仏教のお経に出てくるハーブ(薬草)のこと

2018年06月27日

お釈迦様が最後に説いた経典に法華経があります。全
28品(巻)の5番目に薬草喩品というものがあります。
「三草二木のたとえ」(サンソウニモク)です。
今回はお経の話ではないのでその内容にはふれません。
関心のある方はネットで調べてみてください。三草という
のは葉の大きな草、中ぐらいのもの、小さいものの三種
類で二木といのは高木と低木の事ですが前後の文脈か
ら見ると「すべての野草」=「すべての植物」と読めます。
ここからは私の解釈ですがすべての植物のたとえを説い
たお経の表題がなぜ、「薬草」なのか?サンスクリット語で
書かれた原典の意味を調べないとわかりませんが2000
年以上前のお釈迦様はすべての植物は「薬草」の要素を
持っていたことをご存じだったのではないかと思います。





同じカテゴリー(和ハーブ)の記事画像
日本三大和薬
新茶の季節
日本三大薬草、センブリ
菜の花の花芽
真冬の冬番茶
クコの木
同じカテゴリー(和ハーブ)の記事
 日本三大和薬 (2019-04-26 20:41)
 新茶の季節 (2019-04-22 20:59)
 日本三大薬草、センブリ (2019-03-28 22:36)
 菜の花の花芽 (2019-02-07 19:48)
 真冬の冬番茶 (2019-02-03 11:30)
 クコの木 (2019-01-23 20:32)

Posted by メドウおじさん at 22:45│Comments(0)和ハーブ
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。