山茶の自生地の様子

2020年03月10日

近くの裏山の杉林に野生の茶の木が自生して
いる場所があります。現在は杉が植林されて
いますがかつて60年以上前は棚田もしくは畑
だった場所です。上段から下段まで5枚の棚
になっていますが、この場所はいわゆる扇状
地で砂利や小石が多く石原町の由来にもな
っているようです。なので水はけは良いもの
の保水力は小さく畑地だったのではないかと
思っています。私が8歳の時に越してきたとき
は敷地の中に陸稲が生えていたのを確かに
記憶しています。野生の茶の木は現在の杉
の植林地の上段との境の石組に沿って生え
ています。かつて茶の木が植えてあったと
推測できます。今のものはその当時の子孫
のようです。現在は杉の木の影響で日照も
少なく茶葉一枚一枚は光合成を求めて葉
が大きく成長しています。茶葉の味としては
大味な気がしますが量が稼げるので番茶に
は向いています。




山茶の自生地の様子

かつて棚地だった場所石組の後に沿って茶の木が生えています。(画面左の藪みたいなところ)


山茶の自生地の様子
こんなふうに自生して育っています。日照の少ない林間なので葉が大きめに育っています。



同じカテゴリー(和ハーブ)の記事画像
夏紅茶づくり2020
骨折26日目(自家製湿布薬)
梅干しと赤紫蘇のゆかり2020
梅干し2020
百草仙人茶2020春夏バージョン出来上がり
オオバコとヨモギの野草茶
同じカテゴリー(和ハーブ)の記事
 夏紅茶づくり2020 (2020-08-26 09:16)
 骨折26日目(自家製湿布薬) (2020-08-10 10:59)
 我が家の家伝薬(樟脳チンキ) (2020-08-07 10:58)
 梅干しと赤紫蘇のゆかり2020 (2020-08-06 17:05)
 梅干し2020 (2020-07-30 15:27)
 百草仙人茶2020春夏バージョン出来上がり (2020-07-26 13:42)

Posted by メドウおじさん at 18:29│Comments(0)和ハーブ
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。