冬至の庭

2014年12月24日

先日12月22日は一年でもっとも日の短い冬至でした。
今年の冬至は新月と重なる19年ぶりの特別な冬至だっ
たそうです。冬至も新月もどちらも生命復活のスタート
ラインとして古代の人々は夏至とともに重要な日と考え
ていたようです。写真は12月23日、天皇誕生日の日で
すが久しぶりに穏やかな冬の日差しの一日でした。庭は静
かに春の復活を待っているようです。


冬至の庭


冬至の庭

冬至の庭です。雑草の整理もやっと終わりました。


冬至の庭

紅葉がすっかり終わった母原山です。葉残りが茶色に変わっています。


同じカテゴリー(庭作り)の記事画像
庭木の剪定枝が大発生
桜の木、大剪定
不耕起農法もどき
電動高枝切りチェーンソー
大晦日の衝撃
秋庭の整理
同じカテゴリー(庭作り)の記事
 庭木の剪定枝が大発生 (2017-12-06 19:03)
 桜の木、大剪定 (2017-12-04 19:09)
 不耕起農法もどき (2017-05-16 20:47)
 電動高枝切りチェーンソー (2017-01-15 21:36)
 大晦日の衝撃 (2016-12-31 17:56)
 秋庭の整理 (2016-11-20 21:00)

Posted by メドウおじさん at 20:32│Comments(2)庭作り
この記事へのコメント
お久しぶりです
ずいぶん草木が茂りましたね! ^ ^ 。。〇
Posted by ji-anji-an at 2014年12月24日 20:36
ji-anさん、お久し振りですね。3年前のできたばかりのころと比べるとハーブ、バラ、クリスマスローズ、べリーの各コーナーともそれなりに植物も成長していますが3年目のイメージと比べるとだいぶ遅れています。手をかけた分だけ答えてくれるのですがなかなかうまくいかずに苦労しています。
Posted by メドウおじさんメドウおじさん at 2014年12月25日 18:03
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。