カラス麦採取

2020年05月18日

燕麦の野生種のカラスムギが東谷川川縁
の歩道に大量に繁茂していたのでその種
を一部採種しました。燕麦は主にヨーロッパ
などでオートミールの原料として使われます。
カラスムギでもオートミールは作れますが
ノギと種を分離するのが面倒なのでわたし
は、これを畑の土壌改良の緑肥として使用
するつもりです。そのメカニズムは野生麦
の根は土壌中のセンチュウを遺避させ、
連作障害を予防する効果があるそうです。
はだか麦と違ってカラスムギは脱穀は難
しいですが来年あれこれ工夫してみたい
と思います。

カラス麦採取

町内を流れる東谷川の川べりの歩道脇にカラスムギ(燕麦の野生種)が群生していました


カラス麦採取
カラスムギのさやと種(麦)です。はだか麦と違ってノギが種を覆っています。
完熟したノギは黒くなるのでこれがカラスの名前の由縁かもしれません。
(植物名にイヌとかカラスとか動物の名前が付くと人の役に立たないという
意味で使われることもあります)


カラス麦採取

ノギの部分の拡大ですが姿が燕に似ていることから栽培種は
燕麦と呼ばれます


カラス麦採取

採取した穂先は種と鞘に分けます。来年用の種です。大量に
採れたら簡単な脱穀の方法を考えてみます。もしどなたか良い方法を
ご存知の方がいらしたら教えてください。



同じカテゴリー(和ハーブ)の記事画像
松葉茶づくり2020
夏紅茶づくり2020
骨折26日目(自家製湿布薬)
梅干しと赤紫蘇のゆかり2020
梅干し2020
百草仙人茶2020春夏バージョン出来上がり
同じカテゴリー(和ハーブ)の記事
 松葉茶づくり2020 (2020-09-20 11:11)
 夏紅茶づくり2020 (2020-08-26 09:16)
 骨折26日目(自家製湿布薬) (2020-08-10 10:59)
 我が家の家伝薬(樟脳チンキ) (2020-08-07 10:58)
 梅干しと赤紫蘇のゆかり2020 (2020-08-06 17:05)
 梅干し2020 (2020-07-30 15:27)

Posted by メドウおじさん at 21:26│Comments(0)和ハーブ
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。