木下の椋の木

2012年09月11日

木下の本村の集落の端に大きな椋の木があります。
木の根元には小さな祠が祀られており、集落の方が
大事にされていることが伺われます。木の規模から
すると北九州市の保存木に指定されてもおかしくない
りっぱなものですが特に指定されていません。
木には注連縄も張られており何か謂れがあると思い
調べると、昔本村で大火事があった際にお坊様が
お祈りするとこの木に水の神様が降り火事を鎮めた
との言い伝えがあります。保存木に指定されなくても
これからも大事にされていくと思います。
木下の椋の木

木下の椋の木

冬の写真ですがかえって木の大きさが良くわかります。
木下・本村のランドマークです。

 






同じカテゴリー(東谷(北九州)の紹介)の記事画像
平尾の森「パン工房レーヴ」 まもなく開店
稲刈り始まる
東谷要覧解説13(主編九、衛生)
志井茶屋集落の禁足地
花カフェkokia
皿倉山の山桜と祇園町の桜並木
同じカテゴリー(東谷(北九州)の紹介)の記事
 平尾の森「パン工房レーヴ」 まもなく開店 (2020-09-17 08:58)
 稲刈り始まる (2020-08-31 18:42)
 東谷要覧解説13(主編九、衛生) (2020-07-20 10:30)
 志井茶屋集落の禁足地 (2020-06-24 20:20)
 花カフェkokia (2020-06-22 18:40)
 皿倉山の山桜と祇園町の桜並木 (2020-04-12 18:45)

この記事へのコメント
存在感ありますね~!
冬の木の立ち姿、美しいですね。
剪定されてしまう庭の木とは違った 気品のある趣です。
Posted by komorebigarden at 2012年09月11日 20:05
今や街中や集落の大木は保存樹に指定されている
されていないにかかわらず貴重な財産だと思います。
ふるさとの大木が故郷のイメージと重なる、そんな
時代がすぐそばまで来ている気がしています。
Posted by メドウおじさんメドウおじさん at 2012年09月11日 20:23
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。