乃木将軍居住地跡

2012年09月13日

小倉北区のリバーウォークの一角、中央部付近の
お堀向きの一角に、日露戦争・203高地攻略の
指揮官であった乃木大将が居住した跡地の碑が設置
されています。説明書きによると明治8年から西南
戦争発生まで小倉に居住したときの住居跡だそうです。
小倉城は明治維新後陸軍の管理下におかれ第14連隊が
駐留していました。将軍はその後熊本に進軍し西郷隆盛
率いる薩摩軍と国内最後の内戦を戦うことになります

乃木将軍居住地跡


乃木将軍居住の跡地を示す碑です


タグ :乃木将軍

同じカテゴリー(東谷(北九州)の紹介)の記事画像
東谷要覧解説13(主編九、衛生)
志井茶屋集落の禁足地
花カフェkokia
皿倉山の山桜と祇園町の桜並木
東谷要覧解説10(主編(七)教育、前半)
牧山の御馬橋
同じカテゴリー(東谷(北九州)の紹介)の記事
 東谷要覧解説13(主編九、衛生) (2020-07-20 10:30)
 志井茶屋集落の禁足地 (2020-06-24 20:20)
 花カフェkokia (2020-06-22 18:40)
 皿倉山の山桜と祇園町の桜並木 (2020-04-12 18:45)
 東谷要覧解説10(主編(七)教育、前半) (2020-03-11 22:32)
 牧山の御馬橋 (2020-03-01 08:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。