一番茶葉で紅茶づくり2020-1

2020年04月29日

今年はすでに、一番摘み茶葉で新茶(煎茶)
を3回、茶葉の天ぷらを1回作りました。今回
、摘み残りの一番茶葉で紅茶を作ることにし
ました。紅茶はファースト・フラッシュを目指し
ていますが過去に何回か一番茶葉で紅茶
を作ってきましたがファースト・フラッシュぽい
ものは一度だけできました。
今の時期は気温が低めで茶葉の発酵をコ
ントロールするのが難しいのでうまく紅茶を
作るのが難しいです。

今回の手順です。
一茎二葉の新芽を摘み取ります。
軽く水洗いしたものを手もみします。
手もみしたものを日中は日向に置き、夜
は部屋に取り込みます。
夜はザルに上げストーブの上で
加温し
ながら時々茶葉を掻き混ぜながら乾燥
させます。発酵した香りと黒っぽく変色
したら出来上がりですがファースト・フラ
ッシュはくすんだ緑色(灰緑)でお湯を
注いだら薄黄色く涼やかな紅茶の香り
が出れば成功ですがこれがなかなか難
しいです。今年はどうなるか楽しみです。


一番茶葉で紅茶づくり2020-1

摘み取った茶葉を軽く水洗いします


一番茶葉で紅茶づくり2020-1

ラップして電子レンジで20秒加熱します。子尾とき長く加熱しすぎると酵素が
働かくなり発酵しません。逆に緑茶の場合は時間を長めに設定して酵素を
不活性化します。


一番茶葉で紅茶づくり2020-1
蒸した茶葉はビニール袋に入れ良く揉みます。


一番茶葉で紅茶づくり2020-1
この後日向で発酵させます。写真は袋に入れて
小一時間後です。すでに発酵が始まっています。


一番茶葉で紅茶づくり2020-1
3時間発酵させて陽が陰ってきたので部屋に移し
引き続きストーブの上でゆっくりと乾燥させます。
すでに紅茶の香りが漂い始めています。今のところ
いい感じで推移しています。




同じカテゴリー(和ハーブ)の記事画像
松葉茶づくり2020
夏紅茶づくり2020
骨折26日目(自家製湿布薬)
梅干しと赤紫蘇のゆかり2020
梅干し2020
百草仙人茶2020春夏バージョン出来上がり
同じカテゴリー(和ハーブ)の記事
 松葉茶づくり2020 (2020-09-20 11:11)
 夏紅茶づくり2020 (2020-08-26 09:16)
 骨折26日目(自家製湿布薬) (2020-08-10 10:59)
 我が家の家伝薬(樟脳チンキ) (2020-08-07 10:58)
 梅干しと赤紫蘇のゆかり2020 (2020-08-06 17:05)
 梅干し2020 (2020-07-30 15:27)

Posted by メドウおじさん at 18:42│Comments(0)和ハーブ
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。