身近な土を焼いてみよう(ワークショップメニュー)

2020年06月06日

ワークショップ工房メドウガーデン用のメニ
ューの一環として身近な土での陶芸体験を
考えています。陶芸は一般には耐火度のあ
る陶芸用粘土で作りますが極端な話、その
辺の土でも本焼きすれば陶器は無理でも
土器なら十分にできます。(ただし複雑な
形は無理な時もあります。)今回のメニュ
ーでは簡単な箸置きを作ってもらいます。
粘性が足りない時は粘土とブレンドして
作ります。
コースは
1回(1日)で完成させる無釉の箸置きを
七輪陶芸で作るコースと

2回(2日)で完成させる釉(楽釉薬)を
つかうコース

の二種類です。焼いてみたい身近な土を
持ってきていただきそれをメインで作りま
す。
まだメニューは完成していませんが個別
にご連絡(メール)を頂ければトライコース
として実施できます。トライコースは無料
ですが一組2名までが原則で詳しくはメ
ールでやり取りして詰めさせて頂きます。
問い合わせ先メール
 yokaon01@g-mail.com



身近な土を焼いてみよう(ワークショップメニュー)

このような感じで焼きあがります


身近な土を焼いてみよう(ワークショップメニュー)


身近な土を焼いてみよう(ワークショップメニュー)

このような七輪陶芸で焼きます。



同じカテゴリー(陶芸のこと)の記事画像
黄瀬戸皿・湯呑
自作の器(漆陶の器)
瀬戸の織部釉
黄瀬戸のぐい呑み、杯
一閑堂作 窯変欽庸皿 銘、銀河
若松区本町出土の粘土
同じカテゴリー(陶芸のこと)の記事
 黄瀬戸皿・湯呑 (2020-09-07 04:30)
 自作の器(漆陶の器) (2020-08-28 14:46)
 瀬戸の織部釉 (2020-08-23 12:14)
 黄瀬戸のぐい呑み、杯 (2020-08-22 20:33)
 一閑堂作 窯変欽庸皿 銘、銀河 (2020-08-04 17:02)
 若松区本町出土の粘土 (2020-06-04 19:44)

Posted by メドウおじさん at 20:53│Comments(0)陶芸のこと
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。