アニスシード?キャラウェイシード?

2020年07月02日

数年前から私の百草畑や周辺のご近所
さんの畑でアニスかキャラウェイかよくわ
からないセリ科の野草が繁殖しています。
春に発芽して夏から秋に結実して種を散
らします。茎や葉を揉むとウイキョウのよ
うな香りがします。アニスもキャラウェイも
はっきりとした実物を知らないのでもう一
つ確信が持てませんが私的にはヒメウイ
キョウ(キャラウェイ)ではないかと思って
います。春の柔らかい葉を食べてみまし
たがウイキョウ(フェンネル)のような香り
と味でした。今回シード(種)を採取した
ので香辛料として使ってみますが、正体
が不明なのは気になるのでどなたか情
報を頂けると嬉しいです。

謎のセリ科植物です。畑のあちこちで繁殖しています



刈り取った株を乾燥させて種を分離させます



分離した種(シード)です。1mmほどの小さな種ですが、口中で噛むと甘く爽やかな香りが
広がります。
  

Posted by メドウおじさん at 22:02Comments(2)ハーブ

マスタード作り2020-3

2020年06月26日

先日仕込んだマスタードですがそろそろ
頃合いかと思い食べてみました。今回
初めて作ったので要領がよくわからず
仕込んだ直後はマスタードの辛味が少
なく味も苦みが強く出てかなり不安でし
た。その後寝かせることでマスタードの
香りはよく出ていい感じになりましたが
辛味は弱めですが苦みはだいぶ弱くな
りましたが、もう一歩という感じです。
その後苦みは日光にさらすと飛ぶとの
ことなので2日ほどにに当てたところ確
かに苦みがマイルドになりました。
一応今回はこれで完成という事にします。
さっそくウィンナーに添えていただきまし
た。



ウィンナーのマスタード添えです。辛味が弱いので和辛子をMIXすると
丁度良い具合になりました。 
  

Posted by メドウおじさん at 22:03Comments(0)ハーブ食べ物

ロサ・カニナとエキナセアの種まき

2020年05月05日

昨年頂いたヨーロッパから地中海沿岸に
かけて自生する西洋ノイバラ(R・カニナ)
とアメリカインディアンが風邪予防に用い
たキク科のエキナセアのハーブティーに
混じっていた頭頂花のドライをダメもとで
種まきしてみました。どちらも以前苗を育
てていたのですが愛情が足らずに消えて
しまいました。今回は種から育てるので、
もしうまく発芽したら自力で育ってくれる
ことを期待しています。カニナはローズ
ヒップティーをエキナセアはハーブティ
ーを作るのが当面の目標です。


  

Posted by メドウおじさん at 11:27Comments(0)ハーブ

地元産レモンの梅焼酎漬け

2020年04月10日

ご近所さんからレモンの輪切りを梅焼酎に漬け
たリキュールが美味しいと聞いたのでさっそく作
りました。梅焼酎は自家製の3年物でレモンは
地元の方が無農薬無肥料で育てたものを頂き
ました。頂いたレモンは心なしか香りが良く味は
かどのない心地よい酸味です。焼酎には一週
間ほどつけたら引き上げてよいそうです。レモ
ンの爽やかな香と程よい酸味が梅焼酎と良い
バランスです。梅焼酎も少し飽きが来ていたの
で目先が変わって良さそうです。


今回使った国産レモンと梅焼酎です



輪切りにしたレモンを梅焼酎に漬け込みました。レモンは一週間ほどで引き上げます。
  

Posted by メドウおじさん at 19:50Comments(0)ハーブ果樹

シナモンリーフティー

2020年03月07日

料理や洋菓子の素材で使うシナモンは主にセイロンニッケイが
使われます。中国産のシナニッケイは漢方薬の桂皮の原料です。
日本に自生しているニッケイはシナニッケイがはるか昔に渡来
して定着したものとも固有種とも言われていますが諸説あります。
ニッケイの近縁種のヤブニッケイは日本の固有種で全国の雑木
林に自生していますがニッケイに比べて香りが弱いのが特徴です。
知り合いの自宅にニッケイの巨木があり昨年、枝付きの葉をたく
さん頂いたので自作の紅茶もどきと合わせたシナモンリーフテイ
ーを楽しんできましたが昨年の暮れで紅茶モドキがなくなりました
。先日嬉野の国産紅茶を入手できたのでまたシナモンリーフテイー
が楽しめます。



今回入手した嬉野紅茶です。とても香りが良いです



シナモンリーフのドライです



紅茶とシナモンリーフを合わせてシナモンリーフティーにします。




紅茶の香りとシナモンの風味がバランスよく溶け合っていい感じです。


  

Posted by メドウおじさん at 19:10Comments(0)ハーブ和ハーブ

キクイモパウダー

2020年03月03日

最近キクイモの健康効果が注目を集めています。
天然のインシュリンと呼ばれるイヌリンを多く含む
ため特に糖尿病の予防、血糖値の改善が注目さ
れています。最近では市場でもキクイモを見かけ
るようになりました。元々は北米原産のキク科植
物でイモにあたる部分は肥大した根茎にあたり
ます。やせた荒れ地でもよく育つため日本では荒
救作物として導入されましたが今では畑から逃げ
出したものが全国で増殖しています。私は血糖
値がやや高めなのでキクイモをよく食べていま
す。レシピもネットを見るといろいろあってどれも
美味しそうなのですが毎日食べるとなると結構
大変そうです。私は少量でも毎日口にしたいので
イモを薄く切ってチップにして乾燥して保存して
います。使う時はあらかじめミキサーで粉砕して
パウダーで使います。使い方は料理でも味噌汁
でも何でも適当にふりかけて食べています。
一回に摂取できる量は少なめですが毎日採れ
ることを考えるとこれもありかなと考えます。
血糖値の改善もそうですが、腸内環境の改善
にも期待しています。


乾燥させたキクイモチップをミキサーにかけます

 

ミキサーで粉砕してパウダーにします



この日は出来たパウダーをコーンスープに加えました。

  

Posted by メドウおじさん at 20:11Comments(0)ハーブ食べ物

保湿用ボアワックス(猪脂クリーム)

2020年02月28日

先日保湿用にハーブパウダー入りのボアワッ
クスを作ったのですが脂を直火のフライパンで
溶かしたので弱火だったとはいえ油温が上がり
すぎてハーブパウダーが焦げて天ぷら臭が残
ってしまいました。使用する分には差し支えない
のですが天ぷら臭が気になるので(猪脂は本来
溶けても無臭)今回は電子レンジで様子を見な
がら溶かしました。液状になった脂の温度が下
がるのを待ってハーブパウダーを混ぜたところ
猪脂本来の無臭のワックスにハーブの香りが
残る狙い通りの保湿ワックスが出来ました。
今回使用したハーブはラベンダーと香酸柑橘
の陳皮を使いました。あと参考に何も加えない
プレーンのワックスも作りました。これでやっと
満足のいくものが出来ました。

作るときのポイントは
①新鮮な猪の脂身を使う
②脂を溶かすときは電子レンジを使う。様子を見な
がら使う(今回は1分加熱して様子を見てもう30秒
加熱しました。
③使用するハーブはお好みのものなら何でもよい
ですがコツは油温が下がってからまぜるといいです。
④保存は冷蔵庫でします。常温だと冬以外は溶け
始めます
⑤防腐効果のあるハーブを混ぜると保存期間が長
くなります。


脂は電子レンジで溶かすと焦げません


脂の温度が下がったらあらかじめハーブパウダーを入れた容器に液体の油を入れます。
温度が下がると固化するので冷蔵庫で保存します。


  

Posted by メドウおじさん at 19:46Comments(0)ハーブ

ヨモギとレモングラスと抹茶のボア・ワックス

2020年02月20日

1年前にボア・ワックス(猪脂)で保湿用のクリーム
を作りました。ボアワックスは人肌の低温でも溶け
始め、とても皮膚に良くなじみます。プロの猟師さ
んは猪脂や熊脂を傷の修復用の薬として持ち歩
くそうです。最近私は仕事柄、生セメントや生コン
クリートに触れることが多く指先が荒れがちなの
で保湿・修復用にボア・ワックスを利用しています。
ロースの猪脂はほとんど無臭なので香りのよいハ
ーブとも相性が良いのでこれを混ぜ込んだものを
作って利用しています。猪脂は体温で溶けだすほ
ど融点が低いので低温でじっくりとロースの脂身を
溶かしていきます。これをハーブパウダーに混ぜ
て固まれば完成ですが、今回加熱してすぐのもの
をハーブパウダーに混ぜたのでハーブが少し焦げ
たのか、香ばしい香りが移ってしまいました。
次回作るときは冷えてコカが始まる直前のもの
をハーブパウダーと混ぜるようにしたいと思って
います。



ボアワックスに混ぜるレモングラスとヨモギのドライです



電動のミルで細かく粉砕します。



ロースの脂身を低温でじっくりと溶かしていきます。



ワックスに混ぜるハーブパウダーを型に入れて溶けた猪脂を注ぎます。



溶けた脂を注いで出来上がりですが、今回は温度が高すぎたようです。
もうすこし冷ましてからの方が良かったです。




ダイソーで購入したケースに入れて冷蔵庫で保存します。左上からヨモギ、左下がレモングラス。
右が抹茶です。



お見苦しい画像で恐縮です。指先が荒れているのでここに使います。


  

Posted by メドウおじさん at 20:45Comments(0)ハーブ和ハーブ

レモングラスのお正月飾り

2019年12月31日

今年はレモングラスがたくさん収穫できました。一部
はハーブティーの素材として使っていますが、奥さん
がリースにして正月飾りを作りました。もう、ドライに
なっているので香りはしませんが、フレッシュの状態
ではシトラスの香りがとても気持ちいいです。今年は
1m以上の背丈になっていたのでよくできた方です。
今年で6年目になる株なので東谷の冬にもすっかり
順応しています。来春はそろそろ株分けしておいた
方が良さそうです。

今年も一年、365日があっという間に過ぎました。
おかげさまで無事年が越せそうです。どうぞ皆さ
んも良いお年をお越しください。





奥さんがレモングラスのリースで作ったお正月飾りです。

 

リースに使ったレモングラスの束です。今年これが6束できました。


  

Posted by メドウおじさん at 20:52Comments(0)ハーブクラフト

レモングラスの仕上げ

2019年12月22日

今日は薪の原木を運ぶ予定でしたが朝から雨模様
なので中止して乾燥中だったレモングラスのドライを
お茶などで飲めるように小さく刻んで仕上げました。
専用のカッターなどがあれば楽ですが、少しずつ
はさみで切っていくので結構大変です。半分ほど
仕上げましたが保存瓶一瓶ほどできたので来年の
収穫までは自家消費する分には十分です。あとゲン
ノショウコの仕上げも残っていますが正月休みを使
って仕上げたいと思っています。




お茶で使い易いようにはさみで刻みます。

 

もう一束分刻んで一瓶ほど出来上がります。


  

Posted by メドウおじさん at 13:28Comments(0)ハーブ

キクイモの種イモを植え付け

2019年12月16日

11月中旬に収穫したキクイモで1か月ほどあれこれ
料理に使って楽しんできました。そろそろ鮮度が落ち
てきたので残りは乾燥チップにして保存する分と来年
用に埋め戻して植え付けることにしました。本来は春
先に植えるのが良いのですがキクイモは大変丈夫
なので今植えても問題ありません。今回は土が付い
たまま戸外で保存していましたが一旦掘り出した後、
土に埋め戻して保存しておくと鮮度が長い間鮮度が
保てます。手元にあるのは今ある分だけですが、近
所に野生のキクイモの群落があるので新鮮なものは
そちらを利用したいと思います。種イモは邪魔になら
ない畑の隅に埋めておきます。



来年もキクイモの収穫が楽しみです。

 
  

Posted by メドウおじさん at 18:33Comments(0)ハーブ食べ物

ご近所の香酸柑橘の名前判明

2019年12月05日

ご近所さんのコミカンによく似て香りと酸味の強い
ミカンですが地元の方は酢取り(ストリ)ミカンと呼
んでいます。果皮が薄く絞りやすいものです。醤油
と合わせたポン酢や焼酎のカクテルに使うと香りが
良く重宝しています。絞った後の果皮は乾燥させて
チンピとして使います。香りが良くレモングラスと合
わせて風邪予防のハーブテイーに欠かせません。
酢取りミカンというのは地方の呼び方ですが福岡
県内ではわりと一般的なようです。今時分から完熟
して1月過ぎには落果します。
東谷ではまだ戦争前の企救郡東谷村だった時代お
米以外に柿、ビワ、柑橘の柵付けが奨励されていま
した。その時代の生き残りの果樹もそこかしこに残
っています。



ご近所さんの酢取り(ストリ)ミカンと呼ばれる香酸柑橘です。





大きさはコミカンほどで薄い果皮が特徴です。


  

Posted by メドウおじさん at 21:16Comments(0)ハーブ果樹

エキナセアのハーブティー

2019年11月24日

エキナセアは北米原産のキク科の多年草で白やピンク
の花を咲かせます。野生の植物ですが今は園芸植物と
して知られていますが北米では有名な薬草で原住民の
方には大切な植物です。風邪に良く効くということで流
行性の感冒にもいいそうです。今回は南阿蘇ティーハ
ウスのエキナセアを使って先般作った風邪対策用のハ
ーブティーに加えて機能強化しました。さあ、今年の冬
の風邪はこれで大丈夫と思いますがどうなるか楽しみ
です。



南阿蘇ティーハウスさんのエキナセアのドライハーブです。



先日作った陳皮とオリーブリーフにエキナセアを合わせた強力風邪対策用のハーブティーです。



エキナセア単品のハーブティーです。野草の青臭さはまったくなく、味は形容がしがたいですが
飲み易く合わせやすい味で秋が来ないと思いました。さすがはハーブの名店の味です。


  

Posted by メドウおじさん at 20:38Comments(0)ハーブ

陳皮とオリーブリーフの風邪予防ティー

2019年11月19日

ご近所さんからコミカンそっくりですが強い酸味と
柑橘の芳香が素晴らしい放置ミカンを頂いたので
果汁は焼酎とのカクテルや鍋の香り酢として使い、
残った果皮は乾燥させて庭のオリーブリーフと合わ
せたハーブティーにして使っています。チンピもオリ
ーブもどちらも昔から風邪予防に良いと言われてい
ます。チンピを多めにブレンドしてホッコリと香りの
よい爽やかな体の温まるお茶になりました。甘味が
欲しい時はステビアやはちみつを加えます。
私の風邪予防は上記のハーブティーの他にゾクッと
来たときは漢方の葛根湯を飲むようにしています。
だいたいこれで普通の風邪は寄り付きません。
インフルエンザは日ごろから免疫を強化するしかな
いのですが周囲で患者が出たときはエキセアナのハ
ーブティーを飲むようにしてちょっと自分の様子がおか
しいと思ったときは漢方の麻黄湯を飲むようにしてい
ます。以上の対処はあくまでも私、個人の例なので特
に漢方を使用するときはお医者さんに相談して使う
のがベストです。(漢方薬でもまれに副作用が出るこ
とがあります)
皆さんも身近な野草やハーブをうまく使って冬を乗り
切りましょう。


陳皮とオリーブリーフのハーブティーです。チンピは一年ほど寝かせた方が
薬効が高くなるようです。



熱湯を注いで5分抽出させます。





陳皮とオリーブの風邪予防ティーの出来上がりです。


  

Posted by メドウおじさん at 20:48Comments(0)ハーブ協生農法 協生理論

冬場のハーブ乾燥方法

2019年11月11日

西洋ハーブや和ハーブをお茶にするには自然乾燥
させますが冬場はなかなか乾燥が進みません。時間
短縮のために電子レンジを使う方法もありますが出
来たら自然乾燥させたいので冬場はリビングの薪ス
トーブの天板の上で乾燥させています。私の薪スト
ーブの天板は煮炊きが出来るほどは高温にならず
概ね100度以下ですが保温するには丁度いい、加
減です。エアコンの暖房を使われている方は吹き出
し口の正面につるしておく方法もあるようです。


ストーブの天板の上で乾燥中のミカン(陳皮)とオリーブの葉です



ストーブ上は乾燥させるのにちょうどよい場所です
  

Posted by メドウおじさん at 19:10Comments(0)ハーブ薪ストーブ

オリ-ブの葉2019

2019年11月09日

我が家にはオリーブの木が2本あるのですが昨年の
台風で倒れ根が浮いたので修正していたのですが
残念なことに今年の夏に枯れてしまいました。
実のなることを期待して種類の違うものを2本植え
たのですがもう、6,7年になり背丈も3mを超えても
一向に実る気配がなく結局今年枯れてしまいました。
新しい苗木と植え替えようと思いますが当面は1本
だけになるので実はあきらめて、葉をハーブティー
にして利用したいと思います。オリーブの葉のハーブ
ティーは抗酸化作用、抗菌作用があるので風邪の予
防に良いそうです。さらに高血圧の改善にもよいので
MIXハーブティーの材料で使おうと考えています。
風味もクセがないので色々なハーブと合わせやすい
です。ハーブや野草を利用し始めて数年経ちますが
最近思うのはそれぞれの素材も持つ成分が効くとい
うのもあると思いますが私はそれ以上に植物の持つ
「本来の力」の作用が効いているように感じます。
この「植物本来の力」というのは言葉ではうまく説明
できませんがハーブや野草の愛好家の多くは実感さ
れているのではないでしょうか。


採取したオリーブの枝です。



ハーブテイーには葉の部分を使います。乾燥させた後小さく刻んでお茶にします。

  

Posted by メドウおじさん at 17:48Comments(2)ハーブ

放置柑橘の利用

2019年11月07日

下の写真のミカンは見た目はコミカンにそっくり
なのですが果肉はもう、飛び上がるほど酸っぱ
い味です。品種名はわからないのですがご近所
の敷地にもう何十年も放置状態で育っている柑
橘類です。味は酸味が強いですが黄色く色づい
た実の方向は素晴らしく、地主さんや、地主さん
から分けていただいている私はこの果汁で焼酎
を割ったり、甘味が欲しい時は梅酒で割ったり
します。ソーダ水+焼酎で割ると酸味が薄れさっ
ぱりした味で楽しめます。一番のウリは素晴らし
い芳香です。アルコールに弱い私は果汁を多め
にして最近よく楽しんでいます。さらに果汁を絞
った後は果肉の袋を除いて果皮を乾燥させてチ
ンピとして利用します。チンピは風邪にも良く効き
冬のハーブティーには欠かせません。



ご近所さんの放置柑橘です。完熟した見た目はコミカンそっくりですがお味は
飛び上がるほど酸味が強く素晴らしい芳香です。



絞り果汁と焼酎で割って飲むのが最近のマイブームです。今も
ほろ酔いでこのブログを書いています。(笑い)
品種名を知りたいのですがどなたかご存じないですか?


  

Posted by メドウおじさん at 20:32Comments(0)ハーブ果樹

ハーブパウダー作り2019

2019年11月03日

久しぶりに自家用のハーブパウダーを作ります。和の
ハーブパウダーは自家製のサンショウパウダーを使っ
ていますが西洋ハーブでコモンセージタイム、ローズ
マリーをベースにその時々のハーブを加えて作ります。
風味は毎回少しずつ違うのですがそれも楽しみです。
料理の香り付けに使う分がほとんどなので一度作る
と一年は十分に使えます。年に一回収穫を兼ねて
作る様にしています。


今回作った分です。ハーブはローズマリー、セージ、タイムにセロリ、ミツバです。


材料をカラカラに乾燥させて電動のミルで細かく粉砕して出来上がりです。  

Posted by メドウおじさん at 18:44Comments(0)ハーブ

ジュズダマとレモングラスの収穫

2019年10月20日

秋はいろいろなハーブ類の収穫が出来ます。今日は
ハトムギの近縁で代替に使えるジュズダマとレモング
ラスを収穫しました。ジュズダマはハトムギの代用で
和ハーブティーのブレンドに使い飲み易くします。
レモングラスはおなじみのハーブでティーに料理に
と幅広く使用できます。レモングラスは寒さにやや
弱いので地植えは植えた当初は冬越しにの対策も
取っていましたが今は普通に冬を越しています。今年
で5年目になり株も大きくなりました。一か月ほど乾燥
させて使いますが、フレッシュでも新鮮な香りのティー
が楽しめます。


収穫前のレモングラスです。100円の小さな株を5年前に
植えましたが大株に育ちました。



収穫したレモングラスです。葉の長さは150cmほどあります。
直径3cmの束が15束できました。



ハトムギ代用のジュズダマです。ハトムギが欲しいのですがなかなか種が見つからないので
身近なジュズダマを使用しています。



収穫したジュズダマです。
  

Posted by メドウおじさん at 16:53Comments(0)ハーブ和ハーブ

ワークショップを始めたいと思った訳

2019年08月08日

和ハーブや西洋ハーブ使ったワークショップを始めたい
と思ったのは世の中に和ハーブというカテゴリーが定着
する前から山菜や野草の摘み茶が好きで、いつか安全
でおいしい山菜や摘み茶を自宅で楽しめるガーデンを
作りたいと思ったことからでした。コツコツ素材を集め
ようやく骨格が出来始めたときに大塚隆氏と舩橋博士
の協生理論と協生農法を知り自分の目指した方向性
が間違っていなかったことを確信しました。今は仕事の
忙しさにかまけて庭は放置状態で半ば藪化しかかって
いますが徐々に手を入れていく予定です。
私の住む東谷は北九州市南部の東谷川流域の中山
間地で今も山菜・野草・薬草が残る地域です。その魅
力を少しでも伝えたいと思いブログを数年書き続けて
きました。これからは野草の魅力をワークショップとい
う形で伝えたいと思ったのがきっかけです。とはいう
ものの私自身の魅力のなさもあって第一回の企画と
しては決してうまくいきませんでした。今、改善策を考
え次回につなげたいと思っています。幸い時間はまだ
たっぷりあります。(なにせ、私自身は健康寿命で
100歳を目指していますので(笑い)めげずに次に
チャレンジしていきます。



自宅のウッドデッキですがここで和ハーブのワークショップを早くやりたいと思っています
  

Posted by メドウおじさん at 19:14Comments(0)ハーブ和ハーブ協生農法 協生理論