コルチカム(イヌサフラン)

2012年10月01日

コルチカムの和名はイヌサフランなのですがイヌの
名前が嫌われるのか属名のコルチカムと呼ばれる事
が多いです。本家のサフランと同じで花が先に咲いて
その後に葉が展開します。本家のサフランはハーブ
として有名ですがコルチカムは役に立たないサフラ
ンという意味でイヌサフランと呼ばれます。イヌ好
きの方にはなんとも失礼な話ですが植物の和名には
よく使われます。コルチカムの花が終わって葉が展開
しはじめるころ本家のサフランの花が咲き始めます。
コルチカム(イヌサフラン)

コルチカム(イヌサフラン)





タグ :コルチカム

同じカテゴリー(季節の花)の記事画像
探していますベニバナボロギク
散歩途中の野の花
ヒマワリの種採種2020
痛風と菊の花
皿倉山の山桜と祇園町の桜並木
我が家のソメイヨシノ2020
同じカテゴリー(季節の花)の記事
 探していますベニバナボロギク (2020-09-10 06:09)
 散歩途中の野の花 (2020-09-06 06:03)
 ヒマワリの種採種2020 (2020-09-04 09:36)
 痛風と菊の花 (2020-05-20 20:34)
 皿倉山の山桜と祇園町の桜並木 (2020-04-12 18:45)
 我が家のソメイヨシノ2020 (2020-04-08 22:28)

Posted by メドウおじさん at 18:13│Comments(4)季節の花
この記事へのコメント
イヌサフランさん、すらっとして綺麗ですね。色も貴婦人風だし・・。
役に立たないなんてほんとに失礼!
Posted by komorebigarden at 2012年10月01日 20:41
まったくその通りです。コルチカムは本場のイングリッシュガーデンでも
よくつかわれています。そのほかにも似た例でタデの仲間のイヌタデがあります。
こちらは染色に使えない役に立たないタデというなんとも無粋な和名です。
イヌタデには赤マンマという別名があります。おままごとの赤飯に見立てた
名前ですが思わず、微笑んでしまいそうです。こちらのほうがよほど風情が
あっていいですね。
Posted by メドウおじさんメドウおじさん at 2012年10月02日 19:27
冬が終わり、春を告げるように小さな青い花を咲かせてくれる、オオイヌフグリなんかも酷い扱いですよね・・小さなころから、この花が大好きだったので、意味が分かったときの驚きったらなかったです。何も、可愛い花にそんな名前つけなくっても・・センスを疑いますよね。
Posted by らぴすらずり at 2012年10月03日 14:49
オオイヌノフグリも随分ひどい和名ですよね。
雑草扱いされますが本気でグランドカバーとして使ってみようかと
思っています。青い花が田植え前の田んぼ一面に咲いているのを
みて園芸植物として使いたいと思いました。(ネモフィラの代わりに使えそうです)
Posted by メドウおじさんメドウおじさん at 2012年10月03日 19:29
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。