マスタード作り2020-2

2020年06月13日

前回、菜種を塩と酢で漬け込んだマスタ
ードですが一週間たって種が水分を吸い
込んで柔らかくなったようなので次の工
程を行いました。すり鉢とすりこ木で種を
つぶします。今回はすり鉢を使いましたが
ミルサーやフードプロセッサーなどで撹拌
しても良いと思います。すりつぶした菜種
を再度瓶詰にして発酵・熟成を進めます。
できた直後のものを味見しましたが酸味
が強く、塩味も尖った上、味に苦みが残
っています。下調べをしてなければこの
段階で廃棄する出来ですがこのまま熟
成させていくとマスタードの味と香りが
熟成されるとあるのであと一か月寝か
せて待ちます。

マスタード作り2020-2

水分を吸って膨らんだ菜種をつぶします


マスタード作り2020-2

すりこ木でつぶしていきます。粒感を適当に残します


マスタード作り2020-2

再び瓶詰めして保存します。ぬか漬けと同じようにしっかりと押して空気を抜きます




同じカテゴリー(食べ物)の記事画像
生豆で自家焙煎
ヒマワリの種の選抜
梅干し2020
骨砕補、届きました。
低塩分梅漬け2020
梅サワー漬け、その後
同じカテゴリー(食べ物)の記事
 生豆で自家焙煎 (2020-09-16 04:01)
 ヒマワリの種の選抜 (2020-09-11 03:01)
 梅干し2020 (2020-07-30 15:27)
 骨砕補、届きました。 (2020-07-17 10:46)
 低塩分梅漬け2020 (2020-07-14 20:37)
 梅サワー漬け、その後 (2020-06-30 20:42)

Posted by メドウおじさん at 09:49│Comments(0)食べ物
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。