6月の庭

2013年06月20日

6月の庭は春バラも終わり雨の多い時期で毎日植物がぐ
んぐん成長います。植えている草花もよく成長しますがそ
れ以上のスピードで雑草も伸びるので困りものです。
今はドクダミが我が世の春を謳っています。本来は薬効の
高い和ハーブで利用価値の高い薬草ですが個人で使うに
は手に余る量になっています。地下ランナーで殖えるので
根から抜かないとコントロールが難しいのですが労力がか
かりすぎるのでやむを得ず地上部だけを種が散る前に刈
り取るようにしています。梅や夏みかんも収穫を兼ねた剪
定が待っていてため息が出そうです。
6月の庭

6月の庭

上の2枚は和のコーナーです

6月の庭
バラのコーナーですが四季咲きのラフランスが少し咲き残っています。

6月の庭
夏みかんです。もう次の花が咲いて完熟状態です。

6月の庭
ドクダミです。花だけ見るとなかなか魅力的です。


タグ :6月の庭

同じカテゴリー(庭作り)の記事画像
庭木の剪定枝が大発生
桜の木、大剪定
不耕起農法もどき
電動高枝切りチェーンソー
大晦日の衝撃
秋庭の整理
同じカテゴリー(庭作り)の記事
 庭木の剪定枝が大発生 (2017-12-06 19:03)
 桜の木、大剪定 (2017-12-04 19:09)
 不耕起農法もどき (2017-05-16 20:47)
 電動高枝切りチェーンソー (2017-01-15 21:36)
 大晦日の衝撃 (2016-12-31 17:56)
 秋庭の整理 (2016-11-20 21:00)

Posted by メドウおじさん at 19:35│Comments(4)庭作り
この記事へのコメント
蚊も出てきて、なかなか大変な6月の庭ですね。
梅雨が明けたら頑張りましょう!
Posted by komorebigarden at 2013年06月20日 19:46
そうなんです。半袖、半ズボンだとあっという間に群がってきます。
蚊ならまだいい方で、毒毛虫も出るのでこちらは要注意です。
Posted by メドウおじさんメドウおじさん at 2013年06月20日 19:57
仕事で家々を訪問し、ただ咲きっぱなしのドクダミを見る度に、「あ~あ、もったいない。いただけるものなら、乾して煎じて飲むのだが・・・。」とよく思います。
Posted by e-tele. at 2013年06月20日 22:40
ミントやドクダミなど地下茎ランナーで殖えるものは植木鉢で育てると
いいです。地植えにすると爆発すると手に負えなくなるからです。
それにフィールドの土壌は思わないところで汚染されていることが
あるので要注意です。
Posted by メドウおじさんメドウおじさん at 2013年06月21日 17:45
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。