冬番茶づくり2020-2

2020年01月19日

茶葉と小枝に分けて一週間籠網に入れて温度変化
のない温度低めの暖房ない部屋で乾燥させます。一
週間すると茶葉はほぼパリパリに乾燥します。これが
夏場だと自然発酵が進み半発酵茶のウーロン茶モド
キになりますが今の季節だと発酵せずに水分だけ抜
けます。この状態でもお茶として飲めます。緑のきれ
いな色が出て野生の茶葉の香りが強く出ます。少し
青っぽい草の香りに近いのでちょっと抵抗がありま
す。それでストーブの天板の上で3日ほどさらに過熱
しながら乾燥させます。これで青臭さは飛んで番茶
本来の香りが出て一応出来上がりですが私は更に
茶葉と小枝を乾煎りしてほうじ茶に仕立てて飲むのが
好みです。ほうじ茶は茶葉を細かくして作りますが
今回は茶葉をそのまま乾燥させた山茶も作りました。
山茶を飲むときは適量を煮出して頂きます。冬の寒い
日は香りのよい手作り番茶に限ります。

冬番茶づくり2020-2

生茶葉を一週間網籠で乾燥させます。


冬番茶づくり2020-2
手もみで揉んで細かくします。


冬番茶づくり2020-2

ほうじ茶にするにはさらに乾煎りしていきます。


冬番茶づくり2020-2

小枝の方も乾煎りしていきます。


冬番茶づくり2020-2

小枝焙じ番茶の出来上がりです


冬番茶づくり2020-2

早速淹れてみました。ホッコリと冬の夜にはほうじ茶が一番です。



同じカテゴリー(和ハーブ)の記事画像
夏紅茶づくり2020
骨折26日目(自家製湿布薬)
梅干しと赤紫蘇のゆかり2020
梅干し2020
百草仙人茶2020春夏バージョン出来上がり
オオバコとヨモギの野草茶
同じカテゴリー(和ハーブ)の記事
 夏紅茶づくり2020 (2020-08-26 09:16)
 骨折26日目(自家製湿布薬) (2020-08-10 10:59)
 我が家の家伝薬(樟脳チンキ) (2020-08-07 10:58)
 梅干しと赤紫蘇のゆかり2020 (2020-08-06 17:05)
 梅干し2020 (2020-07-30 15:27)
 百草仙人茶2020春夏バージョン出来上がり (2020-07-26 13:42)

Posted by メドウおじさん at 18:27│Comments(0)和ハーブ
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。