香春の水、仲哀の名水

2014年01月18日

田川の香春方面から勝山へ抜けるのに今は新仲哀トンネ
ルが完成しているので便利ですが以前は旧金辺峠と同じ
で七曲の道を登り旧トンネルを通っていました。またさらに
昔は峠を越える難所でした。
この新仲哀トンネルの香春方向の入り口近くに仲哀の水が
あります。有料ですが東谷の無法松酒造の仕込み水と同じ
ように人気が高く多くの方が利用しています。名水の近く
には以前紹介した石橋もありさらに上流には呉ダムが作ら
れています。この近辺も散策にはもってこいの場所だと思
います。春になって気候が良くなったらこのあたり一帯を
歩いて見たいと思っています。




 


  

Posted by メドウおじさん at 20:01Comments(0)香春町

古代官道、田河道

2013年10月05日

古くは開化天皇や仲哀天皇の時代から律令制度が整った
奈良期初期にかけて官道、田河道は整備されてきました。
豊前国京都郡から田河道を通り大宰府に至る現在の20
1号線の元となる旧道です。
仲哀トンネルの香春側手前に鏡山神社がありそこには
旧田河道を示す説明版が設置されています。旧の仲哀ト
ンネルの七曲の峠を越えて鏡山神社に至る幅およそ二間
の旧道です。この幅は古代の主要道の統一基準だったよう
です。その後時代は下りますが東谷を通る旧秋月道もだい
たいこの幅になっています。イメージ的には馬2頭がすれち
がえる幅といったところのようです。香春町自体も採銅所
からこの鏡山一帯を万葉の歌散策路として売り出してい
ます。ちょっと歩き疲れたときは道の駅香春がちょうど休憩
所に良いと思います。秋の散策でぜひ歩いてみたいと思い
ます。



鏡山神社への参道です。神社が正面に見えます。


旧田河道の石碑です


石碑の前の道が旧田河道です。

  


Posted by メドウおじさん at 19:10Comments(4)香春町

新仲哀トンネル

2013年09月27日

東谷から南へ322号線で金辺トンネルを超えると香春町へ
でます。香春町は「万葉と歴史の町」を標榜していて町の
いたるところに万葉歌の句碑が整備されています。歴史好
きをそそってくれます。今回紹介するのは新仲哀トンネル
周辺でかつての仲哀トンネルは七曲の難所を登ったところ
にありました。現在のものは麓の山腹を貫通して通りやす
くなっています。このトンネルの名前は古代の天皇、仲哀
天皇にちなんでいます。この201号線の旧道は古代より
開化天皇、仲哀天皇、などヤマト王権初期の天皇が行幸
したルートと言われています。このトンネルのそばには
鏡山神社という仲哀天皇の后の神功皇后ゆかりの神社も
あり古代史好きの人間には歴史ロマンのオーラが感じら
れる興味深い場所です。


みやこ町側からみた新仲哀トンネルです。


香春町側です。このすぐそばに仲哀の名水と石造りの
アーチ橋があります。近いうちにアップします。
  


Posted by メドウおじさん at 20:08Comments(0)香春町