多いようです。


茶屋町橋梁北側です。



同じく南側です



説明板が設置されています。



旧長崎街道に並行しています。



歩道にはプレートが埋め込まれています。

  

Posted by メドウおじさん at 10:42Comments(0)勝手に近代化遺産

ローズヒップティーの味

2018年01月03日

少し遅くなりましたが、皆さん、明けましておめでとうござ
います。今年もよろしくお願いします。さて新年一番の話
題はハーブのお話からです。
市販のローズヒップティーを飲んだかとがある方はおわか
りだと思いますが赤い色が目立ち酸味も強く出ます。それ
で飲み易くするために紅茶と併せることが多いですが、この
色と酸味はおもにブレンドされたハイビスカスの花によるも
のです。自作してみるとよくわかりますが、ローズヒップ単体
で作ると真っ赤に完熟したもので作っても市販のものほど赤
くなりません。ほんのり赤みが付く程度で酸味もごくマイルド
なものでバラの花の香りとは少し違いますが爽やかな香りが
します。抽出液はごく薄い色なので市販のものはインパクト
を強めるためにハイビスカスをブレンドしているようです。
今回はノイバラ系の実で作りましたがチャンスがあればハマ
ナスやブルガリス系のもので作ってみたいと思います。

完熟したヒップの種と綿毛を取り除いてドライにしたものがローズヒップです。
種や綿毛が残った状態だと緩下作用が強いエイジツという漢方生薬になります。



お湯で10分ほど煎じた方が美味しいローズヒップティーが出来ます



抽出したローズヒップティーの色は薄いオレンジ色です。


  

Posted by メドウおじさん at 20:55Comments(2)ハーブ