サイハイラン

2012年05月29日

サイハイランはえびねと同じく少し湿り気のある薄暗い
林床で見かけます。以前は東谷の裏山辺りでよく見かけた
ものですが最近はめったに見なくなりました。たぶん、
花のない時期の葉がエビネと割とよく似ているのでエビネ
と間違って掘られて数を減らしたものと思われます。
ご覧のように地味な花なので栽培品としてもエビネほど大事
にされなかったようですしエビネよりデリケートで庭に移植
しても根付くのが難しい地生ランです。我家の株は偶然に
自然発生したものが育ったものです。何年もかかってやっと
株が二株になりました。名前の由来は戦国時代などに
武将が戦の指揮をとるのに使う采配に花の形がにているところ
から付けられたものです。
サイハイラン

サイハイラン

サイハイラン







同じカテゴリー(季節の花)の記事画像
痛風と菊の花
皿倉山の山桜と祇園町の桜並木
我が家のソメイヨシノ2020
アメリカフウロソウの進出
ニワトコの木
東谷の山桜
同じカテゴリー(季節の花)の記事
 痛風と菊の花 (2020-05-20 20:34)
 皿倉山の山桜と祇園町の桜並木 (2020-04-12 18:45)
 我が家のソメイヨシノ2020 (2020-04-08 22:28)
 アメリカフウロソウの進出 (2020-04-05 08:48)
 ニワトコの木 (2020-03-29 07:06)
 東谷の山桜 (2020-03-24 23:22)

Posted by メドウおじさん at 19:01│Comments(0)季節の花
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。