黄瀬戸皿・湯呑

2020年09月07日

黄瀬戸紹介の2回目です。今回は皿と湯呑
です。黄瀬戸釉は鉄分を含む長石・灰釉を
酸化焼成して焼きます。今では電気窯を使
用すれば比較的焼きやすく今では全国ど
こでも焼けますが市販の長石一番釉薬に
酸化鉄を加えた黄瀬戸釉薬を電気窯で
酸化焼成させただけでは、ツルっとした
釉調の面白みがなく深みのない発色にな
ることが多いです。瀬戸の黄瀬戸の名工
の作家さんたちは工夫を凝らした釉薬や
陶土に焼きの温度管理で、桃山時代の
古陶の黄瀬戸のような雰囲気を出すよう
にされています。私は瀬戸の黄瀬戸の作
家さんでは赤津の加藤廉平さん、加藤唐
三郎さん、山口正文さん、や品野の若月
竹光さんの作品が好きです。
もう、30年以上日常使いで使っています
がどれも飽きの来ない作品です。所々傷
を入れたりしていますが漆で修復して大
事に使用しています。
 

山口正文さんの黄瀬戸の一尺鉢です。



しっとりした油毛手の釉調が素晴らしいです



加藤廉平さんの黄瀬戸布目皿です。一部縁が欠けましたが漆で継いで
大事に使っています



同じく加藤廉平さんの角皿です。使い易いサイズで重宝しています



黄瀬戸の湯呑です。左の二つが加藤廉平さんの作品で右端の作品は
瀬戸駅前のお店で求めたものです。無名ですが味のある色合いです。


  

Posted by メドウおじさん at 04:30Comments(0)陶芸のこと

自作の器(漆陶の器)

2020年08月28日

お気に入りの器が欠けたり割れたりした
ものを漆で継いで来ましたが、以前に七
輪陶芸で自作した器に釉薬代わりに漆を
塗って漆陶を作りました。漆陶は無釉の
焼き締めの陶器に漆を釉薬代わりに塗り
ます。人工漆なら多くの色合いのものが
ありますが口にしても問題のない本漆の
場合赤漆か黒漆しかないので色の表現
が限定されるのが難点です。それでも
胎土(陶土)の違いで焼き締めの色が
変化するので微妙な色合いの変化は楽
しめます。今回は盃と豆皿と小鉢代わりの
小ぶりの茶碗です。


七輪陶芸や漆陶に興味のある方はお教えしますのでメールを
頂ければ詳しいご案内をいたします。
yokamon01@gmail.com  まで
 


小ぶりの茶碗です。赤漆で蒔いてみました。



黒漆をよく練って透き漆にして蒔いた、小鉢代わりの茶碗です。



上段が黒漆の豆皿で下段が黒漆に赤漆の三日月の模様を入れた盃です
  

Posted by メドウおじさん at 14:46Comments(0)クラフト陶芸のこと

瀬戸の織部釉

2020年08月23日

瀬戸には五釉といって五つの特徴的な
釉薬があります。織部、黄瀬戸、古瀬戸
(飴釉)、御深井、瀬戸黒(黒釉)です。
織部は長石透明釉に酸化銅を加えて
酸化焼成したものです。美しく深い緑の
発色が特長です。鉄釉で絵を描いた鳴
海織部 織部釉を全面に掛けた総織部
などです。私はとくに総織部が好きで青
みがかったブルーの発色したものから
濃く、くすんだ発色のものまで作家さん
により色々です。瀬戸物祭りで求めた
お気に入りの総織部の皿があったので
すが不注意で割ってしまいました。
5枚組で求めたのですが次々と割れて
2枚しか残っていませんがこのまま処分
するのも忍びなかったので無理して漆
継ぎで繕いました。


総織部の杯と鳴海織部のぐい呑みです。

 
鳴海織部と青緑の発色の小鉢です。どちらも瀬戸物祭りで求めました



加藤作助窯の現当主、加藤信也さんの船形向付と洗面の箱ものです。作助窯の織部は
作助織部と呼ばれる濃くくすんだ色合いが独特です。



普段使いの総織部の飯椀と7寸皿です



お気に入りの総織部の5寸皿です。5枚組でしたが3枚割れてしまいました。
これも瀬戸物祭りで求めた女性作家さんの作品です。



割れてしまいましたが処分するには忍び難くて漆継ぎして使っています。
  

Posted by メドウおじさん at 12:14Comments(0)陶芸のこと

黄瀬戸のぐい呑み、杯

2020年08月22日

私は25年前は勤務の関係で愛知県の
瀬戸市に住んでいました。瀬戸市とい
うと今では将棋の藤井2冠居住地で有
名ですが私がいたころは瀬戸万博の
開催が決まって盛り上がり始めた頃で
同時に古くからの焼き物の産地で有名
です。毎年9月には瀬戸物祭りに全国
から焼き物ファンが集まり盛り上がりま
す。当時は祭りの会場近くに住んでい
たので日に何度も掘り出し物を求めて
出撃していました。そんな具合で瀬戸
に在住した8年間に本場の陶芸作品
に親しんでいました。瀬戸の焼き物は
どれも好きですが特に黄瀬戸は大好き
で気に入った窯元やお店で気に入った
作品を見つけるとつい手が出てしまい
気がついたらお酒は弱いのにあれこれ
集まっていました。

そのうちに自分でも釉薬を調合して七輪陶芸で自作するようになっていました。



瀬戸の赤津焼の窯元、野田東山さんの黄瀬戸杯です。薄い黄色で砂黄瀬戸の
風合いです・。布目模様の黄瀬戸の一尺皿を求めたときにおまけで頂きました。



瀬戸物祭りの会場で見つけた若い作家さんの(当時は20代)作品です。
高台を削ってあるデザインが斬新でした。



瀬戸の名工、加藤廉平さんの作品です。アヤメ手の黄色が美しいです。
残念なことに飲み口の一部を小さく欠かせてしまいました。近いうちに
金継ぎで補修します。


瀬戸の作家さんではありませんが広島在住時代に見つけたぐい呑みです。
確か益子方面の外国人の作家さんです。横浜在住時代にギャラリーでも
見かけました。



手轆轤で作った自作のぐい呑みです。自作の雑木灰と
瀬戸で採取した黄土と風化長石を合わせた自作釉薬を
七輪で焼いたものです。少し還元気味になったので
くすんだ黄色味に発色しました。


  

Posted by メドウおじさん at 20:33Comments(0)陶芸のこと

一閑堂作 窯変欽庸皿 銘、銀河

2020年08月04日

今回ご紹介するのは私が親しくさせて
いただいている一閑堂、吉田氏の窯変
欽庸皿です。欽庸釉の皿をガス窯で焼
成したものです。本来は2枚目の写真の
ように酸化焼成で爽やかな薄めのブル
ーに発色するのですが窯の中の一部
の場所で還元となり星空のような結晶
が浮き出た作品となりました。一目で
気に入り分けていただき勝手に銘、銀
河と名付けて楽しんでいました。ところ
が好事魔多しということわざがあります
がうっかり落として割ってしまいました。
一時は相当落ち込みましたがそのまま
処分するのは忍び難く欠片を集めて本
漆継ぎで復元しました。本来は金粉で
蒔くのですが、今は金価格が高騰して
いてしばらくは様子見にしています。
私は好きな器は出来るだけ日常使
いしているのでどうしても傷が出来る
のでできるだけ修復して使うようにし
ています。




まるで銀河が浮き出たような窯変欽庸釉の皿ですがうっかり割ってしまったので
本漆で継いでいます。



上の窯変皿と同じ窯で同時に焼いた欽庸釉の皿です。本来はこの作品を作る
予定だったそうです。

  

Posted by メドウおじさん at 17:02Comments(0)陶芸のこと

身近な土を焼いてみよう(ワークショップメニュー)

2020年06月06日

ワークショップ工房メドウガーデン用のメニ
ューの一環として身近な土での陶芸体験を
考えています。陶芸は一般には耐火度のあ
る陶芸用粘土で作りますが極端な話、その
辺の土でも本焼きすれば陶器は無理でも
土器なら十分にできます。(ただし複雑な
形は無理な時もあります。)今回のメニュ
ーでは簡単な箸置きを作ってもらいます。
粘性が足りない時は粘土とブレンドして
作ります。
コースは
1回(1日)で完成させる無釉の箸置きを
七輪陶芸で作るコースと

2回(2日)で完成させる釉(楽釉薬)を
つかうコース

の二種類です。焼いてみたい身近な土を
持ってきていただきそれをメインで作りま
す。
まだメニューは完成していませんが個別
にご連絡(メール)を頂ければトライコース
として実施できます。トライコースは無料
ですが一組2名までが原則で詳しくはメ
ールでやり取りして詰めさせて頂きます。
問い合わせ先メール
 yokaon01@g-mail.com




このような感じで焼きあがります





このような七輪陶芸で焼きます。

  

Posted by メドウおじさん at 20:53Comments(0)陶芸のこと

若松区本町出土の粘土

2020年06月04日

北九州市若松区本町の工事現場から出土
した粘土です。この一帯は昔からの埋め立
て地で地盤は地表から数メートルは砂混じ
りの粘土層です。マンションなどの工事の
際は地盤への杭打ちが欠かせません。
杭のために地層を掘り下げて出土した粘
土は陶芸で使うには粘性が不足のようで
すが粘り気のある粘土と合わせれば使え
ます。このような海浜性の粘土はどうして
も塩分の影響を受けるので耐火度が低く
なりがちです。逆に言うと七輪陶芸など簡
易窯では本焼きがやりやすいメリットがあ
ります。この土がどんな風合いを見せるの
か箸置きと豆皿を成型して単味と粘土を
MIXしたものと作り比べたいと思います。
そろそろ梅雨時で七輪陶芸には向かない
季節ですがここしばらく焼いてないので久
しぶりに本焼きをしてみたいと思います。


ここの粘土は砂気が多い土です。次はこの土を使って成型します。

  

Posted by メドウおじさん at 19:44Comments(0)陶芸のこと

七輪陶芸で焼く無釉焼き締め箸置き

2020年05月11日

「ワークショップ体験工房、メドウガーデン」
の七輪陶芸入門コース用のプログラムを
開発中です。七輪陶芸とは故吉田明氏が
考案した身近な家庭用具の七輪、炭、ヘア
ドライヤー(送風機)で作る本焼きの陶芸作
品が作れるものです。作品の大きさは七輪
という道具の制約上大きなものは難しいで
すが(それでも工夫次第でかなりの大きさの
ものも作れます)
朝ドラのスカーレットでやっていた焼き締め
の作品なども作れます。この入門コースで
はその日のうちに作ってもって帰れる無釉
焼き締めの箸置きを作っていただきます。
2回コースだと釉薬をかけた猪口や手塩皿
(小皿)が作れます。七輪陶芸は入り口は
広く簡単に入れますが、奥は深く本格的
な陶芸理論も習得できるものですがとり
あえず誰でもできる入門コースとして最適
です。
七輪陶芸入門コースをやってみたい方は
メールでご連絡いただければ詳しいご案
内をいたします。
アドレスは yokamon01@gmail.com
です。





無釉焼き締めの箸置きです


  

Posted by メドウおじさん at 20:32Comments(0)陶芸のこと

小麦の収穫2020-1

2020年05月08日

昨年の小麦の栽培は無肥料、無農薬、不耕
起の協生農法で育てましたが、まだ無理があ
ったようで、ごく少量の収穫しかできませんで
した。何とか今年用の種麦がやっとでした。
昨秋は冬野菜と混成でごく少量肥料を使った
ところ自家用の麦茶には十分の量が採れまし
た。本日第一弾で収穫しましたがもう少し完
熟させたいのとソラマメの猿害からの目隠し
用に植えている場所はもう、3,4日置いてお
くことにします。この判断が吉と出るか、猿に
やられてしまうか、一種の賭けです。来年は
なんとか大麦の種を入手して本格麦茶を作
りたいのと小麦ももう少し作付けを拡大して、
なんとか全粒粉をつくり自家製のパン、もし
くはピザを作ってみたいです。
(元々がうちの小麦は観賞用の斑入り小麦
の自家採種10代目のものなので味にはそ
れほど期待していません)

追記 この記事を書いてから麦の事を調べ
ていたら我が家の斑入りの麦は小麦ではな
く大麦の一種だとわかりました。ただ大麦だ
としたら市販の麦茶の麦と比べたら粒も小粒
だったので小麦だと思い込んでいたようです。



麦の壁がソラマメの目隠しになっています


本日の収穫分です


左は脱穀する分の穂先です。真ん中はまだ青い未成熟の穂ですが
これは奥さんがクラフトの材料として使います。右は穂先の下の茎です。
これは乾燥させてストーブの着火剤代わりに使うか、燃やして灰を摂り
七輪陶芸の釉で使います。


  

Posted by メドウおじさん at 21:06Comments(0)食べ物クラフト陶芸のこと

一閑堂さん、春の展示会の様子

2020年03月30日

一閑堂、吉田さんの春の展示会が3月28日、
3月29日の両日、東谷の造り酒屋さんの無
法松酒造さんの店舗で行なわれました。この
ような時期なのでお客さんも少なめでしたが
日本酒(無法松)を購入に来られたお客さん
も足を止めて見学していました。私は仕事の
都合で29日に見に行きました。事前にリクエ
ストしていた還元焼成したどんぶり鉢も展示
されていました。今回のものは昨年秋のもの
より一回り小ぶりのものでした。前回のもの
と少し趣は違いますが、むしろ同じものより
変化があってよかったです。
工房は小倉北区の篠崎で少人数ですが作陶
教室もされています。興味のある方の問い
合わせ先は下記です。


TEL 090-8765-2658(吉田)






無法松さんの直売店舗の小上がりで展示会は行われます



今回もとめた作品です。大きさは中央左の500円玉と比べると
想像がつくと思います。


  

Posted by メドウおじさん at 19:50Comments(0)陶芸のこと

一閑堂さん春の新作展

2020年03月26日

今年も恒例の一閑堂、吉田さんの春の新作
展が東谷の造り酒屋、無法松酒造の店舗
小上がりで行われます。
一閑堂さんの新作展は例年は無法松酒造
さんの蔵開きの一週間後に行われていまし
たが今年はコロナウイルス騒動で蔵開きが
中止になりました。新作展はごく小規模な
ものなので例年より小規模なもので開か
れることになりました。私は毎年生活陶器
をここで求めることが多く、今年は昨年秋
に求めた還元焼成のどんぶりが気に入
ったのでもう一つ二つ追加購入したく楽
しみにしております。


一閑堂さんの案内状です


今回購入予定のどんぶり鉢です。石はぜのでた赤土の胎土に
刷毛目の釉薬が豪快などんぶり鉢です

  

Posted by メドウおじさん at 20:29Comments(0)陶芸のこと

葉々窯、窯開き展

2019年05月03日

毎年5月3日から5日まで開かれる西谷の合馬の葉々
窯さんの窯開き展に行ってきました。今年も照葉樹の
萌黄色が美しい季節の展示会です。ご自宅に隣接す
る窯場と展示場で開かれています。ご主人で作家の
佐藤さんは白い粉引きが得意な方ですが今回は昨年
から出品している黒銀の器と、今回は茶色の器も出さ
れていました。合馬の産直市場のすぐ先に専用の臨
時駐車場を設けてあります。そこから徒歩で200m
です。奥さまは門司で「うちのパン」というパン屋さん
を運営されていて今回ご一緒に出店されています。
明日とあさっては合馬の産直市場もやっているの
で、ご興味のある方はぜひご覧になってください。お値
段も食器各種が1000円から3000円台に設定されて
います。


専用臨時駐車場から北を見ると萌黄色の山裾の赤い石州瓦の民家が
葉々窯さんです。









今回粉引きのボウルを購入しました。いろいろな使い方が出来る器です。





右の白い粉引きの豆皿はお土産に頂きました。ちなみに左の黒い豆皿は
私の作品で漆仕上げにしています。


  

Posted by メドウおじさん at 20:28Comments(0)陶芸のこと

葉々窯かまびらき2019

2019年04月28日

合馬で白い粉引きを中心に作陶する佐藤さんの
葉々窯の春の作陶展が間もなく始まります。
佐藤さんは白く柔らかい風合いのテーブルウェア
が得意ですが近年は趣を変え銀黒の黒陶の風合
いの食器を作られています。昨年この新しい小鉢
を数点購入しました。今年の会期も5月3日~5月
5日までご自宅兼窯場で開催されます。駐車場は
期間中特別駐車場をご用意しているのでそちらを
ご利用ください。お車は期間中は現地の窯場には
入れません。また佐藤さんの奥さまは門司で手作
りパン屋さんを運営されていますが、期間中は窯
場の会場で頂くことが出来ます。
粉引きの陶器がお好きな方にはぜひお薦めです。





窯開きの案内です・


昨年購入した黒銀の小鉢です。

  

Posted by メドウおじさん at 21:30Comments(0)陶芸のこと

一閑堂さん、蔵開き展

2019年03月25日

来週3月31日から恒例の一閑堂さんの展示会が、先週
蔵開きが行われた無法松酒造さんの店舗小上がりで行
われます。欽庸釉薬というスカイブルーの釉薬で焼いた
食器が使い勝手が良く日常使いの器として愛用してい
ます。今回少し大きめの平皿があれば入手したいと
思います。作家の吉田さんは初日と最終日の4月7日
に会場にいらっしゃいます。焼き物がお好きな方は是非
どうぞ。

今シーズンはまだ一度も七輪陶芸をやっていないので最低一回は焼きたいです。  

Posted by メドウおじさん at 19:31Comments(0)陶芸のこと

お気に入りの小鉢修復

2019年03月14日

私がお気に入りの御本が出た萩焼をついうっかり割
ってしまいました。この作品は、柔らかい雰囲気が出
て気に入っているのですが、衝撃にやや
弱いのがたまに瑕です。酸化焼成の特徴は高温の
焼成時に窯の中の酸素を器の中に取り込むので器
が柔らかくふんわりとした雰囲気があります。
一方反対の還元焼成では窯の中の空気を絞って焼
くので酸素不足気味になり器の中の酸素を放出する
ので器が焼き締まり渋い暗めの色合いになります
。酸化焼成の陶器は取り扱いに注意した方が良いで
す。修復ですが食器なので漆を使います。なるべく小
さなかけらから漆で接着して組み上げます。完全に硬
化するには半年ぐらいかかりますが6ヶ月ほどで実用
上差しさわりのない強度になります。


御本が出て気に入っていたのですが、うっかり割ってしまいました。
小さく割れたものから組み上げていくのがコツです。



細かく5か所に割れています。この部分から修復します。



細かい部分が修復できたら大きい部分を接着します。接着は麦漆と言って
漆に小麦粉を混ぜて作ります。麦漆は多めに接着面につけてメンディング
テープで補強します。漆は空気中に湿度が十分にないと硬化しないので
缶の中に濡れたティッシュと一緒に入れて感想を待ちます。順調なら一週間
ほどで余分な漆を削れるほど硬化します。




はみ出た余分な漆を小刀で削り取ります。  

Posted by メドウおじさん at 20:19Comments(0)陶芸のこと

漆塗りの盃

2019年02月08日

この盃は一度七輪陶芸で本焼きしたものですが、残念
なことに器に小さなひびが入ってしまいました。このまま
では使えないので、いつもなら豆盆栽用の豆鉢として使
うのですが今回はちょうど金継ぎで使っていた本漆があ
ったので補修を兼ねて釉の代りに漆で上塗りしました。
漆黒のしっとりした仕上がりになり、お気に入りで最近よく
使っています。盃の見込みの部分にベンガラを混ぜた赤
漆で三日月の模様を入れました。お酒を注ぐと水面に写
る月影のようで気に入っています。これでお酒が進む
というところですが、下戸の私は盃で2杯も飲めば、もう
出来上がってしまいます。(笑い)


無釉で七輪で本焼きしたものに漆を塗ったものです。見込みの模様は赤漆で描きました。
  

Posted by メドウおじさん at 21:27Comments(0)クラフト陶芸のこと

合馬の葉々窯、窯開き

2018年05月04日

合馬の粉引きの器が中心の葉々窯さんの窯開き祭りが
5月3日から5月5日まで開かれています。例年は白い
粉引きの器が中心ですが、今年は白とは反対の黒い器も
作られています。黒というより灰黒で落ち着いた色合い
になっています。白い器も良かったのですが、せっかく
なので黒い器の小鉢を求めました。蔵開き祭の期間は
奥さまが運営されている手作りパン、うちのパン屋さんも
臨時出店されています。モチモチの食感と小麦の味がしっ
かりしたパンでとてもおいしいです。器がお好きな方は
是非ご覧ください。


今回購入した小鉢です。



店内の作品の一部です





お店の地図と連絡先です。


  

Posted by メドウおじさん at 18:35Comments(0)陶芸のこと

一閑堂さん春の新作展

2018年03月25日

本日から新道寺の山家酒造さんで一閑堂さんの春の
新作展がはじまりました。毎年無法松酒造さんの蔵開
きの一週間前に行われます。作家の吉田さんは某高
等学校の先生でもありますが陶芸もプロ級の腕前です。
毎年日常使いのシンプルな食器を中心にリーズナブル
なお値段で提供してくださっています。
私は淡いスカイブルーの器が好きで、これは欽庸釉と
よばれる銅系の釉を酸化焼成すると発色するのですが、
今回は同じ欽庸釉をガス窯で還元焼成したお皿があり
ました。欽庸釉は還元焼成すると赤紫色に発色するの
ですが今回 窯変して釉薬の結晶が星空の銀河のよう
に浮き出たものがありました。今回迷わずゲットした一
番の収穫です。
他にも萩焼で御本という緋色の模様が発色した小鉢を
購入しました。他には昨年も出品していたオリジナルの
コーヒーサーバーセットも釉を変えたものが出ていました。
展示は来週日曜日4月1日まで開かれていますが作家
の吉田さんがいらっしゃる日曜が良いと思います。
器に関心のある方はぜひ、いらしてください。


同じ欽庸釉ですが左が還元焼成窯変で銀河の星空が浮き出たもので右は淡いブルーに発色した
酸化焼成した器です。


左の小鉢が御本が浮き出た萩焼です。



展示会は東谷は新道寺の造り酒屋、無法松酒造さんのお店の小上がりで行われています。



来週日曜日まで開かれています。


  

Posted by メドウおじさん at 10:00Comments(0)陶芸のこと

一閑堂さん春の作品展

2018年03月05日

一閑堂さんは毎年山家酒造さんの蔵開きの前週に山家
さんのお店の小あがりの座敷で作品展を開いています。
私もかれこれ5,6年毎年顔を出させていただいています。
作家の吉田さんは毎年テーマを作って作品を作られてい
ますが基本は日常使いの器です。例年、和のテイストの
ものが多かったのですが、ここ1,2年和モダンな器を多く
作られています。昨年はティーサーバーのセットで今年の
案内状にはモダンな感じの淡い色合いのカップになってい
ました。私は吉田さんの飾らないお人柄が好きなのですが
何よりも上質な日常使いの器をリーズナブルなお値段で提
供してくださるのが助かります。
((笑)。陶芸の作家さんは有名になられると値段が上がっ
ていかれますがお気に入りの作家さんの名が上がるのは
一ファンとしてもとてもうれしいことです。




過去の購入した一閑堂さんの作品の一部です。どれも普段使いで使い易いです。

  

Posted by メドウおじさん at 18:27Comments(0)陶芸のこと

鼠志野

2018年02月20日

鼠志野は志野焼の技法のひとつでざっくりとした白土系
のもぐさ土で素焼きした器に鬼板など含鉄土で化粧がけ
し化粧土をかき落として模様を入れさらに釉として白い
長石釉をかけて焼く難しい工程を含む陶器です。茶色い
化粧土が白い長石釉に透けて灰色の鼠色に見えること
で鼠志野と呼ばれています。今回の作品は鉄分を含む
赤土系の土の上に長石釉をかけて焼いたもので鼠志野
もどきですが個人的には気に入っています。自分で焼い
た作品は素人作品の悲しさで使い勝手がイマイチのもの
が多くあまり日常使いすることは少ないのですがこの作
品は珍しく日常使いしています。素人らしい厚みのある
器でお茶が冷めにくく持っても熱くなりにくい利点があり
ます。(笑い)


お気に入りの湯呑です。



こちらは瀬戸で購入した鼠志野の湯呑です。少し白っぽく見えますがもう少し灰色がかっています。
  

Posted by メドウおじさん at 21:31Comments(0)陶芸のこと