東谷要覧解説7(東谷村沿革3)

2020年01月13日

明治三年の廃藩置県を受け企救郡は日田県に
属し豊津藩(旧小倉藩)の配下に入るとあります。
話は変わりますが前年に発生した企救一揆の義
民、原口九右衛門さんの裁判が日田で行われ処
刑されたのは当時の企救郡が日田県の配下にあ
ったためと思われます。この項には当時の各村の
村長の氏名が記されています。
明治4年豊津藩は豊津県に改称、さらに近隣の諸
県と合併し小倉県となりました。明治5年3月に庄屋
・名主排し「扱所」を置く。明治7年土地法を改正し旧
地券台帳を廃し土地台帳を作る。明治8年7月小森
手永を18大区の7小区とし、正戸長2名と副戸長2名
を置く。明治10年、戸長を一名とし、副戸長を書記と
する。明治22年市町村制発布、旧行政区画九村
(呼野、小森、市丸、木下、井手浦、新道寺、石原町、
母原、矢山(平尾台))をもって東谷村としてスタート
する。明治32年矢山を京都郡諌山村に移管する。
明治37年、38年の頃より呼野銅山を再開する。
明治41年村是をたてさらなる発展を期する。

東谷要覧解説7(東谷村沿革3)


東谷要覧解説7(東谷村沿革3)

サムネイルをクリックすると拡大版が見れます。

解説の冒頭で「明治3年の廃藩置県を受けて・・・」と書きましたが廃藩置県は明治4年なので
何かの間違いかとも思いましたが、今回はあえて原文のままに解説を書きました。日田は江戸幕府の
天領でしたが倒幕直後の慶応4年には廃藩置県令に先駆けて日田県を設置していますので、その意味で
廃藩置県としたのかもしれませんが詳細は不明です。


同じカテゴリー(東谷(北九州)の紹介)の記事画像
平尾の森「パン工房レーヴ」 まもなく開店
稲刈り始まる
東谷要覧解説13(主編九、衛生)
志井茶屋集落の禁足地
花カフェkokia
皿倉山の山桜と祇園町の桜並木
同じカテゴリー(東谷(北九州)の紹介)の記事
 平尾の森「パン工房レーヴ」 まもなく開店 (2020-09-17 08:58)
 稲刈り始まる (2020-08-31 18:42)
 東谷要覧解説13(主編九、衛生) (2020-07-20 10:30)
 志井茶屋集落の禁足地 (2020-06-24 20:20)
 花カフェkokia (2020-06-22 18:40)
 皿倉山の山桜と祇園町の桜並木 (2020-04-12 18:45)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。