和紅茶つれづれ

2020年07月13日

最近は急須で淹れるお茶(緑茶)の需要
が減っているのか各地のお茶の産地で
紅茶(和紅茶)をよく耳にするようになり
ました。紅茶と緑茶は製法が違うだけ
で基本、同じ茶葉から作ることが出来
ます。最近福岡県の八女や佐賀県嬉
野などの茶どころでは紅茶(和紅茶)が
作られるようになっています。もっとも
同じ茶葉で作れるとは言え茶葉の向き
不向きは若干あるようで緑茶のメイン
品種ヤブキタ種よりベニフウキという
品種が向いているようです。とはいえ
私は自生の山茶で紅茶を自作してい
ますが自家消費で楽しむ分には十分
な香りと味を引き出せています。和紅
茶はインドや中国産の大量生産され
る紅茶と比べると個人的には優しく繊
細な味と香りがあるようです。和紅茶
の産地も増えているので飲み比べて
自分好みの紅茶を見つけたいです。

和紅茶つれづれ

今回飲んだのは八女茶の産地星野村の和紅茶です 


和紅茶つれづれ


和紅茶つれづれ

他にも今まで嬉野と阿蘇の和紅茶をを飲みました




同じカテゴリー(和ハーブ)の記事画像
松葉茶づくり2020
夏紅茶づくり2020
骨折26日目(自家製湿布薬)
梅干しと赤紫蘇のゆかり2020
梅干し2020
百草仙人茶2020春夏バージョン出来上がり
同じカテゴリー(和ハーブ)の記事
 松葉茶づくり2020 (2020-09-20 11:11)
 夏紅茶づくり2020 (2020-08-26 09:16)
 骨折26日目(自家製湿布薬) (2020-08-10 10:59)
 我が家の家伝薬(樟脳チンキ) (2020-08-07 10:58)
 梅干しと赤紫蘇のゆかり2020 (2020-08-06 17:05)
 梅干し2020 (2020-07-30 15:27)

Posted by メドウおじさん at 18:46│Comments(0)和ハーブ
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。