ノブドウ(ウマブドウ)

2013年06月29日

ノブドウは里の草地でよく見かけますが大変繁殖力が
強いので街中でもちょっと探せば見ることができると
思います。食用のブドウとよく似た姿です。夏の盆過
ぎから紺色や赤紫の綺麗な実を付けます。見るからに
美味しそうですが残念ながら食用にはなりません。
私は今までもっぱら花材位にしか使えないと思ってい
ましたが最近立派な薬草の和ハーブであることを知り
ました。薬草の世界ではウマブドウと呼ぶそうです。
黒く熟した実を35度のホワイトリカーに漬け込んで
半年から1年寝かせると立派な薬酒になります。
免疫力を高め鎮痛作用、強壮作用があるそうです。
今年は試しに少しノブドウの薬酒を作ってみよう
と思います。
ノブドウ(ウマブドウ)

ノブドウの花です。秋になると赤紫の実がなります。



同じカテゴリー(和ハーブ)の記事画像
タンポポコーヒー
野草教室テキスト4
野草教室のご案内
野草教室テキスト3
野草教室テキスト2
野草教室テキスト1
同じカテゴリー(和ハーブ)の記事
 タンポポコーヒー (2019-06-19 19:27)
 野草教室テキスト4 (2019-06-18 20:24)
 野草教室のご案内 (2019-06-18 10:00)
 野草教室テキスト3 (2019-06-15 21:51)
 野草教室テキスト2 (2019-06-13 21:33)
 野草教室テキスト1 (2019-06-12 20:53)

Posted by メドウおじさん at 20:15│Comments(0)和ハーブ
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。