ドクダミとカキドオシ、春薬草

2020年04月20日

ヤブツルアズキとヒマワリの種を撒いたついでに
ドクダミとカキドオシ(連銭草)を採取しました。ドク
ダミは初夏の花の咲くころが採取時ですがカキド
オシの採取時はよくわかりませんが薬草は花時
が一番効能が高くなるものが多いのでカキドオシ
も花時の今を選んで採取しました。ドクダミもカキ
ドオシも単体で使う事が多いですが、私はあえて
他のものとMIXした仙人茶の素材として使って
います。

ドクダミとカキドオシ、春薬草

カキドオシもドクダミも利尿、消炎作用があり腎臓など循環器系に良く効きます。

特にカキドオシは私が気にしている血糖値の降下作用があるので今シーズンの

仙人茶の主役の一つとして使っていきます。

ざるの左がドクダミで右がカキドオシです。 




同じカテゴリー(和ハーブ)の記事画像
夏紅茶づくり2020
骨折26日目(自家製湿布薬)
梅干しと赤紫蘇のゆかり2020
梅干し2020
百草仙人茶2020春夏バージョン出来上がり
オオバコとヨモギの野草茶
同じカテゴリー(和ハーブ)の記事
 夏紅茶づくり2020 (2020-08-26 09:16)
 骨折26日目(自家製湿布薬) (2020-08-10 10:59)
 我が家の家伝薬(樟脳チンキ) (2020-08-07 10:58)
 梅干しと赤紫蘇のゆかり2020 (2020-08-06 17:05)
 梅干し2020 (2020-07-30 15:27)
 百草仙人茶2020春夏バージョン出来上がり (2020-07-26 13:42)

Posted by メドウおじさん at 21:32│Comments(0)和ハーブ
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。