懐かしい箱

2013年01月22日

木下の西の集落の製材所で懐かしい箱というか、道具を
見つけました。現在の北九州市の家庭用廃棄物の収集
は分別して指定のポリ袋に入れて決まった場所の決まっ
た時間に出すようになっていますが昔はコンクリートの箱
に入れて出していました。その懐かしい箱が軒下に置い
てありました。
もちろんゴミ箱としては現役ではないと思いますが懐かし
いですね。4、50年前の日常生活具にはアンティーク
とは言えないかもしれませんが、今になって見ると味の
あるものも多いです。そんな小物は出来るだけ生活の
中で使いながら楽しんで行きたいです。

懐かしい箱
昔はこんな箱でゴミを出していたのを思い出しました



同じカテゴリー(東谷(北九州)の紹介)の記事画像
東谷要覧解説13(主編九、衛生)
志井茶屋集落の禁足地
花カフェkokia
皿倉山の山桜と祇園町の桜並木
東谷要覧解説10(主編(七)教育、前半)
牧山の御馬橋
同じカテゴリー(東谷(北九州)の紹介)の記事
 東谷要覧解説13(主編九、衛生) (2020-07-20 10:30)
 志井茶屋集落の禁足地 (2020-06-24 20:20)
 花カフェkokia (2020-06-22 18:40)
 皿倉山の山桜と祇園町の桜並木 (2020-04-12 18:45)
 東谷要覧解説10(主編(七)教育、前半) (2020-03-11 22:32)
 牧山の御馬橋 (2020-03-01 08:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。