ウマブドウの痛み止め

2017年08月06日

ウマブドウはノブドウの事でブドウと名前はついていますが
エビヅルのようなブドウの仲間ではなく木ヅタに近い植物で
す。古くから民間伝承薬として免疫活性、鎮痛効果が高いと
言われていて知る人ぞ知るという感じで使われています。
一般には食用に不適(有毒ではないが単に不味いだけ)と
されています。その効果を見たくてホワイトリカーに氷砂糖
と一緒に漬け込んで味を調えましたが出来上がりは妙に甘
く好みの味ではありませんでした。それで昨年は砂糖なしで
作りブレンドして甘味を調整しています。
先日から右手首が腱鞘炎ですこし痛むので砂糖なしのもの
を塗布したところ翌朝にはピタリと痛みが緩和されていました
。飲用にはやや難ありですが痛み止めにはかなり有効です。
今年は外用専用に和ハッカとクロモジを加えて作ろうと思い
ます。


氷砂糖抜きでホワイトリカーに漬けたウマブドウです。



同じカテゴリー(和ハーブ)の記事画像
玄米茶づくり
ソバの実
コウリャン
冬番茶2017-2
冬番茶2017-1
椿オイル抽出計画
同じカテゴリー(和ハーブ)の記事
 玄米茶づくり (2018-01-12 20:12)
 ソバの実 (2018-01-10 10:00)
 コウリャン (2017-12-27 20:17)
 冬番茶2017-2 (2017-12-20 20:38)
 冬番茶2017-1 (2017-12-18 20:55)
 椿オイル抽出計画 (2017-12-13 19:48)

Posted by メドウおじさん at 08:53│Comments(0)和ハーブ
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。