クコの葉飯とクコの葉茶

2020年03月15日

町内の空き地にクコが自生していてもう、新芽
が展開しています。クコの実は漢方薬や薬膳
料理でよく使われたりゴジベリーの名前でお
菓子の素材になったりします。私が見た場所
のクコは実がなるかどうかは秋になるまでわ
かりませんが春の新芽も美味しい山菜として
利用できます。お茶は癖のない風味でクコ
飯は不思議な香りと味が特徴です。今回は
両方作ることにします。お茶はドライにする
のに少し時間がかかりますがクコ飯はすぐ
に作れるのでさっそく作ってみました。

クコの葉飯とクコの葉茶
川近くの空き地にクコが自生していました


クコの葉飯とクコの葉茶

食べごろのクコの葉です


クコの葉飯とクコの葉茶

枝先の柔らかい部分を摘んで使います


クコの葉飯とクコの葉茶
最初に茹でてお浸しにします


クコの葉飯とクコの葉茶

お浸しを小さく刻んで醤油と出汁の元で味を調えます


クコの葉飯とクコの葉茶

クコ飯の元の出来上がりです。アツアツんご飯に混ぜてクコ飯の出来上がりです。




同じカテゴリー(和ハーブ)の記事画像
松葉茶づくり2020
夏紅茶づくり2020
骨折26日目(自家製湿布薬)
梅干しと赤紫蘇のゆかり2020
梅干し2020
百草仙人茶2020春夏バージョン出来上がり
同じカテゴリー(和ハーブ)の記事
 松葉茶づくり2020 (2020-09-20 11:11)
 夏紅茶づくり2020 (2020-08-26 09:16)
 骨折26日目(自家製湿布薬) (2020-08-10 10:59)
 我が家の家伝薬(樟脳チンキ) (2020-08-07 10:58)
 梅干しと赤紫蘇のゆかり2020 (2020-08-06 17:05)
 梅干し2020 (2020-07-30 15:27)

Posted by メドウおじさん at 20:26│Comments(0)和ハーブ
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。