初夏の薬草茶(仙人茶)

2020年06月25日

初夏から梅雨前に採取した薬草を陰干し
して小さく裁断しMIXした野草茶を作りま
した。今回の材料はカキ、ビワ、桑、ドク
ダミ、ゲンノショウコ、シャクチリソバ、など
です。あと、一、二種類あったように思い
ますが忘れました。(笑い)私の野草茶
(仙人茶)はこんな具合で結構アバウトで
それぞれの分量も、MIXの割合もその時
の気分次第です。仙人茶は薬草がメイン
のお茶ですが特定の不具合の改善を
目的にしていなくて、全身の体質改善を
期待した健康茶のようなものです。今回
は春先に一度作っているので2回目です。
あと、夏場に1回、秋から冬にかけて1回
と都合4回ほど作るつもりです。年に4,
5回その時々の旬の野草(薬草)を採取、
乾燥、裁断し継ぎ足して使います。最終
的には30種ほどのMIX野草茶です。
なぜこんな具合にアバウトかというと野
草茶の効能はそれぞれの野草が持つ
成分が効能の主体と今までは考えられ
ていてこの野草は〇○の成分を持つの
で△△の症状に効果が期待できると考
えられてきました。この考えは必ずしも
間違いではありませんが(ゲンノショウ
コやセンブリ、ドクダミのように単体で
即効性のあるものもあります)ですがど
の薬草も基本的には全身状況を改善
させる効能が基本にあり(利尿や、血
液浄化など)旬で生命力のある旬の野
草を摂ることで全身状況が改善される
ことを期待しています。つまり極端な言
い方をすれば毒草でなければどの野草
を使っても良いともいえます。とはいえ
野草も色々あり美味しいもの、香りの
よいもの、不味いもの、エグミのあるも
のなどあるのでできれば飲み易く、古
くから言い伝えられているものをメイン
にMIXしています。そのうえで特定の
効能が期待できる野草を大目にブレン
ドして使っています。このように多数の
野草をブレンドする考えは私だけでなく、
「百草丸」などの市販薬や「百草茶」の
ような健康茶と言われる市販品でも
使われています。

初夏の薬草茶(仙人茶)

陰干しした野草、薬草です


初夏の薬草茶(仙人茶)

細かく裁断してお茶として利用します。




同じカテゴリー(和ハーブ)の記事画像
骨折26日目(自家製湿布薬)
梅干しと赤紫蘇のゆかり2020
梅干し2020
百草仙人茶2020春夏バージョン出来上がり
オオバコとヨモギの野草茶
和紅茶つれづれ
同じカテゴリー(和ハーブ)の記事
 骨折26日目(自家製湿布薬) (2020-08-10 10:59)
 我が家の家伝薬(樟脳チンキ) (2020-08-07 10:58)
 梅干しと赤紫蘇のゆかり2020 (2020-08-06 17:05)
 梅干し2020 (2020-07-30 15:27)
 百草仙人茶2020春夏バージョン出来上がり (2020-07-26 13:42)
 オオバコとヨモギの野草茶 (2020-07-25 13:49)

Posted by メドウおじさん at 19:38│Comments(0)和ハーブ
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。