夏紅茶づくり2020

2020年08月26日

毎朝の散歩の最後に家の裏の畑の様子
を見て帰るのですがまだ、かがんだりは
できませんが、オクラと夏の3番茶葉が
いい感じに成長してきていたのでごく少
量ですが摘み取って夏紅茶を作ります。
茶の木もオクラもちょうど腰のあたりの
高さなので無理なく摘み取ることが出来
ました。ついでに夏の野草茶に加える
トウキとイノコヅチとヨモギも少量摘み
ました。夏の畑はジャングル化していて
野草茶に使えるものがありますがまだ
足の具合が今一なので無理な姿勢で
採取は控えています。夏紅茶はもう一
度くらい作れそうです。その後は秋番
茶です。


リハビリ散歩のついでに採取した夏茶葉や野草です
上段左から白オクラ、上段右がトウキ、下段左が夏茶葉、下段右がヨモギです



茶葉をビニール袋に入れて良く揉みこみます。



日向において2時間後です。すでに発酵が進んでいます



発酵作業6時間後です。夜になったので部屋に入れました。まだ一部に
緑色の部分が残っています。



一晩おいてすっかり完全発酵しました。後水分を乾燥させるのと
発酵を止めるのでこれを加熱乾燥させます。
  

Posted by メドウおじさん at 09:16Comments(0)和ハーブ

骨折26日目(自家製湿布薬)

2020年08月10日

骨折26日目です。22日目以降、右足に体重
負荷をかけずに足首のマッサージや足首の曲
げ伸ばしなどのリハビリをやっています。同時
に日に数回樟脳チンキを塗布しています。血
行を促進して痛みを軽減し浮腫みの解消を狙
っていますが、痛みは軽減していますが、浮
腫みの方はまだ患部に炎症が残っているのと
血行が良くなって返って腫れが引きません。
それで患部の熱を取る昔から伝わる湿布薬
を作り患部に張り付けてみました。湿布は張
り薬で小麦粉をお酢とビワの葉とヨモギとド
クダミの抽出液で練り患部に塗布しその上に
ビワの葉を張りガーゼの代りにティッシュを
被せて小麦粉を酢で練ったものは患部を外
部から消炎しビワの葉は痛みを軽減させ
れをとる民間伝承の処方です。明後日4回
目の検査があるので荷重リハビリが開始で
きればうれしいです。


湿布張り薬の材料です。酢と小麦粉とヨモギとドクダミです。これに

  

ビワの葉です


ビワの葉とヨモギとドクダミの抽出液が出来たら材料がそろいました。



抽出液とお酢を小麦粉に混ぜて練ります




練った小麦粉を患部に塗り、軽く茹でて柔らかくしたビワの葉を貼り付けます


このままだと見てくれが悪すぎるのでガーゼを被せますが、
適当なものがなかったのでティッシュを被せました。


包帯を巻いて出来上がりです。包帯は奥さんが毎日巻きなおしてくれています。
感謝しています。
  

Posted by メドウおじさん at 10:59Comments(0)和ハーブ骨折日記

我が家の家伝薬(樟脳チンキ)

2020年08月07日

先日、骨折痛、捻挫、筋肉痛などに効く
我が家の家伝薬について少し触れまし
た。以前、その効能の仕組みなどを調
べたのですがよくわからなかったので、
その公表は控えますとしました。
記事をアップして再度ネット等で調べた
ら、どうやら以前私の調べ方が悪かっ
たようで、今回多くの情報が得られた
ので、公表したいと思います。
その処方ですが天然樟脳を消毒用の
無水エタノールに溶かしたチンキです。
このチンキを患部に筆などで塗ります。
エタノールはすぐに乾燥し樟脳の粉が
皮膚に残りますが、落とさずそのままに
します。けがの程度で樟脳チンキの
濃度、塗布する回数など変わります。
(普通は1日に2,3回、)ネットで「樟脳
の効能」で調べるとその有効成分、
適応事例などが数多く出ていました。
中には鹿児島の民間薬として長く愛
用され続けていて今では医薬品として
販売されているものもあります。
鹿児島県の「白紅」という医薬品で丸一
製薬というところが製造販売
しています。
私の樟脳チンキについてはあくまで
も私の家族で使用しての効能なので
ご利用はあくまでも個人責任でお願
いします。また妊婦さんや小さなお子
様には使用を控えてください。
用法はあくまでも外用で決して飲む
など飲用はやめてください。またアル
コール過敏症の方などはアレルギー
発症の可能性もあるので使用前に
皮膚の柔らかい場所で試してください。
また、顔などには使わないでください
また外用とは言え傷口に直接塗布す
るのも止めてください。


  

Posted by メドウおじさん at 10:58Comments(0)和ハーブ

梅干しと赤紫蘇のゆかり2020

2020年08月06日

先日梅漬けした梅を3日3晩干し上げ
ました。梅漬けは干すとふんわりと柔
らかくなります。今年の梅干しの特徴
は低塩分と海水を煮詰めただけの海
水塩を使っていることです。低塩分に
することで梅のフルーツ香が残った味
になりました。次は残った梅酢と赤紫
蘇を分けて、ゆかりを作りました。ゆか
りはふりかけ代わりにご飯のお供で頂
きます。これで今年の梅仕事は
梅焼酎が出来れば終了です。


梅漬けに使った梅酢と赤紫蘇です。赤紫蘇を取り出して
良く絞って使います。



ザルに広げて乾燥させます




天日で3日3晩干しましたが完全に乾燥しないのでレンジで強制乾燥させます


レンジで短時間で何回か繰り返して乾燥させます。この日は
1分で5回チンしました





ミキサーで粉砕して出来上がりです

  

Posted by メドウおじさん at 17:05Comments(0)和ハーブ

梅干し2020

2020年07月30日

長かった今年の梅雨も北部九州はやっと
本日梅雨明けとなりました。さっそく今年
漬けていた梅漬けを干し上げることにしま
した。今年の梅干しの特徴は若松の岩屋
海岸の海水を煮詰めて作った海水塩で作
った低塩分が特長です。酸味は強いです
が完熟梅のフルーティーな香りが残った
梅干しです。若干微発酵しましたが生き
た梅干しの証という事で本人的には納得
しています。今年は梅の収穫と海水塩が
少なかったので量が作れませんが来年は
もう少し多めに作っても良いかと思いまし
た。また同時に作った梅サワー漬けも飲
みごろになりました。




今年の梅干しです。今年は少量しかできませんでした。
  

赤紫蘇の梅酢は紫蘇を絞って乾燥させてユカリにします。

  

Posted by メドウおじさん at 15:27Comments(0)食べ物和ハーブ

百草仙人茶2020春夏バージョン出来上がり

2020年07月26日

梅雨前に干して日陰乾燥させた薬草茶
ですが長梅雨の影響でいつまでもカラカ
ラにならないのでやむなく、レンジで強制
乾燥させて保存しました。春夏バージョン
はドクダミ、柿、ビワ、シャクチリソバ、桑
ゲンノショウコ、ウツボグサ、ヨモギ、ノブ
ドウハ等々です。特定の効能の期待とい
うより各種野草のミックス茶は全身機能の
改善に効くと思っています。まだこれから
秋から冬にかけて順次採れて乾燥させ
たものを次々に追加していきます。
なのでその時々で味も香りも微妙に違
ってくるのが特徴ですが飽きがこなくて
結構気に入っています。




空中湿度が高くなかなか乾燥しない時は鍋で焦げないように炒るか、レンジで
写真の皿で分加熱します。薬草の基本は自然乾燥ですがやむを得ない時は
上記の方法を使っています。
  

Posted by メドウおじさん at 13:42Comments(0)和ハーブ

オオバコとヨモギの野草茶

2020年07月25日

7月11日の記事でオオバコとヨモギの採取
を書きましたが、その後網籠に入れて乾燥
させていましたが、今年の長梅雨で乾燥が
進まないので細かく刻んでレンジで一気に
乾燥させました。オオバコはドクダミに負け
ないほど多様な効能がありますが今回は
ヨモギと合わせて咳に効くと言われる野草
茶にしました。今回は阿蘇薬草園さんのH
Pを参考にさせていただきました。


オオバコとヨモギを採取した後、網籠で乾燥させました。



今回2週間乾燥させましたが今一、乾燥具合が悪かったので
レンジで1分強制乾燥させました。



早速お茶にしました。味の方はオオバコはほとんど無味無臭なのでヨモギの香りが強く出ます。
この時期のヨモギはアクガ強く出るのでできるだけ新芽の先端だけを使うのがコツです。


  

Posted by メドウおじさん at 13:49Comments(0)和ハーブ

和紅茶つれづれ

2020年07月13日

最近は急須で淹れるお茶(緑茶)の需要
が減っているのか各地のお茶の産地で
紅茶(和紅茶)をよく耳にするようになり
ました。紅茶と緑茶は製法が違うだけ
で基本、同じ茶葉から作ることが出来
ます。最近福岡県の八女や佐賀県嬉
野などの茶どころでは紅茶(和紅茶)が
作られるようになっています。もっとも
同じ茶葉で作れるとは言え茶葉の向き
不向きは若干あるようで緑茶のメイン
品種ヤブキタ種よりベニフウキという
品種が向いているようです。とはいえ
私は自生の山茶で紅茶を自作してい
ますが自家消費で楽しむ分には十分
な香りと味を引き出せています。和紅
茶はインドや中国産の大量生産され
る紅茶と比べると個人的には優しく繊
細な味と香りがあるようです。和紅茶
の産地も増えているので飲み比べて
自分好みの紅茶を見つけたいです。


今回飲んだのは八女茶の産地星野村の和紅茶です 





他にも今まで嬉野と阿蘇の和紅茶をを飲みました


  

Posted by メドウおじさん at 18:46Comments(0)和ハーブ

オオバコとヨモギの採取

2020年07月11日

オオバコは山菜としても美味しい野草
ですが、同時に立派な薬草でもありま
す。生薬としては車前草(シャゼンソ
ウ)と呼ばれます。踏み圧に強く他の
野草が育たないような車の轍がある
ような場所を好んで生育するのでつ
けられた名前だと思います。葉も種
も乾燥させて煎じたりお茶にして利
用します。効能は健胃、強壮、鎮咳
など多くの効能があります。ヨモギは
血行促進、リラックス効果、浄血。デト
ックス効果などがあります。ちょうど漢
方のカンゾウのように他の薬草を相
乗作用で効果を高める名バイプレー
ヤーのような効果が期待できます。
今回は奥さんのリクエストで鎮咳効果
のある野草茶を期待しています。

上からオオバコの葉、真ん中がオオバコの種、下がヨモギです。
ヨモギはだいぶ成長しているので先端部だけを使います。

後はこれを乾燥させれば出来上がりです。
 
  

Posted by メドウおじさん at 21:29Comments(0)和ハーブ

咳に効く野草

2020年07月10日

奥さんが咳に効く野草茶が欲しいという
ので調べたら今の季節ならオオバコとヨ
モギの組み合わせが良さそうなので作る
ことにしました。どちらも庭に自生してい
るので素性がはっきりしていて安心です。
これにヤブランやジャノヒゲなどの根茎
(麦門冬)を加えるとより効果的そうで
すが、冬まで待たないといけません。私
の奥さんも当初は漢方や野草茶の効果
は懐疑的でしたが無理やり飲んでもらっ
ていましたが最近は見方が変わってきた
ようです。野(薬)草茶の効能は私の実感
では即効性のものとじわじわと効いてく
る遅効性のものがあるようです。


春先のヨモギです。今はもう少し大きくなっているので新芽付近のものを
使います。



オオバコです。全草使えます。ヨモギもオオバコも乾燥させて
煎じて飲みます


  

Posted by メドウおじさん at 18:26Comments(0)和ハーブ

メナモミの効能2

2020年07月04日

先日来痛風発作の前兆で右足指の
付け根に腫れと鈍痛があり、まともに
足を踏み立てられず多少引きずる
ように歩くしかなく痛みも増してきた
のでこれはまずいと思いいよいよ
お医者さんに罹らねばと思っていま
したがその前に痛風の痛みに良く
効くと言われるメナモミの煎じ茶(薬)
を飲んでみました。朝昼晩の1日に3
回二日ほど続けたところウソのよう
に腫れが引き痛みも軽快しました。
まだわずかに付け根にしびれるよう
な違和感がありますが走るのは無
理でも普通に歩くには不自由しませ
ん。試した自分が一番びっくりする
ほどの効果です。ネットを見ると同じ
ような体験をした方の話が散見され
ますし錠剤タイプやティーバックのお
茶などの商品になったものもあるよ
うです。以前メナモミは民間伝承薬
として紹介しましたが今回よく調べ
るとメナモミは「キレン」という漢方
生薬でありました。痛風やリュウマ
チなどの関節痛に良く効くそうです。
今回の私の場合は利尿の効果も
期待してクマザサをブレンドしまし
た。これだけの即効性があるという
事は以前書いた野草の効能のメカ
ニズム、利尿効果や血液浄化などの
全身状態の改善だけでなくむしろ
ゲンノショウコやセンブリ、ヨモギの
止血効果など野草の持つ成分が
直接効いているのではないかと
思います。ただその成分分析など
の研究はあるようですがなぜ効く
のかというメカニズムははっきりし
ていないようです。
今回の効果は私個人の事で一般
化できるものではないと思いますが
それでも痛風持ちの方には一考に
値すると思いました。


  

Posted by メドウおじさん at 20:42Comments(0)和ハーブ

メナモミ採取

2020年07月03日

以前、痛風の痛みに効くと言われるメナ
モミの事を紹介してその後、百草畑の
協生ゾーンに移植しました。順調に成
長していますが、実生苗を一度移植し
ているのでまだ採取できるほどには
育っていません。ところが先日から
痛風の発作ほど痛くはありませんが、
右足指の付け根に鈍痛があり発作の
前触れのような痛みが出始めました。
さすがに今度発作が出るとまずいの
で医者に診てもらいますがその前に
メナモミを試してみようと思います。自
宅の近くに十分に成長した株があった
ので採取して乾燥させて一度試してみ
ます。効果の結果はまた後程、報告さ
せてもらいます。


正確な同定はできませんが、こちらの周辺に自生しているメナモミは
ツクシメナモミのように思われます。もしそうなら痛風にはより効果的と
思われます。(沖縄ではツクシメナモミが特効薬として知られています)



今回は早く使いたかったので鍋で急速乾燥させました
利尿を促進するためにクマザサとヤブカンゾウの花を
ブレンドします


 

細かく刻んで湿気が来ないように密閉瓶で保存します



普通にお茶で飲むときは熱湯を注ぐだけですが今回のように
クスリとして使う時は水分が半分になるまで煎じます
色は濃い目ですが苦くなく肝臓のほのかな甘みが感じられます



  

Posted by メドウおじさん at 19:15Comments(0)和ハーブ

梅サワー漬け、その後

2020年06月30日

梅をサワー(酢)に漬けて20日経って
エキスもだいぶ抽出されてきたような
ので、試し飲みしてみました。
サワーが琥珀色になり、漬け込んだ
梅もしわが入り始めたのでそろそろ
かと思いました。味は砂糖少な目で
さっぱり系の味です。まだ少し酢のカ
ドが残っているのでもう少し寝かせ
た方が良さそうです。
炭酸水で割って飲むとスッキリします。
タイミングとしては梅雨明けごろが
良さそうです。


漬け込んで20日後の様子です



炭酸で割るとスッキリ美味しいです

  

Posted by メドウおじさん at 20:42Comments(0)食べ物和ハーブ

梅雨時の百草畑

2020年06月28日

私の畑はわずか0.5アールにも満た
ない小さなものですが借り土地なの
で果樹などが植えられないのと長く
母が従来式で野菜を作っていて肥料
を使わないと野菜がまともに育ちま
せん。それでも4年経って無肥料で
も徐々に育つ野菜もわずかですが
出来始めましたが家族やご近所
さんの手前。草ばかり生える畑は
到底理解してもらえずクレームも
出ていたので隣地との境の半分
は肥料をわずかに使い昨年の秋
冬野菜から作っています。協生畑
のエンドウ豆が終った後には野生
の山菜、薬草などを育てています。
菜種と大麦が終わった後には葉
野菜の種を直播にして密植栽培
にしています。無肥料の時は葉野
菜は全く駄目でしたが新鮮なベビ
ーリーフサラダが思い切り食べれ
ています。もう少し大きくなれば今
度は間引き菜の浅漬けが出来ます。
更にうまく育てば夏ダイコンの辛
味おろしが待っています。
今年は葉物だけでなくキウリやトマ
ト、オクラも育っています。私の理
想の協生野菜とは違いますがスー
パーで購入した野菜よりはるかに
美味しく、十分満足しています。
やせた生命エネルギー不足の表
土を補う肥料の威力は侮れませ
ん。(たとえそれが余分な養分の
排出による肥大だとしても)
当面、無肥料の協生ゾーンと施肥
した場所との比較もかねて並行し
て育てていきたいと思っています。
果樹は使えませんがその代わり
に多年草野菜や多年山菜を育て
ながら表土の回復を待ちたいと
思っています。


夏大根を中心にした葉物の密植栽培です。
わずかな肥料ですが効果は大です。


  

Posted by メドウおじさん at 11:19Comments(0)和ハーブ協生農法 協生理論

初夏の薬草茶(仙人茶)

2020年06月25日

初夏から梅雨前に採取した薬草を陰干し
して小さく裁断しMIXした野草茶を作りま
した。今回の材料はカキ、ビワ、桑、ドク
ダミ、ゲンノショウコ、シャクチリソバ、など
です。あと、一、二種類あったように思い
ますが忘れました。(笑い)私の野草茶
(仙人茶)はこんな具合で結構アバウトで
それぞれの分量も、MIXの割合もその時
の気分次第です。仙人茶は薬草がメイン
のお茶ですが特定の不具合の改善を
目的にしていなくて、全身の体質改善を
期待した健康茶のようなものです。今回
は春先に一度作っているので2回目です。
あと、夏場に1回、秋から冬にかけて1回
と都合4回ほど作るつもりです。年に4,
5回その時々の旬の野草(薬草)を採取、
乾燥、裁断し継ぎ足して使います。最終
的には30種ほどのMIX野草茶です。
なぜこんな具合にアバウトかというと野
草茶の効能はそれぞれの野草が持つ
成分が効能の主体と今までは考えられ
ていてこの野草は〇○の成分を持つの
で△△の症状に効果が期待できると考
えられてきました。この考えは必ずしも
間違いではありませんが(ゲンノショウ
コやセンブリ、ドクダミのように単体で
即効性のあるものもあります)ですがど
の薬草も基本的には全身状況を改善
させる効能が基本にあり(利尿や、血
液浄化など)旬で生命力のある旬の野
草を摂ることで全身状況が改善される
ことを期待しています。つまり極端な言
い方をすれば毒草でなければどの野草
を使っても良いともいえます。とはいえ
野草も色々あり美味しいもの、香りの
よいもの、不味いもの、エグミのあるも
のなどあるのでできれば飲み易く、古
くから言い伝えられているものをメイン
にMIXしています。そのうえで特定の
効能が期待できる野草を大目にブレン
ドして使っています。このように多数の
野草をブレンドする考えは私だけでなく、
「百草丸」などの市販薬や「百草茶」の
ような健康茶と言われる市販品でも
使われています。


陰干しした野草、薬草です



細かく裁断してお茶として利用します。


  

Posted by メドウおじさん at 19:38Comments(0)和ハーブ

アカメガシワ2020

2020年06月23日

アカメガシワは河原や明るい林間や伐採
地などに他に先駆けいち早く成長する陽
樹です。春先の新芽は赤く染まるのでよく
目立つ木です。最近このアカメガシワの新
芽が木の芽山菜として葉でごわごわした
感じがあるので食べるときは天ぷらか、
いったんサッとゆでて炒め物がよいです。
加熱して調理するとごわごわした感じは
なくなりホクホクした食感になりおいしい
です。今回採取した分は少し日が経ち頂
芽の赤みも薄れていますが何とか食用に
は間に合いました。夏から秋にかけて成
長した葉は薬草茶として乾燥して使いま
す。生薬としては野梧桐葉として日本薬
局方に記載され胃潰瘍、十二指腸潰瘍、
胃酸過多などに処方されます。という事で
アカメガシワもオリジナル薬草茶の仙人
茶に加えることにします。


アカメガシワの赤い頂芽です



林縁に自生するアカメガシワです




左端がアカメガシワで真ん中はミツバ、右端がシロザです。アカメガシワは天ぷらに
ミツバとシロザは炒め物に使います



アカメガシワの天ぷらと三つ葉、シロザの山菜野草を加えたひき肉の炒め物です。


  

Posted by メドウおじさん at 10:34Comments(0)和ハーブ

ヤブツルアズキ苗移植

2020年06月15日

昨年自宅で栽培した野生の小豆、ヤブ
ツルアズキの種を播きましたが、他の雑
草や競合種の藪豆に負けたのか一向に
発芽しません。そこで緊急用にポット植
えしておいた発芽実生苗を地植えするこ
とにしました。今までは野生種という事も
ありノー・ケアの栽培でしたが今年こそ
は野生の小豆ご飯を食してみたいので、
雑草管理をして育てます。今日は手始め
の苗の移植です。ここ数日高温が続いて
移植には条件が良くありませんが明日か
ら雨模様なのでたっぷりと冠水しておけば
大丈夫と思います。庭一面に繁茂している
藪豆のようにこぼれ種で殖えてくれるとい
いのですが野生種とは言え環境になじむ
のに時間がかかるようです。
(本原稿は4日前に書いたものです)




移植した実生発芽の藪つるアズキの苗です


ジャガイモを収穫した跡地に植えました。ジャガイモの残存エネルギーに期待しています。


  

Posted by メドウおじさん at 17:23Comments(0)和ハーブ

梅仕事2020-1

2020年06月09日

今年も梅仕事の第一弾です。様子見を
兼ねてまだ青さが残る梅を少量収穫し
てみました。三分の二を梅干し用に、
残りを酢に漬けてサワーにします。
梅干し用は例年とは違い今年は自作
の海水塩を使用しています。梅仕事
の第一弾と書きましたが実は正確
には五月の末にカリカリ梅をめざして
青梅を漬けたのですが何故か今年も
普通の梅漬けと同じように柔らかく
なってしまいました。廃棄するのも
忍びないので今回のものと一緒に
漬け直しました。どこかちょっとした
手順の違いがありそうなので良く
検証してみます。

今年の梅仕事第一段です。左が梅干し用の梅漬けで右が梅サワー漬けです  

Posted by メドウおじさん at 21:15Comments(0)果樹和ハーブ

シトラス・フレーバーティー

2020年05月31日

今年4回目の紅茶づくりは発酵が弱めで半発酵
茶の青茶のような感じになりました。十分に発酵
させた紅茶に比べると、コクではやや劣るものの
爽やかな香りが特長です。これに昨年採取した
夏ミカンの花を摘んだものを保存していたのです
が1年経ってもシトラスの香りが残っていたので
フレーバーティーを作りました。青茶にシトラス
の香りがわずかに移って満足でした。実は今年
はミカンの花の季節が何故か忙しくて気づいた
ときは花が散っていました。今年のシトラスティ
ーはこれが最初で最後です。来年はしっかりと
忘れずに採取しておきます。




シトラスのドライと半発酵茶の青茶です



少し薄い色合いですがシトラスのほのかな香りがしています



夏ミカンの花です

  

Posted by メドウおじさん at 09:23Comments(0)和ハーブ

メナモミの効能

2020年05月28日

先般から2回目の痛風発作が出て苦戦して
いるメドウおじさんです。今回の発作初期の
痛み(2,3日間)は利尿作用のある薬草茶
をがぶがぶ飲んで排尿を促進させ乗り切っ
たのですが、今回はいまだに患部に鈍い
痛みが少し残っています。それでも普通に
歩けますが小走りに動くのはまだ負担が
あります。薬草の力で何とかしたいと思い
あれこれ調べると先日書いた菊の花と今
回見つけた同じキク科のメナモミが痛風の
痛みに良いことがわかりました。特に沖縄
方面のツクシメナモミが良いそうですが、
その他のメナモミでも同じように使えるよう
です。メナモミなら畑雑草で東谷でも身近
にみられるので夏になればさっそく試して
みたいと思います。今はまだ幼苗の状態
です。なおメナモミの効能は薬局方などに
書かれていませんが民間伝承薬草として
伝わっているものです。ご利用はあくまで
も個人のご判断でお願いします。



メナモミの幼苗です。夏から秋にかけて全草を収穫して乾燥させて飲用します





畑の畝一面にメナモミが群生しています。この畑は知人の畑で
長年無農薬で草と一緒に各種の野菜も育てています。

一部の苗を頂いて私の畑にも移植しました。秋には種を採取して
来年は実生発生させたいです。

  

Posted by メドウおじさん at 19:29Comments(0)和ハーブ