春の木の芽山菜2020

2020年03月27日

今年は例年より少し早く庭の木の芽山菜が
動き出しました。ソメイヨシノの開花とほぼ
同時期です。木の芽山菜の種類は多いの
ですが私はウコギ科のタラノメやヒメウコギ
、ハリギリなどが好きです。ウコギ科独特
のコクのある風味が最高です。
この日はタラノメ、ハリギリの新芽を庭か
ら採取しました。庭の木の芽山菜の多く
は10年くらい前から少しずつ移植して
きたものです。おかげさまでここ数年は
家族で食す少量ですが毎年楽しめる
ようになりました。ウコギ科の山菜はあっ
という間に食べごろが過ぎるので採取の
タイミングが短いのが難点です。今年の
ものは野生のタラの芽(アカダラ)栽培
種の棘なしタラノメ(アオダラ)、野性味の
強いハリギリです。特にハリギリは少し
大きくなると味にエグミが出るのでタイミ
ングが難しいです。今年はベストなタイ
ミングで採取できました。


春の木の芽山菜2020

今回採取した木の芽山菜です。上段中央がハリギリ、下段左から棘なしタラノメ、野生種タラノメ
シャクです。今回はこれを天ぷらにしました。


春の木の芽山菜2020

今回の天ぷらは私が作りました。油温は奥さんから聞いていたので適温でしたが
揚げた姿がヨレヨレです。素材の姿がきれいに揚がりませんでした。味の方は
美味しかったです。


春の木の芽山菜2020

今回のメインのハリギリです


春の木の芽山菜2020

こちらはウコギの仲間のヒメウコギです。ウコギ飯にするとおいしいですが
もう少し置きくなってからの方が良いです


春の木の芽山菜2020

棘なしタラノメです。後ろに写っているのがせり科のシャクです。
爽やかな香りが特長です。


春の木の芽山菜2020

こちらは野生種のタラノメです。後ろの白い花はクサイチゴの花です。


春の木の芽山菜2020
白い小さな花がセントウソウの花です。これもセリ科で良い香りです。

ネットでは食用の記載は少ないですがシャクより優しい香りでお浸しが美味しいです。




同じカテゴリー(山菜)の記事画像
ベニバナボロギクとダンドボロギク
探していますベニバナボロギク
散歩途中の野の花
梅干しと赤紫蘇のゆかり2020
アカメガシワ2020
葉物野菜の端境期に便利な山菜野草
同じカテゴリー(山菜)の記事
 ベニバナボロギクとダンドボロギク (2020-09-21 15:48)
 探していますベニバナボロギク (2020-09-10 06:09)
 散歩途中の野の花 (2020-09-06 06:03)
 梅干しと赤紫蘇のゆかり2020 (2020-08-06 17:05)
 アカメガシワ2020 (2020-06-23 10:34)
 葉物野菜の端境期に便利な山菜野草 (2020-06-20 20:59)

Posted by メドウおじさん at 18:30│Comments(0)山菜
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。