紫川流域の製茶事情

2020年01月28日

紫川流域に当たる東谷を含む三谷地域では自家
用のお茶を各家庭で作り飲んでいたことは以前書
きましたがもう少し詳しい事情を知りたいと思い調
べていくと旧東谷村時代(明治から太平洋戦争の
前後まで)園芸作物として柿、ミカン、ビワの作付け
を奨励していましたが本格的なお茶の生産につい
ては記載がありません。そこでもう少し範囲を広げ
て、旧企救町(紫川中流域で桜橋以北、城野あたり
まで)で郷土史を研究されている松本洋一氏の力
作の「新企救風土記(旧企救町管内の歴史物語)の
増補改訂版」の増補部分の7pに写真付きで守恒団
地が出来る前(昭和の30年代ごろまで)は守恒団地
周辺の丘陵地ではお茶畑が広がっていました。著者
の了解を得ていないので写真をのせるわけにはい
かないのですが新企救風土記の表紙写真を載せて
おきます。一度現地を詳しく調べてみたいと思います
。どこかに今でもお茶畑の痕跡があるかもしれません。


紫川流域の製茶事情



同じカテゴリー(東谷(北九州)の紹介)の記事画像
平尾の森「パン工房レーヴ」 まもなく開店
稲刈り始まる
東谷要覧解説13(主編九、衛生)
志井茶屋集落の禁足地
花カフェkokia
皿倉山の山桜と祇園町の桜並木
同じカテゴリー(東谷(北九州)の紹介)の記事
 平尾の森「パン工房レーヴ」 まもなく開店 (2020-09-17 08:58)
 稲刈り始まる (2020-08-31 18:42)
 東谷要覧解説13(主編九、衛生) (2020-07-20 10:30)
 志井茶屋集落の禁足地 (2020-06-24 20:20)
 花カフェkokia (2020-06-22 18:40)
 皿倉山の山桜と祇園町の桜並木 (2020-04-12 18:45)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。