痛風と菊の花

2020年05月20日

先日痛風発作が出て利尿を促進する野草茶
で応急的な痛み除去は出来たのですがまだ、
足指の付け根あたりに痛みが残っていて踏
ん張りがききません。ネットで調べると痛風
の痛みに田七人参と菊の花を原料にしたサ
プリが効果がありそうに思えました。(あくま
でも私、自身についてです)
特に野生の野菊は昔から関心があって、一
時は各地の野生野菊を収集していましたが
、庭の環境に適合して生き残ったのは白花
のノジギクと黄花のシマカンギクでした。
そこで今年の秋はこの菊の花を採取して仙
人茶の原料に加えたいと思います。ノジギ
クは瀬戸内海から九州の東岸の海岸に自生
する野生菊でシマカンギクは西日本の海岸
から山地まで分布しています。東谷でも以
前は多く見かけましたが今は里の方では
めったに見かけません。平尾台上では秋
になると草原の中に小さな群落を見ること
が出来ます。3,4年お世話をさぼったので
今年はしっかりと世話して、山菜、薬草の
ゾーンにも移植しておきます。


庭のノジギクです。
 



私が海水を汲みに行く若松の岩屋海岸のシマカンギクです
  

Posted by メドウおじさん at 20:34Comments(0)季節の花和ハーブ

皿倉山の山桜と祇園町の桜並木

2020年04月12日

もう、ピークは過ぎてほとんど散ってしまった
山桜ですが八幡東区の皿倉山の頂上付近
に多くの山桜があることは不覚にも今まで
知りませんでした。ケーブルカーの終着駅
付近から山頂にかけてかなりの数の山桜
があります。吉野の山桜とはいきませんが
それでもかなり見ごたえがあります。来年は
ぜひまじかで見たいと思います。また皿倉
山の麓からJR八幡駅近くの坂道にはソメ
イヨシノの見事な並木があります。一年の
うちのほんの10日ほどの見ごろでしょうが
見事な景観を作っています。きっと地元の
方にも愛されているのだと思います。ここも
もう、終わりごろでピークの時を見れなかっ
たのは残念でした。


頂上付近でピンクに見える部分が山桜です



祇園町の桜並木です


  

Posted by メドウおじさん at 18:45Comments(0)季節の花東谷(北九州)の紹介

我が家のソメイヨシノ2020

2020年04月08日

今年の我が家のソメイヨシノは咲き始めが
周囲より少し遅れたのですがその分花持
ちがよくさすがに散り始めましたがもう一日
二日は楽しめそうです。実は我が家の桜を
毎年楽しみにしてくださる方がいらっしゃい
ます。その方は私よりひとつ年上の息子さ
んがいらしたのですが5年ほど前に病気で
亡くされています。息子さんが亡くなった年
の春に小倉城でお花見をされたそうでたい
そう喜ばれたとのことです。亡くなられた翌
年の春から毎年桜の花枝を差し上げてい
ますが毎年喜んでくださいます。草花には
こうした亡くなった方を思い出させる力が
あります。亡くなった方をいつも思い出し
てあげることは最高のご供養とも言われ
ます。私の亡くなった母親も庭の草花が
大好きだったのに最近は庭が荒れて申し
訳ない気持ちで一杯です。母の事を思い
出しながら庭の手入れをしたいと思いま
す。






今年の我が家の桜(ソメイヨシノ)です


  

Posted by メドウおじさん at 22:28Comments(0)季節の花

アメリカフウロソウの進出

2020年04月05日

アメリカフウロソウは薬草のゲンノショウコに
よく似ていてちょっと見は見分けがつきませ
ん。唯一ハッキリとわかる違いはゲンノショウ
コは秋に赤花(西日本に多い)白花(東日本
に多い)を咲かせます。アメリカフウロソウは
今時分から薄いピンクの小さな花を咲かせ
ます。またゲンノショウコは在来の薬草とし
て有名ですがアメリカフウロソウは北米か
らの帰化植物で特別な薬効はみとめられま
せん。また、いま旺盛な繁殖力であちこちで
勢力を増して同属のゲンノショウコが少なく
なっているように思います。「おや?こんな
ところにゲンノショウコが?」と思ってよく見
るとアメリカフウロソウだったことが大半で
す。ゲンノショウコも決して弱い野草ではな
く私の庭や畑では勝手に自生しています。



アメリカフウロソウの花です。切れ込みの深い葉も
特長ですが幼株の頃は切れ込みも浅く減の書庫と見分けがつきにくいです

  

Posted by メドウおじさん at 08:48Comments(0)季節の花

ニワトコの木

2020年03月29日

先日旧322号線の道路わきにニワトコの花
が咲いていました。ニワトコは接骨木といい
昔から漢方薬の素材でした。また春の木の
芽山菜としても利用でき先日NHKの尼寺精
進日記で庵主さんが調理されていました。
てんぷらなども美味しいそうです。美味しい
そうですと人ごとのように書いたのは、私は
山菜は基本自分で食べたものを記事にする
ようにしていますがニワトコは調べたら食べ
過ぎると当たる(腹を下す)という話も聞いて
いるのでまだ自分では食していません。それ
でも興味はあるので来春はチャレンジしてみ
るつもりです。山菜は美味しいですが有毒の
ものも意外と身近に存在するのであくまでも
口にする時は自己責任の必要があります。
少しでも自信がない時は絶対に口にしない
ことが大切です。
ニワトコについては現時点では食べないと
いうのが正解だと思っています。


ニワトコの花です。ここまで大きくなると食べる事はできません。
新芽も食べ過ぎるとお腹を壊す(下す)と言われているので
現時点では食べないのが無難です。



ニワトコの全体像です。
  

Posted by メドウおじさん at 07:06Comments(0)季節の花

東谷の山桜

2020年03月24日

東谷の山桜は例年ならソメイヨシノに少し遅れ
て咲きだすのですが今年は順番が逆転してい
ます。ソメイヨシノはまだ咲き始めでパラパラ
ですが山桜は場所によってはもう見ごろにな
っています。下の写真は高速道路わきの桜
で見ごろになっています。
山の中腹でも所々、ピンクに染まり始めてい
ます。私の庭では今は彼岸桜が満開から散
り始めで間もなくソメイヨシノが咲き始めます
。わずか10日ほどの短い期間ですが今年も
また楽しめると思うと嬉しい限りです。
ソメイヨシノが咲き始めると山野草も一斉に
咲き始めます。これからの一か月は次々に
花が咲いて田舎暮らしをしていて思わず
よかったと感じます。今年も一年ぶりに再
会できる植物たちが楽しみです。


山桜がもう見ごろになっています



こちらは我が家の彼岸桜です





お気に入りの山野草のフクジュソウとオオミスミソウです


  

Posted by メドウおじさん at 23:22Comments(2)季節の花

春の花木

2020年03月12日

3月に入って庭の春の花木が次々に咲き始
ました。梅とサクランボはもう終わりです
が彼岸桜(豆桜、富士桜)が例年より少し
早く咲き始め今が五分咲です。来週の後
半にはソメイヨシノも咲きそうです。東谷は
今から五月まで一年で一番美しく美味しい
季節がやってきます。野草の摘み草シーズ
ンはもう始まっていますがタラノメやウコギ
などの木の芽山菜も間もなく顔を出します。
美味しくて美しいこの季節を十分に楽しみ
たいのですが今年はまだ仕事を卒業で
ません。来年こそはこの季節を24時間楽し
みたいです。
<今咲いている庭の花木>
サクランボ、彼岸桜、モクレン、マンサク、
椿、など
<今咲いている草花>
スイセン、ラッパスイセン、クリスマスロー
ズ、スミレ、フクジュソウ、ユキワリイチゲ、
アミガサユリ(バイモ)、ハルノノゲシ、
オオイヌノフグリ、ホケノザ、タンポポ、
ムラサキケマン などなどです。




ハルノノゲシとオオイヌノフグリです



ラッパスイセンです



ご存じ、タンポポです



彼岸桜です


ムラサキハナナ(諸葛菜)です



椿です



アミガサユリ(バイモ)です



ハクモクレンです


  

Posted by メドウおじさん at 20:06Comments(0)季節の花

早春の庭花

2020年02月23日

福岡県は昨日春一番が吹いて本日は春の日差し
を感じることが出来ました。庭もそろそろ春の足音
が聞こえています花木なら梅、椿、もう終わりかけ
の蝋梅、マンサクも咲き始めました。木下にはこぼ
れ種で殖えたクリスマスローズが花盛りです。
水仙は表と裏の年が交互ですが今年は当たりの
表年です。水仙は昔ながらのニホンスイセンです。
香りが良く冬の寒い盛りから咲いてくれる花期の
長い花です。花は綺麗なのですが一つ困るのが
スイセンの幼株はニラやノビルとよく似ていること
です。球根をはじめ、葉や全草に毒があり最悪だ
と死亡事故も発生しています。一重のニホンスイ
センは種でも増えるので畑の隅にスイセンの幼株
育っていたので庭に移植しておきました。この
ブログでは摘み草採取を良く取り上げますが毒草
の情報も積極的に発信するので、摘み草をされる
方はご注意ください。 



白梅が花盛りです。



椿の花もピークです。今年は枝変わりが咲きました。



クリスマスローズは毎年よく咲いてくれます。



スイセンも今年はよく咲きました。


  

Posted by メドウおじさん at 19:00Comments(0)季節の花

梅の開花、春の訪れ

2020年02月08日

今年は梅の開花が早く、ご近所さんではすでに
満開です。私の所も3分から5分といったところ
です。我が家の梅は薄いピンクの八重と一重の
白梅です。白梅は南高梅と品種不明ですが実
成のよい種類です。昨日から今日にかけては
今シーズンで初めて冬らしい天気ですが庭の
各場所では春山菜の動きが始まっています。
フキノトウはもう中盤ですし、お浸しで美味しい
ホトトギスやセリ、シャクなどももう摘みごろに
なっています。その他ではまだサイズは小さ
いですがヨモギも新芽が動いています。今
の時期のものはサイズは小さいですがアク
ガなく食べやすいです。ここ二、三年協生
野菜の実験に忙しく庭の手入れをさぼって
いたので今年は手を入れることにします。



薄いピンクの八重の梅です。




南高梅の幼木です



ご近所の梅です。もう満開近くになっています。

  

Posted by メドウおじさん at 13:34Comments(0)季節の花

ホトトギス

2019年10月28日

久しぶりに季節の花の話題です。下の写真はホト
トギスです。ホトトギスは昔から好きな山野草で春
の新芽は山菜としておいしいですし秋の花も個性
的で花付も良いので育てがいがあります。また原種
の種類も多くコレクションの楽しみがあるものです。
一時期山野草展で珍しい品種を見かけると時々購
入して育てていましたが植えて2,3年は順調なの
ですがその後徐々に弱り定期的にお世話しないと
4,5年で消えていきました。決して弱い植物では
ないのですが最低限の手入れがないと維持する
のは難しいようです。その中で写真の品種はとて
も丈夫で完全に放任でも毎年よく花を咲かせてく
れます。花は日本の普通種のホトトギスですが花
の付き方が台湾ホトトギスと同じなのでおそらく
ハイブッリットです。そのせいかとても丈夫なのだ
と思います。ホトトギスが終わると間もなく菊の季
節です。



このホトトギスは多分日本産のホトトギスと台湾ホトトギスのハイブリッドだと思います。



こちらはフジバカマです。赤味の濃い園芸種です。

  

Posted by メドウおじさん at 20:40Comments(0)季節の花

街中に香る金木犀の香り

2019年09月30日

9月の下旬から10月の上旬にかけて毎年町内は金木
犀の香りに包まれます。金木犀は夜から朝にかけてよ
く香るので、出勤時は町内のそこかしこで金木犀の香
りが漂い、気持ちよく出勤できます。金木犀の仲間は
花の白い銀木犀とオレンジ色の金木犀がありますが
丈夫で成長の早い金木犀が庭木として良く普及して
います。今の季節なら香りでどこに生えているかすぐ
にわかるので一度町内の金木犀マップを作ってみるの
も面白いと考えています。


我が家の金木犀です。この大きさのがあと2本あるのでこの季節の庭はいい香りに包まれます。

  

Posted by メドウおじさん at 20:42Comments(0)季節の花

丹波旅行記3(大地農園)

2019年08月31日

丹波の旅行記も最後になりました。今回は大地農園
(オオチノウエン)の話です。大地農園は丹波に本社
のある会社で、プリザーブ・ド・フラワーやドライフラワ
ーの生産で国内シェアの90%以上を持つ会社です。
有名なフラワーアレンジャーの方も多く利用されてい
ます。
今回お世話になった小野尻庵の正面田圃に紫陽花
が多数咲いていて気になって庵主に聞いたところ大
地農園のドライフラワーの素材用に栽培しているとの
ことでした。どれも青やピンクの鮮やかな花色では
なく少しくすんだ色合いになっていました。我が家も奥
さんが紫陽花のドライフラワーを毎年作っていますが
花を採取するタイミングが微妙で早すぎると花がうまく
乾燥せずにチリチリに委縮してしまいます。また遅す
ぎると花が茶色のシミが入り綺麗にできません。私の
所では数年あれこれ採種時期を試して花色が少し
くすむ直前がベストと感じています。大地農園でも
やはり同じタイミングのようです。




大地農園sんのドライフラワー用のアジサイ畑です。かなり大掛かりに栽培されています。

 

今年我が家で作った紫陽花のドライフラワーです
  

Posted by メドウおじさん at 20:50Comments(0)季節の花その他

キクイモ2019夏

2019年08月24日

我が家のキクイモは昨年は収穫を見送ったので今年
は子芋の発芽苗が多数発生しています。今年は絶対
に収穫しないと来年は物凄い数で収拾がつかかなく
なりそうです。この勢いがあまりに強すぎることが栽培
作物として敬遠されるところかもしれません。我が家
のキクイモは先月の台風8号の影響で背の高い株は
軒並み倒されてしまいました。根は浮いてないので
枯れることはありませんが見た目が悪いので適当な
高さでバッサリと剪定しました。冬の収量は多少減る
かもしれませんが、勢いが少し落ちるぐらいでちょうど
よいかもしれません。このブログでも何度か触れまし
たがキクイモにはイヌリンという天然のインシュリン様
の成分が含まれます。最近血糖値が気になるので来
年はしっかりとキクイモを摂ろうと思います。


キクイモの群生と花です。
  

Posted by メドウおじさん at 21:19Comments(0)季節の花

夾竹桃の毒性

2019年08月17日

夾竹桃は昭和の40年代ごろから道路街路樹や学校
や公共施設の植樹として多く使われてきました。暑さ
や寒さに強く排ガスなどに強い性質であった為です。
ところがこの植物は大変な猛毒を全身(根、幹、枝、
葉に)もっていて飼料に混ざった葉を食べた家畜が
中毒を起こし死亡したりしています。
また剪定した枝葉を焼却すると煙に毒が混じり吸
い込んだ人が中毒をおこし重体になった例もありま
す。毒性は青酸カリ以上とも言われトリカブト並みの
毒性があります。人の死亡事故も報告されています。
ボランティア清掃などで夾竹桃街路樹を切ってしまう
と後始末が大変です。伐採や剪定をする時は必ず
専門業者に依頼し適切な後処理をする必要がありま
す。トリカブトなどは珍しい植物でそうめったに目に
するものでもないですが夾竹桃は身近にあるだけ
に要注意です。


じりじりと照り付ける日差しの中でも生き生きと咲いている
様子は見事ですが剪定処理は要注意です。
落ち葉の腐葉土にも毒性が残るほどです。

  

Posted by メドウおじさん at 20:21Comments(0)季節の花

梅雨入り間近

2019年06月14日

大幅に梅雨入りが遅れていた北部九州も間もなく梅雨
入りです。今日は梅雨の走りのような雨が降り出しまし
た。予報によるとこの週末か来週中ごろには梅雨入り
しそうです。これほど遅くなったのは最近ではあまり記
憶がありません。アジサイもやっと色づきが良くなりま
した。我が家のものは古いタイプの濃いピンクとスカイ
ブルーの青い大きめの花が咲くタイプです。最近はい
ろんな花形、花色のものが多くありますが古いタイプ
も、かえって新しさを感じます。他にも小型の額咲き
のヤマアジサイも数種類あるので梅雨の間も我が家
のナチュラルガーデン(笑い、ほったらかしの手抜き
?)もにぎやかです。


 


私の好きなスカイブルーのアジサイです。



我が家では珍しいピンクのアジサイです



額咲のヤマアジサイも咲いています。

  

Posted by メドウおじさん at 18:53Comments(0)季節の花

シトラスの香りのフレーバーティ

2019年05月20日

先日試しで作ったハゴロモジャスミンティーが思いの
ほかおいしかったのでフレーバーティーにすっかり味
をしめてしまいました。今回は私が好きな柑橘系の香
を移したお茶を作ってみます。庭には昔ながらの夏ミ
カンとあまり甘くない甘夏ミカン(笑い)とキンコウジの
3本があります。
いわゆる完全放置の協生ミカンです。それでも毎年
家族で食べきれないほどよく実ってくれます。どれも
甘さより酸味が勝る今風の味ではありませんがその
生ジュースは家族にも好評です。私がさらに好きな
のが5月に咲くミカンの香りです。柑橘系の香りは
シトラスの甘く爽やかな香りです。ノイバラの香が終
わると次はこのシトラスの香りが庭を一日中包んでく
れます。今回はこのミカンの花をドライにしてフレー
バーティーを作ります。初めてなのでどういう味・香り
になるかわかりませんが先日仕込んだ紅茶と合わせ
て作りました。出来はシトラスの香りがしっかりと紅茶
に移りこれも美味しかったです。


柑橘系シトラスの花です。この花が咲くと庭は1週間ほど甘く爽やかな香りに包まれます。



フレーバーティー用に花を摘んで網籠で乾燥させます。



出来上がったシトラスの花のドライです。これを紅茶と合わせます。



熱いお湯で3分抽出します。



甘味に自家製の国産ラズベリーのジャムと合わせて飲みました。


  

Posted by メドウおじさん at 19:27Comments(0)季節の花ハーブ

野生バラの開花始まる

2019年04月27日

ナニワイバラ、ノイバラなど野生のバラの開花が始
まりました。早咲きのモッコウバラは今が盛りです。
ピンクの強いコウシンバラ系のバラも花が咲き始
めています。ゴールデンウィークの後半には満開
になると思います。数年前までバラの栽培に力を
入れていましたが地植えだと雑草との戦いに疲れ
てしまいオールドローズやモダンローズの改良種
の栽培は断念してしまいました。
結局、野性味の強いつるバラや原種バラ、チャイナ
系のコウシンバラなど丈夫で強いものだけが残って
います。私の所のように自然味たっぷりの庭には
むしろ似合っているかもしれないと開き直っていま
す(笑い)



ご近所さんのキモッコウバラです。



我が家の白モッコウバラです。朝夕はとても良い香りがします。





一重の大型野生バラ、ナニワイバラです



ピンクの濃い藩八重咲でシュラブ樹形のコウシンバラ系です。紫川の河原に自生していました。
今は改修で絶滅しました。挿し木で救出出来て良かったです。


  

Posted by メドウおじさん at 20:27Comments(0)季節の花バラの話題

モッコウバラ開花始まる

2019年04月21日

早咲のモッコウバラが咲き始めました。モッコウバラは
一重の黄色と白、八重の黄色と白があります。一番よ
くみるのが黄色の八重で樹勢も強く花付も良いです。
白の八重は香りもやり魅力的ですがやや成長が黄色
に比べると悪いようです。花付も株が小さい間は黄色
より少ないです。ですが白の香りの良さは特別です。
朝がた、夕がたに花の下に立つとそこは別の空間に
なります。一重のモッコウバラはより野性味がありま
す。八重にはほとんど棘がありませんが一重は枝先
に小さなとげが残っていますが野バラの風情が感じ
られます。特に黄色の一重はお気に入りです。



ご近所さんの黄色八重のモッコウバラです。




一重の黄色のモッコウバラです。



香りのよい八重の白モッコウバラです。一重は毎年少し遅れて咲き始めます。

  

Posted by メドウおじさん at 21:27Comments(0)季節の花バラの話題

春の山野草2019-3

2019年04月16日

前回紹介しきれなかった春の山野草です。身近な山野
草にも可愛いもの、きれいなものが多くあります。4月も
中盤を過ぎると気温も日中は20度を超えて暖かい日が
多くなります。間もなく、野バラや、モッコウバラなど野生
のバラが咲き始めます。


ムラサキサギゴケです



山菜で美味しいシャクですが花も群生させると綺麗です。



ヒトリシズカです。








イカリソウ3種です。



ホタルカズラです。

  

Posted by メドウおじさん at 21:17Comments(0)季節の花

春の山野草第二弾

2019年04月14日

庭の春の山野草、イチゲやフクジュソウなどの第一
陣が段落して第二陣が咲き始めました。新春から
いているクリスマスローズはまだ咲いていますが
種を採取したいのでのままにしています。山野草
はい良いと春本番で次々といろんな種類が咲き
進みます。ヤマシャクヤク、ヒトリシズカ、日本の
クレマチス、シロバナハンショウヅル、ヤマブキソ
ウ、イカリソウ、などです。まだほかにも咲いてい
ますがご紹介は次回もう一度したいと思います。


ヤマシャクヤクです。今まで毎年3芽咲いていたのですが、今年は
一芽だけになりました。株が8年目で少し弱ってきたのかもしれません。
今年は花後に少し肥料を与えます。


ヤマブキソウです。


今年もフデリンドウが咲きました。秋のリンドウもいいですが春のリンドウは
小型で可愛いです。



ニホンサクラソウです。昔は東谷の休耕田でも見かけましたが
今はもう、消えてしまいました。


  

Posted by メドウおじさん at 17:24Comments(0)季節の花