シマカンギク

2011年11月12日

晩秋を飾る名花、菊の花が盛りです。
先日野菊のノコンギクを紹介しましたがノコンギクは
キク属ではなく、アスター属でキクの親類といったところです。
本家本元のキクですが古くから伝統園芸植物として愛されてきま
したが中国から渡来したとする説と在来種のシマカンギクと
チョウセンノギクが交配して出来たとする説があり真相ははっきり
していません。
ということで今日は菊の元親といわれるシマカンギクです。
シマカンギクは主に西日本でよく見られる野菊で晩秋に黄色い
一重の花はよく目立ちます。福岡周辺では今でもよく見かけますが
東谷では野生のものは、なぜかめったに見れません。
平尾台などで見かける程度です。

シマカンギク

我が家のシマカンギクです。

シマカンギク

平尾台でススキのなかで咲いているシマカンギクです。



同じカテゴリー(季節の花)の記事画像
探していますベニバナボロギク
散歩途中の野の花
ヒマワリの種採種2020
痛風と菊の花
皿倉山の山桜と祇園町の桜並木
我が家のソメイヨシノ2020
同じカテゴリー(季節の花)の記事
 探していますベニバナボロギク (2020-09-10 06:09)
 散歩途中の野の花 (2020-09-06 06:03)
 ヒマワリの種採種2020 (2020-09-04 09:36)
 痛風と菊の花 (2020-05-20 20:34)
 皿倉山の山桜と祇園町の桜並木 (2020-04-12 18:45)
 我が家のソメイヨシノ2020 (2020-04-08 22:28)

Posted by メドウおじさん at 14:25│Comments(0)季節の花
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。