ラッパスイセンとイトスイセン

2012年04月08日

日本スイセンは冬の寒い時期から花を咲かせ花の少ない
季節の庭を彩ってくれる貴重な花です。
今はラッパスイセンの季節で黄色い花で春の庭を彩って
くれています。スイセンの仲間は植えっぱなしでも自然分球
でよく増えてくれます。それでも2,3年毎に植え替えた方が
花付がいいです。
夏前に葉が枯れる頃に球根を掘り上げて風通しの良い場所で
保管して秋のお彼岸過ぎに植えつけると翌年きれいに花を
咲かせてくれます。イトスイセンは原種に近い品種でこちらは
植えっぱなしでも毎年よく花を咲かせますが我が家では花が終
わった後お礼肥に堆肥を撒きます。昨年イトスイセンに種が
出来たので秋に撒いたところ、この春に発芽しました。
文字通り糸のような新芽です。花が咲くまで果たして何年
かかるのか楽しみです。
ラッパスイセンとイトスイセン

ラッパスイセンとイトスイセン

ラッパスイセンとイトスイセン

ラッパスイセンとイトスイセン









タグ :スイセン

同じカテゴリー(季節の花)の記事画像
ヒガンバナと金木犀の季節
探していますベニバナボロギク
散歩途中の野の花
ヒマワリの種採種2020
痛風と菊の花
皿倉山の山桜と祇園町の桜並木
同じカテゴリー(季節の花)の記事
 ヒガンバナと金木犀の季節 (2020-09-28 20:46)
 探していますベニバナボロギク (2020-09-10 06:09)
 散歩途中の野の花 (2020-09-06 06:03)
 ヒマワリの種採種2020 (2020-09-04 09:36)
 痛風と菊の花 (2020-05-20 20:34)
 皿倉山の山桜と祇園町の桜並木 (2020-04-12 18:45)

Posted by メドウおじさん at 10:47│Comments(0)季節の花
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。