久々の肥後守の登場

2018年10月02日

最近秋のお祭りで横笛を吹くために練習しています。笛
は町内から貸していただいていますが興味が湧いて自分
でも作ることにしました。篠竹の笛を手本にしてプラ管で
作ってみました。唄口や指孔などの穴あけや調整に久し
ぶりに肥後守を登場させました。
肥後守は私が子供のころは必需品でしたが最近は
銃刀法で刃渡り5cm以上の刃物は持ち歩けないので
すっかり廃れてしまいました。それでも根強い需要はある
ようで今でも兵庫県の三木市で細々と作られています。ち
なみに肥後守という名称は登録されており三木市以外の
ものには使えないそうです。
今のものはほとんど量産品ですが職人さんがベルトハンマ
ーで一本ずつ手作り鍛造しています。少し値段が高めのも
のは刃に青紙という日立金属安来工場で作られたハガネが
使われており日用品ですがきちんと研げば、たいへん切れ味
が良いです。その切れ味のよさがゆえに教育現場や子供の
生活現場から遠ざけられ今や、絶滅危惧種ですが小型で便
利な道具として大事にこれからもつきあっていくつもりです。


自作の笛と使用した肥後守です。




同じカテゴリー(クラフト)の記事画像
篠笛の改良(篠笛6)
篠笛5
篠笛4
篠笛3
篠笛2
金継ぎ(よびつぎ)、欠損部の再生
同じカテゴリー(クラフト)の記事
 篠笛の改良(篠笛6) (2018-09-25 19:04)
 篠笛5 (2018-09-04 21:57)
 篠笛4 (2018-08-17 20:03)
 篠笛3 (2018-08-05 17:06)
 篠笛2 (2018-08-03 21:35)
 金継ぎ(よびつぎ)、欠損部の再生 (2018-03-09 12:29)

Posted by メドウおじさん at 19:24│Comments(0)クラフト
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。