カキラン

2012年06月28日

カキランは東谷近辺では平尾台に自生する地生ランの
一種です。地生ランは他にもエビネやシランなどがあり
ますがカキランはエビネやシランほど殖えてくれません。
我家では毎年一芽だけ花を咲かせますがどうも元気が
ありません。自生地の環境から見るとどうやら日当た
りがよく水はけが良い湿地性の草原がベストのようです。
我家のものは周りの植物に押されて日当たりが悪いのが
元気の無い原因のようです。こんど周りを剪定して日当
たりを確保する事にします。
カキラン






同じカテゴリー(季節の花)の記事画像
痛風と菊の花
皿倉山の山桜と祇園町の桜並木
我が家のソメイヨシノ2020
アメリカフウロソウの進出
ニワトコの木
東谷の山桜
同じカテゴリー(季節の花)の記事
 痛風と菊の花 (2020-05-20 20:34)
 皿倉山の山桜と祇園町の桜並木 (2020-04-12 18:45)
 我が家のソメイヨシノ2020 (2020-04-08 22:28)
 アメリカフウロソウの進出 (2020-04-05 08:48)
 ニワトコの木 (2020-03-29 07:06)
 東谷の山桜 (2020-03-24 23:22)

Posted by メドウおじさん at 21:18│Comments(2)季節の花
この記事へのコメント
これがメドウおじさん宅のカキランですか。私には普通のカキランにしか見えませんが、以前はもっと元気よく咲いていたのですか?
私が目にする自生のカキランも、周囲は野草に囲まれて、まさにこのような状態で咲いていました。
Posted by G.T. at 2012年06月28日 21:49
元気よくというか以前は新芽が3、4株出てきていました。
ここ1,2年はせいぜい一株だけであまりいい傾向ではない
です。好きな花なのでなんとか絶やさないようにしたいです。
広谷辺りに行けば野生種が見れそうですね。
Posted by メドウおじさんメドウおじさん at 2012年06月29日 21:24
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。