冬前の休みの日は薪づくり

2019年11月10日

我が家の冬のメイン暖房は薪ストーブです。日祝の
休みの日は一日中、普段も夕方から寝るまでの5、
6時間は毎日燃やします。毎日の事ですから1シー
ズンで使う量もかなりのものなので冬前の秋の今
時分の休みの日は薪づくりが優先作業になります。
原木の大部分はご近所さんの庭木の剪定枝です。
剪定枝と言っても腕ぐらいの太さから小指ほどの
ものまでありますが基本的にすべての枝を用途に
分けて使うようにしています。ご近所さんからは
1.5mほどの長さで頂くことが多いのでこれを35
cmほどに丸鋸で切りそろえます。せっせとする薪
づくりはアリとキリギリスのアリさんになった気分
です。

冬前の休みの日は薪づくり

2年乾燥させた薪は火力も強く火付も良いので重宝しています。
この量で2日分です。


同じカテゴリー(薪ストーブ)の記事画像
2019~2020薪活最終回?
ストーブ薪灰の活用
乾燥不十分な薪の緊急対応
薪割り始め2020
冬場のハーブ乾燥方法
薪ストーブ2019
同じカテゴリー(薪ストーブ)の記事
 2019~2020薪活最終回? (2020-04-26 08:30)
 ストーブ薪灰の活用 (2020-03-04 20:57)
 乾燥不十分な薪の緊急対応 (2020-02-15 20:41)
 薪割り始め2020 (2020-01-05 15:59)
 冬場のハーブ乾燥方法 (2019-11-11 19:10)
 薪ストーブ2019 (2019-10-17 20:58)

Posted by メドウおじさん at 18:27│Comments(0)薪ストーブ
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。