和のロベリア

2011年10月17日

ロベリアには匍匐性のものと立ち性のものがあり先日紹介したロベリアカージナリスは
北米産のロベリアです。日本産では立ち性はサワギキョウが代表ですが匍匐性のものは
身近なものではミゾカクシがあります。ミゾカクシはいわゆる水田雑草で田の畦や溝
を覆うほど広がるのでそう呼ばれます。お百姓さんには厄介な雑草かもしれませんが
中々かわいいピンクの花を咲かせます。すこし湿り気がある日当たりならぐんぐん育ち
グランドカバーにも最適です。畦の水田植物にはこのミゾカクシやムラサキサギゴケ
などグランドカバーとして使える植物が多く注目を高めそうです。

和のロベリア




同じカテゴリー(季節の花)の記事画像
探していますベニバナボロギク
散歩途中の野の花
ヒマワリの種採種2020
痛風と菊の花
皿倉山の山桜と祇園町の桜並木
我が家のソメイヨシノ2020
同じカテゴリー(季節の花)の記事
 探していますベニバナボロギク (2020-09-10 06:09)
 散歩途中の野の花 (2020-09-06 06:03)
 ヒマワリの種採種2020 (2020-09-04 09:36)
 痛風と菊の花 (2020-05-20 20:34)
 皿倉山の山桜と祇園町の桜並木 (2020-04-12 18:45)
 我が家のソメイヨシノ2020 (2020-04-08 22:28)

Posted by メドウおじさん at 17:31│Comments(0)季節の花
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。